Skip to main content

おたより

読者のみなさんから寄せられたご意見、ご感想です

<2017年12月号>NEW!

特集・もっとシェア ずっとeco

・ステキなシェアハウスでした。若い頃にこんなところがあったら良かったな~と思いながら読みました。(中川区・主婦・41歳)

・シェアハウス、素敵です。(瑞穂区・公務員・46歳)

・シェアハウス素敵ですね。独身の時に入って見たかったなぁ!(港区・主婦・47歳)

・シェアしながらの暮らし方は新鮮でした。エコ・クッキングのレンコンの雪の形のアイディアに感心しました。(北区・主婦・59歳)

・シェアハウスは、とてもいい取り組みだと思う。もっと広がってほしい。(昭和区・主婦・53歳)

・ シェアハウスに対するイメージが変わりました。(名東区・会社員・54歳)

・シェアハウスいいですね。いろんな人と交流でき成長できそうです。(瑞穂区・パート・65歳)

・子供たちが独立して、一人暮らしでは広すぎる家のあり方を考えていたので、シェアハウススタイルはいいヒントになりました。(守山区・会社員・53歳)

・シェアハウスの記事がよかった。若手の建築家のデザインというのもいいし住んでみたいと思った。(港区・女性・54歳)

・シェアハウスは興味がありました。畑までできるなんて、おもしろそう!(昭和区・自営業・48歳)

・ ウォームシェアは家族団らんでいいですね。我が家はリビングに一年中集まっているので年中ウォームシェア(?)になりますね。(守山区・主婦・54歳)

・ まちでウォームシェア、年金暮らし故、敬老パスと自転車を活用し図書館、市民プール、公開講座などに参加しています。これもエコ暮らしなのでしょうね。(瑞穂区・主婦・65歳)

・冬は「ウォームシェア」、を拝読しました。ク-ビズも浸透してきて、体にも、地球にもやさしいことが推進されていくムードがあるのはいいことだと思います。(緑区・会社員・43歳)

・もーやっこで畑を作ったり、生活したり、楽しそうですね。(名東区・パート・62歳)

・ 「もーやっこ」久しぶりに聞きました。こんな言葉もありましたね。もーやっこにまつわるエコな活動に感心しました。(港区・会社員・65歳)

・ 「もーやっこ」は、私のふるさと豊橋では「おもやい」と言っていたような気がします。どちらも暖かみを感じる言葉ですよね。(中川区・主婦・59歳)

・ 「もーやっこ」を久しぶりに聞いて懐かしい。(昭和区・男性・80歳)

・もーやっこという言葉は私もよく使います。うれしかったです。(名東区・パート・54歳)

・ 名古屋弁「もーやっこ」という言葉を初めて知りました。昔、祖母が、「もーやい」という言葉を使っていました。(緑区・会社員・44歳)

・「もーやっこ」ってレアな名古屋弁だったんですね? 全然分かるから、すっかり自分も年寄りの部類なんだなぁって思いました。(中区・会社員・40歳)

・名古屋市に住んで40数年ですが「もーやっこ」を初めて知りました。(中川区・男性・64歳)

・もーやっこ、名古屋弁の中でもとても大好きな言葉なのでほっこりしました。シェア鍋であったかい冬を過ごしたいです。(中川区・主婦・42歳)

・ 「もーやっこ」という名古屋弁を久しぶりに聞いて懐かしさがあった。小生は、「もーやっこ」より皆で「もーや」にしようと言っていました。(北区・男性・70歳)

・もーやっこ魂良いデスネェ。(守山区・男性・70歳)

・ 自然の中でゆっくり空気を吸い込みたいです。表紙は新鮮な空気を感じました。(中川区・公務員・52歳)

・ もーやっこ市場の存在を初めて知りました。面白いですね。(千種区・パート・41歳)

・岐阜市出身の私は子供の頃、「もーやっこ」という言葉を使っていました。この言葉に数十年ぶりに出合って懐かしいです。岐阜弁とばかり思っていました。(東区・男性・74歳)

・シェアは全てエコに繋がると思います。資源には限りがあります。全てを大切にしないと。(名東区・女性・67歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・以前は安い卵を買い求めていました。でも、飼料や飼育にこだわった卵はやっぱり美味しい!ので、最近は産み立て卵を買いに車を走らせてます。今度は、米卵を買いに行ってみます♪(天白区・パート・47歳)

・ 常滑って結構近いんだ! 焼き物と空港だけじゃ無いんだ! って発見。(千種区・主婦・50歳)

・毎日食べるものですから安心安全なものを選びたいです☆マヨネーズもとっても美味しそう!(中区・パート・39歳)

・ ココテラスはInstagramで知って気になっていたお店でした。食卓には欠かせない卵について知ることができました。プリン美味しそうですね(*^^*)実際に訪れてみたいと思いました。(守山区・主婦・33歳)

・ 常滑の「米たまご」のプリン!食べてみたいです。エコつぶも思いもつかないことが出ていて楽しいです。(港区・会社員・29歳)

・ 常滑市にはコストコやイオン、空港があるのでよく行きますが、ココテラスというお店があるのは初めて知りました。ぜひ次回常滑市に行った際には訪れてみたいです。(北区・パート・26歳)

 

エコヂカラ!

・エコヂカラの古着屋さんのコメントで「服を大切に着る」という言葉を見て、私もそうでありたいと思いました。(北区・主婦・37歳)

・まだまだ知らないステキなお店があるんですね。これからも ステキなお店 ステキな人 紹介してください。(天白区・主婦・58歳)

・ 古着屋さんの記事読みました。学生の頃大好きで大須に通ったものですが、今はこんなお洒落な古着屋さんもあるのですね。ぜひ行ってみたいです。誰かが着なくなったものをほかの誰かが着る事もエコアクションなのですね!(守山区・パート・49歳)

・古着の記事たいへん興味深かったです。 私も10年以上前から古着が好きになってきました。自分が着なくなった服も古着屋さんへ持って行きます。新しいワードローブの選択肢として全然アリだと思います。(北区・会社員・40歳)

・SOMEに行ってみたくなりました。(緑区・男性・68歳)

・素敵な古着のお店の記事に興味を持ちました。是非伺いたいです。(南区・会社員・26歳)

・思わずインスタをチェックしてみたくなる古着店の紹介コラムだと思いました。「古着×おしゃれ」という切り口のように、今後もエコを様々な観点から取り上げ行って頂きたいです。(中村区・男性・31歳)

・「新しい古着」という文字に「えっ!」と読み始めたら家の近くの鶴舞公園近くのお店の記事。近いうちにぜひ行ってみようと思いました。(中区・主婦・76歳)

 

エコクッキング

・レンコンの飾り切りが素敵だった。(南区・主婦・61歳)

・レンコンが大好きなので今度作ってみます。(港区・会社員・34歳)

・ 身近で楽しい情報のおかげで、毎日の暮らしがとても充実しています。今回のエコクッキングでは旬の食材をこんなにかわいらしくアレンジできるなんてとても驚きした。ぜひ、作ってみたいと思いました。(中川区・主婦・41歳)

・れんこんで雪の結晶のような飾りができるのは、今までにない発想で驚きました!今度作って誰かにプレゼントしたいなと思いました(^ν^)(守山区・学生・22歳)

・レンコンプリンを絶対に作りたいと思いました。(名東区・男性・60歳)

・エコ・クッキングで、気に入ったものがあったら、家内にリクエストします。(北区・会社員・59歳)

・レンコンでデザートを作る発想がなかったので、とても新鮮です。(西区・主婦・61歳)

・レンコンがデザートになるなんてすごく驚きました。余らせてしまうことが多いので買うことの少ない食材を色々使い回せるのか魅力的でした。(日進市・主婦・29歳)

 

その他

・エコつぶ大賞が良かったです(^^)/ 次回の大賞に私も選ばれるようなエコつぶをこれからも投稿します!(西区・主婦・29歳)

・エコつぶ大賞の、たまった 毛玉での掃除は とても考えつかない事で びっくりしました! 凄いですね~。(天白区・パート・52歳)

・お母さんが読んでいたので、リサっちがかわいいなと横で見てました。リサイクルやリユースは、授業でも、勉強しました。これからは、私のできることを、少しずつやっていきたいです。(名東区・学生・12歳)

・リサカレンダーを切りとり、冷蔵庫に貼るのは子供の仕事です。とても役だっています。(名東区・主婦・45歳)

・今までエコにまったく関心がありませんでしたが、Risaを読むようになり、気楽に構えずに、身近なことからエコしようと思うようになりました。(港区・パート・60歳)

 

<2017年11月号>

特集・変わる物流 変えるエコ

・ 物量を変えるエコの自転車便を多く活用できたらとてもいいなぁと思います。(守山区・主婦・57歳)

・カーゴバイクのスタイルにビックリしました。(中川区・主婦・59歳)

・再配達なるべくしなくていいようにと最近は確実に受け取れる時間帯を選んでます。記事を読んで考えさせられました。(名東区・パート・43歳)

・特集の『なくそう「再配達」』とても興味深く、拝読しました。我が家でも再配達をお願いすることが、よくあります。この辺りではかなり大型の マンションに住んでいるのですが、かなり古いので、宅配ロッカーがありません。宅配業者さんと共同して、宅配ロッカーの設置がされると、いいなぁと思います。(守山区・主婦・53歳)

・サービスが加熱し、便利さを当たり前にして来ましたが再配達などで多くの問題が発生している事を改めて考えさせられました。私も再配達を利用する事も多く、身近なスーパーのロッカー設置はお互いにメリットになると思いました。(南区・パート・48歳)

・最近、通販を利用することが多いので環境負荷のことを知ることができて良かったです。今後は環境のことも考えて利用したいです。(名東区・主婦・43歳)

・再配達は、時間、労働力、環境に悪いですね。受け取り通知サービスなどを利用して、再配達のないよう、一人一人が心がけることが大切だと思います。(緑区・会社員・44歳)

・ 自転車便のタイトルを見て、ニーズはないだろうと思って読み進めると、代表の方の信念が伝わってきて凄いと感心しました。(中川区・会社員・51歳)

・自転車便はとても便利でエコなシステムだと思いますが、自転車交通の法律が変わり、車道を走行したり、走行の向きにも規制がかかるようになっているので、ぜひ安全にお仕事して頂きたいと思います。(中川区・自営業・49歳)

・バイク便は聞いたことがありましたが、自転車でオフィス間の配達をしていることは、初めてしりました。確かに一番エコだし、仕事で忙しいときに、先方へ郵送する手間もだいぶ省けていいですね。(緑区・会社員・43歳)

・再配達をなくすとエコになると考えたことなかった。便利でいいなと思っていたが、なるべく通常配達で受け取りたいと思った。(天白区・主婦・36歳)

・自転車で配達する!私もやってみたいですね。名古屋人は車に頼り過ぎだと思う。(中川区・パート・55歳)

・再配達しないように、留守にしないように、便利なため、通販で、購入機会が、多くなり、反省してます。通販不買運動を、立ち上げましょう。リサ頑張れ。(中川区・自営業・68歳)

・自分も常にというか10キロ以下の距離であればエコエコと健康を意識して、自転車を愛好して移動手段にしています。今回の特集はそのためとても興味深いものでした。(中村区・パート・52歳)

・再配達をなくすためスーパーにロッカーが設置されたのを知りました。コンビニで受け取るのは知っていましたが、このような取り組みをしてくれるスーパーが各地に増えることを望みます。(天白区・パート・47歳)

・自転車便の方々は、大切な荷物をスピーディに運ぶだけでなく環境への優しさにも貢献されてるのだな…と感じました。車も多いので本当に安全第一でお願いしたいですね!(中区・女性・39歳)

・バイクでの書類の配達は知っていましたが、自転車で配達…は知りませんでした。社長さんとスタッフの皆さんを陰ながら応援します。(東区・男性・74歳)

・ 再配達が業務の20%近くを占めることに驚きました。(緑区・会社員・40歳)

・ 自転車を利用して宅配とかは駐車の心配もなく都会で良いですね。又宅配ボックスが増えれば再配が少なくなりますね!マンションで増えて欲しいです。(港区・会社員・34歳)

・再配達でのCO2排出量がこんなに多いとは思いませんでした。配達指定等を利用してCO2排出が少しでも少なくなるように気を付けたいですね。(天白区・会社員・48歳)

・なくそう再配達を見て、気軽にお願いしておりましたが、たいへんなことだったのだなと認識させられました。営業所受け取りや、コンビニ受け取りなども利用して、環境配慮の一助になるよう努力したいと思います。(緑区・会社員・45歳)

・昔、外国映画で自転車便で颯爽と走る光景を見た記憶が…。名古屋でも走っているなんて、初めて知りました。手紙や書類だけでなく、コーヒーやお花まで…暖かい心を届けてくれるなんてすてきです。一度お目にかかりたい!(昭和区・主婦・61歳)

・月に1回ていど京都に行きます。そこでよく見かけるのが宅配便の自転車バージョンです。狭い京都ならではですが、名古屋にもあるとは知りませんでした。まちなかをさっそうと、便利ですよね。(中村区・会社員・48歳)

・デイジーメッセンジャーの方を前に見かけたことがあり、お仕事の内容を知ることができました。会社への書類の受け渡しは減少気味ですが、また別の利用が広がればと思います。私なら、塾に子どもの弁当を届けたりしていただけれると助かります。(中区・主婦・46歳)

・いろいろなものが日々進化する中で、自転車という人の力で運ぶアナログなやり方にほっとするような気がしました。(中川区・パート・44歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・里山体験は都会で済む子供たちには貴重な体験となります。テレビで見たり話を聞いただけでは実感が伴いません。さらに家族揃って行うことは素晴らしい企画だと思います。(南区・会社員・36歳)

・子供の頃、お父さんとノコギリ、かなずちを使い、小鳥小屋をつくった事を、懐かしく思い出しました。(港区・パート・67歳)

・昔の田舎の自給自足みたいな感じで癒されそうで、体験したいなと思いました。これからも癒されるものを紹介お願いします。(中川区・会社員・31歳)

・身近にエコビレッジが存在すれば、子供たちが自然にエコ感覚を身につけられてとってもよいことですね。(天白区・主婦・49歳)

・エコビレッジ良いですね。子供たちが思いっきり遊べる施設が羨ましいです。(天白区・公務員・55歳)

・今は自然体験をする機会が少なく、自分で手作り料理や何かをするという体験がすごく大切だと思いました。(南区・学生・16歳)

 

エコヂカラ!

・青空市場、名古屋市内で開催している情報知りたいと思います。人と人とのつながりも、とっても楽しく買い物できますよね。(昭和区・主婦・41歳)

・こういう活動をしている人が名古屋市内にいることを初めて知りました。近くでやっていたら買いに行ってみたいと思いました。(名東区・主婦・49歳)

・「えん」、すてきです。私も買いに行きます。(昭和区・自営業・47歳)

・スーパーにも生産者の方の名前が出ている野菜が増え、安心して購入しています。でも、初めて見る野菜は手が出しにくいのですが、生産者の方がいる青空市は調理法を直接聞けていいなと思いました。(北名古屋市・パート・52歳)

・東海ラジオの深谷里奈さん、頑張って見えますね。これからも宜しくね!(昭和区・男性・77歳)

・いつもスーパーでの買い物は会話なしの時間。ときには楽しく会話が必要ですね。(瑞穂区・主婦・69歳)

・ちょっとしたスペースを借りてやる小さいマルシェは、いろいろなものが発見できて、人とお話もできて、とても人間味があふれ、よかったです。(西区・会社員・57歳)

・知多半島から新鮮野菜を運ぶ小長谷さん、すごいですね! 私も野菜大好きなので、スーパーではなくこのような場で野菜を買ってみたいです。小長谷さん、これからもガンバッテください。(天白区・主婦・62歳)

 

ミニ家族会議

・折り紙の日は、知りませんでした。子供が小さい時から折り紙が大好きで、ついつい子供より熱中してしまった覚えがあります。(千種区・主婦・61歳)

・おりがみは今いろいろな種類があるので、子どもや老人にも頭の体操になり楽しい。もっと広がっていいと思います。(南区・会社員・41歳)

 

エコクッキング

・柿の炊き込みご飯にビックリ、もし柿をもらったらやってみようと思いました。(瑞穂区・自営業・60歳)

・柿のジャムとか柿ご飯は考えもしなかった。新鮮です。(緑区・主婦・67歳)

・柿をジャムにしたり炊き込みご飯にしたり、斬新すぎて面白いです。毎年 実家から柿をたくさんもらうので今年はチャレンジしてみます。(天白区・自営業・50歳)

・柿のジャムや柿の炊き込みご飯に驚きました。今年は柿が豊作らしいので一度試してみます。(港区・主婦・58歳)

・柿ジャムをさっそくつくりました。パンはもちろん、ビスケットやクラッカーにもぴったりでとてもおいしかったです。(南区・会社員・52歳)

 

その他

・ニュースでは伝えられていないエコ活動を知ることができ、毎回驚かれます。身近に出来ることも、教えて貰いたいです。(東区・会社員・24歳)

・子供ができて、エコのこと、凄く考えるようになりました。家でもゴミをいかに出さないかを考えながらすごしています。(港区・自営業・37歳)

・エコつぶを読むと皆さんすごく頑張っているなと思います。私も工夫してみます。(天白区・主婦・71歳)

・リサカレンダーを子供が切り抜いて冷蔵庫に貼っています。古新聞がたまると、リサイクル会場であるスーパーに一緒に行くのが恒例となっています。(古紙を片付けるのを手伝うと、お菓子を買い与えるのが我が家のルールなんです)(名東区・自営業・53歳)

・新聞を読みたくても時間がないを理由に読んでなかった私ですが、Risaを手に取ってからはエコについて興味が湧き毎週読んでます。(中区・パート・24歳)

 

<2017年10月号>

特集・なごやで始める まちなか農業

・まちなか農業を見て、野菜栽培をしたくなりました。これからも沢山のプレゼント期待しています。(昭和区・会社員・38歳)

・家庭菜園とても興味があります。手軽にできるキットを買って、子供達と食育したいな。(南区・主婦・38歳)

・ 年齢と共に、何故か野菜が好きになったきたんです。お花も好きだから一緒に育てられる場所が欲しいです。Risaはこれからの私の生活に参考になりますね~。(守山区・主婦・47歳)

・室内で育てる野菜は、虫がつきにくそうでよいですね。(名東区・パート・54歳)

・名古屋の街の真ん中でも野菜が作れるとは知りませんでした。小さな子供も栽培の体験ができて、レストランにも使われるならすごくいいことだと思いました。(名東区・小学生・10歳)

・最新ビルでの野菜作りにびっくりした。(南区・主婦・61歳)

・家庭菜園を楽しんでいますが、農業の専門性、経験の重要性を痛感しています。(北区・男性・70歳)

・ まちなか菜園の記事が良かったです。食育も兼ねて家でも始めてみたいです。(港区・主婦・32歳)

・まちなか農園が流行ってあるんですね。ビックリしました。環境にとてもいいですね。(中川区・男性・63歳)

・ 「グローバルゲート」が建ったのは知っていましたが、あまり縁のない施設と思っていました。記事を見て覗いてみたくなりました。(緑区・主婦・70歳)

・グローバルゲートの野菜づくりはグッドアイディアですね。わが家も建売ですが、狭い庭先でプランターですが野菜づくりを楽しんでいます。一口で言えば、手間暇が掛かりますので買った方が安いかも知れません。しかし、種蒔きから肥料や水やりなど愛情を掛けることに寄り、日に日に育っていくと嬉しいものです。また、蝶やミツバチが飛んでくるなど心が安らぎますね。そして食べるときには「ご苦労様」と感謝の気持ちで箸を取ります。しかし、時々天敵の虫や鳥の害を受けることもあり、まさに一喜一憂しています。そんなことを思い起こしながら、今回の記事を楽しく拝読させて頂きました。(南区・男性・72歳)

・ 都会のビルで、野菜を育てているなんて驚きました。(緑区・会社員・43歳)

・今回のまちなか農業を楽しく読みました。自宅に野菜を植えるスペースが無くても色々工夫して野菜を育てれるんだと改めて勉強になりました。(南区・パート・58歳)

・夏に野菜を植えます。にわか百姓です。苗の声が聞きたい。なかなか上手くいきません。上手なひとの、やり方を聞きたい。(瑞穂区・主婦・63歳)

・最新ビルでの菜園も良かったですが、円頓寺商店街での個人で土地を買い取っての農園活用は本当に頭が下がります。(天白区・主婦・51歳)

・都心で農業が出来るのは、面白いし興味深いです。また、詳しく知りたいです。(中村区・主婦・29歳)

・まちなか農業を読んで、私の住む南陽町も田んぼや畑が無くなっています。夏はうるさいくらい鳴いていたセミやカエルも近頃めっきり少なくなり時代が変わったのを痛感しました。都市化が進み増えるのはカラスばかり、そうした中で、まちなか農業は大切な取り組みだと思いました。(港区・主婦・67歳)

・ いつも楽しく読んでいます。今回の特集はビルや街中で野菜が育てられる、のでした。気楽にできるというのが良かったです。試してみたくなりました。(北区・パート・63歳)

・自分で育てた野菜を食卓に出すことが出来たら。どんなに素敵でしょう。(名東区・主婦・53歳)

・ 妻がベランダで大葉を育てていますがこの夏の雨のせいか葉っぱが大きくなりません。中々お店で売っている様な物は出来ません。(港区・男性・62歳)

・ビルの屋上で野菜が育てられれば緑化にもなりますね。(港区・会社員・29歳)

・チョットしたものでよいのでおうち栽培したいと思っていました。きっかけがなかなか無かったのですが、挑戦してみたいと思います。(守山区・主婦・61歳)

・円頓寺商店街でミニ農園があることは知りませんでした。機会があれば行ってみたいです。(東区・自営業・67歳)

・この様な狭い庭の様な場所でも農業が出来て「オアシスとして使用出来る事が新発見」でした。(中川区・男性・77歳)

・「店産店消」なんて初めて聞きました。ビルの屋上で野菜の栽培とはいいですねー。(東区・男性・74歳)

・レンタル植物工場は知らなかったので、びっくりです。(天白区・男性・55歳)

・名古屋の駅ビルでの菜園は、最近、なかなか名駅に行っていないので、感心しました。いろいろな取り組みをしていることが知れて良かったです。(天白区・会社員・58歳)

・農業の魅力を再認識!(天白区・公務員・61歳)

・名古屋のまちなかでは農業は難しいと思っていました。家庭菜園やってみたくなりました。(西区・会社員・31歳)

・レンタル植物工場に興味を持ちました。もう少し料金が安いとさらにいいな…。(北区・学生・21歳)

・我が家も小さな家庭菜園をしています。失敗することもありますが、収穫できるととても嬉しいです。(中村区・パート・46歳)

・まちなか農業、商業施設の屋上などにもあって気になってます。歩いていけるとこにできればなぁと思ってます。(西区・パート・45歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・自然にふれる機会が減っているので色んな体験することで興味を持ってくれたら嬉しいと思いました。次回の見学に行こうか検討中です!(中川区・会社員・47歳)

・手軽に行ける場所でこのような体験をやっていることはなかなか知らないので、身近な情報が知れて、面白いと思います。(瑞穂区・公務員・32歳)

・野菜の原型を見てから実際に作るスムージーの味はずうっと頭と胃の記憶に残ると思います。(瑞穂区・パート・55歳)

 

エコヂカラ!

・深谷さんはラジオともども応援しています。(西区・主婦・44歳)

 

エコクッキング

・エコクッキングが美味しそう。玄米ご飯もチョイアレンジで良いですね。(守山区・主婦・54歳)

・ 牛肉おにぎりを持って、お出かけしたいです。(北区・主婦・41歳)

・子供達と一緒に”楽しそうだね”、”美味しそうだね”と読ませてもらってます。今回の牛肉焼きおにぎりいただきです(o^^o)(尾張旭市・パート・43歳)

・洋風牛丼はニンニクが香ばしくて美味しそう! 牛肉焼きおにぎりは冷凍保存ができて急に小腹がすいた時に良いですね!(熱田区・女性・39歳)

・エコクッキングの欄をみて食べたいなー、といっていたら、子供たちが今日は皆で作ろう!っと言うことになり早速今から調理開始! 男の子二人なので、こういうクッキングはあまりやらないかと思っていたら、とてもテンション上がった様子です。食育としてもとてもありがたいです。(名東区・自営業・39歳)

・1つの食材で2度おいしいのレシピはいつも参考にしてます。こういうのはなかなかないけど、自分では思いつかないのでたくさん載せてほしい。(北区・会社員・38歳)

 

その他

・子供でも読みやすくわかりやすい内容と読みやすさがいいです。(北名古屋市・会社員・32歳)

・ 毎号子供と一緒にいろいな取り組みの様子を見て環境保護への意識を育てています。(守山区・公務員・36歳)

・リサイクルや分別を続けられるのは、同じ志の仲間がいてこそ!Risaのエコつぶに救われることが多いです。(名東区・自営業・43歳)

・ひとりができるエコは小さいけれど、みんなの気持ちが集まればもっと大きなエコになると思って、Risaの活動に感謝しています。(緑区・学生・50歳)

 

<2017年9月号>

特集・イザ!のときの環境問題

・新聞紙でのスリッパの作り方など、身近なもので出来る事が紹介されているところがいい。(港区・パート・46歳)

・子どもと一緒に、防災グッズ点検したばかり、何もないにこしたことがないんですが、全て賞味期限切れでした。子どもから、買わないのーいつ買うのーとせまられてます。(昭和区・主婦・40歳)

・災害に対しての備えを早急に見直そうと思いました。(千種区・会社員・51歳)

・防災の情報をしっかり読ませてもらいました。いつかくると言われている東海大震災に備えて、今の内から準備をしておきます。(東区・会社員・24歳)

・見本を作っておくといざと言う時に作れると思い早速新聞紙スリッパを作り防災リュックに入れておきました。(瑞穂区・主婦・59歳)

・今年の夏はそこかしこで災害に見舞われ大変でしたね。東海大震災はいつなのか。不安ですね。(熱田区・主婦・52歳)

・防災グッズに新聞紙を入れておくのって大切ですね。(中区・会社員・39歳)

・新聞紙でスリッパを作ってみました。しっかりとしてます。新聞紙は意外に役立ちますね。(名東区・女性・67歳)

・スリッパを作ろうなどちょっとしたくふうで 楽しくてなるほどと思える記事が のってるので毎回楽しみにしてます。(港区・主婦・69歳)

・防災の日に防災特集を取り上げてもらえると、1年に1回きちんと見直さなくてはと思い出させてもらえて助かります。(名東区・主婦・40歳)

・エコ防災に関心大です!(緑区・パート・58歳)

・新聞紙でスリッパを作れることは驚きでした。このページは災害備蓄用と一緒に保存していざというときに活用したいと思います。(中川区・主婦・59歳)

・スリッパを作ってみました。1回作って体験しておくことは避難時には大切なことです。そして、暖かいこともわかりました。(長野県松本市・男性・78歳)

・常日頃、災害の準備をしておかなくてはと思いつつなかなかできてないです。災害の特集はやはり忘れないためにもやっていただきたいです。特に新聞紙のスリッパはすごくよかったです。まさかスリッパが新聞紙でできるとは。早速子供とやらせていただきました。(北区・パート・48歳)

・新聞紙を使ったスリッパの作り方など、参考になる事が載っていてなかなかよかった。(北区・会社員・60歳)

・身近にある新聞紙がスリッパになるとは目からうろこでした。役立つ防災情報ありがとうございました。(緑区・主婦・38歳)

・ 防災の記事が面白かったです。準備も大切ですが、新聞紙でスリッパを作るなどの知識も重要だなと思いました。(港区・会社員・26歳)

・ 身近なことを話題にしてくれるので、いつも驚きです。今回も新聞紙でスリッパが出来るなんて!丸めて保温もできるなんて驚きです。(瑞穂区・主婦・48歳)

・防災センターに遊びに行ったことがあります。9/1の防災の日の特集で、新聞冊子などで新聞スリッパを作る特集を見たのはもう3回目で、今回リサにも載っていてようやく作って見ました。案外簡単でかさばらず、家族分作って持出袋に入れました。(昭和区・主婦・45歳)

・スリッパの作り方、参考になりました。子どもと一緒に作ってみたいと思います。(昭和区・主婦・43歳)

・リサイクルに関しては以前から興味・関心を持っていたのですが、自然災害そして日常のごみ分別とが関連するという内容は興味深かったです。災害直後の「新聞紙でスリッパを作ろう!」等も是非活用させていただこうと思います。(緑区・主婦・32歳)

・ 災害がおきてからでは遅いと感じながらも、あまり積極的に行動していない!反省しながら読ませていただきました。(守山区・会社員・57歳)

・防災センターは家の近くにあるのでよく子どもと行きました。毎月行っても勉強になるのでぜひ皆様にも行ってもらいたいです。キャラクターのソナ・エル君が好きです(港区・主婦・47歳)

・災害については、災害廃棄物までは、考えた事がなかったので、こんなに多くなるとは、思いませんでした。耐震化は、身を守る事だけでは、ないんだなと思いました。(中村区・主婦・48歳)

・災害が起こる前から、避難生活のことを考え、備えをしていきたいと思いました。(緑区・会社員・43歳)

・災害については日頃から心がけておきたいものです。記事を目にするたびに肝に命じたいです。(千種区・主婦・62歳)

・ 最近、自然災害が多いですが、私の住む街は幸い難を逃れています。しかし、いつ自分に降りかかるかわからない災害。もしその場にいたら適切な対応ができるようにしなければ、と思う記事でした。(三重県四日市市・会社員・34歳)

・ 新聞紙スリッパ子供と一緒に作りました。意外と簡単にできて良かったです。(緑区・パート・43歳)

・防災、減災、復興にリサイクルを生かせる事はとても有意義だと思います。(南区・会社員・57歳)

・新聞紙でつくるスリッパは参考にはなりましたが、インクが足の裏に付きそうなのが気になりました。(中村区・主婦・48歳)

・新聞は災害時に役に立つことが分かりました。新聞を出した直後に地震が起きない事を願います。(中村区・会社員・40歳)

・何でもかんでもリサイクルと言いますが出来ない物は処分し、家庭内をスッキリさせていざという時の避難通路を確保すべき。(守山区・主婦・51歳)

・新聞紙でスリッパが作れることに感激です。9才の息子とさっそく作りました!簡単なので覚えておきたいです。(守山区・会社員・33歳)

・新聞紙を使ってのスリッパの作り方がよかったです。家族で試しに作ってみました。防災の日を迎え、今一度災害の時の対応について家族と話し合うきっかけになりました。(守山区・主婦・32歳)

・東日本大震災のときの恐怖が時間とともにうすれてきています。「自分の身は自分で守る」という言葉を改めてかみしめています。(千種区・男性・57歳)

・災害廃棄物について初めて知り、興味を持ちました。(天白区・主婦・47歳)

・普段家にあるものが活用できる防災グッズはとても役に立つので、切り抜いて保存します。(緑区・自営業・48歳)

・ 災害で水が使えなくなるとトイレに困ると聞き、我が家では犬と兼用?でトイレシーツとビニール袋は、大量に備蓄してあります。(緑区・主婦・47歳)

・今回の特集記事を読んで、身近なものを活用して避難生活に備えたいと思いました。(西区・主婦・44歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・身近に里山が体験できる場所が意外とたくさんあることに驚いた。(南区・主婦・61歳)

・ 水路をめぐる田舟。暮らしの中の必需品なんですね。(守山区・主婦・54歳)

・環境の保全と利用を両立させる「里山」のテーマは素晴らしいと思います。(緑区・男性・67歳)

・海津で田舟に乗れるイベントがあることを知りました。(瑞穂区・会社員・59歳)

・地図説明が分かりやすく、行く気になりました。紙で残しておくと行きやすい(思い出して)。(千種区・主婦・50歳)

・里山体験は毎回感動して拝読しています。今後も期待してます。(港区・男性・70歳)

・ ぜひとも田船に乗ってみたい。船の中で横になって目をつぶれば気持ちも安らぎ眠れるかも。乗ってみたい。(港区・男性・68歳)

・海津の水郷パークセンター、行ってみたいなと思いました^ ^これから気候も良くなって美味しい物も出てきますから余計に楽しめそうです!(西区・パート・45歳)

・岐阜県出身で、海津も行ったことがありますが、あのような体験ができるとは知りませんでした。今は子供も産まれ、一緒に名古屋で生活していますが、大変興味をもちました。地元のまだまだ知らない情報が知れて良かったです。(瑞穂区・公務員・32歳)

・海津に水郷パークなんてものがあるなんて知らなかった。(西区・アルバイト・64歳)

・ 体験型のレジャーが紹介されていて、ぜひ勉強にもなるので孫と行ってみたいです。(中区・パート・64歳)

・ 里山のような環境をどんどん広げたいです。(昭和区・会社員・60歳)

・海津市って、初めて知りました。近いのに知らないところがいっぱいあるな、と思いつつ、エコに休日を満喫できるスポットとして、行ってみたいと思いました。(東区・会社員・34歳)

・母が近隣の弥富市出身なので、伊勢湾台風時には田舟を使って行き来していたと聞きました。(守山区・会社員・53歳)

・旅とは遠くに行かなくても近くに最高のロケーションがあると教えられました。(中区・主婦・66歳)

・木曽三川公園はよく行きますが、こんな近くに「田舟」に乗れるとはびっくりです。舟といえば大垣という感じがしてました。海津町は川とは切っても切れない関係だと思います。木々の緑と川と、とても風情がありますね。船頭さんもこれから頑張っていただきたいです。(中川区・パート・56歳)

 

エコヂカラ!

・紹介された完全予約制のカフェが近場にあるなんて知らずにいたので、是非一度ランチに使いたいと思いました。(昭和区・主婦・47歳)

・ 雰囲気から家庭的なカフェかなと感じた。でもリラックスできるのかな? 気になるお店です。(緑区・会社員・26歳)

・野菜不足を指摘される現代人としては、深谷さんお勧めの「ごはんとおやつとひとときと」に行ってみたくなりました。(東区・男性・74歳)

 

エコクッキング

・ エコクッキングは参考になり嫁のレシピの1品にして満足しております!簡単で美味しい!(港区・会社員・51歳)

・いつも楽しみに拝見しています。料理コーナーが大好きです。(緑区・小学生・7歳)

・クッキングのお料理は参考になります。今回もサンマの竜田揚げのイタリアンはぜひ作ってみようと思います。(緑区・主婦・66歳)

・エコ・クッキングを毎回楽しみに、参考にしています。料理のバリエーションも増えて家族にも好評です!(緑区・主婦・50歳)

・大好きなサンマレシピ。和とイタリアン。焼いて食べる以外のレシピ。この秋2つとも作って見たいです!(西区・主婦・32歳)

・主人が魚を釣って来るので、竜田揚げは参考になりました。(港区・パート・67歳)

・料理が苦手な私はエコクッキングのコーナーに助けられています。これからもたくさんレシピを教えてください。(三重県津市・主婦・50歳)

 

その他

・毎回リサもんだいでエコの重要性、必要性を再認識しています。(北区・男性・70歳)

・ローカルなエコ系フリーペーパーと認識してます。目につくとつい読んでしまいます。フリーペーパーでは広告の内容が気になりますが、良く考えてスポンサーを選んでいると感じてます。これからも読まして頂きます。(千種区・会社員・50歳)

・ 毎号楽しみにしております!どの記事も感心して読ませて頂いてます。エコにはとても興味があり自分で出来る範囲でコツコツと実践してます。Risaは私の先生です。(南区・主婦・50歳)

・毎回、エコつぶ楽しみに見ています!(北区・主婦・26歳)

・いつも楽しみに読まさせて頂いてます。特に「エコつぶ」がお気に入りで、短い文章ながらもとてもためになる事ばかりで、子どもにもこれ読んでみて!ハイ!と会話になります。次のRisa楽しみにしてます。(中川区・主婦・40歳)

・ 区の境に近いと自宅に近いよその区など市全体としてのリサイクルカレンダーは重宝します。(昭和区・男性・68歳)

・ 今まで気づかなかったエコつぶ。猛暑のこの夏、冷蔵庫の開閉を減らすアイデア。冷たい麦茶を水筒に入れてテーブルに置くだけでいいんですね。拍手です。(港区・主婦・66歳)

・おたよりやエコつぶ欄を読むと、いろんな方の意見が伝わって役にたちます。(中川区・パート・54歳)

 

<2017年8月号>

特集・「石けん」のふしぎ

・ 松の力の記事はとても考えさせられました。環境への配慮を考え作った商品の思いと、利益もださなければいけない、商品もつくりださなければいけない…なかなか難しい状況であったと思います。でも、原材料メーカーと開発や販売の人とコミュニケーションがなかったのかな、と疑問にも思いました。私達個人もできる範囲で環境を考え、より良い地球になるよう日々をすごしていこうと思いました。(北区・主婦・35歳)

・肌が弱いので天然のものを選んでずっと使用してきました。いいという思い込みでです。でも、いろいろ試して本当に自分に合ったものを探さなくてはと、あらためて思いました。アレルギーに悩んでいる私ですので。松の力を使っていた私にとって、ちょっとショックな記事でした。(中区・主婦・67歳)

・より天然のものも求める時代に「松の力」出荷停止の推移は考えさせられるテーマであった。(中区・パート・72歳)

・松の力が注目されてきているのかな。チョット嬉しい。どんどんいろんな情報がてできてもらいたい。(緑区・会社員・26歳)

・「エコ・ブランチ」代表の鶴田さんはとてもえらいと思います。頑張ってください。(港区・男性)

・石鹸は一番いいものと思っていました。そして合成は悪だと。いろいろと考えさせられる記事でした。これからもその真実を伝える力を大切によろしくお願いいたします。(中村区・主婦・55歳)

・今まで合成洗剤は悪、石けんは善という固定観念を持っていましたが、今回の記事を読んでそれは「神話」にすぎないと知り、目からうろこの思いでした。これで合成洗剤を使っている罪悪感から逃れることができました。よりよい製品をつくっているメーカーを消費者として応援していきたいと思っています。(西区・主婦・66歳)

・ せっけん、確かに不思議です。私の子供のころ、ボディソープなるものは、まだそんなに出回っておらず、自宅のお風呂でも石鹸でした。今は、いろいろ用途の種類がでていますのでこの機会に我が家も試してみます。自分だけの石鹸っていいかも。(千種区・主婦・36歳)

・以前から界面活性剤を使用することが環境によくないと知りながら、何故よくないのか洗剤を選ぶ時に考えないで香りなどばかり気にしています。これからの子供たちの為に、みんなで考えないと!(守山区・会社員・56歳)

・今回の石鹸の原材料については勉強になりました。(千種区・会社員・52歳)

・確かに石鹸は色々ある。思うところは、下水処理場でどの程度まで浄化され海に流れて行くのかが?自然の海にどれだけ影響が残っているのかが大変気になる。(名東区・会社員・49歳)

・頂き物でいろいろな洗顔石鹸があったので、何が違うのか気になっていたので、興味深かったです。(千種区・パート・40歳)

・ 環境にも良い上に、人にも良い商品。アトピーの娘がいるので、是非使ってみたいと思いました。(中川区・パート・47歳)

・石鹸について解りやすく書かれていて良かった。(緑区・パート・60歳)

・毎日何気なく使っているものが環境に負荷をかけていることに改めて気付き、少しでも改善できる方法がないか考えるきっかけになりました。(南区・主婦・34歳)

・ひとくちに石鹸と言っても、多種多様であることが今回の特集記事によって良く分かりました。今後は石鹸の説明書きなどにも関心を持つて接することにします。また、この企画を担当されたスタッフの皆様に敬意を表します。(南区・男性・71歳)

・ 「天然ものだから安心ではない」との記事を見て衝撃を受けました。今後もRisaで勉強して、本物を見極め、自分で選択できる消費者になりたいと思いました。(中村区・会社員・41歳)

・我が家の大好きなLUSHが表紙に出ててビックリ!ステキな商品がたくさんあるのでまた取り上げてほしいです。(西区・パート・45歳)

・石けんと合成洗剤の違いがよくわかって勉強になりました。(南区・主婦・61歳)

・天然のものは安心だと思い込んでいたので、今回の特集はとても勉強になりました。(北区・主婦・39歳)

・ 今回の石けんのふしぎは、知らなかったことに気が付き、為になりました。(緑区・主婦・67歳)

・せっけん特集、興味深く拝読しました。界面活性剤については、もっと考えなくてはならないと思いました。(名東区・パート・53歳)

・ 表紙にラッシュが登場するとは思ってもみませんでした。ステキでした。(守山区・パート・51歳)

・「せっけんのふしぎ」を興味を持って読みました。何気なく使っていた石鹸ですが、恥かしながら知らな過ぎました。これで少し賢くなりました。(東区・男性・74歳)

・普段何気なく使用している様々な種類の石けん(洗剤)がどのようにできていて、人体や環境への影響がわかりやすく掲載されていて、とても役立ちました。(名東区・パート・43歳)

・ 最近では香りの強い洗剤が多すぎて困る。(緑区・男性・69歳)

・界面活性剤について勉強になりました。(北区・学生・20歳)

・環境の視点からの「石けん」特集は身近な問題をとらえたもので分かりやすかったです。昔に比べて庄内川などもずいぶんきれいになったと感じます。(中川区・パート・38歳)

・当たり前に使っていた石けん、奥深さを感じました。家族はボディソープを使っていますが、私は石けん大好きです。昔ながらの生活を感じます。(名東区・女性・68歳)

・石けんのふしぎ、とても興味深かったです。合成界面活性剤が有害だと言われ使用を控えていましたが、最近のはいいことが分かってよかったです。(中川区・主婦・70歳)

・今までイメージで合成洗剤は環境に悪いと思い込んでいたので、目からウロコでした。(名東区・主婦・49歳)

・毎日使う石けん、これから注意して買うことにしました。(名東区・主婦・74歳)

・石けんについてわかりやすく書かれていました。これから石けんを買うときは環境にやさしい石けんを買いたいと思います。(瑞穂区・女性・77歳)

・結局、環境にも人にもやさしい理想のボディーソープや石けんは何なのか、よく分かりませんでした。(中川区・パート・42歳)

・「石けんのふしぎ」の記事、とても面白かったです。今年の自由研究にいい記事だったのでよかったです。(中区・学生・15歳)

・高価なものは買えませんが、石けんの量は少なめでも十分汚れは落ちることに気づきました。少ない量でいいのなら、少なめで河川の汚染源をなくし、経済的にも助かると教えられました。(北区・女性・85歳)

・天然と合成の違いがよくわかりました。(緑区・会社員・60歳)

・私は石けんが好きでよく使いますが、石けんにも界面活性剤が入っているのは知りませんでした。食器は汚れを紙で一応取り除いてから裏側から表へと洗っています。そのまま流してしまうのはイヤだから。ちっちゃな行動だけれど、一生そうするつもりです。(中村区・公務員・62歳)

・石けんが及ぼす環境への影響をあらためて認識しました。これからは意識して商品選びもしたいと思います。(西区・主婦・44歳)

・石けんって何でできているかなんて深く考えたことがなかった。自分をきれいにするのも大事だけど、川も海もきれいにすることもすごく大切だと考えさせられました。(港区・主婦・52歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・ 里山体験とは違いますが、今は社会人になった長女が小学生の頃にツリークライミングに行った体験と重ねて拝読しました。まさしく勇気と元気を自然から学ぶ体験でした。懐かしい。(中村区・パート・52歳)

・ 楽しそうな里山体験でチャレンジしてみたいと思いました。(港区・主婦・46歳)

・自然と触れ合うのは大人も子どももいいですね。子どもを連れていこうと思いました。(北区・会社員・42歳)

・毎回、里山体験の記事楽しく拝見しております。こういう場があって体験できた子どもさんたちには貴重な思い出になりますね。(瑞穂区・パート・55歳)

・以前、石徹白に行ったことがあり、とても懐かしく記事を拝見しました。当時はまだアスレチック施設がありませんでしたが、豊かな森を生かした施設、とてもよいことですね。(天白区・会社員・57歳)

・アメリカ在住の孫を連れて行ってやりたいです。(西区・主婦・65歳)

・今の子どもは外で遊ぶことをしなくなったとよく言われますが、自然の中で遊ぶ楽しさが伝わってきて、自分の子どもにも体験させたくなりました。(中村区・会社員・33歳)

・勇気と元気を森からもらうのはステキです。(中村区・会社員・58歳)

・冒険の森に孫たちと行けたら楽しそうだなと思いました。(千種区・主婦・60歳)

・おたよりのコーナーで、前回の「白川茶」を取り上げて下さった記事についての感想が寄せられているのを拝見し、うちの母の実家が「白川茶」の発祥の地であることもあり、とても嬉しかったです。ありがとうございました。(中村区・女性・43歳)

 

エコヂカラ!

・エコヂカラの記事で新しい情報を知ることができ、少し知識が深まる気がします。(天白区・主婦・69歳)

・ エコヂカラの儀式を見てみたいと思いました。(中区・パート・40歳)

・四條流からすべての日本料理の作法が派生しているということを知ることができ、感銘いたしました。(中村区・会社員・65歳)

・エコヂカラに載っているかたが、近くの日本料理やまとのかただった。店で料理を味わったことはあるが、そんな立派なかたとは知らず…。いい記事でした。(緑区・会社員・52歳)

 

エコクッキング

・エコクッキングのレシピがとても良いです!子供が食べてくれそう!!トウモロコシの代わりに枝豆とかでもよさそうですね!(緑区・パート・30歳)

・エコ・クッキングのコーナーをよく参考にしています。家族にも好評で私も気分が良いです。(緑区・主婦・50歳)

・ エコクッキングももう一品も、とても美味しそうで試してみます。(中区・会社員・26歳)

・ 今回のエコクッキングは大好きなトウモロコシを使った料理だったので早速作ってみたいと思います。(港区・会社員・58歳)

・ころころボールコーン揚げは我が家では普段作らないメニューでしたので新鮮でした。子どもたちにも好評でした。(西区・主婦・34歳)

・一人暮らしのため、材料が残ったり同じものを2度食べたりでした。一つの食材で2度おいしいエコクッキング、とても参考になりました。(北区・主婦・70歳)

・レシピが増えました。主人がたいへんよろこんでいます。(中村区・パート・61歳)

・孫につくってやりたいと思っています。おいしそうですね。(守山区・主婦)

 

その他

・エコトビのあいちの米たまご。初めて知りました。驚いています。もっと多くの人に知ってもらい、エコに繋げてほしいです。(西区・女性・75歳)

・毎回知っているようだけどはっきりわからないことが認識することができる記事があり嬉しく思います。(西区・パート・63歳)

・ 環境に特化した企業や団体を知ると、どのように取り組んでいるのか興味を持ちます。名古屋にあるお店があれば、足を運んでみたいので、情報が知りたいです。(東区・会社員・24歳)

・リサもんだいにつられて次々に読み進めました。楽しく進めて良かったです。(熱田区・パート・24歳)

・「エコつぶ」が楽しくて勉強になります。些細なことでもエコにつながればと思います。(港区・男性・62歳)

・子どもが小学校3年になり、最近子どもにも環境学習かつ勉強として興味がわきそうなところを見せています、子どもも少しづつ環境問題に関心を示してきているようなので良かったです。(名東区・会社員・44歳)

 

<2017年7月号>

特集・クールシェアでエコな夏

・ヒートアイランドのでの自分のいる場所がどれだけ気温が上昇したのか分かりました。これからも身近な記事を!(中川区・会社員・46歳)

・去年熱中症でダウンしたので記事に興味が有り読みました。今年は、自然でクールシェア、風の道の東山公園試してみます。(天白区・主婦・49歳)

・ 夏の盛りに向けてエコを準備方々今から始めましょう。節電はしていましたが、皆でクールシェアとか、相生山カフェとかいいですね。小幡は涼しい方だけど気温分布図はショックですね。(守山区・主婦・54歳)

・名古屋市内で涼しい場所は無いんだとビックリしました。昼間の電力の使い方を考えさせられました。しかし熱中症にも気をつけていかないとです。(中川区・会社員・48歳)

・名古屋のヒートアイランド現象が、図解でよくわかった。(南区・主婦・61歳)

・ 身体を使う仕事で、夏の暑さにまいっていたところだったので暑さ対策などの情報が嬉しかったです。(天白区・会社員・42歳)

・やはり、開発が進み緑が少なくなると、自然な冷却力が下がる一方、気温が上がり、人工的な冷房がますます必要になり、省エネとは逆行ですね。(瑞穂区・会社員・59歳)

・「おうちでクールシェア」を、実践しています。家族別々の部屋でパソコンしたり、ゲームしたりしていたのを、リビングに集め、一緒にして節電しています。(緑区・会社員・43歳)

・ 気象庁が発表する最高温度も場所によってたしかに違いがあるのだなと納得しました。(緑区・主婦・66歳)

・ヒートアイランドって言葉自体初めて知ったし、気温分布はいい情報になった!(緑区・主婦・31歳)

・打ち水って懐かしいですよね。昔実家の南区ではよく見かけました。街中でマンション暮らしをするようになってから、少し忘れていました。(中区・会社員・39歳)

・ 今号は来るべき暑い夏を如何にエコを意識して上手に乗り切るかの知恵が満載であった。エコの為にと無理をして体調を悪くしては本末転倒なので家族で身近な所から取り組みたいと思う。(西区・自営業・54歳)

・今回の特集はとても参考になりました。私も暑がりなので涼しくできる工夫をしてみたいです。自然を壊さないよう心掛けたいでね!(緑区・パート・57歳)

・夏のエコについては更に関心を持たなければいけないと感じた。(東区・男性・45歳)

・クールシェア、なんて聞くと、新しい試みなのかと思ってしまいましたが、私がいつもしている「図書館に行く」「川沿いの公園で読書」「デパートでランチしてショッピング」のことだったんですね!この夏も、クールシェアしますよ。(緑区・主婦・45歳)

・特集クールシェアでエコな夏はとても良いことだと思います。我が家も全員が起きているときはリビングのみでエアコンをつけ1部屋ですごす様にしています。一人一人のエコが社会全体の省エネになる様に心掛けたいと思います。(港区・会社員・65歳)

・確かに暑い夏を少しでも快適に過ごすのは大事なことで自分としては自然で涼しい場所に行きのんびりと過ごすのがよいと思います。(名東区・男性・75歳)

・エコな夏、大歓迎です。家庭での節電はもちろんですが、デパートやレストランなど冷房が効き過ぎている所がたくさんあると思います。(緑区・会社員・35歳)

・クールシェアは、すぐにやってみようと思いました。(北区・主婦・66歳)

・ 今年の夏も暑いみたいなので、熱中症対策、節電対策を考えなければと思ってます。(緑区・主婦・41歳)

・名古屋市のヒートアイランド現象が、こんなだったとは驚きました。もう少し穏やかかと思っていた。海も近いし、緑地も都市部にしては多いほうかと感じていたので。(名東区・自営業・42歳)

・暑い夏のクールシェア。難しい時もあるかと思いますができるだけ取り組んで行きたいと思いました。(西区・パート・45歳)

・気軽に挑戦出来るエコが載ってるので、少しづつではありますが、挑戦しています。  この夏も暑い様なので、クールシェアしてみようかなと思います。(瑞穂区・主婦・47歳)

・エアコンの設定温度に気をつけようと思った。(千種区・パート・40歳)

・名古屋はこの夏も大変暑くなりそうで、クーラーの活躍する事が多くなるが、やはり節電、省エネを考えてクールシェアを進めたい。(南区・会社員・57歳)

・「クールシェア」という言葉を初めて聞きました。身近な省エネいいですね。(中川区・主婦・58歳)

・クールシェア実践しようと思いました。(天白区・主婦・47歳)

・テレビ、パソコン点けていると室内温度が上がり、今日のような湿度が高いときは本当に熱中症になりそうですね。回避するため節電も兼ね早くも切ってしまいました。(瑞穂区・女性・56歳)

・暑さ対策が必要となる時期が目の前に、今回の特集を参考にして、乗り切ります。(守山区・アルバイト・71歳)

・ 同じ名古屋市内でも気温は、結構違うものなのですね。あらためて暑い時の過ごし方を考えてみました。(緑区・会社員・52歳)

・ヒートアイランドの記事は驚きました。風の道はぜひ実現してほしいです。(西区・会社員・48歳)

・「クールシェア」はいいですねー。去年はこの言葉は聞かず、”自宅の冷房を止めて商業施設や百貨店で涼もうか”という事でしたが、賛成します。(東区・男性・74歳)

・夏本番に向けて節電に励みたいです。(北区・主婦・41歳)

・ 名古屋の涼の記事 興味深いですね。わが家は相生山の南ですので割に涼しいところと認識しました。このような地域の情報を今後もお願いします。(緑区・会社員・55歳)

・クールシェアという言葉を初めて知りました。この夏は家のエアコンを切って、美術館にいったりデパートに出かけたりしようかなと思いました。(西区・パート・29歳)

・クールシェアについて理解できました。実践していきたいと思います。(北区・学生・20歳)

・今号の、「クールアイランド」の記事の「みんなのcafe」に、是非、行ってみたいと、思っています。(西区・主婦・70歳)

・引っ越したばかりですが、自分の住んでいるところが涼しい地域だと知り、嬉しかったです。(緑区・パート・29歳)

・ 特集を読んでクールシェアしてみようと思いました。(瑞穂区・主婦・68歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・茶摘み体験をしてみたい!(中川区・男性・63歳)

・母の実家が白川町なのでRe里山体験を読んで懐かしい気がしました。メーテレで「岐阜にイジュー」も放映していました。(名東区・パート・61歳)

・ 私の家族は食後、必ず緑茶を頂きます! 葉摘みしたお茶をその場、飲めるなんていい体験ですね! 私は庭に生えるどくだみを乾燥させて麦茶と一緒に飲んでます。(中川区・主婦・47歳)

・お茶が大好きで、お茶を通して「食」と「農」を満喫できる体験をしてみたいなと思いました。(中川区・会社員・31歳)

・ 今回は「Re里山体験」で白川茶を取上て頂き、有難うございました。黒川地区は叔母の住む所です。少しでもこの地区が賑わってくれる事を願います。(中村区・女性・43歳)

・お茶摘み面白そうですね。お茶は大好きです。お饅頭を食べた後、御飯の時、私は御飯は、お茶がないと食べられません。ジュースで御飯は、信じられません。お茶摘みしてみたい!ですね。(瑞穂区・主婦・62歳)

・宇治茶にたずさわる仕事をしていたので、岐阜県白川町のお茶の記事が大変興味深かったです。茶摘み体験だけでなく、みんなでランチを食べたり川遊びも出来る等、子供連れにぴったりのコースだと思いました。(名東区・主婦・44歳)

・ いろいろな里山体験をしてみたいです。(熱田区・アルバイト・65歳)

・知らない土地の情報がわかるから、大変参考になります。(昭和区・自営業・47歳)

・白川茶、美味しそうで楽しそうでいいなぁと思いました。(天白区・会社員・58歳)

・暑くなり避暑地を求めて出かける時期。とっても里山にはいい感じかな。(緑区・会社員・26歳)

 

エコヂカラ!

・土岐市の作家さんの記事は興味深く読みました。こういったオリジナルの世界で頑張っている方はいいなぁと思いました。(守山区・主婦・53歳)

・ワクワクして読みました。本当はぜひ工房を訪ねてみたいのですが、まず星が丘テラスへ行ってようと思います。(中村区・女性・69歳)

 

ミニ家族会議

・割りばしで環境保全と国際貢献ができるなんて、しかも20円で。普及して欲しい。(名東区・女性・66歳)

・今回の郡上割り箸の記事は興味深い記事でした。また、TFTの事は勉強になりました。早速、手帳にメモしました。仲間達にぜひ、知らせたいと思っています。(南区・男性・72歳)

・割り箸の話、皆にもっと知ってもらいたいです。(中村区・会社員・50歳)

・郡上割り箸をまだ飲食店で見たことがありません。このような割り箸を使うお店が増えるとよいと思います。(緑区・会社員・43歳)

・割り箸の使用がリサイクルにつながることを社会一般によく知って欲しいと思いました。(千種区・会社員・52歳)

・割りばしで子供たちと森の環境保全に役立つとは驚き。今度から割りばしを見る目がかわるわ。(西区・公務員・50歳)

・割りばしが深い。(守山区・パート・58歳)

・郡上割箸を使ってみたい。(名東区・会社員・57歳)

・ いい割り箸は使うとき気持ちがいいです。(天白区・会社員・40歳)

・割りばしで国際貢献をしているとは思いませんでした。(中村区・女性)

・TFTのことが分かってよかった。(守山区・女性・35歳)

・割りばしのことを知って、たくさんの店で利用されるといいなと思いました。(日進市・主婦・69歳)

 

エコ・クッキング

・最近マンネリ化してきた毎食のメニュー、エコクッキングはズボラな私の味方です。簡単で美味しいメニューが作れるのでとても助かります。(中川区・自営業・60歳)

・マヨネーズ、あんがいシンプルな材料で作れるんですね。白身の活用もついてたらありがたかったです。(西区・パート・49歳)

・エコ・クッキングは夫婦とも高齢ですのでみためにもカローリ的にもいいですね。(中川区・主婦・81歳)

・エコクッキングを毎回楽しみにしています。マンネリ化して、メニューに困っているときエコクッキングのレシピで作ると家族にも好評でした。(天白区・主婦・51歳)

・作るの手間隙かけず簡単にできそうであり、またおいしそうです。(中川区・男性・53歳)

・ これからますます暑くなるので主婦の労力も少しですむ簡単料理ありがたかったです。ありがとうございました。次も楽しみにしてます。(東区・主婦・48歳)

・ エコ・クッキングのアスパラごはん作ってみようと思いました。(千種区・会社員・27歳)

・豆ごはんの大好きな家族が、おいしいと喜んで食べました。お弁当にも彩りがきれいでよいと思いました。(名東区・パート・67歳)

・アスパラごはん、人生で初めてつくってみました。アスパラ、枝豆、シラス、大葉のアレンジでバッチグーでした。(南区・パート・45歳)

 

その他

・エコつぶを毎回楽しみにしています。実践してない事が載っていると得した気分になります。(天白区・主婦・59歳)

・エコつぶが役立ち大好きです。(昭和区・会社員・49歳)

・エコつぶの記事面白くて参考になります。(中区・パート・72歳)

・リサを見るようになってから、外出してもエコな場所やイベントに目が向くようになりました。まだまだ実践できていることは少ないですが、意識して生活することが大事だと思っています。これからも、幅広いエコ情報を期待していますね。(港区・公務員・42歳)

・リサもんだいを子どもと一緒に考えました。記事をよんで、勉強にもなりました。(中川区・主婦・43歳)

・古紙リサイクルのカレンダーを切りとり、活用しています。非常に便利です。(名東区・主婦・44歳)

・ 写真がすべてカラーなのでとても見やすいです。(西区・会社員・42歳)

・ エコについてこんなに詳しく書いてあるのはなかなかなくて、興味があるのでいつも愛読しています。保存もしていて読み返して感動することも。(滋賀県草津市・学生・20歳)

 

<2017年6月号>

特集・変わる守る なごや堀川

・ 今回の特集は昔から見ていた堀川、興味深く読まさせて頂いて、やっぱり堀川が綺麗になれば嬉しいですネ!(南区・自営業・51歳)

・身近な存在の堀川ですが、最近はきれいになり、店も増えてきたので近寄りやすくなりましたね。それは、ボランティアはじめ、たくさんの方々の協力で実現したことをあらためてしりました。見えない努力をもっとアピールしていけたらいいですね。(西区・パート・53歳)

・今回の特集記事を沢山の人が読んで、各地で清掃活動などが盛んに実施されれば良いと感じました。(緑区・会社員・47歳)

・ 市内のエコ活動を知り、綺麗な街作りに、私も加わりたいと感じました。ボランティア活動の情報などを、リサでも載せていただけると、分かりやすいです。(東区・会社員・24歳)

・ 昔から堀川のそばで生活し、堀川のいい時、悪い時を知っています。昔のように川で遊べる環境になればよいと思います。(緑区・主婦・73歳)

・今月号の特集で取り上げた黒川は、毎朝、夫婦橋から猿投橋までをウォーキングにて一周しており、昔と比べて本当に水がきれいになった。春の桜のトンネルも趣がある。(北区・男性・69歳)

・堀川近くに 住んでいます。 川を守らなければいけないと考えさせられました。(中区・主婦・62歳)

・ 15年前、高校生だった時に堀川を変えようという企画に参加した事があります。そんな堀川がだいぶ変わってきた事、今回の記事を通して歴史など再確認出来て興味深かったです。(千種区・主婦・32歳)

・ 堀川に浮かぶペットボトル・レジ袋・ラップゴミ等々、散歩中に見かけると腹立たしく思うし情けなく悲しい思いもします。皆様の活動に感謝!(熱田区・女性・70歳)

・ 堀川、以前と比べるときれいになったというイメージでしたが、まだまだですか。一層皆できれいにしたいです。(名東区・女性・66歳)

・堀川の浄化や再開発に興味があったので、とても参考になりました。今後とも堀川を訪れたいと思います。(守山区・自営業・55歳)

・子供の頃、堀川の近くに住んでいました。材木がまだ川に浮かんでいたころです。それでも、ヘドロなのかとても匂いがひどく、子供心に悲しい思いをしたことを思いだします。より、浄化がすすんで、在来の生物の多様化がすすんだらな、と思います。(岐阜市・主婦・38歳)

・堀川をきれいに!みんなで憩いの場にしようね。(中川区・男性・63歳)

・堀川は昔は本当に臭かったけど、今は随分綺麗になって匂いも気にならなくなりましたね。名駅とか栄から簡単に行けるバスなどがあるか、地下街が繋がったりすればもっと便が良くなりますね。(中区・会社員・39歳)

・黒川縁に越してきて三十年、あの頃すえた臭いのした黒川もすっかりきれいになりました。記事を読んで早速夫婦橋のバラスというか砕石を見に行ってきました。堀川というとよそよそしい感じがしますが、北区では上流はやはり黒川です。(北区・男性・62歳)

・何十年も前から堀川の浄化運動が有りますが下流の港新橋辺りはどぶ臭くなく時々潮の匂いがします。少しずつでも綺麗になってきているのでは?と思います。これからも浄化運動を見続けていきます。(港区・主婦・58歳)

・1965年ごろの堀川の写真がとても興味深かったです。やはり努力しないとなかなか綺麗にはなりませんね。私も注意して生活排水を使っていきたいです。(千種区・主婦・48歳)

・今号の堀川特集は色々なことが分かって良かった。市内を車で走っていると時々渡る橋が堀川に掛かっているものだという時が良くある。その位置関係を頭に描くのですが意外なところで出会うことがあり驚くことがあります。また50近くの橋があるというのも驚きでした。今後も特集は意外な面の内容をお願いいたします。(港区・会社員・65歳)

・堀川については、柳橋に行った時に、見たくらいで、詳しいことはなかった知りませんでした。水上ゴンドラは、乗ってみたいと思いつつ、なかなか実現できてません。中川で、川沿いのイベントがあったりと、身近な物になってきたのは、水がきれいになったり、清掃活動をしてくれている人の努力なんですね。(中村区・主婦・48歳)

・ 堀川を大切にしようとがんばっている方がたくさんいらっしゃることを知り、感動しました。綺麗になって、名古屋の観光拠点となったらなお嬉しいと思いました。(中村区・パート・43歳)

・私は昔、堀川の近くで働いていました。あまり奇麗だと思っていませんでした。堀川のことを考えていただいて、とても嬉しいです。(緑区・主婦・50歳)

・ 堀川はウチの近所を流れてます。時々、水鳥も見られ、前より随分きれいになったような気もしますが、自慢の水辺にするには、まだまだ頑張らないとダメですね。(中川区・主婦・58歳)

・北区に住んで6年。 名古屋を流れる堀川の歴史が知る事が出来てとても良かったです。 私にも何かできることがあるのではないかと思い、これからは堀川に関わるボランティアがあれば積極的に参加しようと思いました。(北区・会社員・39歳)

・昔、堀川添いで働いていました。梅雨の時期には水が臭くて窓が開けられなかった思い出があります。今は会社も無くなってしまいましたが懐かしかった。(緑区・主婦・68歳)

・堀川の、市民ぐるみの浄化活動は数万人の市民が携わってきて、感動しました。(東区・男性・74歳)

・気温と泡と匂いの関係とか興味深いです。(緑区・会社員・40歳)

・ 堀川のことはずっと気になってました。これからもみんなで協力して堀川を少しでも綺麗になるように努力していきたいですね。(昭和区・会社員・36歳)

・かつては死せる川とまで呼ばれていた堀川が長い間、官民あげての整備で見事な変化を遂げたのは関係者皆様の努力のたまものだと感謝しております。(名東区・男性・75歳)

・堀川クルーズを楽しんだばかりなので表紙が目に飛び込んできました。乗船前は『多分くさいだろう』と思っていましたが意外性に驚きました。陰には凄いご尽力があることを特集で改めて知りました。(北区・会社員・56歳)

・ 近頃は堀川で結婚式が挙げられるほど、きれいになっていたんですね。再構築される名古屋城お堀に続く川も大事な観光資源になれそうです。(守山区・会社員・53歳)

・堀川の特集は面白かった。懐かしさもあり、知らなかったこともあり、勉強になりました。名古屋城堀や中川運河はどうなんだろう?と調べる楽しみが出来ました。(中川区・会社員・53歳)

・今回は近所なのに意識していなかった堀川について知れてとても勉強になりました。(中区・パート・29歳)

・堀川を見ているだけで、浄化活動に市民の方々が努力していることに初めて知りました。(港区・学生・23歳)

・堀川は名古屋の顔です。清流が蘇ってほしい!(守山区・アルバイト・71歳)

・堀川の浄化運動がなかなか進んでいないように感じていますが、色々な努力がされていることが理解できました。もっともっと綺麗になって、名古屋のシンボル的存在になることを望んでいます。(西区・会社員・33歳)

・堀川だいぶ変化しましたね。このあいだ久しぶりに堀川沿いを走りましたが、外国人の観光客に名古屋では船に乗って川沿いに観光できるんだよと勧めておきました。(天白区・会社員・40歳)

・温暖化が水質の浄化とも関係あるとは、知りませんでした。温暖化防止につながることを小さなところから見直していきたいです。(中村区・会社員・44歳)

・堀川のゴンドラ、常設にしてほしいです。水上交通として公共機関の一つになると便利でおもしろいと思います。(東区・主婦・50歳)

・堀川を長い時間をかけてきれいにしてくださった方たちに脱帽。おしゃれな店などができて、本当にうれしいです。(北区・主婦・59歳)

・まだ20年くらい前でしたが、七里の渡しへ弁当を持って行って食べようとしましたが、あまりの悪臭に食べられませんでした。今はどうでしょうか?(緑区・アルバイト・67歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・里山体験をいつも楽しみにしています。もうすぐ子どもの夏休みなので、我が家もハーブ摘みに出掛けたいです。(港区・主婦・32歳)

・庭でハーブは育ててますが、上手く利用出来てません。利用方法学びに行きたいです。(守山区・主婦・52歳)

・ハーブには興味があり、花屋さんで苗を見つけると買っています。(中村区・主婦・62歳)

・デザートなどに添えてあるハーブがこうやって収穫されるとよく分かりました!(天白区・会社員・25歳)

・とうえい温泉 花まつりの湯に先週行ってきたのでなつかしく読ませていただきました。(昭和区・男性・79歳)

・ ハーブ摘み取り体験、やってみたいと思いました。ありそうでなかったことだなあ。(西区・パート・49歳)

・奥三河大好きです。今回、ご紹介の場所もよく知っています。これからも、どんどん紹介していただければと思います。(緑区・会社員・52歳)

・廃校を活用して、地域の体験交流館ができていることは、素晴らしいと思いました。(緑区・会社員・43歳)

・ハーブ摘み、行ったことないですが、興味がわきました。(守山区・パート・41歳)

・ いつも感じることですが、興味深いテーマが多く良かった記事を選ぶのに迷っています。今回はハーブの里山体験を選びましたが、他のコーナーも充実しており読み応えがあります。他のコーナーの編集担当の皆さんガッカリしないでまた、頑張って下さい!(南区・男性・71歳)

 

 

エコヂカラ!

・深谷さんのラジオも聞いてます。ファンです。毎回、環境によく、節約にもなるエコヂカラ、楽しく拝見させていただいています。(西区・会社員・49歳)

・エコヂカラは毎号楽しみに読んでます。(西区・アルバイト・63歳)

・ 私も植物が大好きなんで、素敵なお店の方との出会いに羨ましく、自宅近隣で探してみたいと思いました。リサはエコ情報を得られるので、毎月楽しみにしています。(守山区・会社員・56歳)

・ 今年は、シンビジュームが旨くでき華やかに咲きました。以前は水のやりすぎでよく枯らしていました。今は毎朝変化のある花が迎えてくれる植物と一緒に生活を楽しんでいます。(港区・パート・67歳)

・植物を育てるのは難しくて失敗だかりだが、もう一度チャレンジしようと思う。記事を見てよさがわかるから。(名東区・事務職・64歳)

・近所の気になる花屋さんで、入ったことはなかったが、今度入ってみようと思う。(千種区・女性・55歳)

 

ミニ家族会議

・ミニ家族会議の記事は、とても親近感を覚えました。(緑区・会社員・75歳)

・2年後に愛知で植樹祭、知りませんでした。環境って考えないといけない課題ですよね。(港区・主婦・52歳)

 

エコクッキング

・エコクッキングのアイデアに毎回びっくりします。(南区・主婦・61歳)

・ にじゅうまるエコクッキングは試してみたいレシピですね。夏バテ予防に毎年梅ジュースを作りますが、今年はパイナップルビネガー作ってみます。(守山区・公務員・51歳)

・ 皮ごとビネガーを早速作ってみたいと思います。(中区・主婦・48歳)

・今ちょうどパイナップルが熟すの待ってるので、切ったらビネガー漬けやってみます。(西区・パート・45歳)

・パイナップルの皮のビネガーgoodタイミングでパインがあったのでさっそく作りました。(中区・主婦・64歳)

・ パイナップルのかわごとビネガー美味しそうなので、是非作って、牛乳割りで飲んでみたいです。(西区・主婦・37歳)

・クッキングは季節に合ったメニューで毎回楽しみにしています。手軽に作れそうなものが多く、実践できるのでレパートリーが広がります。(港区・会社員・30歳)

・今、酢に関心がありますのて参考にします。(名東区・主婦・53歳)

・どの記事も読みがいがあっていいなと思ったけど、そのなかでも一番しっくりきた記事は、にじゅうまる エコクッキングです。パイナップルと牛乳割りは斬新なアイデアだなと思いました。(南区・主婦・49歳)

・パイナップルの芯と皮が活用できるなんて目から鱗です! いつも捨てていたので、試してみたいと思います。おいしいパイナップルビネガーができるといいな。(中村区・主婦・38歳)

・エコクッキングがとても役立ちます。パイナップルの皮や芯も使えるとは驚きました。(西区・主婦・43歳)

 

その他

・いろいろ読んで、気付かされる事があり、視点が少し変わった様な気がします。(中村区・主婦・59歳)

・世の中、以前ほどエコに関心がなくなってきた気がします。エコな暮らしが定着してきたのかもしれませんが。やはり企業の努力が必要かも…。そのアピールなどを知りたい気がします。(緑区・会社員・44歳)

 

<2017年5月号>

特集・本音で本気のフェアトレード

・フェアトレードのチョコレートはかわいくて、おいしいので何気なく買っていましたが、そのチョコレートがどこでどのようにできているか、知ることができました。(天白区・女性・42歳)

・ People Treeのチョコレートを見掛けたことがあったので、今度は買ってみたいと思いました。(北区・パート・48歳)

・フェアトレードは良く聞くけど『公正な貿易』じゃない貿易ってどんな事なんだろう?と調べて見ようと思いました。(名東区・主婦・52歳)

・フェアトレードの記事とても興味わきました。購入してすこしでも協力したいです。(中村区・主婦・42歳)

・フェアトレードについてなんとなく聞いたことがある程度だったけれど、今回の記事を読んでもっと知りたくなりました。5月13日のフェアトレードイベントにも行ってみたいです。(昭和区・会社員・28歳)

・色々なカラフルなチョコレートが載っている表紙が目を引きました。(南区・主婦・61歳)

・フェアトレードコーヒー。一年くらい前に回転ずしで初めて知りました。はじめは何のことかわからず、コーヒーのブランド名と思っていましたが、新聞などで紹介され、生産者と消費者の関係性がよくわかりました。(緑区・会社員・43歳)

・食品や衣料を購入する際、ただ安いとか見た目で判断するのではなく、その商品がどのような流れで作られ店頭まで届いているのかを見極める目を持ちたいと思いました。(瑞穂区・主婦・48歳)

・今回の特集は興味深く、ぜひ東区のショップに行ってみようと思います。(中村区・自営業・52歳)

・ オールカラーになったせいか、すごく「元気」というか、「勢い」を感じました。フェアトレードがもっと広まるとイイですね。(中川区・会社員・53歳)

・世界フェアトレード月間の事を初めて知りました。コーヒーが大好きなので、13日のイベントに行きたいなと思いました。(中村区・主婦・40歳)

・フェアトレード、チョコを見つけるとよく買ったりします。もっともっと広がって皆が関心持つようになればいいなと思います。(守山区・主婦・60歳)

・フェアトレードが学校給食でも行われてるとは驚きだった。(港区・パート・36歳)

・フェアトレード精神のもとにつくる人、売る人、買う人、集う人がそれぞれの立場を理解し尊重し合って進める行動は実にすばらしいことと思います。(名東区・男性・75歳)

・ フェアトレードに協力しようと思っても、内容がよくわからずほとんど利用しなかった。今回の特集を読み、スッキリ理解することができた。機会を見つけて利用したい。(天白区・主婦・68歳)

・チョコレートやコーヒーのフェアトレードには以前から関心がありましたが、よくわかっていませんでした。今回認証マークを知ることができたので、これから商品を選ぶ際に参考にしたいと思います。(守山区・主婦・32歳)

・今回の記事はとても参考になりました、マルシェ行ってみたいと思います。(緑区・主婦・40歳)

・日ごろ気にはしていても、なかなか何かを実践するということが難しいエコ。廃品回収やリサイクルショップへ入らなくなったモノを売る、グリーンカーテンをつくるくらいしかやれていないのが現状です。フェアトレード商品を買うこともエコにつながるのなら、ぜひ試したいです。(北区・主婦・45歳)

・ちょうどフェアトレードデーが近いので、情報を知りたかったので、特集が大変参考になりました。(天白区・主婦・65歳)

・フェアトレード商品はなるべく買うようにしていますが、特定のお店に行かないと買えないのが不満。どこのスーパーやコンビニでも普通に手に入るようになったら良いのになとおもいます。(昭和区・パート・53歳)

・今月号を読んで、自分もフェアトレードを実践しようと思いました。(天白区・会社員・55歳)

・先日友人からピープルツリーのオレンジチョコレートを頂戴し、とてもおいしくいただきました。特集を拝見し、こういう趣旨の商品だと知って、感激したとともに、友人の思いも感じて、とても暖かい気持ちになりました。(緑区・主婦・45歳)

・いつも表紙の写真デザインが可愛くて手にとってしまいます。今回のテーマは気になっていたフェアトレード。1人ではなかなか行動に移せないけど、背中を押してもらった気がします。(天白区・主婦・42歳)

・フェアトレードの特集、どうもありがとうございました。私はフェアトレードママサークルぽかぽかのメンバーです。私自身、原田さとみさんの講座を通してフェアトレードを学び、共有し、さらに広めていきたいと強く思いました。私はまだフェアトレード初心者でまだまだ知らないことがたくさんあるのですが少しずつ勉強していきたいと思っています。フェアトレードを通して新たな出会いもたくさんあり、自分自身の世界も広がっています。フェアトレードの特集を持続的に行っていただけたら嬉しいです。ありがとうございました。(瑞穂区・パート・34歳)

・さっそく、フェアトレード商品のベン&ジェリーズアイスをコンビニで購入しました。とっても美味しくて高級品ですが納得の味でした!(昭和区・主婦・43歳)

・Risaを読みだしてからフェアトレードという言葉の意味をしっかり理解することができました。まだまだ多くの人には知られていない言葉だと思いますが、早くこの言葉が認知されればよいと思います。そのころには少しは貧困が減っているかなと思います。(北区・会社員・58歳)

・フェアトレードの商品は食品を何度か購入したことがあるのですが、少々味が好みではありませんでした。残念です…。(天白区・主婦・46歳)

・ フェアトレードは以前調べたことがありますが、もっと食材の種類が幅広くあっても良いかもしれませんね。多くがチョコかコーヒーなので、自分にとってはそんなに購入しないものなので。(中区・会社員・39歳)

・フェアトレードの特集でその役割、目的が理解できた。つなぐ人(ものを運ぶ、保管など)がいることも大切だと思います。(昭和区・男性・65歳)

・フェアトレードは難しく考えず、まず製品を試してみて、質の高さを自分で確かめるのが第一歩だと思いました。(北区・会社員・42歳)

・ユニーで買えるものがあると知ることができてよかったです。(南区・パート・59歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・いつも里山体験を楽しく拝見しています。私も小学生の子供がいますので、いつかは自然体験に参加をしてみたいな~って思っています。(北区・会社員・40歳)

・里山の体験は楽しいそうと思いました。夏休みに家族と行きたいな~と思いました。(守山区・学生・14歳)

・地域の宝を今後も守ってください。(中川区・男性・63歳)

・里山体験レポの総集編を見て過去の掲載を思い出していました。今後も継続して拝読させて頂きたいです。(千種区・主婦・42歳)

・里山体験はとても良いです。自然にふれることが ないので子供達、孫に体験して欲しいですね!(中区・主婦・62歳)

・名古屋市からそんなに離れていない場所での体験とかの記事が載ってて参考になって行きたいなーと思いました。(守山区・パート・44歳)

・紹介された地域は娘とイベントで訪問した場所が多くありました。娘がまた子供を連れて行ってくれたらいいですね。(守山区・会社員・53歳)

・子どもさんたちの生き生きした笑顔にパワーをいただいた。(守山区・主婦・80歳)

・名古屋市から少し出るだけで、なんと自然の多い、なんと楽しい場所があることか…もう大きくなってしまった子どもたちと10年前に行きたかったです。(緑区・主婦・47歳)

 

ミニ家族会議

・緑のカーテンを朝顔でしてみようと思ってます。来年はゴーヤに挑戦する予定です。(緑区・主婦・51歳)

・なゴーヤ隊をはじめて知りました。西区役所で申し込みを受け付けているのですね。(天白区・自営業・88歳)

・毎年、緑のカーテンを育て、暑さをやわらげております。トマトなどの家庭菜園も楽しみの一つ。雨水をバケツなどにため、水やりに利用しています。(緑区・主婦・79歳)

・なゴーヤ隊、緑のカーテン栽培講座が区役所で開かれているなんて知りませんでした。(西区・主婦・44歳)

 

エコヂカラ!

・いつも「深谷里奈のエコヂカラ」を読んでいます。読むたびに「へー」とか「なるほど」と思えることがあって、世の中の人はいろんな考え方をしているんだと感心させられます。(緑区・女性・60歳)

・命を守るため、すぐはできなくても、長い目で考えて命をはぐくむことがわかりました。(港区・会社員・26歳)

・エコヂカラを読んで、幼稚園だけでなく小学校の校舎も工夫できるのではないかと思いました。(緑区・会社員・43歳)

・富士文化幼稚園の園舎の完成が楽しみです。(港区・女性・54歳)

・港区の幼稚園が防災と地域に開放的なのには驚きました。こんな所が増えるとイイですね。(港区・会社員・28歳)

・ 東京のふじようちえんはテレビで見たことがあります。素敵な幼稚園が名古屋にもできるなんて! 嬉しいです。(港区・会社員・41歳)

・毎回エコヂカラを読んでいます。今回のユニークな幼稚園はできたときを楽しみにしています。(熱田区・主婦・66歳)

・深谷里奈さんの大ファンです。エコヂカラ毎回楽しみにしています。(南区・主婦・56歳)

・幼稚園、保育園について聞きたくない報道が続く中、子どもの教育や地域との交流を考える園のあり方に共感しました。(千種区・塾講師・50歳)

・こんなアスレチックみたいな園があったら、ぜひ子どもを通わせたいです。(中川区・パート・42歳)

・こんなに楽しそうな幼稚園が近くにあったら遊びに行くのになと思いました。(千種区・主婦・59歳)

・丸い園舎とはびっくりしました! 仕事柄、すごーく興味があります。(千種区・保育士・47歳)

 

にじゅうまるエコクッキング

・みどりがきれいな混ぜご飯、春を感じます。(南区・主婦・37歳)

・エンドウ豆を入れた炊き込みご飯は、昔亡き母がよくつくっていました。さっそく家内に頼んでつくってもらうことにしました。(南区・男性・71歳)

・ワラビとグリーンピースのごはん、おいしそうだね! 山菜採りに行きたい季節、クマに気をつけてね。(港区・男性・70歳)

・ワラビは、知人からいただくので、クッキングのレパートリーが増え助かりました。(港区・パート・67歳)

・ 毎年、父親からワラビをもらうのですが、グリンピースのごはん、作ってみようと思いました。ワラビは亡くなった母親と父親と姉と小学生の頃から岐阜県に採りに行っていたので思い出の山菜です。作って仏壇にお供えします。(西区・パート・39歳)

・エコクッキングのわらびとグリンピースのご飯おいしそうです。ぜひつくってみたいと思いました。いろいろなエコクイズも大変勉強になりました。(緑区・主婦・61歳)

・お料理のレシピ気になった時は すぐに実行してます。これからも 素敵なレシピ期待しております。(西区・パート・57歳)

・ ワラビとグリーンピースのごはんがおいしそうです。エコクッキングは、毎日の調理がマンネリ化しがちな現在、毎号参考にしています。(東区・男性・74歳)

・エコクッキングがいつも楽しみです。(中区・主婦・48歳)

・ にじゅうまるエコクッキングのコーナーが大好きで、いつもレシピを参考に作ったりしています。毎回どれも美味しいです。(西区・主婦・43歳)

・エコクッキングのレシピがいつも参考になります。(北区・主婦・41歳)

 

その他

・エコつぶを読むのが楽しみです。みんないろいろ工夫されてますね。(中村区・会社員・52歳)

・忙しい日常の中で自然や世界を考える事、立ち止まって考える事は出来ていません。この新聞を読むと狭い自分の世界だけでなく、しっかりと命について考えさせられます。この新聞をきっかけに子供達と話をする機会も出来ます。ありがとう。(緑区・会社員・45歳)

・ リサカレンダーをいつも切り取って冷蔵庫に貼り利用しています。思い立ったらすぐにリサイクルに持っていけるのでとても便利です。(名東区・主婦・44歳)

・エコつぶを読んでは 私も頑張ろうと励みにしています。(中村区・主婦・62歳)

・いろいろな意見が載っているおたよりが楽しいです。考えさせられるときもありますが…。(港区・男性・62歳)

・「リサイくん通信」でいろんなリサイクルの情報を教えてほしい。(北区・会社員・48歳)

 

<2017年4月号>

特集・自転車でReサイクル

・普段から自転車を乗っていますが、これからも大事に乗っていこうと思いました。(昭和区・会社員・37歳)

・春らしい特集があって良かった。(北区・会社員・23歳)

・ 電動アシスト自転車のことがよくわかって良かったです。(名東区・会社員・45歳)

・ 毎日、自転車に乗っているので、リサイクルができるというのはホッとします。(中区・会社員・39歳)

・自転車部品でシャンデリアが出来上がるのに、ちょっと驚きでした。(中川区・主婦・74歳)

・ 駐輪場にいかにも使用していない自転車が目立ちます。毎日使用する人にとっては、じゃまな存在。個人で、所有が当たり前な自転車をシェアして、不要自転車がなくなると、いいなと思います。(守山区・会社員・56歳)

・ 放置自転車をリサイクルして販売しているのは知りませんでした。(千種区・パート・40歳)

・物を大切にすること、就労者の皆さんにもやりがいのある作業等感心しました。(中村区・会社員・60歳)

・自転車のリサイクルがもっと進めば良いと思いました。(千種区・会社員・49歳)

・まだきれいな状態の自転車を不用品として出すのに心苦しく感じていましたが、リサイクルがあると知り、そちらにもっていこうと思いました。(瑞穂区・主婦・46歳)

・自転車のリサイクルの記事、興味深かったです。中古の自転車を探していましたが、ネットで探しても売ってるところがなかなか無いのが現状ではないかと思います。オフハウスやホームセンター等で気軽に買えるようになるといいなと思いました。(北区・主婦・36歳)

・自転車は毎日通勤に使っています。車道が基本とか、歩道では車道寄りとか、分かっているけどできないことが多いです。ギリギリの位置で追い越していく車も多く恐怖感があります。歩道では歩行者が車道寄りを歩いていると、それをどかしてまでそこを通ることはできません。自転車が走りやすい環境がないのに、理想ばかり先走っているように感じます。(昭和区・パート・53歳)

・ 自転車のリサイクルの他にアートオブジェや別の物に作り替えるのが興味深かったです。障害のある人が活動しているのも良いと思います。やりがいを感じて仕事をするのは大切だと思います。(熱田区・会社員・38歳)

・自転車の特集は大変ためになりました。整備士の指導を受けながら3日間もかかって1台を売り物になるように頑張っている記事や、保険に入ることの大切さ(私はこの4月からはいります)を家族で読ませてもらいました。(千種区・主婦・43歳)

・放置や使用されていない自転車がリサイクルされ再利用されている状況がよくわかり感心しました。排気ガスなどを出さないエコな乗り物として今後とも貴重な価値があると思われます。(名東区・男性・75歳)

・ 普段よく使うけど、あまり危険性や廃棄法について深く考えない自転車を特集していただいてよかったです。安全かつ自然に優しい自転車の 乗り方を学べました。(瑞穂区・会社員・42歳)

・ 今、現在アシスト自転車に乗っています。新型自転車にはとても興味を持ちました。 もう少し低価格になったら次回は購入したいと思いました。(守山区・パート・56歳)

・名古屋市の放置自転車がまだまだたくさんあるのに驚きました。リサイクル自転車としてまた活用されるのはもちろんのこと、部品で芸術作品に生まれ変わるのには感激しました。(名東区・会社員・35歳)

・ 私が子供の頃は自転車は街の自転車屋さんで買う物で高価な物でした。今は10,000円台で購入できるものもあり盗まれたってまた買えばいいなんてことがあると思います。そんな自転車が数年経って出てきたことがあったと言う話を聞いたことがあります。しかし駐輪場もないのであえて引き取りにはいかなかったそうです。多分よくある話だと思います。きっとそういった自転車を修理してくださって再生品としてまた世に出ることは本当に無駄のないことでありがたいと思います。これからもよろしくお願いします。(西区・会社員・53歳)

・「自転車でReサイクル」の記事を拝読しました。街中では、時間や場所の制約がない自転車が、電車やバスの代わりに、エコな活躍が期待されると思います。(緑区・会社員・43歳)

・ついに自転車保険の時代に突入。一月に一度程度ならいくらくらい? ルール違反の人多すぎる?(中川区・パート・54歳)

・ 放置自転車のその後がわかってびっくりしました。(中村区・パート・46歳)

・ 職場の近くでよく目にする放置自転車が気になっておりましたが、市内で年間1万2000台という数字には大変驚きました。また障害をお持ちの方々のお力を借りながらリサイクルを行っている事に感動しました。(千種区・会社員・43歳)

・私の住んでいる近くに自転車の保管場所があります。いつでもたくさん置いてあって、自転車がかわいそうに思えました。どうして廃棄になってしまうの?そう思ってましたが、この記事をよんで修理してまた販売していることを知りました。ほっとしました。でも、自転車屋さんに並んでるリサイクルはちょっと高すぎだと思います。(中村区・主婦・55歳)

・ 放置自転車がアートになるんですね。世の中、捨てるものないってことですね。(中村区・パート・51歳)

・ 特集の栄生の自転車屋さん、何台か購入させていただいてます!支援型のお店とは知りませんでしたがますます応援したくなりました!また利用させて頂きます。(西区・パート・45歳)

・自転車が再利用されてることを知って感激しました!(緑区・主婦・33歳)

・自転車でReサイクルすごく興味がわきました。今まで知らなかったので大変勉強になりました。ありがとうございました。(守山区・パート・56歳)

・放置自転車や中古自転車のリサイクルはいいですね。使用に耐える自転車なら新品でなくても欲しい人はいると思います。(港区・主婦・54歳)

・放置自転車を整備し再販しているところが? もう少し早くこの情報を知っていれば。先日新車を購入しました!(西区・主婦・41歳)

・自転車の走り方に思うのですが、道の左側は理解するのですが、交通量が多い広い道で、車道を走るのは怖い、昔と違い車の数が多くなっている現在走り方も変更する時期では。(港区・男性・67歳)

・自転車シャンデリア!面白かったです。そんな再利用もアリなんですね~。(守山区・主婦・48歳)

・ 自転車をもっと大切に乗らなくてはと思いました。(瑞穂区・主婦・64歳)

・ 自転車のリサイクルは良いと思います。家にも使っていない自転車がありますし。(守山区・会社員・55歳)

・通勤に自転車を利用しています。最寄りバス停の、駐輪場にも多くの放置自転車があり持ち主はどうしているのかと何時も思っています。盗難車もあるでしょうが、リサイクルできるなら大いにしてほしいです。自転車のためにも。(港区・会社員・65歳)

・放置自転車の数が多いことに驚きました。(緑区・会社員・43歳)

・放置自転車回収トラックに山積みにされた自転車達を見て、寂しい気持ちになるのは、私だけではないと思っています。「もったいない」精神を発揮していきたいですね。(中川区・会社員・53歳)

・エアロアシスタントの自転車、早く利用してみたいです。自転車に乗らない日はないぐらいの毎日なので、マナーをあらためて見直し安全運転に心がけます。(東区・パート・56歳)

・自転車特集良かったです。自転車もリサイクルがあるとは知りませんでした。(守山区・主婦・43歳)

・自転車のリサイクルについて、今回はシャンデリアなど別のものに生まれ変わっているお話しが新鮮でした。(名東区・会社員・54歳)

・ 毎号楽しみに読ませていただいています。今号の特集、とっても興味深かったです。直して使ったり、新しい物に作り変えるということは、これからもっと活発になっていくと思います。流行りの「リノベーション」もその一部ですよね。昔の自転車はかなり丈夫に作られていたように思います。私も結婚前に買った自転車を壊れるまで30年程乗っていました。今は価格の低い自転車も増え、より手に入り易くなった分、作りもやや簡素であったり、簡単に乗り捨てたり買い替えたりという事も増えたように思います。大量生産、大量消費というのは一見国が豊かになっているようにも感じますが、本当にそれでいいのかなと時々思います。給与格差などの問題もあるので一概には言えないとは思いますが、やはり長く使える良いものを買うことは、結局お得なようにも思います。また安く大量に作るということは買う方には良い様ですが、その分生産現場には大きな負担になるのではないかと思います。(フェアトレードの問題とも繋がるかなと思います)私はとりあえずできることとして、買い物する時には本当にそれが必要か、長く使える物なのか、しっかり検討して物を買うようにしています。買い物は企業を選ぶ投票だと考えます。人間一日一日を生きるのに必死だとは思いますが、日々の買い物においてもそういう意識を持った人が増えていくと社会が変わってくるように思います。これからの世代に少しでも明るい未来を残せるよう、できることをコツコツやっていきたいです。まずは名古屋市がエコな都市の先駆者になれるよう微力ながら頑張ります!(東区・主婦・63歳)

・リサイクル自転車、良いですね。スポーツサイクル車もあると良いなあと思いました。(尾張旭市・公務員・44歳)

・自転車は環境にやさしいし、運転する人の健康のために良いし、いうことなしですね。(東区・男性・73歳)

・自転車本当にもったいないと思っていました。リサイクル自転車ぜひ購入したいです!何でも大切にしたいですね。(天白区・主婦・46歳)

・名古屋市で自転車に乗る際の保険が義務付けられることを知りました。どういう保険商品があるか、検討しなくちゃ。(天白区・男性・40歳)

・自転車安全利用5則 周知徹底して欲しいです。歩道我が物顔の自転車おおいです。(名東区・女性・66歳)

・自転車でシャンデリアが作れるなんて、すごいと思いました。写真を見たら、欲しくなっちゃうクオリティ!(昭和区・学生・13歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・里山体験は、私自身が体験したくなります。(昭和区・男性・79歳)

・名古屋から1時間で行ける場所で、こんな素晴らしい場所がある事が紹介されていて良い。お店も紹介されていたので、行ってみたいと思います。(天白区・主婦・52歳)

・碧南で野菜の収穫したことはありますが東浦にもあるんですね。伝統野菜が収穫でき美味しいランチが食べられるなんて贅沢な楽しみですね。(守山区・パート・53歳)

・若い人たちが農園体験する事により将来の夢となることも可能でありどんどんと体験して若い世代に引き継いでいくことが大切な時代であります。(守山区・男性・68歳)

・山口農園の野菜の美味しさが伝わってきます。私も毎日家庭菜園の野菜を食べています。今までは夏野菜だけでしたが、種を採りながらオールシーズンを目指しています。(瑞穂区・自営業・62歳)

・ 子どもといろんな体験をするのが好きなので、いつも‘東海まるごとRe里山体験’の記事を楽しみにしています。るるぶやじゃらんには載っていない情報で、とても貴重だと思います。いつか、まとめて本にしてくださーい!(名東区・主婦・40歳)

・「手間がかかる分、味はおいしい」野菜を食べてみたいです。東浦町のプランドルのレストラン、友人と行きます。(中村区・自営業・39歳)

 

エコヂカラ

・エコヂカラでいろいろなジャンルの方の情報が読めて面白いです。(港区・パート・59歳)

・毎回楽しみにしております。エコヂカラの情報はありがたいです。(千種区・主婦・59歳)

・「花を身に付け、春を楽しむ」の題に惹かれて、手作りということでは今、私も着物の布(必ず絹物)でメガネ置きを作っています。手間ですが、本当に喜んでもらってます。(天白区・自営業・72歳)

・母の友人に新聞紙のカラー面を使って作るコサージュの作り方を以前、教えていただいたことを思い出し、また作ろうと思いました。手作りコサージュは世界に一つのオリジナルができるので、すてきですね。(東区・会社員・47歳)

・先日、友人に手づくりの花のイヤリングをもらいました。結婚して忙しい中でも、こうやって手作りしようという気持ちが大切なんだと思います。私も作ってみたいなと思いました。(港区・主婦・29歳)

・生け花をドライフラワーにして二度楽しみます♡(港区・主婦・54歳)

・お花が大好きですので、いろいろなものが作れるので読みました。これからも紙面に載せてください。(西区・主婦・75歳)

 

エコ家族会議

・エコを進めるためにも、エコ減税推進してほしい。(天白区・パート・56歳)

・エコカー減税の動向が気になりました。車の買い替えをどうしようかな?(中川区・男性・63歳)

・ 今後もハイブリッド車が増える傾向になると思う。太陽光発電も自宅で出来る時代、普及して欲しい。(南区・会社員・57歳)

・新しい車に乗り換えることのエコもありますが、古い車を大切に乗る気持ちもエコには大切だと思います。(昭和区・会社員・45歳)

 

にじゅうまるエコクッキング

・いつも身近な話題が豊富でエコクッキングを参考にしています。今回もちりめんのふりかけ早速作ってみました。(中区・パート・63歳)

・エコクッキング、参考にさせてもらってます。今まで捨ててたところも美味しく食べれました。大根やニンジン、葉のところにも栄養があり、子供にも野菜のありがたみを、教えるきっかけになりました。(天白区・主婦・37歳)

・ 料理が好きなのでエコクッキングもとてもたのしみにしています。(昭和区・主婦・52歳)

・野菜を無駄なく使える料理はいいですね。これからも紹介よろしくお願いします。(西区・パート・39歳)

・にじゅうまるエコクッキング好きです。体にも環境にも優しいなんてすてき。こだわりがふえますね。(昭和区・主婦・40歳)

・いつも捨てる部分を美味しくお料理するエコクッキング、いつも試したくなり作っています!(名東区・主婦・36歳)

・ いつも お料理を参考にしてます。種とか 皮とか。大事に したいです~。(瑞穂区・パート・54歳)

・ 大根やニンジンのへたが食材になるなんて、目から鱗です。(西区・会社員・31歳)

・干し野菜のふりかけ、簡単なので作ってみようと思った。(緑区・主婦・60歳)

・エコクッキング、毎回楽しみにしています。今回のは捨ててしまっている物を使っていたので驚きました。他の野菜でも作れそうですね。(守山区・公務員・46歳)

・すごくおいしくできて、感激しました。へたや葉って、こんなにおいしいんですね。(天白区・パート・53歳)

 

その他

・毎号、子供と一緒に誌面を楽しんでいます。少しずつ環境や自分の生活について興味を持ち始めているので楽しみです。(港区・公務員・42歳)

・りさもんだいでエコ意識を再認識しているので、もっと多く出題してもらいたい。(北区・男性・69歳)

・エコな視点からでも堅苦しくなく、読みやすい記事になっている。いろいろなマメ知識も載っていて面白い。(中村区・会社員・62歳)

・エコな情報は、子育て中の私には大変勉強になります! なかなか情報を得る時間もないので、ちょっとした空き時間に読ませていただいてます。(北区・パート・40歳)

・お金もかけず、環境にも良いことを常に考え行動しています。再利用の物が、だんだん増えていることを、リサから知り、試しています。今年度も、エコ生活を頑張ります。(東区・会社員・23歳)

 

<2017年3月号>

特集・資源回収の20年

・資源回収の特集、よかったです。他のゴミと絡めて更に具体例を挙げながら説明していただくとなかよいかなと思いました。(東区・男性・45歳)

・今回の廃品回収の記事は参考になりました。わが家のみならず、ご近所の物で疑問視したこともあり、今回の解説で納得がいきました。簡単なことの様で、意外と盲点があるようなので今回の特集は花丸の記事だと思います。(南区・男性・71歳)

・ 段ボールは昔から使われ、リサイクル率もとてもいいことがわかりました。(南区・主婦・37歳)

・資源回収の歴史がわかって良かったです。(千種区・パート・40歳)

・自身で分別リサイクルはしっかりしていると思ってましたが、まだまだ不足分が有ることを理解しました。(瑞穂区・会社員・50歳)

・ダンボールのリサイクルの仕方が分かったので、良かった。(昭和区・会社員・37歳)

・リサイクルという言葉は日常的に使われるが、今回の段ボールリサイクル工程はの記事は詳しく記載されていて大変勉強になった。(名東区・会社員・49歳)

・古紙の出し方には自信ありましたが、段ボール、しっかり縛らないとダメなんですか?知らなかったです…。出せばいいのかと。(西区・パート・45歳)

・リサイクル品の出し方で実はもやっとしていることって結構あるので、初歩的なことが分かるのが良かった。(中区・会社員・39歳)

・古紙や分別の実施は各地区のリサイクルステーションも利用してます。とても便利。(南区・会社員・57歳)

・今では「エコ」と言う言葉が支持されてきました、忘れないように年に1度は特集してほしい!また生まれ変わった製品を掲載してください。(西区・主婦・74歳)

・あらためて資源の出し方を確認しました。(中川区・主婦・49歳)

・「段ボールがリサイクルの優等生」を読んで、なるほど日本の商品の品質の高さをあらためて感じました。まだほかにも同じようなものが多くあると思います。有効にリサイクルされるとよいですね。さすが日本の品質力です。(北区・公務員・58歳)

・今では当たり前のように各地、各所で行われている資源回収が当初は増大するごみを減らさなくてはならないとの大きな危機感を持った一部の方の多大な努力によってはじめられたことに謝意を申し上げたい。(名東区・男性・75歳)

・古紙が輸出されてると初めて知りました。縛ってリサイクルステーションへ持って行くのは確かに面倒な事もありますが、記事を読み、しっかりリサイクルに協力したいとおもいました。一人一人の心がけが大切ですね。(北区・会社員・39歳)

・資源回収20年のテスト問題は大変ためになりました。啓蒙活動は継続してほしいものです。(天白区・アルバイト・80歳)

・表紙がすごくよかった! 大人なのに、えーっと正しいのは…と  見入りました。(瑞穂区・主婦・34歳)

・名古屋に越してはや10年。当時は路上にごみ袋がぽんぽん点在していたので、びっくりしました。回収の方法だと聞いて納得。でも、風の強い日は道路に飛んで袋が破けてごみが散乱しています。対策は個人でも出来ますよね。(中村区・主婦・55歳)

・ 段ボールのリサイクルがのっていておもしろかったです。(熱田区・主婦・41歳)

・名古屋市のゴミ回収のしくみが形づくられたのが約20年前という記事を見て、「ああ、こんなに時間が経ったんだなあ」と思いました。これからのリサイクル事業がますます良い方向に向かう事を切に願います。(中村区・女性・43歳)

・世界で評価されている日本の古紙!嬉しいですね。これからも楽しみながら分別していきたいです。(昭和区・パート・46歳)

・古紙の出し方を改めて確認することができてよかったです。再確認することの大切さを感じました。(千種区・会社員・49歳)

・名古屋市の分別が、しっかりわかっていない人が多いので、あらためて特集してほしい。紙製容器包装と雑紙がごちゃごちゃ。(緑区・パート・53歳)

・資源回収の歴史が、こんなにあるかと驚きました。回収に参加しようと思います。(西区・主婦・48歳)

・特集の資源回収の問題はわかりやすくてよかったです。今も雑紙として廃品回収で出していますが、ノートなどは雑誌と一緒にしばって出してもいいことをあらためて学びました。友達と話すと雑紙で出している人が少ないのでもっと認知されるといいなぁと思っています。毎号新しい発見があって毎月楽しみにしています。(南区・主婦・36歳)

・表紙のエコクイズがわかりやすくて、面白かったです。(守山区・主婦・48歳)

・今回の資源回収についての特集よかったです。もし今回載せられなかった記事があったらまた資源回収の特集を企画して載せてください。(港区・女性・54歳)

・資源の有効活用の為に、分別をしているつもりですが、まだ、まだ、十分ではないのかな。(名東区・主婦・52歳)

・リサイクルが始まったころは、「新品よりコストがかかる」と疑問に思っていましたが、今は限りある資源を使い切るリサイクルを素晴らしいものと感じています。日本の古紙は世界品質だと初めて知ったので、自信をもってリサイクル活動をしたいです。(中村区・主婦・38歳)

・特集の中で、雑紙のことがよくわかりました。いつも、いいのかどうかわからなかった部分があったことが、解決しました。(北区・女性・85歳)

・古紙回収は小学生の時から土曜日の朝と、身近でした。大人になってもチラシをごみでなく古紙回収に、と意識しています。今回の特集は自分が行ってきたことを改めて振り返れ、出し方を見直すことができました。これからも子どもと共に古紙回収を続けて行きたいと思います。(昭和区・学生・28歳)

・古紙の出し方もう一度自分は、正しいかどうか考えまて、これからは気をつけたいと思いました。(東区・主婦・52歳)

・資源ごみ、自分流で出してたかも!と反省です。せっかくのリサイクルのためにも、ちゃんと束ねて分別することを心がけたいです。(千種区・主婦・36歳)

・リサもんだいの中に、私の出したものだと思いますが、ありました。うれしいです。〇でした。これからもがんばります。(緑区・女性・63歳)

 

エコヂカラ!

・エコヂカラ、毎回一番先に読みます。続きますように。(緑区・主婦・65歳)

・薪ストーブは、私の学生時代、スキー場の旅館にあり、懐かしく感じました。(昭和区・男性・79歳)

・薪ストーブに興味があるので、エコヂカラは良かったです。(中川区・会社員・48歳)

・薪ストーブは永遠の憧れですね。(昭和区・パート・54歳)

・エアコン生活に慣れてしまい、ストーブなんてすごくびっくりです。しかも薪ストーブ! ふとみればヤカンとお鍋。いつでもコーヒー飲めていいなぁ~。(南区・会社員・47歳)

・薪ストーブの記事が参考になりました。将来は私も薪ストーブが欲しいと思っています。(中川区・主婦・65歳)

・薪ストーブ  、憧れですねー。第二の人生を薪ストーブの前で家族で笑って会話していたら、それだけで最高になりそう。災害時でも暖かく過ごせるし、環境考えると良いですよね~。(守山区・会社員・56歳)

・薪ストーブの記事、参考になりました。やってみたいけど、3年もするとしんどくなりそうでなかなか…。(瑞穂区・パート・54歳)

・薪ストーブのある家に住むのが夢です。廣地さんのお宅に憧れてしまいます。(港区・主婦・32歳)

・ 薪ストーブに興味があるのでちょうど読めて良かった。(中村区・アルバイト・54歳)

・ 我が家はマンションなので無理ですが薪ストーブは憧れます。(港区・主婦・58歳)

・ 薪ストーブあこがれますが、夢です。昔スキー場の暖かい火の色、忘れません。(名東区・女性・66歳)

・ 薪ストーブの話にほっこりしました。(千種区・会社員・50歳)

・薪ストーブに興味がでました。(緑区・学生・18歳)

・薪ストーブの魅力をぜひ一度体験したくなりました。家中があたたかいってうらやましい。大変勉強になりました。(千種区・主婦)

 

エコクッキング

・干し飯は時代小説などで読んだことがあるだけで実際に作れるとは思いませんでした。アレンジもおいしそうで、作ってみようと思いました。(南区・主婦・60歳)

・今回もにじゅうまるエコクッキング楽しく作らさせていただきました、また私のイチオシにさせていただきます。とても美味しかったです。(中区・会社員・59歳)

・エコクッキング、へ~と思う情報とアレンジレシピ、参考になります。(名東区・主婦・36歳)

・干し飯のレシピはびっくりしました。意外な方法で長期保存できるのですね。いつも勉強になります。(守山区・主婦・48歳)

・エコクッキングの干し飯は作って保存もしてみたいです!食べてみて、食事が普通にできるありがたみを改めて感じてみたいです。(熱田区・主婦・29歳)

・ご飯を干して、非常食にするなんていう方法は、全く思いつきませんでした。ぜひやってみたいです。(緑区・主婦・41歳)

・にじゅうまるエコクッキング毎回、楽しみにしております!(千種区・パート・62歳)

・自分でごはんの非常食が作れると知りました。アルファ米も買うと高いです。今度作ってみます。(守山区・パート・57歳)

・皆さんご飯が残ったら捨てていらっしゃるのでしょうかね。もったいない。チンすれば美味しく食べられるのに。(瑞穂区・男性・73歳)

・干し飯の作り方を知りました。戦国時代でもこんな作り方をしていたんですねー。瓶詰で保存期間が2~3年は驚きました。(東区・男性・73歳)

・干し飯を作って非常食にするアイデアに驚きました。(港区・男性・62歳)

・にじゅうまるエコクッキングのコーナーが大好きで、いつもレシピを参考にさせていただいております。(西区・主婦・43歳)

・干し飯で非常食アレンジが良かったです。(中区・男性・64歳)

・干飯の作り方が参考になりました。瓶で2~3年保存できるとは驚きです。非常食としてもいいと思いました。(北区・学生・20歳)

・天気の良い日に子供と作りたいと思います。(緑区・主婦・35歳)

・ママとエコクッキング作ります。(緑区・学生・6歳)

 

その他

・毎回楽しみにしています。生活に役立つ内容がぎっしり詰まっていて色々勉強になります。子供でもできるリサイクル工作品などの作り方を載せてほしいです。(西区・主婦・40歳)

・ 集団回収実施団体説明会の実施報告を拝読しましたが、わが町内でも集団回収を数年前から実施していますが、協力者の数がなかなか広がらないのが実情で、町内会運営の財源の一部に充てており大変参考になりました。(北区・男性・69歳)

・エコつぶは、とても役に立ちます。(北区・会社員・58歳)

・我々のような中高年にとってやさしい記事が多く楽しく拝読しています。(熱田区・会社員・54歳)

・ 「もったいない」という言葉を久しぶりに目にして、小さいころ、親によく言われたことを思い出しました。日本人の素晴らしい知恵、子どもたちにも受け継ぎたいです。(清須市・主婦・45歳)

・もったいない精神が人一倍強いので、読んで共感しています。(熱田区・女性・70歳)

 

<2017年2月号>

特集・eco カフェ なごや

・カフェ特集などはとても嬉しいです。何かと外出する用事があるのですが、なかなか良いカフェを見つけることができなくランチ難民になることがしばしばあるので、参考になります。(港区・主婦・42歳)

・ECOカフェなごや特集 行ってみたいお店ばかりで楽しい記事です!(千種区・パート・60歳)

・今回のカフェ特集は大変興味深く読めました。自然野菜やオーガニック食材のお店を紹介してください。お金の特集もしてほしい(保険や年金について)。(瑞穂区・会社員・50歳)

・いろいろなタイプのカフェがあるのですね。お気に入りのカフェを探してみたくなりました。(中川区・主婦・58歳)

・ecoカフェ、初めて知りました。更に、国際交流もできるお店があり、今日にでも行ってみます。住み慣れた街に知らない所がたくさんあり、とても参考になります。(東区・会社員・23歳)

・カフェがいろいろのってて行ってみたいと思いました。(中村区・会社員・40歳)

・カフェの特集等とても興味深いです。今回の特集も知らないところばかりだったので、ぜひ行って見たいと思います!(千種区・主婦・38歳)

・ECOカフェは興味があるものの少し入りずらい感じがありました。こうして紹介されるとあまり構えずに利用できるかと思っています。(昭和区・男性・68歳)

・今まできちんと読ませていただいたことがないのですが(申し訳ありません)、地元のお店もたくさん紹介されていて、とても参考になりました。フラリエカフェには行ったことがありますが、空調にこんな省エネの工夫がされていたとは知りませんでした。これからも、色々なエコに関する記事を楽しみにしています。(港区・パート・47歳)

・いつも行ってみたいなと思う店やイベントがのっています。エコカフェはぜひ行ってみたいですね。楽しく読んでいます。(千種区・パート・70歳)

・お店の詳細や地図がわかりやすかったです。子連れで行けるかも書いてもらえるとなお良いと思いました。(昭和区・主婦・31歳)

・シェアカフェの記事が気になりました。なにかをやりたい人達のはじめの一歩が、気軽にできる空間ですね。(西区・自営業・35歳)

・名古屋独特の喫茶文化。無農薬栽培や自然栽培など、環境へのこだわりがあるカフェを紹介していただき、ありがとうございます。環境にいいものは、体にもいいですよね。(緑区・会社員・43歳)

・エコカフェ良かったです。自然食 だけでなく国際交流までやってるとは意外でした。いってみたいです。(西区・会社員・48歳)

・カフェの用途が変わってきていて、趣味などの繋がりで人と集まれる場所があるのは嬉しいなと思います(西区・主婦・30歳)

・カフェの特集がよかった。ただ、今までにも様々な媒体で紹介されたことのあるお店ばかり。こういったコンセプトのお店が少ないってことなのかな?(緑区・会社員・41歳)

・表紙のカフェは子供が赤ちゃんの頃に知りたかったです。(千種区・パート・40歳)

・エコや省エネに努力しているお店が多いのに驚きました。(中区・会社員・57歳)

・ecoカフェに行ってみたくなりました。お店の紹介いいですね。(天白区・主婦・46歳)

・ecoカフェって何か無添加素材とか自然食品とかオーガニックとかそういう物ばかりでやってる所だと思ってました。持ち込みOKでお喋りできる優しい空間なんですね。子供が小さかったら是非行きたいな~。(北区・パート・46歳)

・特集のecoカフェなごや、カフェや喫茶が大好きなので、ヘルシーも自然派もレトロもどれも素晴らしい所ばかりで、楽しみな情報をいつもありがとうございます。(北区・会社員・39歳)

・シェアカフェというものがあることを初めて知りました。自宅の近くにグローカルカフェがあるので、行ってみたいなと思います。日本にいながら、国際交流ができるなんて素敵ですね。(中村区・主婦・38歳)

・シェアカフェとか面白いなぁと思いました。色んなコミュニティがありますねー。(西区・パート・44歳)

・掲載されていた、緑区のにんじんさんへ行って来ました。野菜が瑞々しくて、美味しい! 年のせいか、体にいいものに敏感になってきました、ここは安心して食べられるお店ですね。リピーターになりそうです。(緑区・主婦・45歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・今の地方が、地域活性化に向けて写真付きで載っていて、分かりやすいです。あと、日常生活に欠かせない情報も読ませてもらってます。(港区・会社員・39歳)

・雪上セグウェイが楽しそうですね。以前、愛知万博で見ましたが、興味のある乗り物です。また、こんなユニークな企画をされた里山体験に拍手を送ります。(南区・男性・71歳)

・今までに無い体験型の記事が楽しかったです。(稲沢市・自営業・62歳)

・雪の上でセグウェイ体験が出来るなんて初めて知り、大変興味深いです。スキーより手軽に出来そうで安全面でも安心なので、ぜひ体験してみたいです。名古屋からも近いので、冬ならではの体験をしてみたいです。(名東区・会社員・36歳)

・セグウェイ乗ってみたいです。(名東区・主婦・52歳)

・里山体験、雪上乗りもの体験、面白そうです。セグウェイ乗ってみたいです。(瑞穂区・主婦・65歳)

・セグウェイ乗ってみたいとすごく思いました。(名東区・会社員・28歳)

・セグウェイがスキー場でも出来る事を初めて知りました。まだ子供が小さいので、来年には必ず親子でやりたいと思います。(西区・会社員・32歳)

・ 雪上セグウェイ魅力的です。こういうのをたくさん載せてほしいです。(瑞穂区・会社員・43歳)

 

エコヂカラ!

・柚子の種と焼酎が化粧水になるなんて、驚き!シンプルでいいですね。試してみたいと思いました。(守山区・パート・48歳)

・柚子とホワイトリカー果実酒を造っています。美味しいですよ。(昭和区・男性・79歳)

・我が家にも柚子の木があり、豊作、不作を隔年ごとに繰り返しており、今年は豊作の年で、我が家でも200個以上が実っていますが、ゆず風呂や漬物の香りづけに利用しております。深谷さんのゆずポン酢やゆず化粧水を作りたい。(北区・男性・69歳)

・桃栗…柿8年までは知っていたけど、続きの「柚子の大馬鹿18年」の言葉は知りませんでした。今年頂いた柚子でジャムを初めて作ったので、来年は化粧品に挑戦してみようと思います。(中川区・会社員・48歳)

・柚子の効果を初めて知りました。凄いですね。(中川区・男性・63歳)

・柚子の種子で化粧水ができるなんてびっくりしました。(南区・主婦・60歳)

・柚子化粧水が手作りできることを知りました。数年前、柚子風呂で柚子で体を擦ったら後からヒリヒリしたことがあります。今度たくさんいただいたらもっとおいしく活用したいです。(中村区・パート・45歳)

・いままで知らなかった柚子の事が勉強になりました。(中区・会社員・53歳)

・柚子の利用法がよかったです。毎年たくさん貰うのですが、持て余していたので…。来年からは種まで活用しようと思います。(港区・主婦・32歳)

・柚子化粧水は実家の母が作っていました。身近な植物を利用した『モノ』をこれからも紹介してください。(守山区・会社員・53歳)

・我が家にも2年前まで同様に200個位実が取れる柚子の木があったのですが車庫を作る時抜いてしまいました。ポン酢や化粧水が作れるなんてずっと前に知りたかったです。(千種区・パート・57歳)

・今回の奇跡の柚子から学ぶことを参考に我が家も柚子でいろんなものを作ってみたいなあと思いました。(千種区・パート・51歳)

・今回は柚子。私も田舎で沢山もらったのでどうしようかと思っていたところです。茶碗蒸しや漬物に少し使うだけなのでさっそくお酒を買って手作り化粧水を作ります。(天白区・パート・63歳)

・「…柚子の大馬鹿18年」は知りませんでした(笑)柚子と言えば「柚子湯」しか知らなかったので、ポン酢に化粧水とは驚きでした。文字通り【「奇跡の柚子」から学ぶこと】から学びました。(中川区・会社員・53歳)

・奇跡のゆずという言葉に惹かれて読みました。凄いですね!なんてもったいないことをしていたのかと反省しきり・・・。(港区・主婦・46歳)

・ ゆずがたくさんあったので早速、ポン酢と化粧水を作りました。簡単で安心安全、参考になりました。(中川区・主婦・41歳)

 

ミニ家族会議

・生産、加工、販売までを農家が担う6次産業とのことですが、その結果コストが下がって安くなるかどうかが一番気になります。(中川区・男性・31歳)

・ 6じのおやつ【イチゴフェア】を見てみたくなりました。(中川区・主婦・43歳)

・6じのおやつの表現が面白かった。(北区・男性・62歳)

 

にじゅうまるエコクッキング

・家庭菜園で作った野菜で料理をします。玉ねぎ栽培中で、できたらひよこ豆サラダを作ります。(中川区・公務員・51歳)

・ 最近ヒヨコ豆のレシピをよく見たり聞いたりします。これは一度作ってみろと言われてるのかな~? 一度挑戦してみるか!(緑区・主婦・58歳)

・エコクッキングよかった! ひよこ豆が家にあったのでどう使おうか考えていたところです。早速晩御飯で作りました。家族も美味しいと喜んでくれました。(昭和区・会社員・35歳)

・にじゅうまるエコクッキングのコーナーをいつも楽しみにしています。今月号のレシピも参考にして家で作ってみたいと思います。(西区・主婦・43歳)

・ヒヨコ豆サラダとても美味しそうでした!これからもエコで美味しい料理を紹介してください!!(守山区・公務員・46歳)

 

その他

・ はじめて拝見しました。生活に直結した情報が多く今後も活用させてもらいたいです。(天白区・会社員・41歳)

・他のフリーペーパーと比べて、紙面からも内容も優しさがあり、読んでいるとほっこりします。まだまだ、日常生活に追われのんびり出来ない私ですが、訪ねたいお店がいっぱいなので保管して出掛ける時に思い出して訪ねてみたい。(守山区・会社員・56歳)

・足が地に着いた記事が多いので、すぐにでも出来そうで行けそうな紹介が多いのがとてもいいです。(天白区・パート・46歳)

・名古屋にきて間もないので、今回初めて新聞と一緒に届いたのですがフリマ情報は嬉しかったです。色々な場所に出かけるきっかけになります。(守山区・主婦・32歳)

・クイズ形式になっていると注意が引けて、読ませるテクニックとして面白い。(緑区・会社員・40歳)

・前号より発見した『エコつぶ』が意外に役立っています。今後も小さな発見でできるエコ活動ができそうで楽しみです。(名東区・パート・43歳)

・リサイくんの活動がよくわかって、資源ごみの分別にちゃんと協力しようと思いました。(南区・パート・53歳)

 

<2017年1月号>

特集・シェア eco なごや

・シェアしてエコな生活をする。物にあふれる時代だからこそシェアし合うことがエコであり、世の中全体に広まるといいのでは? 風潮づくりが大切だな~と感じています。人任せにしないで身近なところからなにができるか考える年にしたいです。(中村区・会社員・55歳)

・シェアが進めば不必要なものが、余分なものが無くなり社会もスッキリすると思います。(昭和区・男性・79歳)

・シェア自転車(でらチャリ)の社会実験の成功を願いたいが、ステーション間の距離が短いのがネックであると思う。(北区・男性・69歳)

・シェアエコという概念を初めて知りました。趣味で畑をやっているので、興味深く読みました。(名東区・会社員・55歳)

・シェアってすごくいいなって思います。年末の大掃除で出てきた小さくなった子どもの服や使わない新品な物。リサイクルショップでまた新たな人の元へ。(西区・主婦・42歳)

・特売の言葉につられて沢山食材を買わないように気をつけています。シェアにも色々なものがあると参考になります。(守山区・主婦・51歳)

・いつも興味深く拝読しております。徳林寺の朝市はSNSで存在だけは知ってました。今回の記事で内容が分かり良かったです。また、シェア食品の記事も大変参考になりました。今後も楽しみにしております。(中村区・自営業・53歳)

・栄の自転車のシェアはとても良い取組だと思いますが、欲を言えばもっとセンターが欲しいですし、伏見や名駅まで広げて欲しい、と思っています。(中区・会社員・39歳)

・特集の中の「シェアシード」に早速参加してみます。ご近所にこんな素敵な取り組みがあることを知らなかったのでとてもうれしいです。(昭和区・主婦・40歳)

・ 畑をシェアするのは初めて知りました。共有ならば、夏の水やりは毎日ではなくいいなあと思いました。(中村区・パート・45歳)

・自転車のシェアができることを初めて知りました。名古屋市中心部の観光めぐりなら、1時間100円で自由に動けるので、便利だと感じました。(緑区・会社員・42歳)

・ 期間限定ながら、熱田区でも余剰食品の寄付を受け付けて頂けることを知りました。こういった期間が増えると有り難いです。先日わずかな食品を寄付する為に、瑞穂区から北区へ行きましたが、結構遠かった~。(瑞穂区・主婦・49歳)

・徳林寺で朝市が行われているなんて、知りませんでした。ぜひ一度様子を見に行ってみようと思います。ギフトランチの考え方もステキ、参加してみようと思ってます。(緑区・主婦・45歳)

・近くにこんな催しがあったことも知りませんでした、相生山緑地の徳林寺、つながりの朝市を見て一度行きたいと思いました。(緑区・男性・73歳)

・自転車シェア、難しいと思いますが、もっとステーションが増えればより便利になり利用者が増えると思いました。(中川区・会社員・47歳)

・物が飽和している世の中でシェアして、エコな生活を送る。昔に戻って行く感じで良いと思います。(千種区・会社員・64歳)

・シェアチャリもう現実なんだと知りました。栄に行っても、歩ける範囲だけだったので、これば使えると思いました。(瑞穂区・主婦・62歳)

・名古屋にシェア自転車があるのを知らなかったので、良い発見が出来ました。中心部は車で行っても駐車場に困ることが多々あるので避けがちでしたが、自転車で快適に買い物が出来そうですので。(名東区・会社員・28歳)

・ 野菜をみんなで作るのが楽しそうで素敵だと思いました。私もプランターで家庭菜園はしていますが、なかなか畑を耕そうとは思いません。子どもも楽しめそうですね。(緑区・主婦・35歳)

・「シェアサイクル」の記事を興味深く読みました。栄や名駅周辺で広がっているのは、良い事ですネ。このシェアサイクルを我がマンションでも、行ってほしいです。最寄り駅からもスーパーからも少し距離があるので、どうしても、車を使いがちです。気軽に借りられる自転車があれば、エコなんですが。(守山区・主婦・52歳)

・栄でのシェア自転車は便利に感じる。しかし、普段から駐輪できない場合が多い、自転車があふれている処に駐輪していいのかなどまだやらなければならない問題がある。(北区・男性・62歳)

・デラちゃりは30分だけは無料で、伏見、納屋橋、名古屋駅までステーションがあるといいなぁと思いました。(西区・主婦・34歳)

・実際に行われているシェアエコの事例が紹介されていることが、よいと思いました。『でらチャリ』は是非利用したいです!(千種区・主婦・32歳)

・徳林寺の朝市にはたまーに行きます。みんなでシェアしあうあの雰囲気大好きです。(緑区・会社員・25歳)

・シェア畑いいなと思いました。子どもと一緒に参加したいです。(中村区・会社員・48歳)

・いいことを分け合う、とてもいいことだと思ったし、私もできたらいいなあと思った。(緑区・主婦・58歳)

・シェア自転車事業は数十年前から始めてるようですが、一日当たり20件は少ないようですね。市役所駅か名古屋城付近まで広げてみたらどうでしょうか。(守山区・会社員・53歳)

・フードバンクという考え方は素晴らしいと思います。このグッドアイデアを思いついた人に、敬意を表意します。(東区・男性・73歳)

・フードドライブいいですね。自宅近くにもフードバンクができるといいなと思います。(天白区・主婦・46歳)

・昨年も2度、セカンドハーベストさんに寄付しました。いただきもので食べないものもあるので、こちらも助かっています。(天白区・会社員・49歳)

・【シェア】私も大好きで、友達と同じ場所に出かけるときは車1台で出かけたり、自宅で不要なお菓子はお友達に配ったりしています。ただ、以前フードバンクに食料品を送ろうと思ったら、意外に手続きが面倒で諦めたのですが、今回みたいに2月に中リが仲介してくれるのはとてもありがたいです。子どもと一緒に持って行きたいと思います。(中川区・主婦・44歳)

・もっといろんなところで「つながりの朝市」、開かれるといいです。私も一度、徳林寺さんへ行ってみます。寺離れが言われている今、お寺さん活用させていただくことがいいかも。私も何かしなくっちゃ!(千種区・女性・68歳)

・チラシの中にRisaが入っていると「にんまり」します。私はシェアecoなごやの大ファンです。今後も楽しみにしています。(緑区・主婦・52歳)

・こんないろいろなシェアの方法があることを初めて知りました。今すぐできるシェアは見つからなかったので、ためておこう(笑)と思います。さっそくできそうなマルシェに出かけます!(守山区・公務員・55歳)

・シェアは車やルームシェアは知っていました。それが、いろんなものに広がっていてびっくり。行動力のある方々にも感心。身近にあれば参加したいです。(守山区・主婦・63歳)

・でらチャリの記事を読んで、先日栄に行ったときの疑問が解決!しました。小さい自転車ラックを見つけて「これは何?」と思っていたのです。ぜひ利用してみたいと思いました。(中村区・パート・45歳)

・高齢者がいろんな不安を抱えて生活をしている人が増加。近所の方々の助け合いで笑顔を増えますように。(熱田区・社会福祉コーディネーター・78歳)

・でらチャリ、料金と時間設定が気になります。1時間100円では短すぎて慌ててケガをしそうですし、1日500円では市の地下鉄・バスの1日乗車券を利用した方がいいのかと…。料金が1日200~300円なら利用したいと思いました。(中川区・主婦・62歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・我が家では毎年お盆に、マコモを仏壇に敷きお供えを供えていますが、本紙の里山体験の記事を興味深く拝読しました。また、菰野の街の由来もあるとのことで、大変参考になりました。これからもこのような楽しい記事に期待します。(南区・男性・71歳)

・ 野口雨情の船頭小唄に出てくるマコモが菰野町の地名由来とは知りませんでした、勉強になりました。(天白区・会社員・61歳)

・ いつも里山体験の記事を楽しみにしています。子どもをなるべく自然と触れ合わせてあげたいので、次の休みはどこへ行こうと考えるのが楽しみです。(港区・主婦・32歳)

・里山体験のツリークライミングをやってみたいです。名古屋から三重県伊勢方面に里帰りするのですが、菰野町はいつも素通りします。次回はちょっと寄り道してから帰ろうかなと思いました。(中川区・主婦・49歳)

・ 関東まで行って、子供にツリークライミングを体験させたのですが、近くの三重県菰野町でも体験出来ると分かったので、早速行ってみようと思いました。(名東区・会社員・42歳)

・子供の小学校でも地域のおじいさん達が来てくれて、しめ縄作りを教えてくれました!! 今、玄関に飾ってあります。(西区・主婦・41歳)

・子供のころ、年末になると祖父がしめなわを作っていたのを、思い出しました。玄関、神棚、あの頃は、かまどが有ったのでかまど用とかたくさん作ってました。懐かしく祖父母を思い出しました。(緑区・主婦・61歳)

・しめ縄づくり、懐かしいです。農家の副業でした。忙しい期間、手伝いのお駄賃をもらってうれしかったことを思い出します。(守山区・主婦・73歳)

・里山体験をする子どもたちはのびのびしてますね。孫たちにもそんな経験させてあげたいなと思います。(千種区・主婦・59歳)

 

エコヂカラ!

・普段からエアコンに頼りきりの生活をしています。「自然に謙虚になる」ということを大切に、納戸にある湯たんぽを引っ張りだしてこようと思います。(守山区・会社員・34歳)

・冬場は湯たんぽを愛用しています。残り湯の扱いをいつも考えていましたが、洗顔とは思い付きもしませんでした。早速始めてみます。(北区・パート・42歳)

・エコ商品の可愛い、ゆたんぽハリネズミが、気に入りました。私が、ネズミ年だからかもしれません。(中川区・自営業・68歳)

・ 我が家では、プラスチックの湯たんぽを使用しています。湯たんぽといえば、プラスチックか金物だと思っていましたが、陶器のもあるんですね。割れそうでこわいですが、残り湯で肌が潤うとか、金物、プラスチックにはない魅力があることもわかりました。(熱田区・会社員・35歳)

・私の湯たんぽは、シリコンタイプなので、高田焼の湯たんぽの記事を興味深く読みました。最近、高校生の娘も読むようになったので、嬉しいです。(千種区・主婦・43歳)

・ 陶器製湯タンポ良いですよね!今は全てが化石燃料エネルギーを使う物ばかり!もっと自然の恵みを活かした地球に成らないと!(西区・主婦・51歳)

・湯タンポは私も愛用しています。去年イギリスに留学していたときも持っていきました。お湯を沸かすだけで使える湯タンポ、日本人の知恵、誇りです。(北区・学生・22歳)

・手作りの湯たんぽが心も身体も温まりそうでとても魅力的だと思いました!動物型の湯たんぽ可愛いです♪(中区・女性・38歳)

・エコヂカラで湯たんぽのイメージが変わりました、これならプレゼントにも最適ですねー。(天白区・会社員・43歳)

・やさしい暖かさで、私も湯たんぽ利用してます。ただ、残り湯が上手に出せず、最後、少し残るのが気になってます。(瑞穂区・主婦・66歳)

・湯たんぽ、今でも使っています。適度に湿り気があり、ほんわかとしてきます。孫たちが来る日は電気ごたつではなく、湯たんぽ2個を入れたこたつを使っています。(南区・主婦・59歳)

・高田焼は昨年「ドームやきものワールド」で見て気になったものだったので、出ていてびっくりしました。(瑞穂区・派遣社員・44歳)

・地球温暖化が進んでいる現在、いろいろなことでエコが試みられています。わが家はオール電化でエコのことを考えて、エアコンをなるべく使用しないように心掛けています。動物型湯たんぽを見て、かわいく、癒されると思いました。(北区・女性・67歳)

・湯たんぽを子どものときも今も愛用していますが、ルーツは徳利だったとは驚きです。(長野県松本市・主婦・55歳)

・子どものころ、母がまだ元気だったころ、田舎の冷たいふとんに湯たんぽを入れてくれて、眠れたことを思い出します。朝はその湯で顔を洗いました。(緑区・アルバイト・67歳)

・大変分かりやすく湯たんぽの魅力を知ることができました。子どものころに使っていたので、とても懐かしく思いました。(千種区・主婦・52歳)

・一昨年の冬、近くのホームセンターで湯たんぽを買ったら、「エコ商品限定」としてポイントを余分にもらいました。幼少時代、使用したのを懐かしく思い出し、ほんわか気分で体も心も大満足でした。もっともっと普及するといいですね。(中川区・主婦・73歳)

・今回の動物型湯たんぽはとてもかわいくて、私が子どものころに使っていたのとはぜんぜん違ってびっくり! 今は主人が電気アンカを使ってますが、こんなかわいいウサギの湯たんぽなら使ってみたいです!(中川区・主婦・51歳)

 

ミニ家族会議

・フェアトレードチョコレートは英語の教科書にも題材となっていて学んだのでより興味がでました。(瑞穂区・学生・16歳)

・フェアトレードの製品は率先して買いたくなります。そのときの財布事情と相談になるけども…。(中川区・男性・31歳)

・私もフェアトレードチョコの大ファンで、もっとみんなにフェアトレードのことを知ってもらいたいし、チョコも健康によいものぜひたくさんの人に知ってほしいと思っています!(東区・会社員・40歳)

 

にじゅうまるエコクッキング

・にじゅうまるエコクッキングのコーナーが大好きでいつも楽しみにしています。今回のレシピ、アボカドのタネが利用できるとはとても意外でした。(西区・主婦・43歳)

・エコクッキングは 、思いもよらない材料が使われていて本当にエコだなぁと毎回驚きます。楽しみにしています。(熱田区・主婦・28歳)

・アボカドの種…食べれるんですね~べっこう飴美味しそうです(西区・パート・44歳)

・アボカドの種まで食べる発想にびっくりしました。(南区・主婦・60歳)

・アボカドは美容に良いので3日に1度は食べるようにしてます。種はいつも捨ててしまっていたのでエコクッキングをみて飴を作ってみようと思います!(熱田区・会社員・28歳)

・アボカドはあまり料理のレパートリーがなかったので、面白いアイディアだと思いました。(熱田区・会社員・63歳)

・エコクッキングを毎回楽しみにしています。自分もリサに載せてもらえる位のエコな料理を作れるように努力したいと思います。(昭和区・会社員・35歳)

・アボカドのタネが食べられることに驚きました! 今度アボカドのタネを集めておいて妻に作ってもらいます。(中川区・会社員・42歳)

・今回のエコクッキングが驚きました。アボカドの種を捨てるのもったいなくて育ててみたことはあったけど、きちんと育たなかった。食べれるなんて思ってなかったからビックリです。たくさんの人に伝えたい気分です。(名東区・パート・36歳)

・考えてみれば当たり前の、砂糖と水で、べっこうあめができるんだ!(天白区・主婦・53歳)

・よく使うアボカドの捨ててしまう種を利用した料理を教えてくださり、感謝です。やってみます!(天白区・薬剤師・44歳)

・アボカドが大好きなので、エコクッキングを見て、さっそくやってみたいと思います。これからもいろいろなアボカド料理を知りたいです。(天白区・学生・15歳)

・いつもは捨ててしまうような食材、工夫次第でこんなに使えるんですね! 皮や種には栄養もあり、ごみも減らせて一石二鳥!! ぜひチャレンジしてみます。(中村区・主婦・46歳)

・毎回、珍しい料理。楽しみにしています。(港区・主婦・65歳)

・すごく不思議で興味深いです。あの種が食材になるなんて、まことにエコです!(名東区・契約社員・58歳)

・アボカドの種のべっこうあめがすごく気になるので、ぜひ私もつくってみたいと思います。(天白区・会社員・38歳)

・アボカドの種のべっこうあめ、一度つくって楽しみます。(緑区・主婦・76歳)

・エコのエコですヨ。種って結構、お酒やビールに合う気がします。(北区・男性・68歳)

・アボカドの種が食べられることにびっくりしました。(千種区・主婦・56歳)

・アボカドはよく食べますが、種は植木鉢に植え、目が出たのを観葉植物として楽しんでいました。今度はべっこうあめにして食べてみようと思います。(西区・パート・65歳)

 

その他

・ 新年から、エコ活動情報をもらえて、今年も環境のため、家計のために良いことをしようと気合が入りました。(東区・会社員・23歳)

・「おたより」にあった絵本『わたしのワンピース』を買い、きれいに読んで孫に送りました。まだ少し早いかも。けど読んで見てほしい。(名東区・女性・66歳)

・地域のことなのに知らないことばかりで、目からウロコです。地域に密着しているので、大変わかりやすくて読みやすいです。(港区・主婦・39歳)

・創刊の頃は分別方法なんか問題になっていた気がするのですが、どんどん専門的になってきたRisa。私も頑張ろうと思っています。(中川区・パート・54歳)

 

 

<2016年12月号>

特集・エコつぶ大賞2016

・エコつぶ料理部門大賞に選んでいただきありがとうございます。朝起きて嬉しかったです。これからも考えながら生活していきます。エコヂカラのページすごくよかったです。子供がいるので、一度千種に足を運んでみようと思います。(緑区・主婦・30歳)

・エコつぶ大賞の料理部門、さっそく作ってみました。無農薬のレモンをもらったので、その皮を使って、絶品! クリスマスに友達にラッピングしてプレゼントします。(昭和区・主婦・57歳)

・今月号の甘夏の皮で作るお菓子、素敵ですね!ただ、皮に農薬がかかっていないか心配。生協などで無農薬の物が手に入ったら是非トライしたいと思います!(北区・公務員・53歳)

・皆さんのエコアイデアはとっても参考になります。これからも紹介して欲しいですし、特集なども頻繁にしていただけると嬉しいです。(港区・主婦・48歳)

・トイレットペーパーの芯にコードをしまう技をやってみようと思いました。(千種区・パート・40歳)

・ 「エコつぶ」は、いつも感心して読んでいます。自分でも考えれば出来る事に気づかされてます。エコクッキングや得得ツアーまで掲載され楽しみにRisaを待ってます。(守山区・主婦・66歳)

・皮を使い尽くすアイデア、すごいですね。参考にしたいと思います。(天白区・男性・69歳)

・まちなかの緑やみかんなどの皮の利用等、参加になりました。もっと自然を大切にしたいですね。(尾張旭市・主婦・62歳)

・「エコつぶの料理部門」の甘夏の皮、ゆずの皮の砂糖煮を作ってみよう!私の「エコつぶ」は蛇口のお湯が出るまでの水の利用で「ベランダ」にまく。(西区・主婦・74歳)

・エコつぶ大賞に載っていた『オランジェ』!作ってみたいと思います。(千種区・主婦・42歳)

・発表!「エコつぶ大賞」候補作の「玉ねぎの皮のだし」は、手軽にできそうなのでやってみたいと思います。玉ねぎの皮を煮出すと高血圧にもいいと聞いたことがありますもの。(北区・公務員・61歳)

・私も家庭菜園をしています。枯れた野菜はすぐに抜いていました。これからは、エコとしてタネができるまでほったらかしにします。(中村区・パート・45歳)

・エコつぶ大賞に載っていた果物の皮で酵母?すごいです。もっと写真とか詳しく知りたいです。(中村区・主婦・55歳)

・ 【エコつぶ】小さな行動ですが、ほ~んとですねとつい、微笑んでしまいます。(西区・主婦・67歳)

・今まで、さらっとしか読んでいなかったエコつぶ。特集でじっくり読んで、意外に面白いんだなと思いました。(緑区・会社員・41歳)

・ペットボトルの小物入れ良かったです。(千種区・会社員・49歳)

・エコつぶ大賞はどれも身近にできるアイデアで、自分でもやってみようと思いました。特にみかんの皮でオランジェ作りは週末に早速やってみようと思います。(港区・主婦・32歳)

・昔から柑橘類の皮で祖母がお菓子や漬物等を作っていたのを思い出しました。(西区・公務員・55歳)

・「エコつぶ大賞」に選ばれてるのはすごい。だしにとるくらいは真似できそうだが、あとはレベルが高すぎ…ただ関心しました。(中川区・主婦・53歳)

・エコつぶ工作部門を読んで日頃から何か生活上便利にと自分でやってるわと 感じた記事でした。これというものが見つかったら応募してみようと思います。ありがとうございました。(緑区・パート・54歳)

・ドライヤーコード入れ、さっそく作って使っていますよ。(千種区・自営業・63歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・自然に接することは大事なこと。また、楽しいことです。(昭和区・男性・79歳)

・稲武は、今までに数十回と通過した地であるが、街並みを散策したことがほとんどなかったので、記事にある古橋懐古館、どんぐり工房を訪れたい。(北区・男性・69歳)

・稲武は四季を通してよく行きます。今回取り上げてくれて有難う。(港区・男性・70歳)

・ 稲武どんぐりの里楽しそうでとてもいってみたいと思いました。(中区・会社員・25歳)

・豊田市はとても広くて、自然豊かな地域が多くあることを知りました。参考に、お出掛けしたいと思います。(守山区・主婦・47歳)

・どんぐりに1歳の息子がはまってるので、どんぐりの里に行って見たいです。(守山区・主婦・36歳)

・稲武温泉 どんぐりの湯 森が深く 春になったら 是非一度行ってみたいと思います。(守山区・主婦・60歳)

・子どもが小学生くらいまでは、よく「どんぐりの湯」に行ってました。今では中高生になった子どもたち。部活やらテストやらで忙しく、友達と一緒にいた方が良くなって、親子で出掛けることが年々少なくなってます。久しぶりに「どんぐりの湯」行こうって誘ってみようかな。(守山区・会社員・51歳)

・稲武は懐かしい所です。どんぐり工房へ行って体験してみたい。(中区・主婦・62歳)

・「どんぐりの里いなぶ」へは何回か行ったことがあります。パンがおいしかった。これからも里山の大切さを伝える場所になっていてほしいです。(緑区・会社員・42歳)

・今の子供達は自然にふれることが少ないので、孫達にも自然と楽しく触れ合うことを教えて行きたいです。(中川区・主婦・67歳)

・絵付け体験楽しそう。行ってみたいです。(南区・学生・20歳)

・ Re里山は場所の有効活用という点では非常に良いことだと思います。他の商業施設等も積極的に取り入れてエコ貢献に努めていただきたいと思います。(千種区・会社員・48歳)

・子供達にも名古屋市に住んでいるとなかなか自然を満喫する機会がないので里山体験の記事は興味深かったです。運動不足だし絵付け体験もできるなんてこの時期に是非、出かけたいと思いました。(緑区・主婦・38歳)

・じじばばと行く温泉が大好き。どんぐりの湯の記事がたのしかった。(北区・男子・3歳)

・外を歩くのにちょうど良い季節です。子供達と一緒にでかけ、自然体験できると知り、冬休みに入ってみたいと思います。このように紹介していただくと、身近に感じますね。(天白区・主婦・46歳)

・稲武町にはウォーキングイベントで数回出かけたことがあります。道の駅はもちろん里山全体が整備されていて素晴らしい場所です。(守山区・会社員・52歳)

・稲武もどんぐりの里も行ったことがありますが、工房のことは知らなかったので、ぜひ訪れたいと思います。(緑区・主婦・37歳)

 

エコヂカラ!

・メルヘン頑張ってるんだな、と嬉しくなりました。子供は大きくなってしまいましたが、いつか孫が出来たら通います。(天白区・パート・56歳)

・絵本のお話、共感しながら読ませて頂きました! 私は幼稚園教諭だったので子育て中はもちろん、今でも絵本が大好きです。今は大きくなってしまった息子と娘もたまに本棚の絵本を手に取り、『これ、大好きだったんだよね~、この場面』など会話が弾んでいます。今ではその娘も保育士を目指し勉強中。実習やじゅに使う絵本を二人で選んだり、楽しんでいます。やっぱり絵本は最高です!(緑区・パート・48歳)

・わたしのワンピース、女の子の孫に買おうと思います。(名東区・女性・66歳)

・2人の息子たちに絵本を買ってあげたい。(東区・主婦・34歳)

・メルヘンハウスという絵本屋さん、いつか行きたいと思っていたところにこの特集。我が家には2人のオシャレ大好き姉妹がいるので、ぜひここで「わたしのワンピース」を購入して読んであげたいと思いました。(西区・パート・34歳)

・メルヘンハウスの「お客さんに似合う洋服を選ぶように、コーディネートしている」がとても印象に残りました。足を運んでみたいと思います。(中村区・会社員・39歳)

・私も同じ年に生まれたので、とても親近感がわきました。ネットやタブレットが普及していますが、絵本は手にとって親がひざの上で子どもに読むのが一番だと思います。(瑞穂区・パート・43歳)

・ラジオのヨヂカラも毎日きいています。(緑区・主婦・72歳)

 

ミニ家族会議

・今月号のミニ家族の会話が楽しかったですね。たわいない会話ですが、読んでいて興味を持ちました。編集局の皆さんの企画の良さに感心しています。これからもほのぼのとした記事に期待しています。(南区・男性・71歳)

・奏をぜひ飲んでみたいものです。(中川区・男性・63歳)

・日本酒か好きなので、興味深く記事を読ませて頂きました。(天白区・会社員・46歳)

 

にじゅうまるエコクッキング

・ミカンの皮のカップケーキがとても美味しそうなので挑戦して見ようと思います。(緑区・主婦・43歳)

いつも美味しそうなレシピありがとうございます!ミカンの皮、いつも捨てちゃってるのでぜひ活用してみたいと思いました。(西区・パート・44歳)

・エコクッキングはいつも献立を考えるときのヒントになりとても助かっています。(名東区・主婦・30歳)

・カップケーキが大好きなので、作ってみたいです!(西区・パート・43歳)

・食べるのが大好きで、特にスイーツが大好き!エコクッキングは、すごく参考になり、試しています!(緑区・会社員・34歳)

・野菜高騰の時事に合ったエコ料理ミカンの皮のカップケーキ良かった。(千種区・主婦・49歳)

・みかんの皮がカップケーキのように使えるとはとても参考になりました。(守山区・主婦・48歳)

・今3歳女の子と1歳男の子を育てており「にじゅうまるエコクッキング」のみかんの皮まで食べれるレシピとても好評でした!子供にも食材を大切に食べてもらうきっかけになったと思います。SNSで育児中の友人達にもオススメします!あと、もう少し子供と行けるスポットなど掲載してほしいです。(天白区・主婦・30歳)

・いつも柑橘類の立派な皮を剥く時、ほとばしる油脂分、柑橘類独特の爽やかな薫り…何かもったいないな?と食べる身よりも多い皮を見て思っていました!「オランジェ」も一つのgood ideaですよね!(西区・主婦・52歳)

・毎回エコクッキング楽しみにしています。今回はなかなか利用できないみかんの皮をつかうのでさっそく残ったみかんの皮で作ってみました。エコな情報がたくさん載ってるので楽しく読んでいます。(中川区・主婦・31歳)

・エコクッキングの「ミカンの皮のカップケーキ」、とても美味しそうです。残念ながら、私は卵やバターなど、動物性のものを親から食べないように、と教わって育ってきたので作れませんが、応援するだけで、エコな気分になれます!これからもエコクッキング、広く報せて下さい。(中村区・女性・43歳)

・みかんの皮の処理に重曹を使うことを知り、なるほどと思いました。エコつぶ大賞をとった果物の皮のオランジェもとても美味しそう!早速作ってみます。(守山区・会社員・59歳)

 

その他

・東山動物園の記事、また見て回りたくなりました。(港区・主婦・63歳)

・身近でなんとなくほっとする記事が多いので私の癒しの一つになってます。(緑区・主婦・49歳)

・自分が住んでいる所でもまだまだ知らないことが沢山あります。Risaを読んで色々な所に出かけてみたいです。(中川区・会社員・53歳)

・エコについて身近なことから知らないことまで楽しく読ませてもらってます。文字嫌いの子供(小学6年)が興味を持って読んでますよ。(中川区・主婦・39歳)

・毎号楽しみに読ませてもらっています。エコについて、地域でこんなことに取り組んでいる人たちがいる、と驚きます。自分が参加できそうな内容がないか、気にしています。(北区・男性・63歳)

・温暖化を実感する日々、Risaを読んでエコについて日常を振り返る機会になっています。エコ工作を我が家でも取り入れているので、参考になります。(瑞穂区・主婦・36歳)

・全体的な色彩がやわらかいので、記事を眺めているだけで和やかな気持ちになります!(瑞穂区・学生・21歳)

・ちょっとやってみたい、ちょっと作ってみたい、ちょっと行ってみたい、記事が多くて楽しく拝読しています。(熱田区・会社員・54歳)

・現代社会の重要なテーマであるエコについての情報誌であるため、すべてのメニューが大変奥深く有意義な記事だとかんじています。(名東区・男性・74歳)

・リサイくん通信を楽しく読んでいます。(昭和区・男性・73歳)

・いつも楽しい話題で情報が入って人と話すときにネタが増えて助かります。(中村区・会社員・43歳)

・リサは独自の視点からいろんな情報を提供してくれるので参考にしています。(中村区・主婦・58歳)

・少しですが環境問題に関心を寄せる様になりました。(中区・会社員・52歳)

 

<2016年11月号>

特集・人と食と自然のかけはし 割りばし

・ 私も郡上割り箸の大ファンです。郡上まで出掛けたついでに道の駅に置いてある杉の割り箸をいつも買って来ます。しかも使い捨てにはしません。ちゃんと洗ってまた使います。国産で安全安心だから出来るのかもしれませんね。(緑区・主婦・54歳)

・お弁当屋さんで働いていますが、やはり安価な外国産の割りばしを使ってしまい、国産の物には手を出さないのが普通になってしまいがちです。この記事でもう一度日本の文化である割りばしに見直しする事を考えさせられました。(中川区・会社員・48歳)

・以前、割りばしを飲食店におろす仕事に就いていたので種類の多さは知っていたのですが、郡上割り箸は知らなかったので興味深く読ませてもらいました。(千種区・パート・43歳)

・割り箸はエコではないと思っていたけど、キチンと考えられた国産のモノはエコになることがわかりました。(中村区・パート・45歳)

・郡上割り箸を配る活動があることすら、知りませんでした。一度、郡上割り箸を使ってみたいと思いました。毎日、家族にお弁当を作っていますが、勉強を頑張る受験生の娘に、郡上割り箸さん、是非、頑張れバージョン、または、メッセージが書ける箸袋で、お箸を、作ってください。(南区・主婦・40歳)

・先日妻龍宿で白木の箸を買ってきたところでした、使い勝手が良くて気にいっています。割り箸の特集を読んで里山からのメッセージをかみしめながら愛用していきます。(港区・男性・67歳)

・間伐材の有効利用に賛同いたします。地面まで太陽の光が注がれる、手入れの行き届いた森を守っていくための、一つのツールだと思います。(緑区・会社員・42歳)

・ これからは割り箸を使うときこの特集をおもいだすと思います。割り箸の使い方が変わりそうです。(守山区・主婦・48歳)

・割り箸のこと、今まであまり深く考えたことがなかったので、すごく為になりました。間伐して森を守っていかなければならないこと、よくわかりました。(瑞穂区・主婦・48歳)

・私の以前勤めていたお店でも、割りばしにこだわりがありました。お店があるのが浜松市なので、地元名産の天竜杉の間伐材を薬品を用いずに福祉施設の方々が作っていらっしゃる利休箸を使っていました。また間伐材と言えど、使った後にはほとんどがごみになってしまうので、割り箸は必用な方にお代を頂き買っていただく形にし、なるべくごみを出さないように努めていました。今回の特集を読んで、個人的には「間伐材を使いたいけどゴミにもしたくない」というところの兼ね合いが、割り箸という用途においては難しいなと感じました。勿論割り箸として使った後にさらに有効に利用している方もいるかとは思いますし、郡上割り箸さんの取り組みは素晴らしいです。森を守っていくためには先ずは割り箸を通してメッセージを伝えるというのは有効かと思います。間伐材の有効利用については今後割り箸からさらに先に繋げていけるといいなと思います。(東区・パート・27歳)

・ 割り箸の形もいろいろあるのですね。先日久しぶりにお弁当屋さんでお弁当を買った時についてきた割り箸は両端が細く削られていました。卵中という形なんですね。(千種区・主婦・54歳)

・今回の割り箸特集は大変参考になりました。また、この記事はファイル保存しておきます。私は福祉会館でボランティアをしていますが、箸の話題が出た時にはこの話題を皆さんに、ぜひ紹介したいと思います。(南区・男性・41歳)

・割り箸特集で地元産の木に拘った箸を作っているとのこと、応援していきたいですね。もっといろんな商品に国内産の木材が使用されることを願っています。(港区・会社員・64歳)

・割り箸のリサイクルについて、とても勉強になりました。これからお店で割り箸を割るとき、いろんな事を考えそうです。早速アンテナショップにも行ってきますね。(緑区・主婦・44歳)

・何気なくつかって便利な割り箸、輸入に頼りきりにせず国産が増える事を期待します。(名東区・主婦・48歳)

・国産の割りばし しらないことだらけで目から鱗でした。(中村区・パート・62歳)

・箸は食に欠かせなく、おもてなしの気持ちも伝えることが出来て感銘しました。(千種区・主婦・58歳)

・ 割りばしは使い捨てでもったいないと思っていましたが、ちょっと見方が変わりました。エコは独りよがり、自己満足になりがちなのでいろいろな情報は有難いです!(南区・パート・57歳)

・ 今まで考えたことも無かったのですが、間伐材を利用して作られる国産の割りばしの必要性と安心感が、良く理解できました。(守山区・パート・52歳)

・ 割りばしを使うのは環境破壊と思っていましたが、そんなことはないんだと勉強になりました。(西区・主婦・30歳)

・森を維持するために、適度な伐採が必要なことは知りませんでした。たしかに飲食店では割り箸を使うことは減っているので、郡上割り箸はおしゃれな感じで、ぜひ使ってみたいですね。(中村区・会社員・43歳)

・割り箸は不要という考えが一時はやりましたが、今回の記事で割り箸にも必要性がもともとあることがよくわかりました。(千種区・会社員・51歳)

・ 割りばしは悪く言われる事もありますが、私は良いと思います。そして国産の割りばしがもっと増えて欲しいですね。(中村区・会社員・46歳)

・いままで割り箸について考えたことがなかったので、興味をもちました。9割の割り箸が中国産ったら知らなかったし、薬品処理されてるのも驚きでした! 事実を知ってしまうと今後気になってしまいます…。割り箸も国産がいいなぁって思います。(緑区・主婦・29歳)

・国産の割りばしを使う事が産業にも森を再生する事にも有効なのは知っていたが国産以外の割りばしとの見分け方は知らなかったので大変有効でした!(緑区・会社員・54歳)

・ 割り箸の資源活用の過程を知ることができ、少し驚きでした。意外に身近なことでも知らないことが多いんだなと実感しました。(千種区・会社員・48歳)

・日本でも割り箸を作っていることを知りました。全部海外で作っていると思っていました。また、防腐剤などが使われていることも初めて知りました。(緑区・パート・33歳)

・割りばしを国産でというのはいいと思いますが、他の小物にも使えるならコースターとか箸置きのほうがいいかなと思います。(中川区・主婦・52歳)

・ 福祉施設に仕事を依頼し仕事づくりをしているのは素晴らしい。(港区・会社員・65歳)

・「割り箸」、普段何気なく使っているものなのに、これらはみんな外国産だなと位しか思っていませんでした。国産が身近なところにあるなんて今回初めて知りました。我が家で使うときは国産にした方がいいかなと思っています。(守山区・主婦・68歳)

・郡上割り箸初めて知りました。割り箸3膳のリサイクルでコピー用紙1枚分とは、より身近に感じました。(千種区・公務員・52歳)

・割りばしといっても色々です。形、木目、箸袋などが素敵ですと食べ物をふきたててくれます。特に蕎麦のイメージが強いです。(緑区・男性・67歳)

・割りばしが森林伐採、環境破壊を増加させていると言われていた時もありましたが、逆に間伐材の用途であり森林の維持に重要だと知り驚きました。(中川区・自営業・61歳)

・特集の記事は昔マイハシが流行った頃から割りばしの認識を間違えていた事にきがつきました。いい記事ですね。学生のみなさんにもっと教えてあげたい内容だと思います。(中村区・主婦・55歳)

・割り箸の記事で9割が中国産ということに驚きました。今は何でもコストパフォーマンスを優先させる為自分たちの置かれている環境や状況を見失いがちだなと改めて感じました。(南区・会社員・27歳)

・最近あまり使わなくなった割り箸も丹精こめて作成している方もいらっしゃるのだと知りました。割り箸も洗って使用できるので、すぐに捨てずにおきたいと思います。(西区・会社員・45歳)

・ 割りばしの生産地・生産国を気にしたことすらありませんでした。資源の活用にもなり、安全性の高いものなら、ありがたく使いたいし、選びたいと思いました。(昭和区・主婦・36歳)

・「箸袋趣味の会」に入っており、箸袋を収集していますので、割りばしの記事は興味深く読ませていただきました。(天白区・男性・78歳

・「もったいない」が口癖だった郡上育ちの亡き母。郡上割り箸のメッセージは母の教えの復習です。食と自然の大切さを伝えたいです。(瑞穂区・主婦・65歳)

・割りばしを使ってはいけないような罪悪感をふっしょくされそうで見直しました。(北区・学生・21歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・自転車、滝、ダム・・・すべてクリアしたい素敵な場所を教えていただいたことに満足です。どこでもドアがあったら明日にでも行ってみたいな。(緑区・主婦・47歳)

・大台町の滝はぜひとも足を運びたいと思いました。(中川区・会社員・59歳)

・三重県生まれなので、幼い頃に大台に遊びに行ったのを思いだし懐かしかったです。いつもRisa楽しみにしています。(守山区・パート・50歳)

・三重県出身ですが、未知の六十尋滝のある大台町にいつか行ってみたいです。(守山区・会社員・52歳)

・奥伊勢は一度訪れてみたいと思っていたので、大変参考になりました。(北区・会社員・34歳)

・自転車に乗りたくなりました。いいきっかけをありがとうございます。(守山区・会社員・45歳)

・ 一度は訪ねてみたい場所です。夏が良いかと思っています。(中川区・男性・63歳)

・ お天気が良い日にサイクリングしたら景色も良いし気持ちも楽しいでしょうね。(港区・主婦・57歳)

・紅葉の季節になりました。里山に出掛けて自然と触れあいたいです。(北区・主婦・44歳)

・近くて行って見たいと思えるような楽しさ溢れる記事でした。写真も豊富で地図もあり分かりやすいです。(東区・主婦・43歳)

・レンタルサイクルと乗船での里山体験は経験したいところです。(中村区・男性・64歳)

・知らないところでも、紙面を読んで行った気になれる。(長久手市・主婦・65歳)

・ 自転車で自然の中を走りたいと思いました。(緑区・会社員・51歳)

・ Re里山に行きたくなりました。(南区・主婦・69歳)

・大自然が好きなので、宮川ダム湖に今度、臼井さん一家のようにマウンテンバイクで絶景を楽しみたいです。遊覧船があることも初めて知りました。紅葉の季節ですし、きっと素敵な景色が待ってるんでしょうね。読みやすい記事だと個人的に、思いました。(中川区・自営業・38歳)

・里山体験では、ネットで検索しても出てこないような施設が多いので、お出かけするときの参考なります。(中村区・主婦・37歳)

・自転車で観光?するといろんな発見があって楽しそうですね。伊勢に行く予定があるので、レンタルバイクしてみようかと思いました。(天白区・主婦・46歳)

・伊勢志摩に行きたくなりました。エコプラス健康のため、電動自転車が欲しいです。(中川区・公務員・51歳)

・自転車と船でめぐる大峡谷の記事が、とてもうらやましかったです。私も家族で行きたいと思いました。(中区・学生・14歳)

 

エコヂカラ!

・着物があれば、いろいろリフォームできたのになぁ、って思いました。亡くなった母は着物をたくさん持っていたのに全て親戚にあげてしまってちょっぴり後悔しました。(緑区・主婦・43歳)

・毎号、エコについて考える機会をくださり、ありがとうございます! 様々な視点から取り上げられていて、とても楽しみです。今回、着物について書かれていて、昔ながらのよさって、大切だなと思いました。(西区・主婦・31歳)

・着物にもっと親しみたいと思っています。古着から挑戦したいです。(港区・会社員・40歳)

・着物の着付けを習い、ここ1、2年おでかけ着として着物を活用しています。祖母の着物が着たいのですが、サイズが小さすぎてムリなのが残念。(瑞穂区・派遣社員・44歳)

・私も着物が好きです。でも高価なのでリサイクル店などをよくチェックしています。大須に行ったときには今日実さんに行ってみようと思いました。(緑区・主婦・54歳)

 

エコクッキング

・ メロンで血行を促進。見た目もおいしそうで、食べたくなりました。素敵な記事でした。次回も楽しみです。(中川区・自営業・68歳)

・にじゅうまるエコクッキングのアイデアにいつも脱帽です。(南区・主婦・60歳)

・メロンのワタが食べられるのにビックリしました。(港区・会社員・28歳)

・エコクッキングは中々本とかには載っていないので 嬉しいです 挑戦してみます。(中区・主婦・60歳)

・ちょうど父からメロンをもらい、いつもはワタは当たり前かのように捨てていたので、活用できるレシピをグッドタイミングで知ることができてとても嬉しく思います!(守山区・主婦・33歳)

・メロンのわたまで使うクッキングにおどろきました。(中川区・学生・10歳)

・ メロンのワタのフルーツぜんざい、美味しそう。個人的にはぜんざいより白玉の方が好きなのでアレンジして来夏(鬼に笑われそうですが)作ってみようかな♪(中村区・女性・43歳)

・エコクッキングが料理やおやつの参考になります。(東区・主婦・45歳)

・ エコクッキングは無駄が出ない料理なのでとても助かってます。これからもとても楽しみにしています。(名東区・主婦・50歳)

・エコクッキングのメニューがとても簡単で美味しいです。(天白区・パート・52歳)

・エコクッキング、簡単な料理やデザートが多くてよく作ります。(中区・自営業・62歳)

・にじゅうまるエコクッキングのレシピを参考に作ってみました。メロンのワタを使うなんて意外でしたが、とても簡単にできて美味しかったです。(西区・主婦・43歳)

・種をとる際に捨ててしまうことが多いメロンのワタで作るというアイデアがよかった。ワタは果汁も多く甘味が強いので、美味しそうなレシピだと思った。(港区・学生・24歳)

・にじゅうまるエコクッキング。めろんわたを主役のお菓子いいですね!今度チャレンジしてみます。(緑区・会社員・25歳)

・エコクッキングのあんみつ早速使ってみました。子供も喜んで食べてくれました。(北区・主婦・35歳)

・メロンのワタ…今までずっと捨てていました。このような食べ方があるなんて思いもせずにです。シャーベットにしてもよさそうですね。これからは捨てません。(昭和区・主婦・61歳)

 

その他

・毎回、リサ問題でエコについて再確認しています。(北区・男性・69歳)

・全てエコ関係記事がめずらしいと思います。(緑区・男性・58歳)

・ 毎回興味深く拝見しています。子供もリサイクルについて学校で学んだりしているので親子で読んだりもします。(南区・主婦・39歳)

 

<2016年10月号>

特集・農業とIT(情報技術)

・農業とITは興味深く拝読しました。最近の農業はスマホを使いこなすとは素晴らしい発想ですね。私はガラケーですが、スマホをうまく使いこなせるのかどうか不安です。とりあえず、パソコンで間に合っていますが、器用に使いこなしている仲間たちを見ると複雑な心境です。いずれにしても今回の特集は大変参考になりました。スタッフの皆さんのご努力に感謝致します。(南区・男性・71歳)

・スマホを使っていますが、100分の1ぐらいしか使いきれていません。素晴らしいですね。(昭和区・男性・79歳)

・最近は雨が多いですね。作物への影響が気になります。(緑区・パート・57歳)

・ 農業にも、トヨタのカイゼンが導入されているとは、驚きでした。(港区・男性・67歳)

・若者の農業への流入が減っています。表紙のように、ITを駆使した農業がどんどん進み、機械化・IT化ですっかり変わっているはず。その変化を大いにPRしてください。(中区・男性・70歳)

・携帯を利用して、農作業をしていることを始め知りましまた。ITの時代なんですね。(中川区・パート・48歳)

・漁業が、IT化して、新しい販売方法を紹介している番組をテレビで見たことは、ありましたが、農業もIT化しているんですね。知らない事ばかりでした。高齢化で、大変だな。と思っていましたが、若い人たちの努力で変わって いるんだなと思いました。買い物の時は、愛知産のコーナーで野菜を買うようにしています。農業の担い手が増えてくれるといいなと、思います。(中村区・主婦・47歳)

・今号の特集は大変興味深いものでした。息子が関東で農業支援の団体にいますので、紙面を送ってあげようと思います。(中村区・主婦・55歳)

・農業とITが技術革新により高年齢化している農業の担い手にとって、若い人にも面白い産業になるのではと思いました。(西区・男性・75歳)

・農業とITは、通販くらいしかイメージ出来ませんでしたが、記事を拝読し、いろいろな活用方法があることがわかりました。TPPのこともありますが、食料自給率をあげていくことも大切なことだと思いますので、これからもいい方向に活用できるといいと思います。(緑区・会社員・42歳)

・農業とITのお話、驚きました。世の中の進歩についていけなくて悲しくなりました。(天白区・主婦・46歳)

・「土づくり」や商品開発にも広がりという見出しで土だけでも商品開発になるのかなぁと思ったけれど内容を読んでいるうちに土を作り上げる所から米作りが始まるとは知りませんでした。(東区・学生・12歳)

・農業の新しさを感じた。(天白区・公務員・60歳)

・ 農業とIT、インパクトがある見出しにすぐに読みました。これからの時代に合っていますね。興味深かったです。(昭和区・会社員・35歳)

・先進的な農場だけじゃなく、ご近所の畑にまでトヨタの「カイゼン」が波及しているんですね。(守山区・会社員・52歳)

・デリカスコアがスマホで手軽に見えるようになると、よりよいものを選択できるので楽しみです。(松本市・主婦・55歳)

・田んぼの真ん中でスマホを使用していることに驚きました。これからの日本の農業に期待できますね。(中川区・パート・38歳)

・稲作も世界と戦っている厳しさが感じられました。(守山区・アルバイト・48歳)

・カンやメモが頼りの農業、IT化で農業人口も増えていくのでは。広まってほしい。(昭和区・女性・61歳)

・若者や社員として働く農業生産法人の存在に、これからの農業の発展を確信しました。(千種区・主婦・65歳)

・農業とトヨタ…結びつきがあるなんてオドロキ。農業生産法人とトヨタで愛知がさらに豊かになるといいなと思います。(港区・会社員・46歳)

・農業とITはおどろきですね。無駄な労力が緩和されて、若い人も農業に対して真剣に取り組むことに期待します。(名東区・主婦・73歳)

・IT活用の農業、読んでいても楽しそう。大変な作業も少しは軽減されそうで、すてきです。(中村区・女性・68歳)

・農業とITはびっくりしました。そんな使いみちもあるんですね。ゲームではなく効率化になる。大事なことですね。(昭和区・主婦・59歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・最近、雨と台風の影響で野菜が高いですね。特にトマトは真っ赤に色づいた甘いトマトが手に入らなくて、健太君の満面の笑み、いいですね。(千種区・主婦・54歳)

・加子母の出身なので加子母トマトのおいしさは良く知っています。余り里帰りできないので懐かしく記事を拝見しました。(緑区・主婦・63歳)

・子供が小さいので、小学生くらいになったら自然体験などさせてみたいので、自然体験できるところを沢山紹介してください。(西区・主婦・33歳)

・ いつも里山体験を楽しみにしています。休日には子供に自然と触れ合ってほしいこともあり、参考にしてよく出かけています。今月は遅めの夏休みがあるので、加子母に行ってみたいと思います。(港区・主婦・31歳)

・ 里山体験いいですね。こんな年になっても、やった事のないことが一杯。(名東区・主婦・52歳)

・私の母の実家が加子母の方です。小さい頃、よく「加子母」という地名を聞かされました。今回は、取り上げて下さってありがとうございました。(中村区・女性・43歳)

・加子母は訪れたことがあり、なつかしく読みました。(東区・男性・71歳)

・トマト狩りをしてみたいです。(緑区・高校生・15歳)

・加子母はR256で通ったことはありますが、寄ったことがありませんでした。芝居小屋やトマトカレーなど魅力的です!(天白区・会社員・56歳)

・昨年、友人からいだいた加子母のトマト、土づくりのこだわりのトマトと聞いていました。おいしさが忘れられない味でした。記事を見て「これだったのか!」と思いました。(守山区・主婦・62歳)

・自然の中で土とふれあい、完熟トマトの味も格別、おいしいと思います。子どもたちが成長する中で、自然体験の重要性を見た思いがします。(港区・男性・71歳)

・中津川にトマト村があることと、道の駅にあると知り、行ってみたいと思いました。親子体験はいいね。(名東区・主婦・66歳)

 

エコヂカラ!

・私の実家は岡崎なのですが、岡崎市の旧本多忠次邸の特集が載っていて興味深かったです。東公園の紅葉を見に行ったときにこちらにも寄ってみたいです。(名東区・主婦・30歳)

・観光案内にもなっていてよかったです。今度行ってみたいです!(緑区・主婦・46歳)

・岡崎市東公園の本多邸は、建て替えられる前に何度か行きました。今のは公園への信号待ちの道路からも見え、ずいぶん立派になりました。(熱田区・会社員・34歳)

・岡崎に古い洋館があるのは知りませんでした。是非行って見たいです。(中川区・主婦・52歳)

・旧本多邸素敵ですね♪ ぜひ行ってみたいです。古い建物も好きですが、モダンな岐阜市の図書館もお勧めです。(千種区・会社員・52歳)

・ステンドグラスの美しい館、岡崎東公園に行って一度訪れてみたいと思いました。ていねいな説明文でした。(熱田区・主婦・69歳)

・岡崎にはときどき行きますが、まだ旧本多忠次邸には行ったことがありませんでした。ルネ・ラリック展にもぜひ行ってみたいです。(天白区・主婦・61歳)

・深谷さんはラジオも聴かせていただいているので、とても身近に感じます。(西区・主婦・43歳)

・古い建物は好きです。心が落ち着きます。(中川区・男性・63歳)

 

ミニ家族会議

・来年3月に結婚します。家具をそろえるにあたって木のぬくもりのあるものを紹介していただき、さっそく見に行ってみようと思います。(緑区・公務員・30歳)

 

にじゅうまるエコクッキング

・カボチャのワタはいつも捨てていましたが食べられるとは! しかも食物繊維も多く含まれるなんて! カボチャのワタ入り鬼まんじゅうとても美味しそうで是非作りたいです♪ 素敵なレシピをありがとうございます☆ 次号も楽しみにしています♪(中区・パート・38歳)

・鬼まんじゅうといえばサツマイモという先入観でいつも作っていたのですが、カボチャでもおいしくできることを知り、一度作ってみたくなりました。(千種区・主婦・61歳)

・カボチャのわたを使うことに、驚きと興味が湧きました。まさにエコですね。(昭和区・主婦・52歳)

・丁度かぼちゃがあり、早速トライしました。(北区・自営業・66歳)

・かぼちゃのわたは捨ててしがちだけど鬼饅頭に入れちゃうなんてとってもエコでおやつの一品になりますね。(緑区・会社員・25歳)

・エコクッキングはびっくりするアイデアが多くて勉強になります。(南区・主婦・60歳)

・かぼちゃのお菓子がとてもおいしそうです。ぜひ作ってみたいと思いました。(中区・主婦・48歳)

・ 無駄のない料理参考になりました。(東区・主婦・60歳)

・エコクッキングはこの時期にちょうど良くやってみようと思いました! 野菜の見える化も興味深かったです。(北区・会社員・29歳)

・鬼饅頭、わたいりでいいなんて目からウロコ。種まで添えて美味しそうです。つくってみます!(守山区・パート・47歳)

・エコクッキング、今回はパンプキンですね。わたや種まで使えるなんて驚きました!!10月の子供達のおやつに、ぜひとも作ってみます。(西区・主婦・40歳)

・ 料理が好きなので「にじゅうまるクッキング」をいつも楽しみにしています♪(千種区・会社員・41歳)

・カボチャのわたに栄養が豊富と知らなかった。(千種区・会社員・52歳)

・今回のかぼちゃもそうですが、いつも捨てていたものが利用できるなんて・・・・もったいなかったです。(中川区・パート・59歳)

・エコクッキング、料理が好きなので、新しい旬のレシピは嬉しいです!(名東区・主婦・36歳)

 

その他

・環境デーなごや行きました! リサっちバルーンが目立ってました。里山についてあまりよく知らなかったので勉強になりました。(千種区・主婦・55歳)

・リサイくんに会いたかった!9/17のかんきょうデーなごや2016は、お父さんと行きました。(緑区・小学生・9歳)

・いつも読んでいます。Risaが入ってきたときはエコロジーについて、さらによく考え、何なら自分たちがムリなく実践できるかな、と家族みんなで話し合う機会になります。(緑区・パート・37歳)

・ エコつぶにはなるほどーと思う情報がたくさん載っていますね。(中川区・会社員・48歳)

・環境にも家計にもエコは大切だといつも思い見ています。(守山区・主婦・48歳)

・身近なことですが、知らなかった事や新しい取り組みがわかり毎回新鮮です。(千種区・主婦・47歳)

・実際のエコな生活に“エコつぶ”を初めとした記事がとっても役にたちます。(熱田区・会社員・54歳)

・毎回、楽しく読ませてもらってます。特にエコつぶはエコの新しい発見もあるので、我が家の参考にさせてもらってます!(中川区・会社員・44歳)

・リサカレンダーを参考にして、8,9月にフリーマーケットのごえん市に断捨離で出た不用品を出店しました。売上金は微々たる額ですが、身辺整理が出来き、リユースしていただけるのでうれしいです。(守山区・アルバイト・70歳)

・エコ、リサイクル、省エネ、東海地区、料理等々8ページの中に情報てんこ盛りです。毎号が楽しみです!(天白区・男性・68歳)

・食の安全について考え、参考になる記事が載っているのでとても参考になります。(千種区・パート・69歳)

 

<2016年9月号>

特集・竹と親しむ

・ 竹は早く育つのに根っこが伸びて迷惑なほどに…もったいないですよね。屋上に並べるなんてなんてアイデア! 全部の学校でやってほしい。(守山区・主婦・53歳)

・竹の意外な活用法に驚きました。(守山区・主婦・48歳)

・名古屋市内に竹林があることに驚きました。小学生の頃、学校で地域の方々との交流会があり竹トンボを作ったことがあります。現代では、なかなか自然の物に触れる機会がないので、我が子にも体験させたいと思い、早速問い合わせをしているところです。9月号は、懐かしい思い出を振り返ることができ、子どもに話すきっかけにもなりました。(中村区・主婦・39歳)

・牧野が池の竹林は、知らずに歩いたことがあり、名古屋市内とは、思えない美しさに驚きましたし、市民が保存の協力をされていることにまた驚きました。写真で観ると、まるで京都ですね。(昭和区・主婦・52歳)

・ 「竹と親しむ」興味深く拝見しました。ソーラーパネルは少し敷居が高いと思っていますが、例えばベランダでも竹を敷き詰めたら良いなあと思います。リサカレンダーも切り抜いて活用させて頂いています。マルシェとかフリマとか参考になります!(昭和区・パート・46歳)

・牧野ヶ池緑地の竹の事、今まで考えたこともありませんでした。竹の効果についても初めて知りました。(名東区・パート・61歳)

・名古屋市でも沢山の竹林があることに驚きました。又携わっている方も多く、感銘しました。(中川区・男性・62歳)

・竹林が好きなので行ってみたいと思います。(中区・会社員・25歳)

・今月号の竹と親しむは大変興味深く拝読しました。わが家も観音竹やトグサなど竹科に属する植物を楽しんでいます。今回、記事を読ませて頂いて益々竹に興味が湧きました。(南区・男性・71歳)

・牧野ヶ池緑地は行ったことがある。いい雰囲気の竹林だったが、市民団体によって維持されていたことを初めて知った。(中川区・会社員・61歳)

・竹の断熱材としての力に驚きました。(港区・パート・53歳)

・日本には竹が多くあるので利用して断熱材に利用するというのは良いですね。他にも色々利用していって欲しいです。(中川区・主婦・52歳)

・牧野が池や大高緑地にはきれいな竹林がありますね。(緑区・男性・68歳)

・学校の屋上へ竹を敷き詰めてエコを、初めて知ったので、なるほど自宅でも出来るかも、といいアイデアだと思いました。(港区・会社員・54歳)

・竹の断熱効果を着目したところがすばらしい。(西区・会社員・68歳)

・竹林の散策は心が和んで大好きですが、見えない部分で皆さん大変な努力をしてみえますね。(中川区・主婦・64歳)

・ 「竹」の記事拝読しました。竹取物語など、日本人にとって親しみのある竹ですが、荒れてしまうと竹藪となり、邪魔な存在に。でも、手入れをすることによって、風流な存在にも。やはり、みんな何にしてもメンテナンスが必要なのですね。(緑区・会社員・42歳)

・牧野ケ池にこんな素敵な「竹の小径」 があるのは知りませんでした。今度、愛犬と一緒に是非出掛けたいです。(天白区・会社員・57歳)

・竹の屋根はすごいなと思いました。(四日市市・会社員・32歳)

・段々竹製品が使われなくなっているのは残念な気がします。最近、和菓子の器でも竹を模したプラスチックを使っているものが多く、少々風情がないように思います。(中村区・パート・42歳)

・ 牧野が池の竹の小道は夏の暑いときでも散歩には最適で何となく涼しさを感じます。此処の散歩は嵯峨野に似た風情を見ながら実にすばらしい。(名東区・男性・74歳)

・ 牧野が池緑地をちょくちょく利用させていただいています。しかし、この様なことをされていることに驚きでした。大きな公園では、まだ知らないことがたくさん行われていそうです。(千種区・会社員・31歳)

・竹に断熱効果あると知りませんでしたっ!意外に身近にあるものの有効的な使い方について今後もご教示願います。(千種区・会社員・48歳)

・竹素材が大好きで、興味深く読ませていただきました。(緑区・パート・57歳)

・ 牧野ケ池緑地、以前 「駅ちかウォーキング」で歩いたことがあります。緑の竹林はとっても気持ちのいい散策路でした。伐採後の竹もどんどん有効活用されるといいですね。(天白区・主婦・63歳)

・竹の魅力が伝わってきました。(天白区・主婦・46歳)

・竹が好きで竹でつくった商品をよく買いますので、今月の特集は本当によかったです。これからもときどきお願いいたします。(中川区・女性・71歳)

・竹炭は湿気防止とか消臭によいという程度しか知りませんでしたが、竹そのものが学校で断熱にも利用されていることを初めて知り、多くの建物にも利用されるといいことだと思いました。(北区・女性)

・特集のはじめに「…他の素材にとってかわられ…」とあって、本当にそうだなと思いました。家の土壁の中の芯材はもうないし、台所のザルは金物やプラスチック。みんなかえって高級品ですね。竹を使おうと思うと、もっと身近に帰ってきてくれたら…。(名東区・パート・50歳)

・竹の可能性を考えさせられました。竹だけの話ではなく、何物も考え方次第で有効利用ができるのだと思いました。(緑区・主婦・46歳)

・京都・嵐山かと思ったら、なんと市内にこんな竹の道。手入れをされてる方にありがとう。(西区・自営業・65歳)

・特集の「竹と親しむ」はとってもすばらしい内容でした。誰かがやるでなく、自分でも行動を起こして少しでもやれることができればと思いました。(昭和区・主婦・56歳)

・竹がマンションのフローリングになったり土壌改良材になるなんて知りませんでした。いろいろな使いみちがあるのが驚きでした。(中川区・パート・45歳)

・竹の可能性のすばらしさを強く感じました。竹は成長も早いので活用が進むことを願います。(南区・会社員・53歳)

・私も相生山の近くに住んでいるので竹林にはときどき散歩に出かけています。きちんと整備されて、ボランティアの方には頭が下がります。竹との共生は大変ですね。(天白区・主婦)

・青竹の散策路は本当に気持ちがいやされます。地域の人たちの努力のおかげですね。いろいろな活用ができるとは知りませんでした。(天白区・女性・70歳)

・竹の新しい使いみちに驚き! でも自然を大切に考え、共存することは大事だと思いました。(中村区・サービス業・46歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・とても楽しい、いい体験ができてよかったですね。忘れられないと思います。気持ちよさが文面から伝わってきました。(緑区・自営業・81歳)

・オリンピックでメダルを獲得できたので、カヌーの記事に興味を持って読んでみました。(千種区・パート・39歳)

・以前、木曽に住んでいました。今回、東海まるごとRe里山体験の記事を読み、とても懐かしい気持ちになりました。今は赤ちゃんが生まれたばかりで外出できませんが、子供が大きくなってきたら、カヌーに連れていくのもいいなと感じました。五感を刺激する体験を、たくさんさせてあげたいものです。(熱田区・公務員・31歳)

・エコの情報を濃縮した記事を日々の生活の参考にしたり、里山体験には行ってみたいと思っています。今月のカヌー体験はぜひしてみたいです。特集の竹では外来種の記事を学習しました。(港区・主婦・61歳)

・いつも記事を読んでエコについて考えさせられます。普段あまり考えないので、目に触れることで思い起こし、貴重な時間だと思います。今度、おんたけ湖マラソンに出るので、カヌー記事が興味深かったです。(緑区・会社員・36歳)

・ 信州の紅葉みたいです。(名東区・主婦・52歳)

・カヌーに乗ってみたいです。(中村区・会社員・39歳)

・ 御岳のカヌー、気持ち良いですね。私も、2度ほど、乗りました。皆さんにも、お勧めです。(中川区・会社員・52歳)

・王滝村は愛知の水源地になっている大切な場所なので、定期的に特集してくださいね。(守山区・会社員・52歳)

・カヌーツーリングを子供と一緒にしてみたいとおもいました。(北区・会社員・32歳)

・Re里山体験、山間に囲まれてのカヌーは絶対たのしい!気持ちいい! 牧野が池緑地にはタケノコ堀に毎年出向きますが、今思えば、タケノコむいたあとの皮の山は捨てずに、家庭菜園の土壌改良にと土に埋めればよかった。牧野が池緑地の土壌はとてもよいです。(天白区・自営業・39歳)

・ 里山はいいです、自然に心ひかれます。(西尾市・会社員・57歳)

・湖の美しい写真がとてもいいですね! リフレッシュしに、自分も行ってみたいと思いました。カヌーは少し怖いかも…。(千種区・保育士・46歳)

 

エコヂカラ!

・ 是非使ってみたいと思いました。ネットで注文します!情報ありがとうございました。(東海市・会社員・55歳)

・郡上は良く訪れる地です。長良川沿いに国道を走り道の駅などに立ち寄り野菜や花の苗、味噌あれこれ見てまわり買って帰るのが楽しみです。こんな石鹸があるなんて新たな楽しみを教えてもらった気分です!(守山区・会社員・50歳)

・深谷アナのいちファンです。エコヂカラ楽しみにしてます。(天白区・会社員・58歳)

・いつも楽しみに読んでます。ラジオ聴いていますよ。(緑区・主婦・71歳)

 

にじゅうまるエコクッキング

・たくさんブドウをいただいたので、さっそくつくってみました。おいしかったです。(西区・主婦・66歳)

・さっそくつくりました。きれいなブドウ色で、炭酸で希釈して飲んだらとてもさわやかでおいしかった。(緑区・パート・66歳)

・エコクッキングは美味しそうで、健康にもよく、一度作ってみたいです。(西区・パート・27歳)

・ぶどうの皮だけジュースは以前からぶどうの皮は実より美味しいのになぁって思っていたので素晴らしいレシピだと思いました!パチパチ!(港区・主婦・46歳)

・エコクッキング毎回楽しみにしております!(千種区・会社員・26歳)

・エコクッキングは時々試しています。(東区・主婦・44歳)

・ブドウの皮でジュースができるなんてびっくりしました。(南区・主婦・60歳)

・エコクッキングが大変参考になります。(中川区・会社員・48歳)

・今月号のエコクッキングは正にエコですね。(緑区・男性・67歳)

・ ぶどうの皮だけジュースが意外だけどおいしそうで、作ってみたいと思いました。(中区・主婦・48歳)

・ブドウの皮だけジュース!ビックリでした。今、最盛期のブドウで試してみます。(西区・主婦・79歳)

・ブドウの皮だけでジュースが作れるとは知らなかったので新鮮なブドウを手に入れたらぜひ作ってみたいです。(中村区・パート・45歳)

・ぶどうの皮を使うなんてびっくりしました!いつも捨ててしまいがちなのに…料理に変身なんてすてき☆ もっとこういう捨ててしまう皮とかの料理知りたい!(緑区・会社員・25歳)

・捨てるしかないと思っていたブドウの皮だけでおいしそうで健康にもよいジュースができるなんて!不思議! さっそく試してつくってみました。子どもにも好評でした。(中区・主婦・38歳)

 

その他

・自然の話題が多く、心が和みます。(中川区・公務員・51歳)

・いつも新鮮な気持ちで読んでます。(中村区・主婦・57歳)

・いつも楽しみに読んでます。エコについて考えさせてもらえるステキな紙面です。(西区・パート・44歳)

・環境問題に関心が持てます。色々な活動がよくわかります。(中区・自営業・62歳)

・ エコつぶの玉ねぎの皮やエコクッキングのブドウの皮の利用方法は、農薬が気になります。かといって、無農薬の野菜を買うと、割高になるので、悩ましいところです。(北区・学生・19歳)

・ エコと健康維持が繋がる情報を自分なりに考えています。リサからいつも目からウロコ情報をいただき、感謝です!(瑞穂区・主婦・51歳)

・人生をより楽しくしてくれるヒントがたくさん詰まっていてよいと思います。グッド。(北区・会社員・51歳)

 

<2016年8月号>

特集・海のプラスチック

・海のプラスチックにびっくりしました。未来の子供達にきれいな海残したいですね。(東区・主婦・70歳)

・人間の出したゴミが魚や鳥に悪影響を与え、その魚を食べた人間にも悪影響と悪循環。ゴミを出した人間が責任を持って断ち切らなければならないと思いました。(西区・主婦・33歳)

・ 海に流されたプラスチックがマイクロプラスチックになっているとは知りませんでした。気をつけなければと思いました。(南区・パート・39歳)

・ 便利なプラスチックが、こんなに海の厄介者になっているとは思いませんでした。みんなで気をつけたいですね。(中川区・主婦・58歳)

・プラスチックの新たな公害は深刻ですね。(昭和区・男性・79歳)

・マイクロプラスチック問題の事を初めて知りました。私も周囲へ広げていきます。ありがとうございます。(西区・主婦・49歳)

・今回は話題のプラスチックのマイクロゴミで、新聞紙上でよくみかけはしましたが、実際に写真で見たのは初めてでした。百聞は一見にしかずですね。(瑞穂区・男性・53歳)

・海のプラスチックを読んでいて、干潟で回収されたごみの量は驚きでした。「ガタレンジャーJr」についても初めて知り、子供たちの頑張りに頼もしく感じ、大人が恥ずかしくなりました。やはり、大人一人一人が考えごみを持ち帰る事から始めないとダメ。当たり前の事をやらない大人は恥じるべきです。(守山区・主婦・66歳)

・スクラブ洗顔料が海を汚染しているなんて、考えもしませんでした。今度から素材を確認して買い物するようにしようと思います。(昭和区・パート・52歳)

・マイクロプラスチックという言葉を初めて知りました。大切な地球環境を守るために削減していかなければならないですが、記事だけだと、どうすれば削減していけるのかが分かりにくいかなと感じました。(熱田区・女性・70歳)

・マイクロビーズを魚が食べてしまったら、結局それが人間の身体に入ってしまう。原因がまだ分かってないけど、予想できる事(ゴミなど)捨てたりしないように、気をつける事。(緑区・パート・43歳)

・マイクロプラスチックを魚が食べて、その魚を食べた人間の体内にも入るのは怖いなぁ、と思いました。海にゴミを捨てないようにしようと思いました。(緑区・会社員・45歳)

・今回の特集を読んで驚きました、現代の便利な産物が海の生き物を苦しめているとは・・・結果その次は人間が苦しむ、自業自得か?(北区・男性・76歳)

・ 洗顔料のスクラブが問題になるとは思っておらず、衝撃だった。スクラブ入りの商品は使わないように気を付けたい。(天白区・パート・36歳)

・藤前干潟でこんなにプラスチックのゴミが捨てられているとは驚きでした。一人一人の意識を変えていかなければ、地球の七割を占める海の自然を守れないと改めて考えさせられました。(昭和区・主婦・53歳)

・ 子供と砂浜で綺麗なプラスチックの破片拾って遊んでたのを思い出しました。本当に沢山拾えました。それはゴミだったんですよね! 生き物に危機があったとは…。(守山区・主婦・53歳)

・知らずに使っていた洗顔料の中の、マイクロビーズにも注意が必要だと感じた。メーカーも勉強してほしい。(天白区・主婦・67歳)

・海辺のゴミはその場で捨てられたゴミと、流れ着くゴミとあります。軽い気持ちが大きな影響になるんですね。怖い怖い!(守山区・会社員・25歳)

・劣化してチリジリになったレジ袋、細かく砕け散ったペットボトルなど海や川に廃棄されたものを魚が食べてそれを人が食べて、どういう影響があるのか。放射能よりももっと身近に恐ろしい危険があると思うと怖くてたまらないです。未来に負荷をかけない生活を、小さくても個人単位でも心がけたいと思います。(一宮市・パート・56歳)

・普段、日常生活に欠かせないプラスチックが、自然を確実に汚してしまっているのですね。自然を守るために、どのようなことから始めればいいのかわかりませんが、現実をしっかり受け止めなければならないのですね。(緑区・会社員・42歳)

・人間が捨てた物が回りまわって、世界的水俣病のように人間に取り返しのつかないものとして帰ってきます。もう魚たべてます。プラは分解しません。肝に銘じて処理しないといけません。(名東区・女性・66歳)

・ 藤前干潟の問題だけでなくごみの不法投棄は日常どこでも起きている問題であり大変頭を痛めていることです。住民全員一人一人が注意しましょう。(名東区・主婦・68歳)

・今回特集になった海のプラスチック。海を汚して海の生物に迷惑をかけてることがまだまだありますよね。環境を汚さない暮らしを身近から考えたいと思います。(守山区・主婦・60歳)

・表紙の写真、ショックでした。エコを皆さん意識しているのに、まだこんなに海が汚れているなんて。もっと意識を高めないといけないのですね…。子どもたちにもエコの気持ちが伝わりますように。(天白区・主婦・46歳)

・夏は子どもとよく海に遊びに行くので、ごみの持ち帰りなど環境に配慮するよう心掛けています。(東区・主婦・44歳)

・海のゴミの話は釣りをする私にはとても耳が痛い話でした。これからはどんな小さなゴミも落とさないように気をつけます。(守山区・公務員・46歳)

・堤防下にこんなにもプラスチックが流れ着くなんて正直ビックリしました。地球のことを考えさせられる特集で為になりました。ありがとうございます。(中川区・会社員・37歳)

・時々使用するスクラブ洗顔料のマイクロビーズが汚染物質だったとは…。環境にも肌にもよくないですね。見直さなければ。生産する企業はこの現実を知っているのでしょうか? Risaから発信していただきたい。(中村区・パート・42歳)

・7月、小笠原でウミガメの産卵を見ました。なので海のプラスチック・ごみ問題が大変気になりました。きれいな海・海岸を守ってけるよう自分自身も努力したいです。(昭和区・主婦・36歳)

・家庭から出るマイクロビーズをどのようになくすか、メーカー規制をしなければならないと思います。必ず、近い将来に人体への害が出てくると思います。(一宮市・会社員・46歳)

・ 今まで耳にしたことはありましたが『マイクロプラスチック』について全く知らず、特集での分かり易い内容がとても役立ちました。(名東区・パート・42歳)

・海洋のごみがこれほどまでに深刻かつ多様化していることをはじめて知った。あまりのひどさに驚きを隠せなかった。(東区・男性・44歳)

・マイクロこわいですね…。人間しか汚染しないこの地球。壊すのも抑止するのも人間しかできない。ひとりひとりが気をつけたいものです。(天白区・自営業・39歳)

・マイクロプラスチックを初めて知った。また、洗顔料に含まれるスクラブもマイクロプラスチックの一種だということに驚いた。知らないところで自然が困っていることに胸が痛んだ。(熱田区・会社員・34歳)

・昔は、プラスチックのゴミが、海や海に棲む生き物に影響を与えるなんて、考えもしませんでした。便利と環境破壊は隣り合わせ、気をつけないと・・・と思いました。(天白区・主婦・49歳)

・中学生のころ、同じテーマで自由研究として発表しました。ウミガメが誤ってビニール袋を飲み込んでしまうことをしっかりと覚えています。当時はマイクロプラ、ビーズという言葉はありませんでしたが、私たち一人ひとりが考え、行動しなければという思いは変わりませんね。(北区・主婦・36歳)

・30年前、友人のヨットに乗せてもらい、ルンルンで大海原に行ったら、潮目に延々と続く白い線がありました。よく見るとそれはレジ袋。びっくりしたりあきれたり。今でも強烈な思い出です。(熱田区・主婦・66歳)

・ウミガメのおなかの中からレジ袋がたくさん出てきたとのこと。悲しくてかわいそうで涙が出ました。ごめんなさいとしか言えません。(緑区・主婦・58歳)

・本当に考えさせられる特集でした。便利なことは何かにつけ大きなツケになると思いました。きれいな海を大切に、身近なところから気をつけるよう協力していきます。(瑞穂区・主婦・57歳)

・いつも感心は持ってますが、特集「海のプラスチック」にはガーンと頭をなぐられたようなショックを受けました。子どもたちも今後、学校で学ぶこともあると思って読ませました。(北区・主婦・48歳)

・表紙の写真を見て、砂ではなくプラスチックとわかり驚きました。(中村区・会社員・28歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・里山体験の記事をいつも楽しみにしています。蒲郡市は遠く感じていましたが名古屋から意外と近く、生命の海科学館がある事を知り大変嬉しいです。小学生の娘が古代生物に興味があるので、早速出かけて夏休みの良い思いでにしたいです。(名東区・会社員・39歳)

・子どもが遊べる海岸、夏にぴったりですね。秋には、山登りの掲載を楽しみにしています。(天白区・会社員・47歳)

・一昨年、竹島水族館に行って、そのユニークさを楽しんできましたが、生命の海科学館は知りませんでした。一度行ってみたいと思います。(西区・公務員・59歳)

・子供と出かける際の参考にさせてもらっているので、地元のいろいろな体験ができるスポットをたくさん載せてもらえるとうれしいです。(港区・女性・39歳)

・いつもいろいろなエコの取り組みを知って新鮮な感動を覚えています。里山のページも好きです。参加者が良い顔をしていますね。(千種区・主婦・46歳)

・里海って、すごいところですね。場所的に遠くないし、家でゲームをしている孫を見ているなら、大輔君のように体験させてみたいものです。長い夏休み、祖母として心に残る時間をプレゼントしたいです。(中区・主婦・65歳)

・海の命に触れる体験をできた小学生の家族を見てほほえましく思いました。楽しい思い出になったことと思います。よかったですね。(千種区・主婦)

・カニを見つけて喜ぶ大輔君。大人になってからとてもよい体験をして、残るといいですね。笑顔いいですね。(天白区・主婦・61歳)

 

エコヂカラ

・飛騨小坂200滝、涼しげでいいですね。またその自然の中での野点とは、魅力的です。森林の緑と宇治の色、奥深い色合いなんでしょうね、体験してみたいです。(天白区・主婦・49歳)

・夏のお薦めレジャーの参考になりました。(港区・男性・70歳)

・毎日毎日暑い中、仕事でも家でも暑いからクーラーをいれているんだけど、自然の涼しさを味わいながらゆっくりしたいといつも思ってます。(名東区・パート・48歳)

・この週末は岐阜の下呂まで足を伸ばしてみようと思います。最近は暑いので、滝や森林を見ながら気持ちをすずめたいと思います。特に溶岩台地にはぜひ行きたいです。(東区・会社員・44歳)

・涼しげな情報をありがとうございます。(南区・会社員・54歳)

・毎回、楽しみに読んでいます。今回の「エコヂカラ」の小坂滝巡り、数年前に行きましたが、涼しくて心地よい所です。(千種区・男性・66歳)

・岐阜の溶岩台地、この目で見てみたいです!(名東区・主婦・36歳)

・2時間というのがどういうコースかが気になりますが、いけそうなので機会があれば行って見たいです。(中川区・主婦・52歳)

・巌立公園は、来週友達を連れて出掛ける予定でした。友人は初めてなので、エコチカラを読むように伝えます。帰りに温泉にも入る予定です。(港区・主婦・66歳)

・昨年、JTBツアーで小坂の滝めぐりに行きました!季節ごとに違った楽しみ方ができそうなコースなので、本当におすすめです。(守山区・会社員・52歳)

・下呂の滝めぐりハイキングコース、いいですね!自然の中での野点やお弁当やハンモック。子どもと一緒にぜひ体験してみたいです。下呂温泉は名古屋からも近くよく行くので、次回は滝めぐりにも足を伸ばしてみようと思います。(港区・主婦・31歳)

・ 深谷アナのファンで、毎回エコヂカラ楽しみにしてます。(天白区・会社員・58歳)

・「ヨヂカラ」を聴いているので。深谷さんのラジオと違う一面が見れてよいです。(西区・主婦・43歳)

・つい最近、下呂に行ったのに、この「岐阜の宝物」の滝を知っていれば寄りたかったなあと思いました。(千種区・パート・58歳)

・「岐阜の宝物第1号」、すてきですね。6歳でも楽々のコースとあったので、今4歳の孫が6歳になったら一緒に行きたいです。(中村区・主婦・64歳)

 

ミニ家族会議

・最近、フェアトレードに注目しています。先月行ったソウルでフェアトレードのカフェに入りました。オーガニックでおいしかった。(西区・会社員・41歳)

・ファレードの意味がよくわかった。(熱田区・会社員・60歳)

 

にじゅうまるエコクッキング

・エビの殻の冷製スープ早速試してみました。いつもいいだしが出るのにもったいないなあと思っていたので美味しくいただけました。(守山区・主婦・55歳)

・夏休みに特にマンネリ化したランチメニュー(;^_^A エコクッキングを試してみて、好評でした!また、楽しみにしてます!(北区・主婦・35歳)

・ エコクッキングが載ると主婦目線だけでなく子供も楽しめるかも!特にお菓子とかデザート系は。(緑区・会社員・25歳)

・エコクッキングが楽しみです。皮や殻など捨てるところを活用できるレシピをお願いします。(南区・主婦・60歳)

・今まで捨てていたものを、料理やものとして利用できる新しい発見に、毎回驚かされています。エビの殻の冷製スープ、試してみます。(東区・会社員・23歳)

・エコクッキングは普段捨ててしまうような材料ですが、こういう使い方があるのだととても為になっています。(守山区・主婦・48歳)

・普段は棄ててしまうえびの頭と殻を使ってこんな料理ができるとは、チャレンジしたいと思います。(天白区・男性・66歳)

・一見シンプルですが、なかなか凝ったスープですね。酷暑が続く季節ですが、夏バテ防止には持つて来いのスープだと思います。(南区・主婦・67歳)

・エコクッキングはいつも参考にしています。自分なりにアレンジもして楽しんでいます。(中川区・自営業・49歳)

・ いつもクッキングのページを楽しく拝見させていただいています。妊娠中の私は、つわりで食欲低下が見られ、食事を作る事がとても難しくなってしまいました。お腹の赤ちゃんのためには少しでも栄養のあるものを摂取したいと思い、いつも簡単に美味しく作れるレシピを載せて下さっているRisaを読んで参考にさせていただいています。これからも簡単美味しいレシピの掲載を期待しています。(瑞穂区・主婦・27歳)

・初めてつくった…ビックリおいしい。(西区・主婦・79歳)

 

その他

・ 子供の自由研究にリサが役に立ちました。(中村区・パート・45歳)

・いつもパパとママと読んでます。楽しいです。(緑区・5歳)

・リサもんだいでエコロジーについて再認識できありがたいです。(北区・男性・68歳)

・ すごく勉強になります。知らない事だらけで自分もできる事からエコに取り組みたいと思います。(西区・パート・44歳)

・リサイクルカレンダーを必ずチェックしています。特にマルシェに最近ははまってます。(瑞穂区・会社員・50歳)

・記事には、普段は気になっているけど…など、気づかされる事が多く取り上げられていて、とても勉強になります。(名東区・会社員・49歳)

・「エコ」を学び、「環境」を学び、「人」として大切なことが学べ、「Risa」は素晴らしい!(西区・主婦・74歳)

・環境がテーマの情報誌は珍しくて良いなといつも思っています。これからも楽しみにしています。(名東区・会社員・30歳)

 

<2016年7月号>

特集・めぐみの里海

・里海って初めて聞きました。伊勢湾でも、是非、里海づくりをしていただきたい。(昭和区・男性・79歳)

・あさりは愛知県の特産品であり、三河湾のあさりは日本一おいしいと言われているが、この数年、伊勢湾、三河湾でのあさりが不漁となり、潮干狩りが中止されたことがある。今回の記事により、あさりを守ろうと努力している者がいることを知った。(北区・男性・68歳)

・あさりが持つ凄い力をこれからも守って行かなくてはいけないな…と感じました。なにか、出来ることを見つけて行きたいと思います。(名東区・会社員・37歳)

・昔はおおあさりなどよく気軽に海水浴場で食べ潮干狩りでアサリたんまりとって食べたもの、自然が消滅していっている現状実感します。(瑞穂区・女性・55歳)

・他県から来た私にとっては名古屋は都会でありながら、、魚や果物など自然の恵みも豊かでと思います。あさりも安くて美味しい。里海も守っていって欲しいと思います。(中川区・主婦・52歳)

・あさりが不漁は淋しいです、若い頃は良く潮干狩りに行って沢山取れたのに残念です。一人一人の細かい環境への取り組みの大切さを痛感します。(港区・男性・66歳)

・いつも知らない事を教えてもらってます。読んでます。自然を頂いているという自覚を持っていれば、自然をゴミ 箱にはしません。藤前も渡り鳥を見に行きました。(瑞穂区・主婦・61歳)

・ 愛知県のアサリは身も大きくて美味しいのに、全国的にはあまり有名ではないので是非もっと広く知られるようになると良いですね。(中区・会社員・38歳)

・ 三河湾で続いている環境を守る為、多くの人達がかかわって見え、生き物の環境も守りながら研究して、私たちも守ってもらえ感謝しています。(北区・主婦・71歳)

・ 夏のイベントアサリ狩り懐かしいです。今はアサリも取れなくなったりしてとても残念です。潮干狩りツアーもあまり聞きません。海の生態も変わったことを知りました。(名東区・主婦・60歳)

・「藤前干潟」は「cop10」の時に生物多様性で勉強しました、また訪れたいですね。(西区・主婦・74歳)

・藤前干潟の記事、拝読しました。私は15年くらい前に、藤前干潟のバードウォッチングが出来る施設に行ったことがあります。今もあるのかどうかわかりませんが、貴重な自然を、子供の世代にも引き継いでいきたいです。(緑区・会社員・42歳)

・我が家の近くで昔の暮らしが良く分かりました。(港区・男性・69歳)

・藤前干潟を守ろうとする皆さんの努力に頭が下がります。かってはごみ処分場として白羽の矢が立ちましたが熱心な環境保全の皆様の努力のお蔭で、この藤前干潟を残すことができました。しかし、近い将来には、この問題が再燃することも考えられます。そのためにも名古屋市民全員がごみ処理の問題に真剣に立ち向かわなくてはなりません。(南区・男性・70歳)

・藤前干潟はかってごみ処理場計画があり様々の意見が交わされた結果撤回されたことを思い出します。今回の記事で最近の状況が分かり大変参考になりました。(名東区・男性・74歳)

・「里海」とは初めて聞きました。環境省の造語なのでしょうか?里山に対しての海版ということは理解できますが、今までの日本語になかったとすれば、なぜ?なんでしょうか。日本人の山へのかかわりと海とは違う?(名東区・男性・66歳)

・藤前干潟は久しぶりに名前を聞きました。ゴミ問題の時によく聞きました。現在、このようになっていることがわかり良かったです。(中村区・パート・45歳)

・今回の特集で、アサリの浄化力に驚き、また里海に大変興味が沸きました。こんど藤前干潟に行ってみようと思います。(中村区・会社員・40歳)

・めぐみの里海の特集を読んで個人でECOを心掛けることも大切ですが組織で活動するとそれは大きな労力がいるけど大きな効果か得られるのだと感じました。(中川区・女性・68歳)

・ 三河湾のアサリが年々減っているのは知りませんでした。又海水の浄化にも役立っている事も知りませんでした。勉強になりました。(港区・会社員・27歳)

・竹島海岸へ家族で毎年潮干狩りに行っています。今年は都合が悪く行きませんでしたが、不漁だったんですね。おいしいアサリがたくさん育つことを願っています。ところで、汚れた海をアサリが浄化すると書かれていますが、そのアサリは安全なのでしょうか。(守山区・会社員・58歳)

・ アサリが大好きです。愛知のアサリを守りたいです。(守山区・パート・46歳)

・私の生まれ育った、知多東浦の海も、伊勢湾台風までは、本当に豊な海で、春はあさり、夏から秋ははぜ、冬はかきやノリが取れたり、釣ることができて、食卓に並びました。(守山区・アルバイト・70歳)

・いつまでも浅蜊がとれる干潟が残って欲しいと思いました。(中区・会社員・22歳)

・今回の特集では生態系について分かりやすくとても役立ちました。今後も他情報誌には無い、学べるリサを楽しみにしています。(名東区・パート・42歳)

・ 今月号の特集に取り上げられた、藤前干潟の保護活動に少しだけ関わったことがあり、当時の事を懐かしく思いだしました。 これからも自然環境が守られる様にしていきたいですね。(緑区・会社員・53歳)

・わずか50年での変化に驚きました。インパクトあります。(緑区・男性・67歳)

・昔は自然が豊かでしたよね。山川海といろいろ遊びました。今では虫が怖いや汚れるのが嫌だと子供たちは自然の中で遊ぶことを知らないほど。なんだかさみしいです。今年もあさりはだめなので姪っ子とシジミとりしています。(天白区・女性・39歳)

・今回、Risaの特集記事がなければ、今年も今まで同様、ただ何も考えず、何気なく海水浴をしていたと思う。それがいろいろ昔のことなどを知り、里海にも関心をもつことができ、勉強にもなりよかったです。(熱田区・公務員・46歳)

・私の子ども時代、55年前になりますが、南区でしたから天白川にシジミをバケツいっぱいとったものです。植樹すると空気をきれいにするけれど、川や海も貝がすむと浄化されるといいます。孫も貝類が大好きなので、アサリが三河湾から減らないことを祈ります。(南区・女性・66歳)

・里海が豊富な写真やイラストでわかりやすく紹介され、人の暮らしと自然がつながる大切なエリアが分断されないよう、さまざまな努力やアイデアを知りました。(中川区・女性・45歳)

・10年くらい前に藤前干潟の中に入ったことがあります。アサリなどが簡単にとれた覚えがあります。ただ、新川の合流地点でもあるので大変危険です。そのことを注意書きしてほしかったです。(中川区・パート・38歳)

・50年前にポンポン船に父と母と3人で乗って、庄内川河口でウナギ漁や貝採り漁を手伝った記憶がよみがえりました。(港区・会社員・61歳)

・里海という言葉を知りませんでしたが、今回の記事で50年前まで名古屋にも漁師がいたこと、地道に干潟保存に頑張ってみえる方がいることなど、感動しつつ読みました。今は亡き祖父が「名古屋港でフグがとれたんだぞ」と言っていたのを「ウソだぁ~あんな汚いところで!?」と信じていませんでしたが、本当だったのかも…おじいちゃんゴメン!!(中川区・会社員・27歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・ 私は観光もいたしますが、山が好きです。なかなか行くことの出来ないところでの地元のガイドさんがいらっしゃると地元愛が伝わります。地球博が行われる前友人と瀬戸の山を散策しに行った時、偶然地元の方と出会い、ご親切にも「これが瀬戸の昭和村ですよ。」と案内していただいたりしました。それでなければただの池での認識でした。ありがたいですね。(千種区・主婦・62歳)

・里山に行ってみようと思いました。(南区・主婦・69歳)

・森で遊びながら学ぶ☆とても素敵な体験ですね!子供達の笑顔が浮かんできます♪是非皆に体験してほしいですね☆(中区・女性・38歳)

・一度訪れてみたい設楽が記載されていて、参考にして訪れてみたいです。(長久手市・主婦・67歳)

・毎号、Re里山体験を楽しみにしています。子どもに出来るだけ自然と触れ合う機会を作ってあげたいのですが、名古屋市内に住んでいるとなかなか情報もなく…。地元の里山体験はいつも参考になっています。きらら山にも夏休みにぜひ行ってみたいと思います。(港区・主婦・31歳)

・森歩きにひかれました。(中村区・会社員・39歳)

・どこの里山も大切に保護したいものです。(昭和区・会社員・59歳)

・子供が小学生の頃、親子教室で設楽の『きららの森』に出かけたことがあります。素晴らしい森林が広がっているのでシニア世代を対象にしたイベントがあればぜひまた参加したいです。(守山区・会社員・52歳)

・「Re里山」体験は、いつも楽しく読んでいます。直接体験しながら実感し見聞きすることは、とても大切だと思いいます。(瑞穂区・自営業・61歳)

・私も小さい頃、母と里山体験をしたのを覚えています。植物やキノコを歩きながらみつけ自由研究にしたり、1人では考えたり体験できないことを教えてもらうことは素晴らしいですね。モニターもあり子供を連れて行きたいです。(北区・主婦・33歳)

・里山体験の記事が大変参考になりました。娘が大きくなったら是非参加したいです。日常と違う空気や景色にふれ自然を感じることができるのは素敵ですね。(中川区・主婦・33歳)

・今回の設楽町は私の故郷。原生林で雲母を見つけた!!とあり、私も子どものころにタイムスリップ。一つ見つけては目を輝かし宝物にしていました。自然が人間を育むと思っています。子どもさんが一人でも多く自然を体験できるような企画をお願いします。(天白区・女性・75歳)

・あたたかみのある木のおもちゃが大好きです。ダックスフントのベンチ、とってもよいです!(守山区・介護士・59歳)

 

エコヂカラ

・ 緑の本屋にとても興味を持ちました! 本も雑貨も大好きな私にとっての理想の本屋さんです! 本と雑貨が一緒に売っているところは少なくないですが、観葉植物などの緑がある本屋さんは見たことないです。今度本好きの友達と一緒に行きます!(名東区・会社員・26歳)

・本を読むのが好きなので、雑貨もあるカフェでゆっくり本が読める店が素敵だな~と思いました。家から遠いのが残念ですが、近くに行った際に立ち寄りたいです。(北区・パート・67歳)

・豊川堂、素敵な本屋さんですね。一度行ってみたいです。(瑞穂区・主婦・63歳)

・ Nido!実家の近くにこんな本屋さんがあるなんて、初めて知りました。今度、いってみたいと思います。(天白区・主婦・42歳)

・緑の本屋さん、すごくすてきですね♡ ゆっくりできそうだし、おちつきそうで♡(守山区・アルバイト・31歳)

・こちらの本屋さん、すてき!! カフェあり、緑があふれ、おいしい野菜のランチをいただきつつ本を読める、すてきな空間ですね。(北区・主婦・50歳)

・豊川生まれの小生にとって、なつかしさと環境づくりの努力に感動しました。がんばって!(熱田区・社会福祉コーディネーター・77歳)

 

ミニ家族会議

・食糧が豊富な時代~若い者達は食糧難を知らないから、勿体ないと感じさせる事がとても良かった。(中川区・主婦・66歳)

・食品ロス削減は、スーパーなどのグラム売り商品のグラム数が一番少ないのを購入しても多く最後まで食べれず、捨てるはめになったことがある我が家も考えて買わなくてわと思いながら、読ませていただきました。(北区・パート・61歳)

・「食品ロス」広めていただきたい。20代OLだった頃、職場近くの個人経営の喫茶店に昼食に行った時、食べ残すのが嫌なので代金そのままで付属に付いてくるものをお断りしたら「これは付いてるので」と言われやはり出されました。残すことがもったいない!と思ってもらいたく残しました。それ以来訪れてませんが・・・。ほとんどのお店は「(ごはん)少なめにしてください」を聞いていただけるのに。「もったいない」についてぜひ取り上げていただきたいです。(中村区・パート・42歳)

・食品ロス、耳の痛い言葉です。まったく無駄にしていないとは言えないので、0になるように計画性をもって購入したいです。自分への戒めになるような記事が多く楽しみに読ませてもらっています。(千種区・パート・42歳)

・コンビニで働いています。食品ロス、毎日気にしています。(東区・フリーター・22歳)

 

にじゅうまるエコクッキング

・西瓜の皮漬物は知ってたけどスイーツとは? これぞエコですね。(守山区・主婦・53歳)

・残った皮に、甘味を足す事で美味しく頂ける、というお知恵を教えて頂けました。ウチは2人家族なので、なかなかスイカは購入しませんが、買った時は試してみたいです。(中村区・女性・42歳)

・スイカの皮は、捨てていました。生ゴミで重いし、蝿や蚊の発生原因になるし嫌でした。スイカの皮を甘く煮るとおいしいことに気が付きました。私は、手間を省くため、ゼリーは、市販品を使いました。甘さを加えたスイカの白い部分のサイコロ形にした物にヨーグルトかけたらおいしかったです。メロンの皮でもできますか?(中川区・主婦・65歳)

・スイカのかわのレシピがとてもよかったです。一度ためしてみたいとおもいます。(守山区・主婦・47歳)

・「スイカの白い部分を食べる」に驚きました。興味津々。(天白区・主婦・46歳)

・スイカのコンポート、スイカの皮を使うなんて?と思いましたが、結構 美味しそうで試してみたいと思っています。涼しげで いいですね!(天白区・パート・51歳)

・エコクッキングの材料の利用方法にびっくりしています。(港区・主婦・57歳)

・ スイカの白い皮の部分を使った料理はとても参考になりました。(名東区・主婦・59歳)

・子供のころスイカを食べた日の夕食には必ずスイカの皮の浅漬けがありました。(中村区・女性・65歳)

・スイカの皮は、実家ではよく塩漬けして漬物に。私は塩もみしてサラダや和え物に加えます。ほんのり残った赤い部分が美しく、夏らしい一皿になります。(北区・主婦・50歳)

・スイカのコンポートの美味しそうな写真を見て早速、作ってみました。この季節にピッタリで、簡単でエコだし、美味しいので、本当に「にじゅうまる」ですねネ。また次回の掲載も今から楽しみ!(千種区・主婦・50歳)

・「スイカのコンポート」作ってみました。ゴミ減量にもダイエットにもつながる一石二鳥のレシピですね。もちろんとても美味しかったです。(西区・主婦・42歳)

・スイカの白い部分は、いためものとして食べていました。今回おいしそうなのでつくってみたいと思いました。(中川区・主婦・65歳)

・暑い夏の昼下がりにぴったりのデザートですね。(中川区・公務員・54歳)

 

その他

・我が家では家族でリサを読みながらゆっくり過ごす時間を楽しみになっています。(港区・公務員・42歳)

・地域の情報が入って役立ってます! これからも期待してます。(中村区・会社員・43歳)

・近場情報が載っているので、毎月楽しみにしています。ネットの時代ですが、それでは分からない情報もあるので参考にさせていただいています。(中村区・主婦・32歳)

・紙面は多色刷りで高齢者にもやさしいく活字も小さくなく読み易い。身近なエコのことが分かって毎月楽しみです。(天白区・男性・68歳)

・Risaを読むことで、普段環境に無関心の人も、月に一回は考えるきっかけになると思います。これからも続けてください。(昭和区・会社員・35歳)

・この新聞は本当に身近なものばかりでためになりますね。料理からお出かけ情報それにエコに関するものなど、多種多様な記事があって毎回楽しみにしております。(緑区・主婦・72歳)

・旅行先で見ました。楽しかったです。(岩手県奥州市・主婦・26歳)

・毎回読み終えると、早く次の号が出ないか待ち遠しいです。(港区・主婦・65歳)

・色々なエコが有るのをエコつぶで勉強させてもらってます。(港区・男性・61歳)

・いつもリサもんだい楽しく拝見しております。(天白区・男性・80歳)

 

<2016年6月号>

特集・暮らしの中の電磁波

・いつも楽しく拝見しています。電磁波はエコとは直接関係ありませんが興味のあるテーマなので非常に良かったです。(天白区・会社員・50歳)

・ 暮らしの中に電磁波を発する機械ばかりだけれども、どういう影響があるかあまり考えずに生活しています。これからは気を付けようと思います。(中川区・会社員・33歳)

・ 今6ヵ月の息子がいるので携帯などちかくで使ってていいのかなどちょうど気になっていたところです。なかなか知りたくてもしれないことを気軽に知る事ができてよかったです。(守山区・主婦・36歳)

・ 電磁波の記事はちょっと恐いけど、勉強になります。(緑区・主婦・43歳)

・携帯電話と電子レンジの電磁波が同じくらいだとは…恐ろしい!それに子供(赤ちゃん)がテレビの配線に興味をもってるから本当恐ろしい。見出しから興味をもって読みました!(緑区・主婦・29歳)

・とても良い特集だと思いました。なかなか他ではやりませんよね。ためになりました。(名東区・パート・55歳)

・電磁波の噂は良く聞いた事あるので本当の事が分かったのがとても良かったです。(守山区・公務員・46歳)

・電磁波の特集、難しかったです。アースについて調べてみようと思いました。(天白区・主婦・45歳)

・電磁波について知る機会となり、ありがたかったです。偏った情報ばかりクローズアップされ、正しいつきあい方や相談できる機関の紹介もあり、ためになりました。(清須市・パート・52歳)

・便利なものにはおおむね反するものがある、それはあまり大事にされない。いいも悪いも背中合わせだということなのでしょうか。ハチのいなくなっていることも影響があるのかと思いますが。(熱田区・主婦・67歳)

・電磁波のこと、ためになりました。(昭和区・主婦・60歳)

・電磁波の種類、周波数、用途の図がわかりやすく、初めて見た感じです。電磁波測定と対策例もわかりやすく、よかったと思う。(南区・青果業・67歳)

・身近なものから発生している電磁波。生活の中にあふれていますが、本当に健康に影響がないのでしょうか? 携帯電話など気になりますが、対策をしっかりやっていただきたいと思います。(中川区・パート・38歳)

・今回の特集の記事、非常に役に立ち、ここ数カ月の中でも一番身近な暮らしの中で役立つ記事だと思いました。表も分かりやすかった!(北区・会社員・61歳)

・電子レンジはとても便利ですが、よく使用することもあり、記事を読んで怖くなりました。(東区・主婦・55歳)

・いつもテーマに関係なくRisaは愛読してますが、今回の特集「電磁波」には、以前から関心があったので、食らいついてしまいました。今、仕事でFA製品としてのインバータの取説の翻訳を担当しているのですが、正しく翻訳をするからには、原稿の日本語の内容を理解する必要があるので、自然と勉強をするはめになったのですが、インバータは直流と交流とを無理矢理変換させる機械なので、高い電磁波ノイズを放出せざるを得ないようです。それによるあしき影響があるようで、勉強しながらも電気の怖さを学んでいます。もちろん対策も色々あり、ノイズフィルターやアース等有効に使えばある程度は問題ないと思いますが、電気製品の価格や便利さや機能などばかりに目を向けず、周波数による影響も無視しないでほしいことを、もっともっとメディアの力を使って広く訴えてほしいと思い、感想を送りました。(港区・派遣社員・43歳)

・電磁波は以前から気になっていたので、勉強になりました。(中村区・パート・53歳)

・日々、たくさんの電磁波に埋もれて生活している。常々、健康への悪影響はあるんじゃないかと心配はしている。今のところ大きな問題はないようだが…。(中区・主婦・38歳)

・高圧の送電線がすぐ近くにあるので心配です。ずーっと前に変電所の近くで病気が多発して問題という映画がありましたね。(緑区・アルバイト・66歳)

・子どものころから不得意とするところの理科系「電磁波」問題。70の手習いと思い勉強してみましたが、いやはややはり難しいですね。周波数が富士川以東、以西で50Hz、60Hzぐらいしか知りませんでした。名古屋市科学館へは年2、3回行きますが、いつもプラネタリウム鑑賞のみでした。いやはや…。(港区・パート・69歳)

・電磁波を発する生活用品は今や必需品。健康に悪影響のないよう、できるだけ使用を控えることがいいのは理解しているが…。(千種区・女性・69歳)

・家電製品の電磁波について、知っているようで知らないことが…。家電からいろいろ電磁波が出ていることをあらためて知ることができ、勉強になりました。健康のためにも気をつけたいと思いました。(千種区・会社員・40歳)

・昔と違って家の中はすべて家電製品から電磁波が…。昔を懐かしく思い出す。(名東区・主婦・65歳)

・内容は難しくてすべては理解できませんでしたが、ずっと電子レンジや携帯電話の電磁波は健康に悪いのではないかと不安に思っていたので、ちょっと安心できました。(名東区・主婦・48歳)

・家電の中で生活している電磁波の問題は考えさせられ、参考になりました。(北区・主婦・80歳)

 

東海まるごとRe里山体験

・自然に囲まれた場所でのパンづくりが楽しそうで、とてもよいですね。ぜひ東白川村に足を運びます。(中区・主婦・61歳)

・パンを作っている子どもさんの笑顔が大変いい顔に写っているのが印象的でした。これからも楽しい記事をお願いします。(南区・男性・64歳)

・外出するとどこもスマホ? 一緒にいる家族全員スマホ? ゲーム? 何かさみしい。森林公園など行き、家族で楽しそうに遊ぶ姿を見るとホッとする。昔の子どもたちのように、自然の中で工夫し、いろいろ遊びに夢中になるのが一番いい気がする。(名東区・主婦・62歳)

・読者モニターのご家族が楽しそうでよかったと思いました。(中区・学生・20歳)

・お茶をまぜたパンづくりがとても楽しそうでした。カレーバイキングにも行ってみたいと思いました。(瑞穂区・パート・43歳)

・5年生と4年生の孫がいます。里山体験、楽しくやれそうで、一度連れて行きます。(緑区・介護施設勤務・63歳)

・白川茶を練り込んだ手ごねパン、おいしそうです。(緑区・主婦・68歳)

 

エコヂカラ!

・リフォームしたいと思っていたけど、いろいろな住み方があると感心しました。(北区・会社員・28歳)

・部屋のリフォーム、私もしたいと思いますが、なかなか片付けベタです。何かよい知恵はないものかと…。(緑区・主婦・71歳)

 

ミニ家族会議

・木に触れる機会が少ない今、イベントを通してぬくもり、香りを感じてほしいと思います。(南区・主婦・59歳)

 

にじゅうまるエコクッキング

・生で食べることが多い長芋が、あげられてとても美味しそうでした。(南区・主婦・60歳)

・料理の記事が、いつもおいしそうで参考になります。(中区・主婦・45歳)

・エコクッキングは毎回参考にしています。Risaは地味ですが大切なことをつぶやいていると思います。(東区・派遣社員・59歳)

・エコクッキングの料理が簡単そうなので、今度つくってみようと思う。ナガイモだから、ダイエット期間中の私にピッタリです!(昭和区・会社員・30歳)

・ナガイモのステーキ、見るからにおいしそう。栄養もあり、簡単につくれそう。ぜひつくって食べてみたいと思います。(東区・男性・71歳)

・ナガイモを皮ごと揚げる、あまり思いつかない料理でびっくりしてます。いろいろありますね。(熱田区・パート・60歳)

・毎回楽しみにしています。特に料理は参考になるので助かっています。(中村区・女性・71歳)

・ナガイモのステーキおいしそうですね。(中村区・主婦・57歳)

・とろろが好きな家内と私。ナガイモ、ヤマイモをおいしく食べられるレシピに出会えてうれしいです。(中川区・公務員・54歳)

・料理コーナーをいつも注目して、わが家の一品に出ています。(中川区・主婦・65歳)

 

その他

・地味なページですが、リサカレンダーが重宝です。マルシェやフリマの様子など、写真でも紹介されると出かけやすいなと思います。(昭和区・パート・52歳)

・ いつも小学5年生の娘と楽しく見ています。エコになることを知って、取り組む事ができてとても為になります。(天白区・主婦・40歳)

・Risaにはいろいろと教えられます。この特色あるフリーペーパーは貴重です。これからもよろしく。(西区・会社員・57歳)

 

<2016年5月号>

特集・若さが動かす フェアトレードタウン

・フェアトレードの商品に関心があるので楽しく読ませていただきました。(緑区・パート・56歳)

・地元の南陽高校が掲載されていて、地元に貢献しているのが嬉しかった。(港区・主婦・66歳)

・エコに関する事もフェアトレードも難しく考えるのではなく、自然に少しずつ習慣になると、楽しくなると思います。(北区・会社員・41歳)

・フェアートレード、名古屋で広がってるのが嬉しいです(天白区・パート・57歳)

・若い方達の、柔軟な発想力で、遊びだけでなく、楽しんで活動されている姿が、頼もしいです(中村区・主婦・62歳)

・特集毎月楽しみにしています。特にフェアトレードは知りたかったことです。高校生が自ら発信していく姿はとても清々しくて嬉しいものですね。(北区・パート・42歳)

・高校生がこんな活動をしていることに感動しました。(守山区・会社員・48歳)

・ 前からフェアトレードには関心有りましたが、南陽高校生の皆さんがしっかりと頑張っている姿を見ると、自分も何か行動に出なければと反省させられました。(西区・会社員・51歳)

・今回の表紙写真のネパールカレーとチョコレート、買ったことがあります。カレーが食べたくなりました。買いに行きます。今度はフェアトレード品の買えるお店をたくさん教えて下さい。(昭和区・パート・52歳)

・高校生がフェアトレードを応援する活動を積極的にしているのを見ると、よりフェアトレードのことを考えさせられます。チョコレートは聞いた事はあるくらいで、その商品を見たことがありません。フェアトレード商品に興味があるので、どこかのイベントに顔をだしたいなと思いました。(西区・主婦・29歳)

・高校生が頑張っている記事をみると未来も明るいなと感じます。(津市・会社員・29歳)

・名古屋市がフェアトレードタウン第2号。熊本市が第1。こんな震災後だから、名古屋市は頑張らなければ。(天白区・公務員・59歳)

・南陽高校の生徒さんが地域密着でいろいろと活動されているのは知っていましたが、会社として活動している部活があるとは知りませんでした。応援しています。(港区・主婦・31歳)

・フェアトレード、初めて知りました。子供の学校選びの参考にもなりそうです。いい取り組みだと思います。(緑区・主婦・42歳)

・若者の活躍を知る事ができ、素晴らしいと思いました。(西区・主婦・51歳)

・フェアトレードのチョコレートpeople treeや珈琲をよく購入しますが、故郷熊本市が最初のフェアトレードタウンということは知りませんでした。少しでも地元に貢献できるようにしたいと思います。(千種区・会社員・41歳)

・フェアトレードコーヒーなど、回転ずしでも見かけるようになりました。若いうちから、その意義などを楽しんで学べる環境を整備してあげることが、大人として重要だと思いました。自分の息子(まだ小学生)が中学になった時、その中学校でも、本誌記載のような取り組みがつくれればいいなと感じました。(緑区・会社員・42歳)

・普段なかなか新聞を読まないのですが、表紙の学生さんたちの笑顔を見て、読んでみようと手に取りました。(緑区・主婦・42歳)

・ 若い方がエコによって社会貢献できて喜んでみえるのをとても未来明るく感じ、嬉しい気持ちになりました。(守山区・パート・47歳)

・私自身も大学でフェアトレードサークルに所属しており、広める活動を行なっているため今回の特集はすごく感銘を受けました。(熱田区・学生・21歳)

・学生の子たちが頑張っている姿、素敵です。たくさんの人に知ってもらえるといいですよね。(東区・主婦・43歳)

・ 私も高校でボランティア部に入っていて、フェアトレード商品を文化祭で販売したりしているので 今号の特集楽しく読みました!もっともっとフェアトレードが広まればいいなぁ。(瑞穂区・学生・19歳)

・名古屋市の中で色々な取り組みをしている人達がいることを知り、関心を持ちました!協力できることは、したいです!(尾張旭市・主婦・62歳)

・今回の特集のファアトレードは前から関心があったので、興味深く読みました。(千種区・公務員・47歳)

・以前、飲んだフェアトレードのコーヒーがとてもおいしかったので、こちらの記事も興味深く読みました。(千種区・パート・39歳)

・学生達が意欲的に活動するのは素晴らしい!(守山区・パート・43歳)

・学生さんの取り組みに心を打たれました。私ももっとフェアトレード商品を購入したいと思います。リサを毎月読むことで、読者のみなさんが毎月一回環境について考えることができる、よいフリーペーパーだと思います。(昭和区・会社員・35歳)

・フェアトレードは以前から興味がありイベントなどもわかり良かったです。(昭和区・主婦・42歳)

・今の若い人はとやかく言われますが素晴らしい人材がたくさんいます。日本の未来は明るいですね。(北区・公務員・57歳)

・フェアトレード。思いはしてもなかなか出来ない取り組みです。頭が下がります。南陽高校、頑張れ。(北区・主婦・61歳)

・港区の南陽高校生がフェアトレードの活動をしているのは知りませんでした。頑張ってほしいです。(港区・主婦・57歳)

・フェアトレードについてはそのこと自体を知らない人がたくさんいると思います。若い人たちが取り組んでいることも含め、いろいろな場で、紹介されるといいと思います。(天白区・男性・67歳)

・中部の学生チームの取り組みがすてきだと思いました。フェアトレード、とても大切なことだと思います。(中村区・サービス業・46歳)

・風”sの再開、心より待ってま~す! フェアトレード・ネパールカレー、本当においしい。家では薬膳カレーと命名し楽しんでいます。(北区・主婦・53歳)

・南陽高校の「会社」という部活、すごいと思いました。(西区・主婦・74歳)

・福祉の関係で名古屋学院大に何かとお世話になっている。若い人の力、ありがたい。(熱田区・社会福祉コーディネーター・77歳)

・土井ゆきこさんのお話を聞いてすぐに活動を起こした皆さんにはびっくりしました。ワークショップものぞいてみたくなりました。今後も活動がんばってほしいです。(天白区・主婦)

 

東海まるごとRe里山体験

・今回の記事は、ちょうど我が家の子供が同じ歳位で同じように工作が大好きなので読んでいて共感出来ました。今後の記事に期待してます。(名東区・会社員・48歳)

・子育ても終え、自然を満喫したいと思っていたら、この記事を読み行ってみたいと思いました。(中村区・会社員・59歳)

・自然の中でその恵みをいただき、体験しながら過ごしたいです。私も家庭菜園で野菜を作り、これを料理し楽しんでいます。(中川区・公務員・50歳)

・愛知県に住んでいて、豊根村の自然を紙面で初めて知りました。毎号楽しみですね。(中村区・パート・57歳)

・里山体験とても良かったです。一度行ってみたいです。(緑区・主婦・68歳)

・主人が15年間豊根村に出張して、住んでいました。何度も、私も行きました。トンネルを越して、富山地区へ言ったこともあります。またぶらりと行って見たいと思います。懐かしい所が出ると、たのしいですね。(北区・主婦・72歳)

・里山暮らし、農業に興味があるためとても参考になりました。(中村区・会社員・54歳)

・里山体験の記事、正直すぎてよかったです。(北区・会社員・42歳)

・ 富山村、一度は行ってみたいと昔から思ってましたが仕事に追われ、最近ではリタイアが近づいているから休みが取りやすくなってきたので、孫と一緒に行きたいです。(西区・会社員・65歳)

・子どもと出掛けられるスポットが記載されていると読みいってしまいます。これからの季節は特にアウトドア派なので、それに見合った掲載を楽しみにしています。(天白区・会社員・47歳)

・里山体験に興味がわきました。(南区・会社員・62歳)

・4歳の娘に色々と体験させたくて、とみやま来冨館はぴったりだと思いました。是非行ってみたいです。(南区・会社員・40歳)

・松本さん一家のお子さんの写真よかったです!(天白区・自営業・39歳)

・大自然の中で一度ゆっくりとした生活を体験してみたいと思っていたところでした。豊根村ってすごくいい場所と聞いていたので。(中区・会社員・52歳)

・今回の新企画、里山体験はすごく参考になりました。よい企画だと思いました。(昭和区・自営業・46歳)

・楽しそうで、ロバのえさやりもいやされそうです。行ってみたいと思いました。(南区・主婦・43歳)

・自然とふれあう里山の魅力、孫を連れ思い出づくりもよい。(西区・会社員・67歳)

・松本さん一家のミツバチ箱づくり、とても立派にできたね。ハチミツたっぷりのホットケーキ、おいしかったでしょう。(天白区・男性・75歳)

 

エコヂカラ!

・私は、愛知機械工業に勤めていました。愛知時計電気は身近な会社です、エコヂカラに紹介され自分達が誉めてられているように感じ嬉しく思いました。(港区・男性・66歳)

・深谷さんのファンです。(緑区・主婦・70歳)

・今回のエコヂカラは、亡くなった父が定年まで働いた職場。興味深かったのは、現在ではメーターが主流とか。時代の流れを感じました。(天白区・主婦・67歳)

・エコを実践する会社を紹介するにおいて、そこの社史をごく簡単に説明するところに興味がもてました。(東区・男性・73歳)

・検針の仕事をしていて、メーターがリユースされていることは知っていましたが、50年も働いていたとは驚きでした。(守山区・会社員・52歳)

・ 深谷さんのファンのひとりです。(天白区・会社員・58歳)

・写真の年代物の時計に興味を持ち、実物を見たいと思った。(守山区・アルバイト・63歳)

・家の柱時計は50年以上も前に買ったものです。それが愛知時計と表示されています、私の母校の隣が愛知時計で、なつかしく思いました。戦争のときには一緒に爆弾を落とされたところです。(南区・男性・72歳)

・地元名古屋に日本を代表する会社、愛知時計電機さんを知り、ますますモノづくり愛知のよさ、すごさを知りました。(東区・自営業・35歳)

・愛知時計電機の会社名に古い遠い日のことに思いを感じ読みました。戦時中、学徒動員で「魚雷」づくりをしていました。6月9日の空襲で同級生を亡くしました。13歳のときで、84歳になった今も忘れられない会社です。深谷里奈さん、ありがとう。(北区・女性・84歳)

・新社屋もすてきで、気になっていたんです。ガスメーターをつくられているとのことで、納得。メーターの再使用可能は99%なんて、感動!(緑区・主婦・40歳)

・メーター類がリユースされていることは知らなかった。このような再利用をもっと日本国中進め、早く国の借金を減らしてほしいものです。(昭和区・主婦・69歳)

 

ミニ家族会議

・ミニ家族会議、難民の子どもたちに服を送る活動、学生時代主催していました。社会人となり、今後も何かしらできることはないかと、支援活動をしたいと思っています。リサさんで、情報提供宜しくお願いします。(東区・会社員・23歳)

・難民の子どもたちに服をおくるのだっち!を読んで感じた事ですが、ムダに捨ててしまう、まだまだ使える衣料品がとても勿体ないと感じました。リサイクルのカンや雑誌 新聞などを出すように手軽な感じで集めてもらえないかと思います。協力したい人はたくさん居ると思います。何とかならないのかなぁ~。(緑区・主婦・43歳)

・ミニ家族会議で難民の子どもたちに服を送るイベントを知って、自分にできるエコに協力したいと思います。(北区・パート・46歳)

・私も何か家族で話し合いたいと思いました。(南区・主婦・63歳)

・家には結構、眠っている服があるので、ぜひ持っていこうと思います。(東区・会社員・40歳)

・衣料を回収して難民に寄贈していることを知り、自分も贈りたいと思いました。(港区・学生・21歳)

・難民の子どもたちに洋服を送る機会が、近くのスーパーでも常時おこなわれるといいですね。(千種区・主婦・65歳)

 

その他

・エコは本当にエコ?エコのサイクルの元は結局エコとはかけ離れていることもあるので見かけに騙されないで。(北区・主婦・66歳)

・「エコつぶ」を読んで気が付きました。つくしが食べたい。(名東区・会社員・53歳)

・つくしが取れる場所が年々少なくなっている呟きが載ってましたが、守山区にはまだまだたくさんあります。でも、小さいながら家庭菜園を楽しむ私には、つくし・すぎなは厄介者なんです!(守山区・アルバイト・70歳)

・ 毎号楽しみにしてます。取材がしっかりされていると感じます。(名東区・会社員・42歳)

・毎号読むとエコを身近に感じれます。自分もできるエコを考えるきっかけになっています。(瑞穂区・主婦・54歳)

・ 全体に温かい感じがすてきです。(緑区・主婦・49歳)

・めざせ!エコシティなごや、のキャッチの通りで、エコをテーマに幅広く取り上げている情報誌は少ない。エコをとて工夫して読みやすくしてくれている。子供にも読ませたいと思います。(千種区・主婦・52歳)

・レシピがのっててよかったです! エコつぶとかあると、さんこうになっていいと思います。(緑区・小6・11歳)

・Risaのおかげでマルシェの存在を知り、マルシェめぐりにハマっています。おかげで楽しく充実した生活を過ごせるようになりました。(千種区・主婦・63歳)

 

<2016年4月号>

特集・廃棄食品横流し事件の教訓 ゆるせないともったいない

・今回の特集は、非常に読みごたえがあり、かつ我々のライフスタイルを考えさせる意味での意義があった。(北区・男性・68歳)

・スーパーでは見切り品などを売っている店もあるので、賞味期限の近いものなどは工夫をして客に提供してほしい、すぐ食べるものは問題無いのでありがたいと思います。(緑区・主婦・43歳)

・廃棄食品問題は主婦としては、衝撃的な事件でした。物がありすぎる平和さが、こういった問題を引き起こしてしまっているとはおもう。自分の身は自分で守るしかないのでしょうか。解決策がない難しい問題なのかなと思っています。(中村区・主婦・44歳)

・もったいないからといって、悪事をはたらくことはいけないと、改めて感じました。健全なエコな活動を続けます。(東区・学生・22歳)

・毎回楽しみに見ております。私たち昭和世代から考えれば、現代は食べるものが溢れていて、食物への執着が薄いですね。私は野菜は皮や葉まで、なるべくごみを出さない生活を心がけてます。(熱田区・主婦・68歳)

・食品ロスは考えさせられた。もっと有効に活用できる方法がみぢかになればいいとおもった。(南区・主婦・59歳)

・お店では常に沢山の食べものがおいてあるので、必然的に期限切れの物が出て廃棄量が増えるのでもったいないなと思っています。昔のように定休日を復活させたり売り切れゴメンをもっと増やすと無駄な食品廃棄が減ると思います。ダイコーやその他の業者の不正がニュースになる度、やっぱり自分で材料を買ってきて作るのが安心だなと思いました。(天白区・パート・38歳)

・表紙の「ゆるせないともったいない」の境界線は、統一しようとすると難しいかもしれませんが、良識から考えれば意外と簡単なことのような気がします。今、その「日本人としての良識」が衰弱しつつあるような気がして、とても残念な思いをする事が多いです。(中村区・女性・42歳)

・賞味期限と消費期限は違うと言う認識が足りないと思う。賞味期限は美味しく食べられる期間で私は一ヶ月過ぎでも食べてるし納豆などは冷凍してる。コンビニも期間が過ぎたのは破棄してると聞いた。陳列物を考え破棄商品を減らす努力も必要と思う。(守山区・主婦・66歳)

・食べられない貧しい人たちも大勢いるのに・・・。値段と信用、何を信じたらいいのでしょう。(名東区・女性・65歳)

・ 常々“安いものには訳がある”と頭ではわかっておりましたが、事件が発覚して再認識しました。産廃業者にはとんでもない人たちがいると知っていましたがここまでくるとあきれかえってしまいます。(昭和区・主婦・63歳)

・自分の生活を見直すきっかけになれば、工夫でもったいないをかなりうまく乗り切れるかな。(熱田区・会社員・25歳)

・もったいない意識や食品リサイクル運動は今後ますます注目されるべき課題であると思う。(中村区・公務員・49歳)

・ ある内科の待合室。「3日前のとんかつを食べたらおなかこわした。冷蔵庫に入れてあったから大丈夫と思ったけどいたんでいたのかしら?」とおばあさん。もったいないけど気をつけようね。(中村区・女性・64歳)

・今月の特集は本当に声を大にして言いたいことです。現代の日本人は賞味・消費期限を気にしすぎです。それと必要以上のものを求めすぎな気がします。食品に限らずですが、「足るを知る」ということが本当に必要だと思いますね。自分たちがいかに恵まれた環境にいるのか、もっと強い自覚が必要です。食料自給率の問題や、環境に負担の少ないオーガニックな暮らしなんかも是非特集していただければと思います。今後も楽しみにしています。(東区・女性・26歳)

・利益を優先し、食品廃棄物を横流しした今回の事件は、食(「生命)の安全を後回しにした行為で許せません。しかし、賞味期限の意味など正しく理解し、食品廃棄物を減らすことも大切だと感じました。(緑区・会社員・42歳)

・食品があんなに捨てられているのは衝撃でした…。ホントにもったいないですね…。(西区・パート・44歳)

・ 賞味期限の食品がそんなにあると思いませんでした。子供の貧困で食事も1日3食食べられない事を聞くと子供がいる同じ親として心が痛みます。もったいないと必要な人へ渡る循環がうまくいくといいと思います。(長久手市・主婦・40歳)

・食品メーカーの過剰生産にも問題あり。蓄積された過去のデーターで廃棄される量はわかっているはず。(西区・会社員・67歳)

・廃棄物の問題の記事は考えされました。ダイコーのやった事は良くない事であるが、日本の廃棄物が多い事は考えていかないといけない問題。物が溢れすぎている。(緑区・パート・42歳)

・食品のロスは大変だと思います。が、お店にいって商品がないのもこまるので。(熱田区・主婦・40歳)

・食べ忘れて賞味期限が切れてしまう食品を出さないように気をつけなければ、と思いました。(南区・パート・37歳)

・食品廃棄物の横流しが横行していたことに、怒りを感じたのは、私だけでしょうか。「もうかればいい」と考え、手を染めた人たちに少しでも良心があればこのような事件は起こらなかったのでは。(守山区・アルバイト・70歳)

・起こった問題から今後を考えることはとても大事。でも、自分ごととして一人一人が意識できているかというとそうではないことも多い。特集を始め記事の1つ1つが訴えてくるものがあり、一緒に考えることができるところが好きです。これからも自分の視野を広げて学びを深めるためにも活用させていただきたいと思います。(緑区・主婦・34歳)

・すべてを、疑うことなく食品を購入してます。学習をしなくてはいけませんね。(名東区・主婦・51歳)

・廃棄食品の横流しは実際店で商品を見たのでびっくりでした。なぜ売ってるのか、不思議に思ったので、買わずに済んだのですが、他のものなら買ってた恐れもと思うと怖いですね。どこまで安心か突き詰めるのは難しいですね。(中川区・主婦・52歳)

・廃棄食品の回収について非営利法人がやっている地域があります。全国に広がれば。(千種区・会社員・50歳)

・需要をはるかに超える製品を製造するから廃棄しなければならない製品が発生するが、品切れとか売りきれとかに需要者ががまんするか、以後も、もとめるのか供給側は悩めるのでしょう。(昭和区・男性・78歳)

・個人的には、廃棄食材でも、まだ大丈夫なものなら買うだろうと思ってしまいます。偽装せず、消費者も廃棄物と納得して買えるシステムがあればと思います。(四日市市・会社員・32歳)

・フードバンクの存在を初めて知りました。恵まれない子供達へ安心と食事を提供する活動をしている方々がいるとも新聞やテレビで知り、回せたら、廃棄食品も減り、環境にもいいように感じました。(瑞穂区・主婦・35歳)

・あまりにも安い食品には、それなりの理由があるということです。まっとうな食材を使用していれば、激安価格はあり得ない。(港区・会社員・58歳)

・ 日本は、廃棄する食品が多い。もっと真剣に考えないといけないと思いました。(昭和区・会社員・42歳)

・牛乳をできた順から買う。簡単なことなのにできてませんね。その日に食べてしまうものは賞味期限が近くなった割引シールが貼られたものを買うようにしています。(熱田区・主婦・62歳)

・廃棄食品の横流し事件は本当にびっくりしました。日頃無口な私も思わず「えつ?」と言ったぜ。同時に食べられるのに廃棄されることがまことに残念に思います。全く記事にある通りです。(東区・男性・72歳)

・特集記事はとても興味深かったです。食品に対する見方が10代と80代で割れたのはなぜなのか疑問に思いました。その部分を深く追求していくとさらに良かったと思います。(北区・学生・19歳)

・食品ロスの問題、考えさせられます。大事な問題ですよね。食品いつでもどこでも手に入る、なんて考えがを改めることかなと思います。24時間スーパーやコンビニエンスストアなども運営方法を考え直すべきかも。(守山区・パート・47歳)

・廃棄食品の横流し問題。安さだけにひかれて購入する怖さを知りました。もっと賢い消費者にならなければ!(守山区・会社員・52歳)

・ 食品を無駄にしないよう、また時短調理できるよう、野菜を冷凍保存することが多くなりました。できた順番に買えばロスが減る・・・私もスーパーで購入するときにちょっと考えを変えてみたくなりました。(昭和区・主婦・35歳)

・ダイコーの事件はショックでした。でも安さばかりを追求する消費者サイドにも問題がありますよね。考えるよいきっかけになりました。(千種区・主婦・41歳)

・今までは「消費期限」の長いものを選んで購入していましたが、近日中に使うものは、なるべく期限の短いものを買うようにしていますし、きょう使うものは値引きしてある「本日中」という商品を買っています。皆がこうすればだいぶ変わるのではないかしら。(港区・女性・69歳)

・わが家にも賞味期限切れ食品があり、気づくと廃棄していますが、そのたびに心が痛みます。買いだめをやめ、食品棚の整理整頓に努めたいです。(瑞穂区・主婦・65歳)

・血圧が上がるくらい怒れました。自給率39%の日本で食品を捨てることがあるなんて許せないと思います。必要としている人たちに提供するなど、どうしてやらないのか、メーカーも平気で捨てる感覚が分かりません。(緑区・主婦・71歳)

・日本のロスの多さにびっくり! 買いすぎたりムダを出してしまってたので、少しでも減らそう、なくそうと決めました!(守山区・アルバイト・31歳)

・3分の1ルールは知っていて、あまりに厳しすぎると思っていました。(北区・主婦・38歳)

・廃棄したはずの品が出回っていたこと、大量の品が廃棄されたことにびっくり。廃棄品を出さないようにするのが一番。(南区・主婦・59歳)

・とても深刻な問題だと思いました。毎日、口にするものだから、激安食品っていうのもすぐに飛びつかず、よく表示を見て買おうと思います。(中区・パート・44歳)

・食品会社以外にも家庭からも大量に出ていることをあらためて考えさせられました。わが家でも注意したいと思います。(中川区・主婦・45歳)

・対策としてそれぞれに「ロス」なくするルールをとなっているが、企業のコンプライアンスが最重要である。(中区・男性・66歳)

・「食品廃棄」と「食品ロス」は販売予測の精度の問題で、販売機会損失は利益にかかわるので永遠の課題と思う。一部コンビニではかなりの精度を達成しているようで。メーカー、販売店とも協力して精度を上げロスをなくしてほしい。(千種区・女性・69歳)

・回転寿司のロスはいつもたくさんするだろうなと思っていました。先日行ったお店では注文したものだけを届けるシステムでした。これもロスをなくすには有効な手段ですね。(中川区・パート・38歳)

・牛乳をできた順番に買ってくるという言葉にはっとしました。(土岐市・主婦・35歳)

・ゆるせないともったいないは、食べることもろくにできない人からみたらぜいたくな問題だと思いました。(千種区・パート・58歳)

・冷蔵庫の中を再確認しました。毎日利用しているのに、奥の方に期限切れ食品を見つけました。「食品ロス」しないように心がけるよい機会になりました。(北区・会社員・55歳)

・賞味期限は必要かもしれないが、頼りすぎてはいけないと思う。(東区・パート・59歳)

・私自身も、もったいない症で、買い物していても期限間近で値下げしているものは必ずそちらを買うようにしています。すぐ食べるものであれば、賞味期限内なら期限間近の方が廃棄されずに済むと思うからです。でも、期限切れの食品を販売するのは健康に害があるかもしれないのでよくありません。食品を扱う人は、利益ばかり求めるのではなく、安全なものを扱ってほしいです。(緑区・主婦・34歳)

・お店に届くまでに大量の食品が捨てられてしまうとはまったく知りませんでした。世の中には食べたくても食べられない人が、海外では餓死してしまう子どもも多いと耳にするのに、食べられるありがたみを感じてほしいです。「米粒一粒でも残すと目がつぶれる」と祖母の言葉を今も覚えています。(熱田区・家事手伝い・51歳)

 

エコヂカラ

・古い町並みが好きなので、これからも続けていただきたいです。(中区・会社員・57歳)

・三重県亀山市の関宿は行ったことありませんが、人も町も素敵な場所なんですね☆ 機会を作り是非行ってみたいです! 関の戸とっても美味しそうです♪(中区・パート・38歳)

・風情ある街並みをキープし続けるみなさんの苦労がわかった気がしました。(西区・会社員・29歳)

・「関の山」の由来を聞いて大変勉強になり、「庵看板」を見に、亀山の関宿に行ってみたくなりました。これからも為になる記事を楽しみにしております。(中村区・会社員・40歳)

・毎月楽しく読ませてもらってます。知らない街の情報を知ることができるので嬉しいです。これからも小さな街や古い街の情報をよろしくお願いします。(西区・パート・38歳)

・ごみ箱を撤去することでごみを捨てることが出来ないという発想が素晴らしい。(瑞穂区・男性・75歳)

・今回は色々考えさせられる内容と、興味深い内容でとても楽しかったです。特にエコヂカラは全く知らなかったのですが、こんな街並みが47番目に残っていたとは行く価値があるなと思います。(名東区・主婦・34歳)

・ポイ捨ては見苦しく、前からどんな人が捨てるのかなと思っていましたが、ゴミ箱撤去で無くなったのは良かった。私の行く公園もゴミ箱は無いのですが、灰皿の上に捨てる人がいて嘆かわしいです。(港区・主婦・65歳)

・代々続くお店というのは外から観ても 趣きのある風情を感じ 入りたくなるものです。(西区・主婦・51歳)

・古い町並みを大切にそこで頑張るお店の人たち。ぜひそういうところへ足を運びたいと感じた。(緑区・会社員・24歳)

・ 津市在住の友人から、関の戸を手土産にすると上品だという話を聞いたばかりだったので、エコヂカラを興味深く拝読させて頂きました。(北区・パート・41歳)

・ 深川屋さんの貴重な庵看板を見に、関宿を訪ねたいと思います。そして、関の戸をぜひいただいてみたいです。(中川区・主婦・56歳)

・関の地元の人ならではのへぇ、というような情報を知ることができました。(北区・主婦・45歳)

・関宿の知らなかったことがたくさんわかり、今さらびっくりしてます。(千種区・女性・89歳)

・ごみ箱撤去の話もさることながら、看板の文字の話や「関の山」の言葉の話が興味深かったです。(千種区・会社員・49歳)

・エコヂカラを読んでいたら関宿に行きたくなりました。(東海市・会社員・30歳)

・ラジオのヨヂカラも聴いています。亀山市は仕事で通り過ぎるばかりだったので、今度はゆっくり訪ねてみたいです。(緑区・アルバイト・65歳)

・関宿に行ってみたくなりました。忍者博物館やモクモクファームもあるし、関宿も楽しめて、GWの候補になってます。(南区・会社員・43歳)

・漢字と崩し字の答えにはびっくりしました。ぜひ看板を見てみたいです。(天白区・主婦)

・関宿は「ひなまつり」の時期に行ったことがあります。落ち着いた街並みのそこここにひな飾りが見られてすばらしかった。祇園夏祭りも行ってみたいですね。里奈さんいつも楽しみにしています。ヨヂカラ!も聴いてます!!(瑞穂区・主婦・61歳)

・近くにあるのに、ぜんぜん知らなかった関宿情報がよかったです。関の戸も聞いたことがあるようなないような…で、一度食べてみたくなりました。(天白区・女性・58歳)

・看板の文字で方角が示されているのもすごいけど、服部半蔵の子孫!! こしあん、もち、和三盆…おいしそー。(南区・アルバイト・42歳)

・関の山の山車がぎりぎり通れるかという街道、歩いてみたい。(守山区・主婦・62歳)

・名古屋から1時間ちょっとで江戸の街並みへタイムスリップできるってとても魅力的に思いました。ぜひ機会があれば一度行ってみようと思います。(千種区・女性)

 

エコ家族会議

・おかえりやさいという存在を初めて知りました。我が家でも少しでも生ゴミが出ないように努力したいと思います。(熱田区・主婦・32歳)

・おかえりやさいは、給食で出ました。生ごみから、おかえりやさいができるなんて知りませんでした。妹が、のこすから、だめだなーって思いました。(中村区・小学生・8歳)

・おかえりやさいというリサイクル活動があるんですね。残さず食べることの大事さを確認しました。(港区・会社員・40歳)

・おかえりやさいの存在は知ってますが、まだ出会えません。リサイクルも大切ですが、その前にゴミを減らす努力が必要だと感じてます。みんなで実行しましょう。(西区・主婦・52歳)

・野菜づくりをしているので参考になりました。(東区・会社員・60歳)

 

その他

・ Risaを読むたびに自分が何かエコに貢献できないものか考えさせられます。今回の食品廃棄問題はかなり衝撃的でした。(中村区・パート・42歳)

・日々の生活をの中でエコしなきゃと思いつつ実行できません。紙面を読むたびになるほどなーと感心をし、私もやろうと後押ししてくれます。小さなことから始めてみようと思います。(中村区・パート・44歳)

・タイムリーな話題が多く身近な問題を提供されており、思わず「うん、そうだ。そのとおり。」とうなずいています。(北区・主婦・66歳)

・リサイクルに関する為になる情報が一杯でいつもじっくり読んでいます。私もできるだけ物を無駄にしないようにいつも心がけています。(名東区・パート・60歳)

・特集がリアルタイムの旬な話題であったりと、環境の事に対して、紙面掲載されてるどの方も意識が高く、自分の環境に対しての意識の低さを痛感します。そして、掲載されてる皆さんの思いが、環境を良くしようと熱い思いが共通していたことがわかりました。大きなことはできませんが、私も意識して、今よりも環境のことを考えていきたいです。(昭和区・学生・35歳)

・環境問題は平和な世の中では一番大切な問題です。どんどん広げていきましょう。(千種区・男性・77歳)

・ヘルシーエコクッキング素晴らしい!と思いました。ハーブを育てていますが、なかなか料理に使う機会がないので、とても勉強になりました。作ってみたいと思います。(緑区・主婦・43歳)

・「エコつぶ」が楽しみです。色々な節約が有るのにはビックリです。(港区・男性・61歳)

・毎号、とても楽しみにしています。エコについては日々のゴミ処理の時に考えますが、こんなにしっかりと情報を伝えてくれる紙面は他にないと思います。これからもよろしくお願いいたします。(西区・主婦・30歳)

・ 日々の生活の中でエコを意識しているけれど、日によってまぁいいかと思い、無駄にしている物・時間があります。Risaを月1回読む事が、1ヶ月の反省と今月はこうしよう!と目標を立てる良い機会になっています。(天白区・主婦・35歳)

・エコつぶを読むのが好きです。若い人もエコ上手な人が増えている気がします。(中区・主婦・65歳)

・Risaをきっかけに最近マルシェに行くことにハマっています。(千種区・主婦・32歳)

・紙面のリサもんだいやらリサっちもんだいやら、簡単だが結構、意味深い問題ばかり。出題も非常にいい! 今後も続けていってください。(北区・主婦・84歳)

・都合が悪く参加できませんでしたが、東栄町のツアーに興味があったので、その様子が書いてあってよかったです。いつか行ってみたいと思います。(名東区・主婦・47歳)

・生活の糧になる記事ありで十分満足です。(天白区・男性・87歳)

 

<2016年3月号>

特集・ナタネにかける福島再生

・3月ということで震災に関する記事を多く目にしました。被災者の方の暮らしに関するものが多かったように思いますが、それだけでは次の行動につながりにくいと感じていました。今回の特集は、復興に向けた取り組みをいくつか紹介されていて、具体的な商品が紹介されているので、自分にもできる協力が具体的にわかり、よかったです。(昭和区・会社員・44歳)

・ラッシュの商品は自然素材から出来ていて、大好きです。娘達と10年程前から愛用しています。空になったカップをお店で引き取るサービスも環境に優しくていいですネ。プレゼントの『つながるオモイ』知らなかったので、是非使ってみたいです。(守山区・主婦・51歳)

・子どもが生まれて、合成洗剤の使用をやめ、石鹸を使うようになりました。ラッシュの石鹸はおしゃれな物として気になっていました。ぜひ使ってみたいです。(港区・主婦・31歳)

・震災の事を忘れないようにこのような記事を載せていただくのは今後の未来のためにも素晴らしいと思います。いつまでも忘れてはいけない出来事です。これからもいろいろな記事を読む事楽しみにしております。(西区・パート・38歳)

・ナタネにかける福島再生のキャチフレーズがいいですね。福島の復興は日本全国の悲願です。もう5年になるのに復興が大幅に遅れているのは残念です。政府は沖縄同様、福島を見殺しにするのでしょうか。素朴な日本国民は、今後も国策をしつかり見つめて行きたいですね。(南区・会社員・36歳)

・震災から5年たちます 元通りの生活にはなれないかもしれませんが、早く元通りの明るい毎日がおくれますようにお祈りさせて頂きます(南区・主婦・69歳)

・ナタネにかける福島再生一歩一歩頑張っている様子が、胸を打ちます。こういう取り組みを知ることがあまりないため、これからも発信してほしいです。(北区・会社員・25歳)

・福島の方々は現在もまだ大変な思いをされていることを忘れてはならないと思いました。(緑区・会社員・42歳)

・東日本大震災の特集だったので、「震災からもう5年経ったのかぁ~」っと時の早さを感じています。記事にすることで私達の防災意識も高まるし、備蓄品の確保や緊急避難連絡先の確認等を家族で話すきっかけになると思います。一人一人が「対岸の火事」と思わない事が風化させない事だと思います。(中川区・主婦・42歳)

・復興に向けた取り組みとてもすばらしいです。目にみえない放射能だけに安全性を確保して頑張って欲しいです。(名東区・会社員・44歳)

・NPO法人「チェルノブイリ救援・中部」がロシアのチェルノブイリで取り組んだ経験が生かされたのですね。「菜の花」プロジェクトは素晴らしいと思います。ナタネはセシウムを除染しながら安全な商品ができ、また、商品も放射能に十分配慮され、その上、国産・遺伝子組み換え無しなので安心できますね。いろいろな商品が欲しくなりました。(熱田区・主婦・45歳)

・福島を再生させるために、たくさんの人が5年経った今も必死に頑張っていることがよく伝わりました。福島だけの問題でなく、日本全体の問題です。(天白区・主婦・48歳)

・東日本大震災からもう5年です。あの日仕事の途中実家によると、母は仕事へ行っており、娘二人がほぼ春休み状態でテレビを見ていました。本当に怖い思い出です。(中村区・女性・49歳)

・時間の空いたときに読んでいます。福島の特集をこれからもよろしくお願いします。(北区・男性・50歳)

・どんなにつらいことがあっても季節はめぐり、生活は繰り返されていくのですね。住んでいる場所によって差がなくなるといいですね。(南区・主婦・52歳)

・東日本大震災が起こって早くも5年が経つのかと、月日の早さに驚く。あらためて亡くなられた方々の冥福を祈る(中川区・公務員・55歳)

・東日本大震災からの復興はテレビで見てても大変だと思います。私も少しでも東北の品物を買って参加させていただきたいと思っています。(天白区・主婦・61歳)

・東日本大震災を風化させてはいけない。5年を過ぎようとしても原発などを再稼働させる又は許している自治体。誰が責任を取れる?取れないのが実情では。(中川区・男性・62歳)

・人はわからないことには不安を感じます。日本はどこにいても放射能の危険を多かれ少なかれ受けます。記事で少しわかりました。(緑区・女性・65歳)

・東日本大震災から5年たつのですね。福島の人々にとっては長い年月だったと思います。福島(他の震災にあわれた県も含め)の再生は、本当に日本の再生だと(愛知県でもいつ震災が起こるかわかりません)思います。とても他人事とは思われません。これからも(福島県を含む)日本が取り組まなくてはいけない再生にも関心を持って生きたいと思います。(北区・女性・66歳)

・あの日から5年、意義ある特集でした。前向きな活動を応援したいです。(守山区・女性・66歳)

・震災から5年たちます 元通りの生活にはなれないかもしれませんが、早く元通りの明るい毎日がおくれますようにお祈りさせて頂きます(南区・主婦・69歳)

・福島再生についてもっと関心を持たなくてはと思いました。(守山区・男性・70歳)

・忘れない2011・3・11の災害。大変だったのに…みんながんばってる様子がわかり、私も元気をもらっています。(天白区・主婦・75歳)

・ナタネってすごいんだなあと今回初めて知りました。震災後5年になるのにいろいろなことがごまかされているわけではないけど、うやむやになってきてる気がします。名古屋のスタッフの方の努力がLUSHに認められた気がしてすばらしいですね。(中村区・主婦・38歳)

・震災の事を忘れないようにこのような記事を載せていただくのは今後の未来のためにも素晴らしいと思います。いつまでも忘れてはいけない出来事です。これからもいろいろな記事を読む事楽しみにしております。(西区・パート・38歳)

・特集を読んで原発事故の影響の大きさを改めて知りました。なぜ、今原発を再稼働するのでしょう。(守山区・公務員・45歳)

・福島の問題解決は困難ですね。原発の恐ろしさを感じます。(天白区・主婦・45歳)

・東日本大震災から今年で5年になりますね。まだまだ復興には程遠いですけど、ナタネパワーで街が活気づくといいですね。(緑区・家事手伝い・46歳)

・大震災から5年たつのに いまだに明るい兆しが感じられない気がします 今号は特別にページ数を増やして特集してほしかったです福島県人より(守山区・主婦・48歳)

・震災の時は東北にいて、その日が近づくと当時のことを思い出し、改めて風化させてはいけないと思います、名古屋ではあまり話題に出ないのが残念です。(千種区・会社員。49歳)

・今回の特集を読み、東北の方々の復興に少しでも協力したいと思います(天白区・パート・50歳)

・震災から5年経過しましたが、まだまだ不安が残っている中でナタネにかける人の記事を読んで感動しました。私たちが製品を買うことによって、その不安が解消されるはずです。がんばりましょう!(西区・会社員・55歳)

・1面の写真もいいし、いろいろな取り組みに希望がもてます。LUSHも、単に高級石けんのイメージでしたが、こうした事業にも進出するなんて、うれしいです。(天白区・主婦・57歳)

・まだ福島県産に手が出せない。政府の発表が信じられない(中区・主婦・66歳)

・国の原子力の扱い方自体にとても不信感を持っています。他国へ売りつけたり、自国の原子力事故にもいまだに対応できていないのに…とても心配です。飯館村の事も拝読し、胸が痛みます。リサからいつもいろんなことを教えていただき、ありがとうございます。(昭和区・主婦・68歳)

・除染土の行方、最終処分地は決まっていないですよね。水のタンクも穴があくのでは?(千種区・男性・74歳)

・私も成人の日を迎え、4月からは社会人です。周りの人に感謝して、大震災から5年、Risaの文章を読み、リサもんだいをしながらこれから眼を傾けたいと思います。(緑区・学生・20歳)

・2012年に福島いわき市に復興支援に行きましたが、港の水揚げもできないし、閑散とした雰囲気で今後どうなっていくのだろうと感じました。国まかせにせず、国民全体で支援していかなければと思います。(千種区・会社員・40歳)

・毎回拝見させて頂いてますが、今回は、福島特集だったので読み入ってしまった。何も協力はしてないし、出来ないが、早く復興してほしい気持ちは、誰にも負けない。多分みなさんそう思ってるはず。(西区・パート・45歳)

・菜種油からの石鹸素敵です☆オリーブオイル石鹸のように世界中からの注文があるとイイですね☆(港区・主婦・45歳)

・福島の記事を読みました。今の現状と苦悩をありのままに伝える記事で心に響きました。これからも伝えてほしいと思います。(中川区・主婦・51歳)

 

エコヂカラ!

・毎月エコヂカラの記事を楽しみにしています。(中川区・パート・37歳)

・深谷さんの「エコヂカラ」が毎回楽しいです。特集も旬を捉えているので、季節感を感じながら読ませていただいています。(瑞穂区・自営業・37歳)

・ほろほろ人形を見て、木のぬくもりを感じました。(千種区・主婦・51歳)

・取っ手から生まれたとっておき!はすてきです。間近で見たいです。(緑区・主婦・57歳)

・ほろほろ人形とっても素朴でかわいらしくてほしくなりました。(千種区・保育士・46歳)

 

未来にカケル

・毎号リサはとても楽しみいーっぱい!未来にカケルいきごみ、大切さ、ものに対する思いやり最高です!だからこそエコにとても魅力を感じてます。(南区・主婦・29歳)

・水野さんの信じられないほどの真面目な生き方に、頭が下がり、「こんな若い人がこの日本にもいるんだ!」とうれしく、頼もしく心に響きました。(名東区・主婦・68歳)

・未来に向かって若い人が輪をつなげていけたらいいと思う。また、そういう世界になってほしい。(中川区・女性・67歳)

 

その他

・毎回読ませていただいていると、エコ活動の大切さを感じます。ゴミのリサイクル(雑がみとは)がわかりやすくて、便利です。(守山区・会社員・36歳)

・エコに関する記事が多く、考えさせられる。子供と一緒に読んで意識を高めていきたいと思う。(中川区・会社員・33歳)

・リサっち、かわいいっす!(緑区・主婦・33歳)

・世の中には様々なエコの形があるのだということを、毎回教えてもらっています。(西区・パート・33歳)

・スクラップして取っておく記事ばかり(中川区・公務員・35歳)

・明るい紙面でたのしく読んでいます。(守山区・パート・47歳)

・新聞の中のリサを見つけてわくわくゆっくり見て(読んで)ます。(名東区・会社員・48歳)

・「雑がみ」以前は紙袋に入れてだしていましたが、最近は可燃ごみに出していました。トイレットペーパーやラップの芯も雑紙なんですね。次回からまた資源回収に出したいと思います。(緑区・女性・50歳)

・雑紙の出し方がやっとわかりました。ありがとうございました。(天白区・トリマー・51歳)

・身近な廃棄物問題を取り上げ、わかりやすい文章で説明されているので興味深く読んでいます。(天白区・会社員・57歳)

・エコつぶもRisaの内容も、リサイクルがいかによいことで、地球にとっても素晴らしく将来有望な心意気で誰でもできることで今後も続けるよいおこない。(中川区・主婦・60歳)

・ちょっとしたことでエコになることを気づかせてくれる大切なリサです。ありがとう。(瑞穂区・主婦・62歳)

・今年1年生になる孫が、Risaが入ってくる日は早くから起きて楽しみに待ってます。息子と一緒にリサもんだいとか重要なことを聞かせています。とても喜んで聞いています。(瑞穂区・主婦・75歳)

・中身が濃くて読むのに1週間かかります。本当に感動しています。(緑区・パート・75歳)

・私はリサもんだいをやってから文章を読みますが、母たちは文章を読んでから答えると言ってました。(南区・男性・25歳)

・Risa を読み、エコなことを考えるきっかけになっています。ありがとうございます♪これからも日常の中に、ふと、環境のこと、地球のこと等に意識が向けられるRisa を期待しています☆(守山区・女性・30歳)

・見るだけで勉強になり、本当に楽しみにしています!これからも楽しみです。がんばって続けてください!(港区・保育士・39歳)

・リサもんだいは子どもと読むときにとてもよいと思います。理解力UPにつながります。(瑞穂区・パート・42歳)

・いろいろな生活情報が満載なので、第1土曜日の朝が楽しみです。(中村区・パート・60歳)

・私自身も古い型の人間。やはり母の教えもあって「もったいない」「もったいない」…で日々の生活を送っています。それにしてもナタネからせっけん…クルミから人形(本当にかわいい)全てビックリポン…(名東区・主婦・68歳)

・有意義な記事が多いことはよいが広告が多すぎる気がするテーマを決めて連載も考慮されては?(西区・男性・77歳)

・1つのものから、多くのものを作り出したり、代用して、お財布と環境、どちらにも優しい情報が満載ですね。プラスチック容器を半分に切って捨てると、ゴミ出しの回数が減りました。(東区・学生・22歳)

 

<2016年2月号>

特集・暮らしに小さな“里山”を

・ 今、世界中から盆栽が注目、なんか誇らしい。(中村区・パート・60歳)

・最近、テレビや雑誌の特集で盆栽についてよく見かけて気になっていました。興味がありつつ、難しそうだと思っていましたが、特集で紹介されていた盆栽なら気軽に始められそうです。盆栽は長く生き続けると聞きます。0歳の娘がいるので、ひとつお迎えして、シンボルツリーにしてもいいなぁと考えています。(港区・主婦・31歳)

・盆栽、特にミニ盆栽がいいです。ちょっとチャレンジしてもみじ盆栽育て中です。(名東区・女性・65歳)

・ 盆栽ってecoではないけど、里山ですよね? リビングで小花が咲いたり、緑があったり…。切り花と違って良いですよ。モダン盆栽かはわかりませんが楓が我が家にも。ちゃんと季節が感じられて、ペットと違う癒やしがあります。今度は花が付く盆栽が良いですかねぇ。(守山区・主婦・52歳)

・盆栽を育てていますが、見ているだけで癒されます。(緑区・主婦・35歳)

・ 小さな里山の特集が面白く、自分でも盆栽を育ててみたいと思いました。(尾張旭市・女性・80歳)

・苔玉やテラリウムは前々から興味を持っていたけど、Risaの記事を読んで盆栽もいいなと思いました。(瑞穂区・学生・19歳)

・山野草大好き人間です。名古屋にこんな素敵なお店があるのですね。行ってみます!(南区・主婦・71歳)

・山野草がとても好きです。器をいろいろ変えて生けてみるのも楽しそうですね。(名東区・パート・60歳)

・最近、流行りの多肉植物が好きなので、表紙の写真に惹き付けられました。自分にとって興味があるものの記事は、読んでいても楽しいです。(守山区・主婦・52歳)

・盆栽 とてもかわいいですね。小さいのに、趣があってとても素敵です。緑は ほんとに癒しのパワーがあると思います。最近 多肉にハマり始めた私ですが、盆栽もやってみたいなぁ。(緑区・主婦・41歳)

・盆栽は とても興味があります。我が家にも 小さな松や紅葉の盆栽があり、自分で作ってみたいです。(中区・主婦・61歳)

・ 盆栽は田舎には必ずあったものが、核家族化が進むにつれ離れた物に感じていました。しかし、癒される物に変身して、また身近に感じられる物として日常に取り入れたいなと思いました。(瑞穂区・主婦・35歳)

・昨年、この写真にあるような桜の盆栽をネットで見つけました。時期が遅かったので手にすることなく終わりましたが、ずっと気になっていました。部屋のアクセントに小さくてお洒落な盆栽にすごく興味があります。桜の咲く時期、花粉で外に出られないのもあり家の中に桜があったら素敵だな~と思います。(名東区・主婦・38歳)

・ 近年、イノシシやシカによる獣害がよくきかれ、里山の重要さが言われています。本誌に記載されている「山野草」による盆栽なども、適切な山の手入れが必要なのですね。(緑区・会社員・42歳)

・表紙の写真が素敵! 盆栽っていいなと思った。(昭和区・会社員・30歳)

・こけ玉は聞いたことがありますが、テラリウムという言葉は初めてです。空き瓶があれば簡単にできそうですね。水やりも不要とのこと。ぜひ挑戦してみます。(北区・主婦・62歳)

・手頃な趣味を探していました。盆栽なんて良いですね。忘れていました。ちょっと前なら考えられなかったけれど…歳を考えるとピッタリです。(中川区・会社員・56歳)

・ 表紙の写真で心が和みました。正直今まで興味はありませんでしたが、心が奪われました。近々お店に行きます。きっかけをありがとうございます。(中川区・会社員・36歳)

・モダン盆栽、やってみたいと思いました。(中川区・会社員・60歳)

・今回は、とても興味がある特集でしたので、お店をチェックし、訪ねたいと思います。(中川区・主婦・59歳)

・盆栽は日本独特の小さな里山。小さな世界から広がる里山は、これからも日本の大切な宝物だと思います。(港区・主婦・65歳)

・ 日本の良さの『和』からエコに繋がる記事はとても興味がわきやすかったです。『和』について考える機会はないので、そういったテーマはありがたいです。(名東区・会社員・28歳)

・都会に暮らし始めて早20年。特集記事を読んで子供の頃の田舎生活を思い出しました。盆栽は日常の慌ただしさを忘れさせる素敵な存在ですよね!私も盆栽を始めたくなりました。(千種区・会社員・51歳)

・盆栽を始めたいと思っていたところ、今回の特集で自宅近くにあるお店の紹介をみつけました、近いうちにお店によってお話を聞こうと思います。(昭和区・男性・65歳)

・ Risaは毎号読んでいますが、苔玉やミニ盆栽を始めようと思っていたので、今号はとても興味深く読ませてもらいました。Risaを読むと丁寧に暮らすことの大切さを実感します。エコクッキングもよく参考にしています。これからも楽しい記事を楽しみにしています。(千種区・主婦・49歳)

・ 祖父の趣味も盆栽で鉢の表面に苔を張るお手伝いをよくしていました。紹介しているお店も近くなので足を運んでみます。(千種区・主婦・46歳)

・いつも楽しく読ませてもらっています。自分でも盆栽を育てているので今回特集で盆栽の記事があり大変参考になりました。(南区・会社員・56歳)

・盆栽、山野草に興味があり 楽しく読むことができました。(昭和区・主婦・59歳)

・5年位前に「苔玉つくり」をしました。崩れてきたので鉢植えにしました。これも小さな里山です。(中村区・女性・64歳)

・盆栽についての記事もよかったです。鉢に植えたり、ガラスの容器などで育てて部屋に飾るのもいいと思います。(緑区・自営業・73歳)

・盆栽に興味があるので、早速二軒、訪ねてみました~♪♪名古屋市内には少ないので、富士山の近くまでいっています。(昭和区・主婦・51歳)

・盆栽はどうしてもお年寄りの趣味といったイメージが強かったですが、最近では見直されているという話は聞いたことがありましたが、どうしても植物を育てるのが苦手な為、敬遠がちとなっていますが、今回ワークショップも紹介されており、一度参加してみたいと思うきっかけになりました。ありがとうございます。(天白区・会社員・38歳)

・いつも楽しみにしています。今回は、大好きな植物の記事だったので、興味深く読みました。表紙のディスプレイの写真が素敵で目を引きました。(中村区・公務員・46歳)

・盆栽やコケ玉、昔はしっかりとやっていましたが、今は時代の変化かあまり見なくなっていました。新しい場所、新しい人で新たな盆栽やコケ玉がはじまっているのですね。(千種区・アルバイト・63歳)

・こけ玉って、どうして癒されるのでしょうね。眺めているだけなのに、ほっこり心が和みます。(中川区・公務員・40歳)

・コケ玉、テラリウムはお手軽な材料でつくることができるのがいいなあと思い、ぜひチャレンジしようとさっそく買ってきました。(中区・会社員・23歳)

・今号の表紙が可愛くて素敵です☆(港区・主婦・45歳)

・表紙を見て、可愛い☆と釘づけになりました。その盆栽のお店、おうちの近くでしかも自転車でよく通るトコだということが分かりびっくり。お店の方のこだわりやモットー、そしてこの可愛さ☆近いうちに是非訪れてみようと思います。素敵な記事をありがとうございました!(昭和区・主婦・38歳)

・盆栽や山野草は家で主人がしているので興味を持って読みました。(守山区・主婦・37歳)

・盆栽と程遠い存在だと思っていましたが、意外に身近なものだと知って驚きました!(千種区・会社員・48歳)

・緑の植物イコール洋風の観葉植物が思い浮かび、日本古来の「盆栽」は考えもしなかった。記事にあるように小ぶりでしゃれた鉢に入れられていると「盆栽」のイメージがガラリと変わる。プレゼントの参考にしたいと思った。(熱田区・会社員・46歳)

・ベランダで育てても、将来は山へ戻してほしい。里山の人々との交流のきっかけになれば。(昭和区・主婦・70歳)

・亡き父が盆栽が好きでした。そのころは魅力が分かりませんでした。懐かしいとともに、あらためて「癒やし」と感じます。(中村区・主婦・45歳)

・山野草の生け花教室があるのには驚きました。私もならってみたいです。(守山区・主婦・45歳)

・先日、近所の屋根の軒下にコケ玉がたくさんつるしてあるのを見て不思議に思っていたところに、ちょうどこの記事! 興味深く読ませていただきました。(中村区・パート・52歳)

・山野草よかった。「引き算」の考え。1本の花に何本もの花がある感じ、すごく心豊かにしてくれる。小は大なりですね。(中川区・主婦・43歳)

・コケ玉は自分の部屋に置いたらかわいいし、勉強の合間のいやしになりますね。テラリウムは水やりもいらないし、手軽なので私でも育てられていいです。(瑞穂区・小6・12歳)

・6歳の次男は3歳から大の盆栽好き。縁側には所狭しとミニミニ盆栽(お手製)が置いてあります。本格的な盆栽について関心をもたせるきっかけになって喜んでいます。(守山区・主婦・40歳)

・マンション住まいなので、私も盆栽を始めました。まだ梅と桜だけなので、少しずついろいろ挑戦していきたいです。(中区・主婦・71歳)

 

エコヂカラ!

・エコヂカラの靴はとてもよさそうですね。値段と相談しつつ、よいもの、自分に合ったものを選び使い続けることの大切さを思いました。(熱田区・主婦・64歳)

・子どもを連れて公園や郊外の自然園を訪れることの多い休日、なかなか長時間はいても足(指)が痛くならない靴はないですね。このダンスコなら、今の季節ピッタリのようですね。一度、試してみたいと思います。(中区・主婦・37歳)

・靴とエコを結びつけて考えたことがなかったので新鮮でした。正直なところ、消耗品なので価格はちょっと高いように思います。(千種区・会社員・49歳)

・靴はあまり安いのは足が痛くなります。やはり少しでも高いですが、しっかり自分の足にあったものを履きたいです。結局長く履けるので、結果的にECOになりますよね。(守山区・公務員・51歳)

・何年か前から外反母趾に悩んでいて大きめの靴をはいていますが、型が毎回同じようになってしまいます。この靴は興味があります・ぜひ試してみたいですね。(東区・会社員・63歳)

・友人が冬になると重ね履きするため、靴のサイズが25㌢→27㌢になると聞きました。ぜひ教えてあげたいです。(緑区・会社員・45歳)

・ダンスコという靴にとても興味を持ちました。こんな靴があったのですね。早速お店に行ってみようと思います。(緑区・主婦・61歳)

・エコヂカラに載っていた靴は魅力的だなとおもいます。価格が高そうなので手はでそうにありませんが、どんな履き具合か試してみたい気がします。(中川区・主婦・52歳)

・エコヂカラで紹介された靴、気になりました。興味津々です。(中村区・会社員・51歳)

・ 私は外反母趾ですので、今回の「人にも環境にもやさしい靴」の記事はとても参考になりました。(名東区・主婦・66歳)

・外反母趾気味なのでダンスコの靴にとても興味持ちました。ぜひ履いてみたいです。(南区・学生・20歳)

・今回、ダンスコというシューズを知り是非使ってみたくなりました。(北区・パート・45歳)

・ダンスコの靴に興味を持ちました。お店に商品を見に行こうと思います。(北区・パート・40歳)

・エコヂカラで紹介されていた靴を、家内に勧めてみます。(名東区・会社員・54歳)

・この靴屋さんへぜひ行ってみたいと思います。情報ありがとうございます。(西区・パート・38歳)

・履きやすい靴をいつも探しています。今回のエコヂカラの記事を見てお店に行ってみようかと思いました。(守山区・主婦・37歳)

・知らないエコ製品などがいろいろあることが紹介されていたりするので、為になります。(北区・会社員・55歳)

・先日このような靴をテレビでちらっと見たのですが、どこで買えるのか見逃してしまいました。今回この記事で名古屋にお店があり試着をして買えることがわかり、是非行ってみたいと思いました。タイムリーでありがたいです!(北区・主婦・57歳)

・深谷さんは夕方のラジオで毎日声を聴いています。楽しいトークが大好きです。今回の靴、私はなかなか足に合うものがないのですが、記事を読んでいいなと思いました。里奈さんのはいていた白の靴、とてもかわいいです。ぜひお店に行ってみたいです!(中村区・主婦・47歳)

 

未来にカケル

・若者たちが地道なエコ活動にエネルギーを費やし、未来に向かう心意気に感謝してます。ガンバレー水野君!(中川区・女性・67歳)

・娘たちも大学を卒業して、自活するときにいろんな「エコ友」から助けてもらいました。洗濯機、冷蔵庫から台所用品まで、卒業して10年以上たっていますが、まだ大切に使っているのを思い出しました。私も転勤族なので、エコ友に助けてもらい、エコ友を助けて(?)つながっています。(天白区・主婦)

 

エコ家族会議

・ 名古屋の具体例でPM2.5について書かれていたので、身近な問題として理解でき、関心が高まった。(西区・会社員・37歳)

・ 名古屋は公共交通機関が乏しいから自動車の利用が多く空気も悪いのかなと思っています。車以外の市民の足を早く充実してほしいです。きれいな空気を確保するためにも。(北区・会社員・50歳)

・2014年度は光化学オキシダントについて、すべての測定局で目標値目を達成できなかったということはショックです。(千種区・公務員・47歳)

・春先になると中国大陸からの黄砂が気になります。(守山区・会社員・52歳)

・名古屋の空気がウェブサイトで確認できるとは知らなかったので、驚きでした。名古屋の空気はきれいだと思っていたのにそうでもないのですね。残念。(天白区・主婦・45歳)

・アレルギーがあり、PM2.5の注意喚起情報が出たときは症状が出ました。今後も注意して環境状況を見つめたい。(瑞穂区・主婦・65歳)

・温暖化にばかり目がいきますが、人をはじめ、生物が生命を維持するのに大切な空気に関心を持ち、幼稚園や小中学生の授業の中にもっと取り入れるべきだと思います。(緑区・男性・79歳)

 

その他

・ Risaは本当に良い冊子だと思います。忙しさから、ゴミの仕分けからリサイクルまで面倒に感じる事もありますが、Risaを読むと皆さんも色々と考えていることがわかり、私だけ勝手な事を言っていてはいけないなと改めて考えさせられます。(港区・公務員・41歳)

・ 知って楽しく、試したり出かけたり。フリーペーパーじゃもったいないです。(天白区・主婦・67歳)

・ 毎月拝読しております。日常のさりげない自然体の内容が心地よく感じます。これからの記事も楽しみにしています。(熱田区・会社員・49歳)

・のんびり家事の後の 時間にお茶しながら見るのにちょうどいいんです。参考にしたい料理も出てるし、私にはちょうどいい読み物です。(緑区・パート・44歳)

・ Risaを読み、エコに対してさらに興味をもちました!環境がきれいになるよう1人でも多くの人にえこしていってほしいです。これから楽しみにしてます!(守山区・会社員・23歳)

・リサを読むと、環境にいいことしなくちゃ~と自然と思えてきます。(守山区・会社員・35歳)

・読んでいるといつも、心が優しくなります。(中村区・会社員・61歳)

・エコつぶの記事なるほどねと、思う事がよくあります。楽しみです。(中区・パート・70歳)

・毎回「リサもんだい」を楽しみにしています。エコの取り組みは言うは易く、行いは難しを実感しています。(北区・男性・68歳)

・いつも地域の情報が載っていて、これを見てどこかお出かけを決めたり、楽しみにしています!(中川区・主婦・22歳)

・ 毎日コツコツとエコを考えて生活するのが楽しいです。(緑区・パート・56歳)

・台所の断捨離をしたので、リサカレンダーが役にたちました。(北区・主婦・60歳)

・ヘルシー&エコクッキングは、いつもとは違うぶり大根が作れるので、おしゃれだなと思いました。エコトピでのチョコレート展inなごや、というものがあると知り、フェアトレードに興味があるので、いいなと思いました。(北区・学生・20歳)

 

<2016年1月号>

創刊200号の「Re里山」宣言!

・ 自分が住んでるすぐ近くの丘が手をかけてきれいであったことを知らなかったです。知らない所で努力してくれた結果だと思うと、とても温かい気持ちになりました。(守山区・会社員・30歳)

・自然との共存、これからもずっと考えて行動していかなければいけないテーマですね。(西区・パート・52歳)

・ 東栄町には一度も行ったこともないが、チェンソーアートやセリサイトの自然破壊のない鉱山開発がされていて、国の重要無形民俗文化財に指定されている花祭があるなど、是非、一度行ってみたい。(昭和区・男性・78歳)

・セリサイト鉱山を知り目からウロコの感じです、東栄町は里山と温泉の町と思っていました。気に入っていて、よく温泉に入りに出かけます。夏には、近くの大入川のホタル鑑賞も魅力ですね。奥三河を応援したいです。(港区・男性・66歳)

・ここ数年、東栄町には花祭り見学で通い詰めているが、鉱山があることは全く知らなかった。坑内見学ができるのなら一度体験したい。(北区・男性・68歳)

・里山で、週末農業をしています。今回の特集は興味深い内容でした。(名東区・会社員・54歳)

・ 何気なく見た「里山」の記事に、子供のころを思い出し、深く感銘してしまいました。今後も愛読します。(春日井市・会社員・55歳)

・「Re里山」宣言!は素晴らしい事ですね! 私もその活動を心から応援したいと、願っています。(千種区・男性・66歳)

・もっと奥三河のこと知りたいです。(昭和区・会社員・41歳)

・奥三河出身なので、東栄町の特集がとてもうれしかったです。都市と里山を行き来するような生活スタイルがもっと定着するといいなと思っています。(緑区・自営業・34歳)

・金城学院大学の取り組みは初めて知って好感を持ちました。里山創出は地味な作業の繰り返しですが、手をかけた分、素敵な森林になりますね。(中区・会社員・42歳)

・ 金城大学の学生さんが里山事業に関わっていることを初めて知りました。これからも頑張っていただきたいです。(昭和区・主婦・52歳)

・使われていない土地を活性化させる活動、大変な努力だと思います。近代化もいいですが、祖先が築き上げてくれた自然界の美しさには勝てないと最近になって気付く事が出来ました。一度訪れてみたいなと思いました。(瑞穂区・主婦・35歳)

・昔からある日本の「里山」を子孫に美しいかたちで引き継いでいくことは大変なんですね。自然と共生というのは、簡単なようで難しいです。(緑区・会社員・41歳)

・自分と年齢の近い人達の活動に、興味をもって読めました。(瑞穂区・学生・15歳)

・金城大学の取り組みもはじめて知りました。奥三河の暮らしも興味深いです。実家の回りの農業の現状を知るにつれ、地産地消や自然との関わりをもっと考えて行きたいと思っています。皆さんの取り組みを楽しみに読まさせていただきます。(中村区・会社員・48歳)

・ 今回の自然を守って 学ぶは たいへん良かったですね。若い人にどんどん自然に触れて頂きたい。(中区・主婦・61歳)

・200号おめでとうごさいます。特に読み応えありました。Re里山、若い学生さん達が環境の事を考え熱心に活動しているなんて、感動しました。そしてビッグなプレゼントが盛りだくさん。これからもRisaを愛読し応援しております。(緑区・主婦・32歳)

・奥三河で暮らしの「美」追求が面白かったです。セリサイトが化粧品の材料になっているのにはビックリしました。(港区・会社員・27歳)

・里山情報を読めて、興味深かったです。(緑区・主婦・38歳)

・金城の山、自宅からも近く自然が一杯で感謝しておりますが、戦後ハゲ山であったことが信じられません。これからも、この緑を大切にお願いしたいです。(守山区・アルバイト・69歳)

・どの記事も興味をもって読ませてもらっています。Re里山宣言の内容も子供にかえったような気持ちになります。私が住んでいる近所にも歩いてみると古墳跡がまだ残っていたりして結構自然が残っていることを知らされます。(北区・主婦・66歳)

・東栄町の鉱物の話は興味深く読みました。以前、テレビの情報番組で放送していたのを覚えています。体験ツアーなど企画して多くの人に覚えてもらうのはいいことだなぁと思いますね。(守山区・主婦・52歳)

・東栄町のセリサイトの記事がおもしろかったです。自然がいっぱいの地方の町で世界一の会社があるなんてすごいですね。しかも、環境保全とも両立しているのはすばらしいです。(北区・主婦・49歳)

・名古屋市内に残る里山を維持している活動に感動。(南区・会社員・56歳)

・ 金城大の敷地は自然がすごいなぁと思っていました。近隣の市民にも、もっと開放してもらえたらいいですね。(守山区・会社員・40歳)

・天白区のオアシスの森へ出かけた時、癒されました。本来の日本は緑とともに暮らしていたはずです。里山はぜひ残していきたいと感じました。緑は貴重です。(天白区・会社員・30歳)

・ 「Re里山」 とても興味深く、今後も期待しています。(千種区・男性・70歳)

・名古屋に引っ越して間もないのですが、都市というイメージだった名古屋で里山保全という活動をされていたのが、とても意外ですが、そういうことに力を入れている地域の仲間入りが出来うれしく思いました。引っ越す前は、湘南の里山保全の活動をしていたので、Risaを拝読してその様な活動に参加出来る場に足を運んでいきたいと思っています。これからも自然保護の情報を沢山発信して頂きたいです。(名東区・主婦・36歳)

・緑豊かな金城学院大のキャンパス。自然を大切にする心は見習いたいですね。KSCでの活動が活発になるといいですね。地道ながらも応援しています。(緑区・家事手伝い・45歳)

・卒業して40数年になりますが、まだ自然が残されていてうれしい思いです。(港区・主婦・60歳)

・母校の後輩たちの活動を頼もしくうれしく読みました。応援したいです。(緑区・主婦・68歳)

・うちの高校生の子どもたちも自然が多い里山に興味があり、記事を読んで楽しそうと言ってました。名古屋もこのまま緑の多い市のままでいてほしいですね。(中川区・主婦・43歳)

・「Re里山」は大いに共感します。自分も昨年、八百津に桜の苗木を植樹に行き、少しは役に立てたかなと自負しています。(南区・会社員・45歳)

・金城学院大の学生さんたちが里山環境の整備をするため地道な活動をし、地域の親子らと交流をしていると知り、素晴らしいなあと感心しました。里山には虫や微生物など無数の命が存在しています。「都市再開発」の名のもとに里山が破壊されていくのはやはり阻止しなくてはならないと思います。街の自然や里山を守り、次世代や後世の人に残していくのが私たちの役目だと思います。里山が破壊されたら、もう2度と復元はできません。金城学院生や東栄町の三信鉱工の皆さまには引き続き地道な活動をしていただきたいと思いました。応援したいです。(名東区・会社員・31歳)

 

エコヂカラ!

・出版社ごとお引越し、びっくりですね。でも大正解でしたね。名古屋とあまり離れていないのに、日本の古きよき時代がしっかり残っているとは…!! これからこういう生き方が必要なんでしょう。うらやましくも思いました。グッズやお茶なども興味があります。(守山区・パート・41歳)

・服部みれいさんのファンです。美濃市を訪れたいと思いました。(中区・女性・48歳)

・服部みれいさんの本を見たばかりだったので興味深く読ませていただきました。行ってみたいなと思いました。(天白区・女性・43歳)

・今、IT企業が四国の山間の村へ移るなど、地方での活躍が少しずつ出てきていることに未来の明るさを感じる。もっと広がるといいけど。(千種区・会社員・34歳)

・東京と山に囲まれた美濃では空気が違います。私も月1回ぐらい山の手に行き、リフレッシュしています。(中川区・理容師・71歳)

・深谷さんのラジオを聴いていてファンです。エコヂカラ楽しみに読んでいます。エコを心がけていますがなかなかできなくて、参考にしています。(瑞穂区・会社員・37歳)

・ 毎回、色んな形でエコを知ることができ、じっくり、楽しみながら読んでいます。深谷さん!私も多治見市出身です。応援しています。(瑞穂区・主婦・51歳)

・美濃うだつの上がる町並みに開業された出版社さんに大変興味を持ちました。通信機能なども便利な時代なんですから何も大都会で仕事をする必要などなにもなく、逆に美味しい水など得るものが多くって素敵なことだなぁってつくづく思いました。近々ぜひ主人と訪ねてみようと思います。(西区・主婦・47歳)

 

未来にカケル

・ランニング中に気になることは、名古屋の街は車中心の道づくりなので歩道が整備されていないところが多く、そんなところはごみがいっぱいです。信じられないものが捨てられていてびっくりです。(西区・会社員・52歳)

・拾う前に捨てないようにみんなで気をつけて過ごしたいものです。(南区・主婦・58歳)

・ごみ拾いの記事をみて、幼い頃に近所の公園予定地まわりのごみ拾いをして何人かの大人に褒められ、嬉しかった事を思い出しました善い行いに報いることがあると、大人も子供も伸びられる気がします(南区・主婦・36歳)

・エコなまちづくりは、一人一人の自覚が必要であると感じました。街を汚くする人と綺麗にする人は、いつも同じです。ポイ捨てした人の心を変えなければ、街も変わらないと思います。そのためには、ポイ捨てをした人に対して、何かしらの罰則をすべきです。(東区・学生・22歳)

・ 水野さんに同感。日本の都市はきれいと言われるが、決してそうは思わない。特にタバコのポイ捨て、コンビニのゴミ。いつからこんなにモラルが低下したのだろう。近所のバス停付近を掃除しながらいつも思う。(名東区・男性・66歳)

・こういう活動をしているということを知るだけでも意識が変わってくるので大変参考になります。(南区・会社員・37歳)

・おもてなし武将隊の方のごみ拾い姿にあっぱれ!(港区・会社員・39歳)

・気付いたらごゴミは、拾うように心がけています。ポイ捨てゴミを捨てる人の気持ちは解りませんが、綺麗な街づくりをしたいですね。(千種区・主婦・49歳)

 

エコ家族会議

・ 使わなくなった毛布を、Re☆創庫に電話で問い合わせてから持って行きました。『捨てるのも?』と思っていたので良かったです。羽毛もリサイクルの記事を読み、ダウンコートの配合率を確認して、着なくなったら持って行こうと思いました。(熱田区・主婦・61歳)

・家では、羽毛掛けと羊毛敷布団を洗浄・中身を増量し、側布を新しくして使っています。同等の新製品より安く上質ですよ。(守山区・会社員・52歳)

・ダウンのリサイクルってあるんですね。リサイクル品の方が埃も出にくいなんて目から鱗でした。(南区・学生・20歳)

・羽毛がリサイクルの時代を迎えているとは知りませんでした!確かに現在はたくさんの人がダウンを着ている時代なので、需要が高まっているのもうなずけます。私も羽毛の製品を、廃棄するときはリサイクルを検討してみようと思いました。(名東区・学生・24歳)

・我が家も皆羽毛布団を使ってます。汚れとペタンコ具合が気になりつつずっと使用していましたが…去年思いきって『羽毛布団クリーニング』に出してみました。ふかふかピカピカになって戻ってきて大満足でした~(*^^*)リサイクルの前にクリーニングもオススメです!(緑区・パート・47歳)

・羽毛がリサイクル出来るのは初めて知りました。ダウンジャケットは高価ですが飽きて着なくなったものや生地が傷んでもう着られなかったりもありもったいないなと思っていました。買い取りしてくれると尚うれしいんですけど。(東区・主婦・36歳)

・羽毛がリサイクルされていて、なおかつリサイクル品のほうが良くなるとは知りませんでした。(北区・主婦・78歳)

・羽毛のリサイクルができることは知らなかった。しかも使うほどよくなるとは、これからは絶対にリサイクルに出したいと思います。まだリサイクルの羽毛を使った羽毛製品は見たことがありませんが、表記されるのでしょうか。普及するのが楽しみです。(千種区・主婦・41歳)

・我が家の布団も20年経ち、買い換えようと思っていたので早速リサイクルしよう!と思います。いつも新しい情報ありがとう!(西区・主婦・46歳)

・羽毛がリサイクルできるなんて初耳です。捨てるしかないなぁと思っていたので、リサっちとおなじで良い年になりそうですよ。(守山区・主婦・52歳)

・ダウンはいつも廃棄するとき、もったいないなあと思っていたのでうれしく思います。携わる方々にエールを送りたいと思います。(緑区・主婦・75歳)

・羽毛がリサイクルできるとは知りませんでした。実は昨年、子どものアレルギーのため、羽毛布団から化繊綿の布団に変えました。でも羽毛布団は高かったので捨てるのは惜しく、しかし狭い家で収納スペースも圧迫して困っていました。リサイクルしてもらえるのであれば、手放す決心が付きそうです。(港区・会社員・31歳)

 

その他

・まもなく小学生になる孫娘が「リサっちのリサもんだい」の部分だけを拾い読みし答えを即尋ねてきます(笑)。速読も大変ですがためになります。リサっちやぱぱリサの絵がとてもかわいい♡のだそうです。子どもにリサイクルの大切さを教えることは大切ですね!(西区・自営業・64歳)

・いつも楽しみに、Risaを保存しています。もうNo.200ですか。持っているので一番古いのは、No5です。(天白区・公務員・59歳)

・Risaが今年創刊17年を迎えるそうで、同じく今年17才になる長女と同じだと感慨深い思いです。幸せながらも子育てで悶々とする日々の中で「わぁオシャレなエコの情報誌が出たんだ」とワクワクしたことを思い出します。ここまで続いたのは関係者さん方の努力の賜物ですね。これからも魅力的なRisaを読むことを楽しみにしています。(中川区・パート・49歳)

・ 毎号、何気隅々まで目を通しています。エコ~意識しないと出来ないこともあるけど、日々生活の中で、無意識(?)自然に出来ることも沢山あるって気づかせて貰える、そんな情報紙だと思います。(守山区・会社員・50歳)

・見ていてとっても楽しかったです。地元の情報がたくさん載っていて地域と密着していていいなと思いました。 また高校生として知っていたい豆知識みたいなのも(料理、リサイクルなど)あっていいです。(昭和区・学生・16歳)

・地域密着型の記事は 興味を持ちやすく 子どもたちの刺激にもなっています。(千種区・会社員・38歳)

・ 毎号楽しみにしています&読んでます。エコつぶ参考にし、3Re心がけてできることから即実行!(天白区・主婦・63歳)

・ Risaでは毎回エコに関わる色々な人や取り組みを特集していて、色々な人が色々なことに取り組んでいるんだな~と興味深く読んでいます。自分は余分なものを買わない、ゴミの分別をちゃんとするぐらいしかしてませんが、Risaで自分なりにエコを学んで実践していけたらと思います。(昭和区・主婦・34歳)

・ リサイクルカレンダーすごくわかりやすくて助かってます★ テレビのリサイクルの特集だとチャンネルを変えてしまうかもしれないけど、Risaはテーマも身近でボリュームも適度で読みやすいです。次も楽しみにしてます!(名東区・会社員・28歳)

・今月号はエコの記事が多く、大変興味深く拝読しました。私も地元でボランティア活動をしていますが、皆さんにはとても及びません。しかし、大変参考になると同時に、私たちももっと頑張ろうという励みになります。(南区・男性・70歳)

 

<2015年12月号>

特集 新スタイル!リユースショップ

・リユースショップを初めて知りました。いらなくなったものを、他に必要としている人に使ってもらえ、捨てるよりもお金をもらえるシステムは魅力的です。このようなお店が他にないか、今後も情報提供をお願いします。(東区・学生・22歳)

・セカンドストリート(ゲオ)は家から近くなのでよく行きます。商品が色々あって楽しいです。10月のリニューアルも行きました。(港区・主婦・42歳)

・ いつも楽しく拝見しています。今回の特集は地元天白区の店が取り上げられ、とても参考になりました。これからもエコで身近な話題を宜しくお願いします。(天白区・会社員・49歳)

・今までもリサイクルショップへの買い取りを利用していたので、行った事のないお店の情報場所が把握できて良かったです。(千種区・パート・39歳)

・リユースの特集拝読しました。私も、本はブックオフ、家電はハードオフなど、売ったり買ったりしています。中古でも十分綺麗で、すぐ壊れることなく使えます。お得に、環境貢献しています。(緑区・会社員・41歳)

・前から気になっていたリユースショップの特集は、とても参考になりました。さっそく我が家もリユースに挑戦してみたいと思います。(北区・パート・45歳)

・ 地元のことでも意外に情報を見逃していることも多いなと思います。今回栄スーパーバザーの店やフェアトレードの店情報は役立ちました。(天白区・主婦・51歳)

・リサイクルショップで、フォーマルブラウスが豊富なお店など、専門分野も掲載してほしいです。(緑区・主婦・52歳)

・本当に今日、今、着なくなった服やバッグをリユースショップに持って行こうと考えていたところにこちらの記事発見!なんてタイムリーなんでしょう!(西区・会社員・28歳)

・ 今月号の特集を見て、あらためてリユースショップに行ってみようと思いました。3月に子供が生まれるので、ベビー用品を見に行ってみます。(瑞穂区・会社員・43歳)

・ 名古屋はリユースショップ激戦区、に感心しました。意識が高いのでしょうか。Risaのような内容のフリーペーパーも、他の地域ではあまり見られないものなのでしょうか。(中村区・自営業・45歳)

・近くに質屋さんがありましたが、閉店しました。リユースショップと呼ばれるんですね、不用品が出たら一度行ってみたいです。(北区・主婦・62歳)

・まさに今月号のリユースショップが私のエコです。今年からはまりました。子供のものは売って買ってどちらも楽しんでいます。なかなか捨てられなかった自分の服も他に誰かが着てくれるならと手放す気になれ、クローゼットの中が少し片付きました。「リンクスマイル」は初耳だったので、今度行ってみようと思います。素敵な情報ありがとうございました。(守山区・主婦・38歳)

・特集のリユースショップについて名古屋内にはもっとたくさんのリユースショップがあります。個人経営だとか、小さいお店をもっととりあげてほしいです。また、どのようにして売るのかなど、もっと質屋さんのことを身近に感じたいです。(瑞穂区・学生・21歳)

・リサイクルショップ、よく利用してます。掘り出しものを見つけた時はとても嬉しいですO(≧∇≦)o (天白区・パート・49歳)

・ 今回の記事面白かったです。リユース、大切だと改めて思いました。(守山区・パート・43歳)

・名古屋市中心地以外のリユースショップもぜひ紹介してください。身近な場所の方が利用しやすいですので。(千種区・会社員・47歳)

・リユースショップを改めて見直しました。大きな店だと一日中楽しめそうな気がします。(港区・会社員・58歳)

・今、リユース、リサイクルショップにすごくはまっているのでうれしい企画でした!最近話題のジモティーも取り上げてほしいです。(北区・パート・50歳)

・毎号楽しみにいています。子供服のリユースショップは知っておりましたが、今どきは大人服から子供服まで、その他家電や自転車などなど、充実した品揃えでとても驚きました。捨ててしまうとゴミになってしまいますが、需要と供給が成り立ち商品として生き返る!すごいですね。今度の週末、是非訪れてみたいと思います。(緑区・主婦・43歳)

・リユースショップに興味があったので、大変参考になりました。(中川区・主婦・55歳)

・ 昨日リサイクルショップに行き、子どもの発表会用の服を購入。きっと一度しか着ないであろうフォーマル服。中古で十分です!しかもきれいでした。(中川区・主婦・40歳)

・年末までに買いたい物があったので、リユースショップの記事が参考になりました。(瑞穂区・主婦・62歳)

・リユースで掘り出し物が見つかると得した気分一杯になります。(北区・主婦・41歳)

・こんなにリサイクルが、熱いとは、、物を大事にするのは、大事です。明日覗きに行ってきます。(守山区・主婦・50歳)

・自分が行ったことのあるリユースショップも載っていて親近感が湧く特集でした。今回のようにエコとお得が両立する内容は多くの人にとって気になる内容だと思うので、今後も期待しています。(中村区・男性・29歳)

・リユースショップよく利用してます。掘り出し物を見つけるとより楽しいです。コメ兵さんの「円g」(?)も紹介されてはいかが!?(西区・主婦・47歳)

・そろそろ赤ちゃん用品をリユースしようと思いました。。。(守山区・主婦・46歳)

・リユースショップがこれほどあるとは驚きです。(緑区・会社員・59歳)

・リユースショップは買うばかりで売ったことがないので、買い取りの仕組みを知れてよかったです。名古屋にこんなにたくさんリユースショップがあるなんてびっくりです。(西区・主婦・50歳)

・4年生の子が学校でリサイクルについて習っていて、「リユース、リデュース、リサイクル…」とじゅもんのように唱えています。リユースショップに連れていきたいと思いました。(千種区・パート・42歳)

・生活のために現金がほしくて質屋へ行くというイメージは過去のことなのですね。ネーミングでイメージアップしますね。(南区・主婦・52歳)

 

エコつぶ大賞

・グリルにミカンの皮を入れるアイデアは、やってみたいと思います。(名東区・主婦・52歳)

・ 一行二行で、みなさんの知恵が聞けるので楽しみにみています(西区・会社員・29歳)

・エコつぶをこのごろは楽しみに読んでいます。皆さんのエコに関する情報が私の家で役立っています。私もエコつぶに載せたいですが、皆さんのエコつぶばかりなので考えが浮かびません。(南区・会社員・30歳)

・大賞の、ミカンの皮のやり方はすごいです!真似したくなるエコつぶが多くて勉強になります!(港区・パート・33歳)

・ミカンがもらいものを含めたくさんあるので、大賞受賞作の魚焼きグリルの受け皿の水にミカンの皮…を試してみます。(東区・主婦・55歳)

 

エコヂカラ!

・すご~く勉強になりました! 樹脂内窓、初めて知りました。結露にすごく悩んでいるので、家族で話し合いをして、前向きに検討しているところです。これからもいろいろ教えてください。(中川区・主婦・44歳)

・ 現在家のリフォームを計画しており、参考になる記事でした。注目しているエコカラットも載っていたので、やはり使用してみたいと思っています。(守山区・主婦・44歳)

・ 今我が家はリフォーム中 もっと早く知ってれば!後の祭りです。残念!(西区・主婦・51歳)

・寒い冬も工夫次第で光熱費の節約になるので、参考になります。(緑区・パート・56歳)

・内窓工事が1時間でできるとは初めて知りました。検討してみたいと思います。(西区・会社員・67歳)

・この地方の結露にはほんとに困って、窓際には結露防止テープを貼ってます。(天白区・パート・54歳)

・内窓の話も非常に参考になりました。(港区・主婦・52歳)

・冬のお部屋あったか計画がとても参考になってよいです。私のマンションも道路の騒音が気になるのと暑さ、寒さ対策を考えていたので、この記事がとても参考になりました。(南区・女性・68歳)

・お部屋のリフォームの参考になります。(中川区・自営業・61歳)

・建物のエコの効果がわかりやすく説明されていた。(中区・自営業・62歳)

・毎回、話題が豊富、新鮮で楽しみです。ラジオも毎日聴いてます!(港区・主婦・66歳)

・深谷アナの「ヨヂカラ」いつも聴いています。何かとても他人とは思えません。ガンバレ!エコヂカラ!!(昭和区・主婦・60歳)

 

未来にカケル

・3島の1つ、佐久島出身です。興味深く読みました。(中川区・男性・63歳)

・普段知ることが出来ないことを、こういった形で知ることが出来るのがとてもありがたいです。篠島と日間賀島に行ってみたくなりました。(中川区・学生・17歳)

・伊勢神宮の御用材リサイクル凄いです。驚きました。(天白区・主婦・45歳)

・篠島の式年遷宮のこと初めて知りました。すごくエコですね。ちゃんと再利用されて、ずっと疑問に思ってました。(名東区・女性・65歳)

・離島のリサイクル、すばらしいと思いました。(千種区・主婦・32歳)

・本当に「すごい!リサイクル」だと思いました。この3島を訪ねたくなりました。食事も歴史も文化もエコも楽しめそうです。(千種区・会社員・49歳)

・20年ほど前に行ったきりなので、また行ってみようと思います!(名東区・パート・49歳)

 

エコ家族会議

・都市の木質化、いいな、いいな。プラスチックのベンチには、ためらいがうまれますもん。(東区・パート・49歳)

・都市の木質化、大賛成です。昔通った小学校のあの木の感触が懐かしいです。公の建物を木質化していってほしい。(千種区・主婦・62歳)

・ 木質化をはじめて知りました!間伐材を利用してるんですね☆とても素晴らしい活動だと思いました!(中区・パート・37歳)

・木質化で森の維持と、コンクリートとは違った街の魅力が生まれるといい。(港区・主婦・73歳)

 

その他

・エコトピで久々にカマキリの名を聞きました。名古屋に住んで5年、ほとんどカマキリを見かけていません。いろんな種類があるんですね。(熱田区・会社員・34歳)

・季節に応じた企画や料理のレシピ、エコについての様々な情報や施設紹介は本当に役に立ちます。これからも興味をひくような紙面作りを家族で楽しみにしています。(中川区・主婦・42歳)

・家族でリサイクルを話し合うきっかけになります。(昭和区・パート・47歳)

・エコトビにて「なごや生きもの一斉調査2015」の存在をしりました。今後、メダカ、ふな、げんごろう、ドジョウなどの調査を願うとともに、広く周知を図ってもらいたい。(北区・男性・68歳)

・エコなネタを定期的に発信するのは難しいですね。商売気がなくて、振りかぶらない身近な内容が、取っ付き易いです。(昭和区・会社員・43歳)

・環境やエコにわずかでも気を配った生活がしたいので、リサイクルリユース情報に感謝しています。(瑞穂区・主婦・38歳)

・エコの視点で取り扱った情報紙であることを,あらためて知りました。「Risa」が何を表しているのか分かりづらい。もっと親しみやすい名称がいいと思います。(緑区・男性・65歳)

・Risaを読むたび、自分の身の回りにもっとリサイクル・リユ-スできるものがいっぱいあるんだなあ…と気づかされるのですが、さて実行となると-。読み終えると同時にその決意なども閉じてしまうようでちょっと反省。今度こそ!(千種区・主婦・70歳)

・仕事柄、市町村の資源ごみ回収ステーションへ行きますが、市町村によって分別種類の違いがあります。たとえば、空き缶はアルミとスチールなどに分別すると、次の工程作業が効率的になります。(守山区・アルバイト・69歳)

・楽しく拝見させていただきました。環境について子供たちと一緒になって真剣に取り組んでいかないとあらためて感じました。子どもが大人になったときも住みよい環境であるため今努力しないといけないですね。(刈谷市・会社員・35歳)

<2015年11月号>

特集 イチジクからわかるカーボン・オフセット

・いちじくの記事は、大変興味深く拝読しました。以前、わが家にもいちぢくの樹があって毎年食べきれずご近所に配っていました。今でも大好物です。(南区・男性・70歳)

・カーボンオフセット、聞いたことあっても意味を理解しておりませんでした。今回記事をよんでようやくわかりました。大切なことですね。(北区・パート・39歳)

・イチジク畑が、子供のころ住んでいた三河にはとても多かった。その果実の熟れていくときの良い香りを思い出しました。農家さんと、森林と、消費者をつないで、環境を考える。「カーボンオフセット」って少し前にもっと話題になっていましたよね。とても良いシステムだと私は思います。(緑区・会社員・40歳)

・イチジク大好きですが、環境保全に役立っているとはもっともっと好きになりました。(名東区・女性・40歳)

・ 特集されたイチジクは、カーボン・オフセット、地産地消、廃棄物利用といいこと尽くしですね。(名東区・主婦・54歳)

・イチヂクは愛知県が1位なんですね!いつもドライイチジクを食べていますが知りませんでした^^;また、カーボン・オフセットも知りませんでした!やわらかドライイチジク、近場のお店で探してみようと思います♪(中区・パート・37歳)

・ イチジク大好きです。昨日フランス料理のランチデザートにイチジクのコンポートが出ました。それもおいしかった。(緑区・主婦・65歳)

・ いちじく大好きです。表紙の写真が美味しそう! いちじくと森林と環境興味をひかれて読み進めるのですが、『カーボンオフセット』カーボン?インク?『クレジット』 !? 材木のペレット?勘違い。この言葉を検索もして、こういう仕組みもあるのか!と知ることが出来、今回をきっかけに理解を深めていきたいです。(名東区・主婦・46歳)

・ 私はいちじくが大好きなので、それを無駄にしないこの取り組みは初めて知りましたが、良いことだと思いました。環境にすごく興味がある訳ではありませんが、身近なことだとやっぱり気になりますね。(中区・会社員・38歳)

・規格外のいちじくのドライフルーツへの商品化、とてもいい事だと思い共感しました。ジュースなんかにしてもいいような気がします(期間限定とか)。(中村区・女性・42歳)

・いちじく、大好きです。規格品外のものが大量に出ていて、廃棄されることまでは、しりませんでした。折角、収穫したいちじくを無駄なく商品化できることは、地球にとっても人にとっても素晴らしいことだと思います。(天白区・会社員・42歳)

・いつも読んでいます!今回の特集の内容は、初めて聞きました!折角の収穫物を、廃棄する映像を以前テレビで見て、とても残念に思っていました!その上、カーボン・オフセットの制度はすばらしいと、思いました!私も協力したいと思います!その他、参考になる事が多いので、楽しみにしています!(尾張旭市・主婦・61歳)

・名古屋に引っ越してきて、初めて生のイチジクを食べました。イチジクの記事が面白かったです。(中区・主婦・45歳)

・環境に優しくできる情報が載っているので、いつも楽しみにして読んでいます。最近、知多の内海にミカンを買いにいきました。知多のイチジクも、また探しに行きたいです。(瑞穂区・公務員・51歳)

・イチジクの取り組みがよかった。10年ほど前大府市に住んでいて知多市の職場までイチジク畑を毎日見て通勤していました。もともと果物の中で一番好きです。家に昔、木があり完熟を食べて育ちました。店頭に出せない本当は甘いイチジクをソフトな干しイチジクには大賛成、そのうえ二酸化炭素を減らすというプロジェクトなんてすごいです。(千種区・主婦・73歳)

・ いちじくは大好きですが、子供の頃に食べたようなトロトロの甘いイチジクが少なくなって残念です。実家の近所の木になっていたものは熟すまで木になっていたからでしょうか。(守山区・会社員・51歳)

・初めて「カーボン オフセット」という言葉を知りました??このいちじくの商品を買うことで 環境活動に参加できるのがいいですね。リサ問題をときながら、記事を読むのが面白いです。(緑区・パート・43歳)

・「カーボン・オフセット」という言葉を初めて聞きました。果物をドライフルーツにするのにCO2が出るということを今まで考えたこともありませんでした。そのカーボン量分の「クレジット」を森林組合から購入する。私たちの知らないところでつながっているんですね。また、環境問題の解決にも少し貢献しているんですね。 今後このように私たちには見えない取り組みを教えてください。(千種区・主婦・62歳)

・イチジクが大好きなので表紙の写真に反応してしまいました!カーボン・オフセットのしくみがいまひとつわからなかったので今回の特集はとてもよかったです。カーボン・オフセット、ことばのイメージから印刷技術のようなものだと思っている人もいると思います。身近なことで正しい意味や活動を教えてくれるRisaの特集はいつも興味深いです。生もドライも大好きなイチジク!当たるといいな。(中区・パート・53歳)

・ 愛知県に住むようになって、イチヂクを好きになりましたが、今回の特集で益々好きになりました。シェアシードというのは、初めて知りました。とても、楽しそうでいろんなつながりを感じますね。(守山区・主婦・44歳)

・ イチジクの出荷が全国1位とは知りませんでした。よくスーパーで愛知産のいちじくを見かけたのも納得です。(中川区・主婦・51歳)

・イチジクがエコになるんて考えもしなかったけど、これまで形が悪いだけで捨てられていたのはもったいないと思いました。(中川区・会社員・60歳)

・イチジクが見た目だけで出荷できなかったものが、ドライフルーツにすることで出荷できるということは、素晴らしいことだと思う。(守山区・公務員・47歳)

・食べて応援っいいことですね簡単なことで応援できてうれしいです。(西区・会社員・47歳)

・規格外のイチジクが捨てられていたという話を聞いて、私ももったいないと思いました。カーボン・オフセットの取り組みはすばらしいと思いました。(緑区・会社員・42歳)

・いちじくは大好きでシーズンになるとほとんど毎日食べております。傷みやすいので大変だとは思っていましたが、雨が降っただけでも駄目になってしまう場合もあるというのを読んで、考えていた以上の苦労に驚き、また感服いたしました。生産して下さる人たちに感謝しながら、これからも大好きないちじくを食べ続けていきたいと心底思いました。これからも頑張って下さい。(日進市・主婦・67歳)

・ドライいちじくは国産が手に入らず、輸入物を買っていました。空輸で運ばれてるので膨大な量の二酸化炭素の排出があるのでしょうね。(守山区・会社員・51歳)

・ドライフルーツは栄養もあっていいですね。イチジクはあまり見かけないけど、レーズンは子供が大好きです。エコに配慮した取り組み、応援しています。(緑区・会社員・41歳)

・カーボンオフセットという言葉は知っていましたが、今回の記事を拝見し、ようやく理解することができました。すばらしい仕組みに感動すると共に、もっとこのシステムが普及し、自然との共生や環境保全に繋がることを祈っています。(守山区・会社員・58歳)

・Risaの”つぶやき”も今までは結構速く素通りしていましたが大好きなイチジクとカーボンオフセットの今回の記事は時間をかけて読みました。これからが楽しみです。(緑区・男性・73歳)

・会社で、色々なエコ活動を取り組んでますがまだまだ、知らないことが沢山あることをこの、Risaを読むと実感します。いちぢくが、大好きなので貢献できてることを知り自己満足に浸ってます。(名東区・会社員・36歳)

・ カーボンオフセットという言葉はよく聞くが、イマイチ取り組みがどう環境によいのか分からなかった。しかし、今回の特集で、どのようなしくみなのかが、視覚的によくわかった。(名東区・学生・24歳)

・ カーボン・オフセットの意味が今回の記事で理解できました。規格外というだけで廃棄されるなんてもったいないですね!いちじく食べてみたいです。(南区・学生・20歳)

・ 今号の特集の『カーボンオフセット』について大好きなイチジクが目に留まりなんとなく読み始めた記事でしたが、とても奥深い内容でとても勉強になりました。(名東区・パート・42歳)

・イチジク、愛知県が全国1位の出荷量を誇ると知り、嬉しいです。私も大好物です。しかし、とても繊細で雨が当たるだけでも崩れてしまうとは、気づきませんでした。又、それが原因で廃棄せざるをえないのは、残念、もったいないですね。中身は何ともないのに…。それがドライフルーツに有効利用され、尚且つカーボンオフセットまで考えられて本当によかったと思いました。 (熱田区・女性・50歳)

・やわらかドライいちじくは以前購入したことがある商品です。それがーボン・オフセットを利用したものとは初めて知りました。仕組みもよくわかったので、これからは消費者として利用していきたいと思います。(西区・主婦・51歳)

・カーボンオフセットのお話は難しく感じましたが、真剣な取り組みの様子が伝わってきました。(天白区・主婦・45歳)

・ 碧南に住む祖母から毎年箱でいちじくをもらっていました。農家さんから市に出せない屑でしたが、めちゃくちゃ甘くておいしかった!祖母の思い出が詰まったイチジクは大好物です。カーボンオフセット、最近は横文字が多いのではて?と思ってましたが、よくわかりました。(天白区・自営業・39歳)

・イチジクがますます美味しく食べられること知りました。(緑区・会社員・24歳)

・今回の特集にあった「いちじく」なんと!実家の庭で育てており毎年大きないちじくが実ります。庭で育てている家は少ないのではないかな~と思い記入させていただきました!たまたま特集で「いちじく」についてやっていたため嬉しく思いました!いちじく大好きです♪よい特集でした。(みよし市・会社員・26歳)

・私は目に入れてもいいほどイチジクが好きです。イチジクであればジャム、ジュース、ヨーグルト…なんであれ大好き。(南区・主婦・77歳)

・カーボンオフセットの仕組み自体についてもう少しわかりやすく説明してほしかったです。よくわからなかったので自分で調べました。(守山区・主婦・52歳)

・大好きなイチジクが捨てられるべきものがすてきな商品に生まれかわって喜ばれるのはとてもよいことと思います。それになお地球に貢献できるとはすばらしい。(中川区・主婦・63歳)

・ドライフルーツはよく購買しているがイチジクは未体験。手軽にスーパー等で購買できるよう販路拡大してもらいたい。(千種区・男性・77歳)

・イチヂクは長寿の薬と親から教えられました。(中区・女性・70歳)

・3ページの岐阜の森林が手入れされているようですが、私の故郷は瑞浪で、まったく山が荒れ放題になっています。植えただけでその後手入れ、枝打ちや間伐、下草刈りなどをしていないのでひどいことになっています。(千種区・男性・73歳)

・イチジクに興味があったので、今月号の特集はとてもよかったです。(南区・支援員・47歳)

・特集記事を3回ほど読み返し、ようやく理解できました(汗)。すばらしい取り組みだだと納得・ただ、もう少しわかりやすいネーミングだともっと周知されるのでは?(名東区・主婦・51歳)

・カーボン・オフセットという仕組み、Risaを読むまでまったく知りませんでした。いろいろと難しいこともあると思いますが、この仕組みがもっと多くのことに利用されればいいと思います。(昭和区・販売員・55歳)

・一連の流れがわかり大変勉強になりました。この流れが世の中を変えることを期待しております。(瑞穂区・主婦・57歳)

・森林を維持し、いろいろ管理に働いてくださる人に感動しております。(緑区・パート・74歳)

・ライ麦とドライイチジクを練り込み、パンを手作りしています。プチプチとした食感がおいしい。スーパーではトルコ産です。地産地消のイチジクがありがたいです。(天白区・主婦・69歳)

・エコ、カーボンの仕組みは複雑だけど、「もったいない」から始めようはわかりやすいです。(瑞穂区・派遣社員・43歳)

・カーボン・オフセット…名前は知っていたけど実体はよくわからなかった。CO2を元に消費者が環境活動に寄付するということなんですね。(瑞穂区・会社員・59歳)

・イチジクもこんなに大変だったとは思わず、読んでびっくりなところ多かったです。(熱田区・女性・40歳)

・イチジクを買って森が守られるのには少しびっくりです。(港区・会社員)

・南信州菓子工房は存じております。たびたび南信に出向くのでよく見かけます。そこで愛知のイチジクが活躍しているのですね。(中川区・公務員・54歳)

・日本は食べ物をムダにしていることが多いと思っていましたが、規格外れのものを再商品化し、さらに環境も考えている方がいることに感激しました。カーボン・オフセットは初めて聞く言葉でしたが、私もコープ商品30年なので興味深く読みました。(千種区・パート・65歳)

・「もったいない」から始まったイチジクのドライフルーツ、今まで格外品が何㌧も処分されていたとは知りませんでした。ドライフルーツとして有効利用はすばらしいことです。(昭和区・主婦・61歳)

・カーボン・オフセット、今ひとつよくわかなかったが特集の記事であ~そういうことだったのかとガテンがいきました。(東区・男性・49歳)

・CO2による地球温暖化が言われてもうずいぶんになりますが、このような取り組みがされていることを初めて知りました。これからはこの「認証商品」に目を向けていきたいと思いました。(緑区・男性・73歳)

・イチジクが不老長寿の果実!だなんてものしりになりました。(熱田区・主婦・50歳)

・私の朝食、いちおしはイチジクを刻んでヨーグルトをかけ、クルミをぱらぱらのせてスプーンで食べる、です。シーズンオフにドライイチジクがあれば大助かりです。(緑区・女性・66歳)

・規格外のイチジクが安く売っており、イチジクジャムにしたところ、とてもおいしくでき、家族、友人に好評でした。(緑区・主婦・66歳)

 

エコヂカラ!

・シェアシードという言葉、今回初めて知りました。種がつなげてくれる人とのつながり、すごーく感動しました。もう少し近かったら仲間に入りたいと思いました。機会があったらぜひシェアシードの棚へシェアしに行きたい。(天白区・主婦・75歳)

・今の世の中は「シェア」で人と人とのつながりも強くなっていると感じました。(北区・主婦・39歳)

・人から人へ繋いで行けるなんて感動しますね。色々繋いで行くものは沢山有るので、探してやってみたいと思っています。(北区・主婦・71歳)

・種からつながる…素敵な取り組みを知ることができました(*^^*)ひとつの種からまた種をとり、また別のひとへ…そうしてみんながつながるってとても素敵ですね!(中川区・主婦・40歳)

・深谷さんのラジオ番組を良く聞きますので、興味深く拝見しています。(守山区・会社員・57歳)

・シェアシードって今号の記事で初めて知りました。(西区・主婦・41歳)

・種を介していろんな人とつながれるという試みが新しく、興味を持ちました。(熱田区・会社員・33歳)

・シェアシードは初めて聞いて興味深かったです。私も何か育ててみたいと思いました。(港区・会社員・31歳)

・ 今年ゴーヤのシェアシードに参加しました。今はゴーヤを冷凍していた物をバナナジュースに入れて飲んでいます。種は主催の保健所に送りました。(天白区・主婦・69歳)

・シェアシード、初めて聞きました。ガーデニング等に興味ありなので、野菜にも挑戦してみようと思います。(東区・会社員・54歳)

・シェアシードは知りませんでしたが、私たち知り合いの間ではずいぶん昔から自然に種をいただいたり差し上げたりしていましたよ。これが大きくなればもっといろいろな種な皆に渡り、幸せな気分が広がりますね。(北区・介護福祉・61歳)

・シェアシードって知りませんでした。もっと広がっていくといいと思いました。(緑区・主婦・44歳)

・海水浴場とシェアシードとのつながりが不思議でした。種を育てることで日々自然などのことを考えられていいと思いました。(名東区・主婦・61歳)

・種を無料でもらえたり、寄付したりで人と人もつながる、いい話でした。おいしいお茶を飲んだ後のように心がほっこり温かくなりました。(中区・会社員・41歳)

・東海ラジオの深谷アナがあられちゃんみたいなメガネでレポートしているのが面白いです。頑張ってください。(西区・会社員・55歳)

・少し遠いですが「アイランドサーフ」行きたいです。すごく珍しいお店ですし、お店の方がとてもいい印象です。(北区・学生・21歳)

・農業の楽しさは、こんなことから始まるかもネ!(昭和区・女性・85歳)

・私も姉妹で花の種をとり、お互い交換して育てています。(港区・主婦・68歳)

・寺部町とあり、西尾出身の私は思わず興味深く、周りの人とシェアする喜びを感じました。(昭和区・自営業・66歳)

・こんなちょっとしたことでもエコになり、ボランティアにもなるなんてすばらしいと思いました。もっと広まるといいと思います。(名東区・主婦・47歳)

・シェアシードという言葉の持つ意味の深さを知りました。(守山区・男性・68歳)

・プランターで花や野菜を育てています。めずらしい花も育ててみたいのでシェアシードが近くにあったらいいなと思いました。(千種区・女性)

・アイランドサーフの鈴木さんの笑顔がすてき!でした。深谷アナウンサーの文章がわかりやすくてよかったです!(千種区・女性・51歳)

・いただいた種で育て、再びとれた種を誰かがまいて育てる。すごくいいことだと思いました。(北区・女性・84歳)

・いろいろな種をまいて育てるのが好きです。シェアシードいいですね。種を持って訪ねてみたいです。(緑区・アルバイト・65歳)

・大学図書館でこの記事にあるように「種を持ち帰ってください」を見かけたことがあり、今回の記事であらためてこの活動をもっと多くの人に知ってもらいたいという気持ちになりました。次の大学祭では何か企画しようかな…。(東区・学生・19歳)

・シェアシードっていいですね。私も小さな庭で花を育てていますが、種から発芽して地表に小さな葉っぱが出てくるとうれしいです。(守山区・主婦・62歳)

・団地の窓でがんばって育てます。(中村区・主婦・62歳)

 

未来にカケル

・ 「未来にカケル」で紅葉がなくなってしまうかもとありましたが、本当に心配に思います。私は写真を撮るのが趣味で、紅葉の写真を毎年撮っていますが、年々、時期が遅くなってます。この間、秋の写真を飾ろうと去年の写真をみたら、12月14日に撮影したものでした。こう言ったことを若い人も含め、皆が考えて行けたら良いですね。(熱田区・女性・50歳)

・あっという間に秋!紅葉の写真を見て、私も家族で紅葉を見に行きたいと思いました♪(名東区・主婦・35歳)

・日本は四季がありますので、未来にカケルはいいです。(名東区・主婦・66歳)

・秋らしく、写真もきれい!(南区・主婦・30歳)

・一人で出掛けるのもいいですね。(守山区・会社員・47歳)

・紅葉が見られなくなることなんて考えていなかった。当たり前のことだったので、四季を実感し、少しでも何かできればと思いました。(昭和区・紅茶店・45歳)

・若いころにもみじ狩りなんて思ったことなかった。この歳になって香嵐渓にぜひ行ってみたいと思いました。(中村区・主婦・50歳)

・若者目線なエコをたくさん話題に!(北区・パート・44歳)

・遠くへはなかなか行かれないので、町内の紅葉を楽しんでいます。(緑区・公務員・43歳)

・日本の美しい四季がなくなるなんて考えたこともありませんでした。そんな未来にならないようにしたいですね。(千種区・主婦・58歳)

・紅葉の季節、それぞれ楽しみ方あっていいなーって思い、そして思いめぐらすこともいろいろあっていいなーって思います。(昭和区・介護福祉士・62歳)

・環境悪化による自然破壊がとても心配です。日本の四季が続くことを願います。(中川区・男性・62歳)

・日本に四季があって、秋には紅葉が見られるのは当たり前だと思っていたけど、そうではなかったのですね。環境を悪化させたら四季がなくなるので、心にとめておきたいです。(南区・主婦・52歳)

・先日、主人と散歩をかねて白鳥公園に出かけました。もう紅葉している木々が遠くからみるととてもきれいで、立ち止まって見ています。名古屋も近くで紅葉がいろいろ見られますのでまた行きたいと思っています。日本の四季が続きますように。(南区・女性・72歳)

・そんな若者もいること、よーくわかりました。うれしいです!(名東区・主婦・61歳)

・水野さんの思いが気に入った。(西区・女性・78歳)

 

エコ家族会議

・わが家はヒートショックないかチェックしてみよーと思いました。(南区・主婦・30歳)

・省エネの家っていいなと思いました。(中村区・会社員・38歳)

・わが家も古いのであちこちすき間風。年齢も年齢ですので考えどきですね。冬場はよくお風呂屋さんへ行くんですよ。(南区・主婦・67歳)

・私たちの子どものころと比べると冬は寒く、夏は極端に暑い…変化の大きな気候になった気がします。人間のわがままが引き寄せたのでしょうね。(西区・男性・69歳)

 

その他

・エコつぶをみて、はっと気づかされることがよくあります。毎回たのしみになってます。(熱田区・パート・43歳)

・エコつぶのコーナーを読んで、できることから生活の中に取り入れています。(港区・会社員・58歳)

・ 何よりエコつぶを楽しみに読ませてもらってます!今回も肉や野菜を炒めた後にスープができるなんてすごい衝撃的でした!確かにおでんや煮物の残り汁を味噌汁にしたことがありますがすごく美味しくできます。フライパンでもできるなんて。次回絶対やってみます!エコつぶですが水道代節約のために毎日お風呂のお湯を洗濯に使っていますが先日TVで洗濯の汚れはお風呂湯の温度が1番よく汚れが落ちると聞き残り湯を使う時は洗剤の量も少量にしていて一石二鳥、十分汚れは落ちてます。(中川区・会社員・36歳)

・毎回、特集やエコつぶを楽しみに読んでいます。愛・地球博以前から、ずっと「もったいない」精神でエコライフを楽しんでます。(熱田区・公務員・54歳)

・エコつぶは、皆さんの取り組みが紹介され、山椒のようなピリカラに一人でも多くの方が実行されることを望んでます。(守山区・アルバイト・69歳)

・ハーブが大好きなので今日のおすすめレシピがとても参考になりました、ハーブのある暮らし、は、私の憧れです。(天白区・会社員・42歳)

・ 「エコつぶ」はさすがにもうネタがつきてくるのではないかと思って読んでいるのですが、まだ工夫の余地があるのですね。びっくりです。(中川区・主婦・38歳)

・お茶が好きなのでハーブティの記事は嬉しいです。フランス語を勉強しているので、今回のプレゼントが是非欲しいです。(東区・女性・31歳)

・ヘルシ-&エコクッキングを毎回参考にしてます 今月号のハーブも普段飲むことはなかったのですが 作って飲んでみたら美味しくてはまりそうです(守山区・主婦・48歳)

・ 毎号明るい紙面で、難しくなりがちなエコの話題がとっつきやすいです。(守山区・主婦・47歳)

・おしらせのコーナーにあったロウヤガキの展示会の記事を見て行ってきました。プレゼントの種もいただいた上に、ひと枝たわわに実ったロウヤガキも。さっそく玄関に生けました。(緑区・パート・55歳)

<2015年10月号>

特集 なごやで創るエネルギー

・「地産地消」が食べ物だけではないということが、漢字によってあらわれています。エネルギー問題身近なところからわかりました。(北区・会社員・25歳)

・夏の異常なほどの暑さを、少しでも冬の寒さを緩和できないだろうかと、毎年思います。太陽光エネルギーはそういう意味でも関心が高いので参考になりました。前向きに検討したいです。(中村区・主婦・44歳)

・マンションに住んでいて、いつも思う事。ベランダでのソーラーシステム(戸別)があると災害時などの停電に対応できるのになぁという事。冷蔵庫や携帯電話、扇風機などが使用できるくらいの電力は、戸別でまかなえると安心度が増します。(西区・パート・49歳)

・エネファームでも補助金がもらえることは知りませんでした。家族みんながお風呂好きなので設置したらお得かもと思いました。(昭和区・主婦・30歳)

・ 名古屋市が低炭素都市2050なごや戦略を作っていた事を初めて知りました。とても良いことだと思います。(名東区・パート・60歳)

・太陽エネルギーは、家庭電力ほどの大規模なものになると、なかなか敷居が高いですが、使用電力の少ない小物などで幅広く応用されると個人的には導入しやすいかなと思いました。(昭和区・男性・41歳)

・ もう10年早かったらソーラーパネル、屋根に載せたかった。(名東区・女性・65歳)

・ エネファームを6月から使用しています。「ダブル発電」ですが冬場のガス代が心配です。二人暮らしで床暖・浴室乾燥は設置しませんでした。エコジョーズにしたほうが良かったかなと思案中。(尾張旭市・主婦・64歳)

・エネファームに関心がありますが、きちんと課題も示してあって勉強になりました。しっかり検討してから考えたいと思います。(昭和区・主婦・53歳)

・ 公共施設の屋上をもっと活用して太陽のエネルギーを有効に使っていきたいですね。そして足りない分だけ火力発電で補うという事はできないのでしょうか..。原子力と同じで火力も発電量の調整は難しいのでしょうか。(守山区・主婦・56歳)

・ わが家もソーラーパネル取り付け数年になりますが、改めてこの記事拝見後初心に戻り「エネルギー」の事で見直されました。(港区・会社員・49歳)

・エネルギーまで地産地消、いいですね。(緑区・主婦・64歳)

・将来、家を建てたならソーラーシステムを考えたいと思いました。(緑区・会社員・24歳)

・車で走ってるとソーラーパネル時々見かけます。自然エネルギーなので普及するのはいいことだと思います。ただメンテナンス費用がまだ浅いだけ明確にでていないのがこれからの課題ですね。(中川区・主婦・51歳)

・マンションでの太陽光発電に興味があります。電気代だけでなく、最上階の部屋の暑さ対策になるので。でも、名古屋市の補助はでないんですよね。名古屋市が小さなマンションでの小さな発電規模でも補助金を出してくれたらなぁと思ってます。(熱田区・女性・50歳)

・リスクのともなう原子力発電をやめて自然エネルギーに全面的に切り替えることを願います。多少、料金の値上がりがあるとしても優先させるべきかと…。(中川区・男性・61歳)

・「診断マップ」が活用できるといいですね。期待してます。(南区・主婦・68歳)

・地産地消、今まで農産物ばかり目にやっていましたが、目からうろこの情報。(緑区・主婦・64歳)

・初期投資がもう少し安ければやりたい。(投資回収10年は長い。そのうえ売電価格が年々下がっているのが気になる)。蓄電池でためることができればよりエコで、災害にも役立つのになあと思う。(昭和区・家事手伝い・37歳)

・ソーラーシステムを少し身近に感じることができました。(守山区・パート・50歳)

・緑区の加藤さんの記事を読み、初期費用が月1万8,000円で返済できる方法があることを知りました。検討したいと思いました。(北区・女性・60歳)

・太陽光発電とエネファームは混同していましたが整理できました。補助金についてもしっかり書かれており興味津々。導入を検討してみようと思います。(瑞穂区・会社員・30歳)

・エネファームシステムのことがよくわかった。(緑区・塾講師・77歳)

 

エコヂカラ!

・深谷さんは毎日ラジオで聴いていてとても好感がもてて面白いです。今回の記事で屋上遊園が今もあることに驚きました。とてもなつかしいです。とてもきれいだということなので子どもはもう大きくなったけど行ってみたくなりました。(中村区・主婦・46歳)

・屋上遊園の話、とても懐かしく読みました。昔はデパートで買い物をすると、屋上で遊んで、その後大きな食堂でのご飯が楽しみでした。まだそこがあると知ってびっくり! 田中さん、がんばってみんなに夢をお願いします。(東区・主婦・63歳)

・子どものころ、デパートの屋上で遊んで「お子様ランチ」が夢のようで楽しかった。そんな場所がまだあったことを忘れていた。今度、孫を連れて出かけてみよう。(天白区・主婦・62歳)

・久しぶりにデパート屋上に行きたい。(40年ぶりくらい)(緑区・家事手伝い・46歳)

・いつからデパートの屋上に行かなくなったのかなあ…なつかしい。カンレキのおばあちゃんが1人で行っても仕方ないので、孫ができたらまた行きたいです。(西区・女性・60歳)

・デパートの屋上遊園地、久しくのぼったことがありませんが、子どもも連れて行ってたころがなつかしく思い出しました。よくデパートへ行くので屋上に行ってきます。(北区・主婦・65歳)

・昔、人気のあった百貨店の屋上、私たちの年代でも懐かしさを感じます。それにスポットを当てた記事、よかったです。(中村区・自営業・50歳)

・私自身、遊具には思い出いっぱいです。熱田から市電で栄へ出て、よくデパートに行きました。自分の娘も緑区から連れてよく屋上で遊んでました。なつかしく記事を読みました。(緑区・女性・70歳)

・深谷さんのコーナーはいつも楽しみにしています。私が小さいころはテーマパークもなく、デパートの屋上にある小さな遊具が楽しみでした。(天白区・主婦・68歳)

・デパートの屋上遊園は子どものころは夢の世界でした。年に数回も連れて行ってもらえない子どものころはただ見るだけで、お金を出して乗る子どもがうらやましかった。(名東区・男性・60歳)

・昔おばあちゃんと行ったことを思い出しました。(港区・会社員・27歳)

・デパートの屋上遊園地はなつかしく思えました。(中川区・主婦・60歳)

・まさに私たち世代の小さいころから今までの時代を一緒に歩いてきた生き字引的な懐かしさを感じ、現役であることがうれしい存在で、このままエコを続けている皆様方の努力がとてもうれしく思いました。(中川区・主婦・60歳)

・子どものころ、松坂屋の屋上で母親に連れられて兄弟で遊んだことを思い出しました。(港区・会社員・60歳)

・昔はどこの百貨店も屋上に遊園地がありました。よく遊びました!(瑞穂区・自営業・60歳)

・ 屋上遊園がまだ営業してる事に驚きました。一度、子どもを連れてのぞいてみたいです。(守山区・主婦・30歳)

・まだあるんですね。なんだかほのぼのします。(昭和区・女性・60歳)

・各デパートで屋上にはいろいろの乗り物がありましたね。とても懐かしいです。(昭和区・男性・75歳)

・デパートの屋上遊園は見かけるだけで、まだ運営しているとは思ってなかったのでびっくり。近いうちに孫と行ってみようと思いました。(南区・主婦・69歳)

・松坂屋の屋上にはしばらく行っていませんが、ピカピカで営業中なんですね。ぜひ今度行ってみたいと思いました。(中川区・主婦・57歳)

・昔、松坂屋に連れて行ってもらった記憶があり、屋上で遊んでました。久しぶりに自分の子どもも連れて行ってあげようと思いました!(北区・会社員・43歳)

・世代を超えて愛される屋上遊園。子供を連れて遊びに行きまーす。(中川区・会社員・31歳)

・ 松坂屋屋上庭園懐かしく読ませていただきました。(天白区・男性・79歳)

・屋上遊園の楽しさは懐かしい感じがしてほっとしました。(中村区・主婦・56歳)

・ 屋上遊園は最近なくなったので、懐かしく 寂しくもあります。昔みたいにデパートの屋上で遊べるのがいいなぁ。(守山区・パート・43歳)

・屋上庭園がまだ残っていることに驚きました。きょう行きます!(豊明市・会社員・45歳)

・三越と松坂屋の屋上には今でも屋上遊園があるんですね。取り上げてくれなかったらぜんぜん知りませんでした。(天白区・男性・69歳)

・屋上遊園、なつかしいです。子どもが小さいとき、よく行きました。今度行ってみます。(中村区・主婦)

・屋上遊園地は昔からあるのがすごいです! その仕事の人のこだわりにも感動しました。大人も子どもも楽しめて、いいですね。行ってみたくなりました。(南区・主婦・30歳)

・子どもの小さな30年前に行きました。まだあったんですね。(昭和区・介護ヘルパー・59歳)

・デパートの屋上遊園が今でも営業してるとは知りませんでした。娘と行ったところです。今度は孫を連れて行きたいです。私自身も楽しめそうです。(名東区・パート・66歳)

・小さいころ祖父に連れて行ってもらいました。なつかしい屋上遊園、今度行ってみます。(千種区・会社員・45歳)

・社会人になってからデパートの屋上に行く機会がなかったのですが、久しぶりに行って、昔を思い出したいと思いました。(天白区・男性・77歳)

・お買い物の一休みにぴったり! ぜひ残してほしい。(港区・会社員・45歳)

・松坂屋の屋上はずっと以前に行ったきりで忘れていましたが、まだあったんだと思うと行ってみたくなりました。(港区・主婦・50歳)

・屋上遊園、なつかしい!! 私が子どものころ、よく連れて来てもらいました。今も存在するんですね。これからも続けてほしいです。(昭和区・会社員・30歳)

・久しく忘れていました。子どものころは真っ先に飛んでいった屋上。自動車を運転するのが最高の楽しみで、20歳くらいまで続いていました。まだ100円で乗れるんですか。遊具がピカピカにみがかれているなんて。ワクワクしてきました。(南区・主婦・68歳)

・小中学生のころ、父母と松坂屋へ来て食堂でカレーを食べ、屋上遊園であそんだ思い出がよみがえりました。松坂屋へはショッピングにときどき行きます。一度屋上にのぼり、そのころのことを思いたいです。(瑞穂区・主婦・72歳)

・私も子どものころ、松坂屋の屋上遊園にお世話になりましたー。(昭和区・会社員・40歳)

・オリエンタル中村(元三越)には出かけたことがあります。乗り物にはのってないけど…。(中区・主婦・60歳)

・先日、なんとなくデパートの屋上に出てびっくり! まだ遊園が残っていたことに…。しかも子どもたちでいっぱい。20年ぶりぐらいでした。なつかしさもあり、楽しかった。(天白区・女性・55歳)

・深谷アナのファンなので興味あります。昔は小さかった子どもを連れてよくデパートの屋上遊園で遊ばせました。(港区・主婦・65歳)

・楽しい思い出がよみがえりました。デパートの上にまだ営業しているのですね。今度、孫を連れて遊びに行きたいです。(瑞穂区・男性・75歳)

 

エコ家族会議

・初めて読みました。いつも沢山の広告と一緒に古新聞置場に置いていましたが、ゴミ出しスマホで、の見出しが目に留まりました。ありがとうございました。(昭和区・パート・55歳)

・資源ごみ分別アプリ、早速ダウンロードしました!活用してエコ生活を楽しみます。(北区・パート・41歳)

・ゴミ出しもササッとの記事を読んで早速、家族にアプリを取るように言いました! いつも、これは何ゴミ(‘_’?)??って聞かれる立場の主婦にはありがたい機能です。(千種区・パート・42歳)

・スマホに替えたいと思った。(守山区・男性・74歳)

・ごみ出しもスマホでササッと…なのですが、パソコン苦手、スマホはなしの私にとっては…。(名東区・主婦・61歳)

・いろいろ参考になりました。いまだにものによっては出し方がわからないものがあるからです。(中川区・パート・40歳)

 

その他

・エコつぶ、とっても参考になります記載されてある場所もいいですネ!4ページ目は色も変えてあって。(守山区・主婦・58歳)

・エコつぶとても好きです。今回初めて存在を知りました。参考になるアイデアばかりで読んでいて楽しいです。今回は思いつきませんでしたが、またいつか投稿したいです。(中村区・パート・45歳)

・フリーマーケット好きなのでリサカレンダー活用しています。(天白区・会社員・60歳)

・いつもエコつぶのコーナーを楽しみにしています。身近なことを1つ1つみんなが実行していくと大きな力になると思うので、よく私も参考にしてやっています。ティッシュは確かに2分の1で十分なことが多いので、さっそくやりまーす!(千種区・保育士・45歳)

・エコな生活のヒントがいつもあって、参考にして実行するのが楽しい。(熱田区・主婦・60歳)

 

<2015年9月号>

特集 花と緑のあいち・なごや

・社会のエコと身体の健康、どちらも生きていく上でなくてはならないものです。緑化フェアは、今月の連休行きますが、自然が広がっていると拝読し、楽しみです。(東区・学生・22歳)

・フラリエは行ったことがないのですが、華やかな写真がパッと目を引いていい感じですね。今度行ってみようと思います。(南区・自営業・47歳)

・花と緑は、愛知に、ぴったりです。(中川区・自営業・67歳)

・今回の特集「花と緑のあいち・なごや」の情報うれしいです!しかし町中は全然情報がなく盛り上がりもありません、もう少し教えてください。(西区・主婦・72歳)

・ 花の美しさばかりに目をとられ、外来種を招いた日本の自然。見た目ばかりの自然を求めるマスコミも反省するべきです。(天白区・公務員・59歳)

・ 全国都市緑化フェアの事を知らなかったので、興味がわきました。(西区・パート・28歳)

・モリコロパークには、愛地球博以来なかなか 行けません。Risaを読んで久々に行ってみたいなというイベントと思いました。(天白区・主婦・47歳)

・記事を読んで「全国都市緑化あいちフェア」に行ってみたいと思いました。記事と関連したプレゼントがあるのは良いと思います。(中川区・会社員・60歳)

・全国都市緑化フェアが今年愛知県での開催を知り、妻と一緒に訪れてみたいと感じました。(守山区・男性・61歳)

・フリーペーパーの中でRisaが一番すきで、いつも楽しく読ませていただいてます。今回特集の花と緑のあいち・なごやは近いところでサテライト会場のフラリエが大好きなので出掛けてみようと思います。(熱田区・主婦・66歳)

・モリコロパークで「全国都市緑化あいちフェア」のボランティアに参加します。期間中、6回の活動ですが、出会いが楽しみです。(守山区・アルバイト・69歳)

・今回の開店祝い花、本当に名古屋ならでは。東京に住んだとき、みんなにびっくりされ納得。これもエコで考えると…。(瑞穂区・女性・54歳)

・愛・地球博から、もう10年。何時でも行けると思ってましたが、気付けば1度も行ってません。シルバーウィークに足を運んでみたくなりました。(緑区・会社員・45歳)

・ 花と緑のフェアのことを初めて知りました。花が好きなのでとても楽しみです。こどもを連れて出かけたいと思います。(港区・会社員・30歳)

・懐かしの万博を思い出しながら、ぜひこの秋に行ってみようと思います。(千種区・主婦・51歳)

・花は毎日育っていくので、ボランティアの方々の活躍できれいに管理されているので感謝です。(千種区・主婦・64歳)

・緑化フェア知りませんでした。フラリエも知らず、これからよい季節になるので家族で出かけたいと思います。(西区・女性・48歳)

・旅先は緑がいっぱいのところへ行くことが多い。でも名古屋、愛知県にも緑がけっこう多い。大切にしなければと思います。(名東区・男性・60歳)

・草花を愛する者にとって、緑化フェアの開催はとても楽しみです。ぜひ出かけ、自然の恵みを満喫したいと思います。(東区・男性・70歳)

・市内に住んでいるのに不便なところで出不精になります。一度「フラリエ」に行ってみたいと思います。(北区・主婦・63歳)

・子どものころ、お店の開店などがあると母と花をいただいて帰った記憶があります。きれいに飾ってあったのに花がどんどんなくなりさみしい気持ちになってました。花を足していく…すてきかも。(千種区・パート・52歳)

・開店の花を持ち帰るのは当然の習慣。でもあまりにもマナーが悪いのが実情です。そっと花を足していく…感動! 思いつかないことでした!(西区・主婦・65歳)

 

エコヂカラ!

・遠く離れた東北地方ですが、身近にかんじられ、また他人事では、ダメ!と、あらためて思います。(昭和区・主婦・51歳)

・私も仙台に行ってみたくなりました。(港区・主婦・45歳)

・ RSYの活動のお話、現在も続けておられることを知りました。震災直後、物資の輸送のための仕分けのボランティアに参加したのですが。ついつい過去のことのように感じてしまいますが、まだまだ被災地では復興に向けて取り組まれているのですね。自分に何かできないかとあらためて考えました。(北区・会社員・37歳)

・何か東北の人たちの力になれないかとこの4年間いつも考えていたので、今回のエコヂカラは大変参考になりました。いつかワタシも東北へ出向いて『すし哲』で美味しいお寿司を堪能したいです。(北区・会社員・46歳)

・以前から深谷さんのラジオは聞いていたので、興味深く拝見しています。被災地の現状が良く分り、大変参考になりました。(守山区・会社員・57歳)

・深谷里奈さんのラジオが好きなので楽しんで読めました。「すし哲」のおすしがすごくおいしそうです。(北区・学生・21歳)

・エコの力強い絆が着々と人と人とを確実につなげている様子。今後も皆の心のどこかに持ち続け、チャンスがあれば参加し、いろいろな方法で日本の成長を、東北の未来を見続けていきたいです。(中川区・パート・60歳)

・震災後の皆さまの力、すばらしい。(千種区・男性・75歳)

・震災から4年半たっても「見通しのよい風景」があちこちに残っているのですね。なかなか現地へは行けませんが、フェアが開かれるときには出かけていって、少しでも関係が持てるよう考えていこうと思います。(守山区・主婦・50歳)

・一緒に働いている仲間が大地震体験者です。いつも東北の復活を願ってます。(名東区・会社役員・67歳)

・震災で仮設に住む子どもたちの居場所、建設のプロが一週間という短期間で完成させた「きずな公園」、「人と人とのつながり」、絆に感動しました。(北区・女性・59歳)

・東北の今を知る記事でよかったです。(守山区・主婦・55歳)

 

未来にカケル

・「あいちの花」は全国的にも有名で世の中に出回っているのですね。初めて知りました。感謝の気持ちに花を送ることってすてきですね。暮らしや街並み、ちょっとした空間が華やかになると、心のオアシスになり、よいことだと思います。(昭和区・主婦・35歳)

・あいちの花が全国的に有名と知り、うれしいです。お祝いの花、白状すると私は持ち帰ったことがあります。それがマナーに反すると言われるのは心外で残念です、と同時に時代の流れなのかと…。また、私たちの年代はある意味当たり前と思ってしまいました。今の時代の方々は知るよしもないでしょうね…。(熱田区・女性・45歳)

 

エコ家族会議

・我が家では、非常食は全くありません。いつも言っているのですが、なかなか聞いてもらえないのです。でも、この記事を家族で見てもらって、我が家でも非常食を備えたいと思いました。(中区・学生・14歳)

・日常生活に取り入れていきたい情報でした。これからも楽しみにしています。(中村区・会社員・26歳)

・非常食はついついそのままになってしまうので中身を考えるいい機会でした。(中区・会社員・42歳)

・我が家もローリングストック法を取り入れてみます☆(中区・パート・37歳)

・防災対策は大切ですね。改めて家の対策品の確認をしました。(守山区・会社員・43歳)

・非常食についてわかりやすく載っていて、読みやすかったです。(瑞穂区・学生・18歳)

・ 今回の非常食に関する議題、非常に参考になりました。私が学生時代を仙台で過ごし、友人も仙台に多くおり、先般の東日本大震災では友人の親戚等がなくなる等、大きな出来事として意識しています。震災後、仙台の友人達から非常食は溜め込まずに、適宜使っては足すという方が良いよ!と教えられ、少しずつですが実践しています。今回紹介されていた非常食の定期宅配サービスは初めて知りましたが、こういったサービスで定期的に非常食を入れ替えする習慣づけとすることも良いなと思いました。(天白区・会社員・38歳)

・我が家も缶詰めやレトルト食品がけっこうあるので、参考になりました!上手に活用したいです。(中川区・主婦・34歳)

・ 非常食、7日分を用意することを推奨していたなんて知りませんでした。もう少し、危機管理ができるように心掛けようと思いました。(中川区・パート・33歳)

・名古屋が食料品1週間分備蓄することをすすめているのは初耳でした。(西区・女性・78歳)

・買って置いておくだけだったので、賞味期限をあらためて見ました。(中川区・女性・60歳)

・非常食を利用するような災害にあったことはいまだにないですが、やはりおいしいものがいいなあと。「ローリングストック法」でお気に入りの非常食を開拓!(緑区・看護師・45歳)

・夫婦2人と猫2匹の分、一週間分くらいは非常食を保存していますが、一番は水ですね。公園の草花さんには雨水をためて水やりしています。(名東区・主婦・73歳)

・東京の地震で防災袋を購入しました。もちろん水やカンパン、コンペイトウは多少入っているけど、缶詰、レトルトは? 非常食の賞味期限見てません(涙)。(千種区・主婦・53歳)

 

その他

・以前から環境問題には関心を持っておりましたが初孫ができてからは、「この子達の子供や孫たちのためにも緑を整えなければ」と考えるようになりました。1日に少しずつでも取り組んでいきたいです。(南区・男性)

・さまざまな情報も得られ、その中から環境や健康のことなど大切なことに気づき、考えることができる、きっかけがたくさん詰まった情報紙だと思います。色使いも優しくて読みやすいです。(緑区・主婦・33歳)

・自分でもできるエコについてわかりやすく紹介していて、親しみが持てます。身近さがないと続かないので。(天白区・会社員・50歳)

・エコって普段やっていないな~と思っていたんですが、新聞、雑誌、アルミ缶の資源回収やごみの分別、草のたい肥化などやっていました。これからも少しずつ地球にやさしい人間になります。紙面にて教えてください。Risaを今後も応援します(緑区・会社員・45歳)

・環境の大切さを分かりやすく楽しく伝えて下さるのが有り難いです。いつもありがとうございます♪(中川区・会社員・42歳)

 

<2015年8月号>

特集 エコも学べる水族館

・水族館からエコが学べるってまず読んでみたくなり実際に行ってみたくなる興味深い記事でした。(名東区・パート・52歳)

・水族館が好きなんです。水槽に泳ぐ魚たちを見ているだけで癒されます。何時間でも見ていられそうです。イルカなどのショーは華やかですが、裏側にはいろいろありますね。水のリサイクルも興味深く読ませていただきました。(緑区・主婦・44歳)

・名古屋港水族館は、孫を連れて先日行ってきました。孫達はイルカショウを興奮しながら見て、ベルーガのぬいぐるみを買って帰り、いまでも大事にしているそうです。(千種区・主婦・65歳)

・特集の水族館を見て久しぶりに行きたくなりました!イルカに会いたいです♪(中区・パート・37歳)

・東海地方には、水族館が多くありそれぞれの特色があり企画も多くあり、行くのが楽しみです。(北区・男性・60歳)

・子供たちにとっては水族館は大自然と同様!珍しい動物たちを短で見られる場所!イルカ漁の問題は難関ですが 水族館が維持できるよう願っています。(中川区・主婦・46歳)

・ いつもは子育て&仕事でバタバタしながら見ているRisaですが、今月号はイルカの写真がインパクトあり久しぶりにゆっくり読めた気がします。(中川区・会社員・33歳)

・ 水族館からもエコを学べるとは思いませんでした。息子と一緒にイルカの写真をみながら楽しく読みました。(北区・主婦・32歳)

・ 水族館に行きたくなりました。特にイルカには興味あります。イルカセラピーとか、癒されたいですね。(清須市・会社員・36歳)

・イルカが見られるうちに水族館に見に行こうと思いました。イルカについて改めて考えました。(熱田区・会社員・38歳)

・名古屋港水族館からイルカがいなくなったら…、野生のイルカの捕獲は学術的研究であれば、許されるべきです。(守山区・アルバイト・69歳)

・名古屋港水族館は今後も新しい試みや変化していきそうで楽しみです。(千種区・パート・38歳)

・ イルカの問題は気になっていたので興味深く拝見しました。なら、シャチは?ラッコは?他の小さな魚たちは?と疑問や問いかけは深まるばかりです。(瑞穂区・主婦・37歳)

・ずいぶん昔に水族館へ行ったことがありますが、名古屋港水族館の特集を読んでいたらもう一度行ってみたくなりました、今回はゆっくり見てみたいです。(中区・パート・58歳)

・ 水族館でもいろいろとエコな取り組みをしているのが、よくわかりました。イワシのトルネードは、5年ほど前に観に行きましが、幻想的な迫力・イワシの力強さが印象に残っています。これからもLED照明の利用などで、エコなだけでなく、水族館としての魅力も高めていってほしいです。(緑区・会社員・41歳)

・子供がイルカの記事を見て、イルカに会いたいといってました。(熱田区・会社員・32歳)

・水族館なんてずいぶんご無沙汰です。今までは家族 .子供会で 出かけていたけど、今度は夫と二人で…行きたくなりました(笑)(名東区・主婦・57歳)

・イルカのことについてこんな詳しく書かれた記事はみたことないです。とても興味深く読ませてもらいました。(中区・会社員・34歳)

・ イルカをめぐる問題が深刻化しているのでずっと気になっていました。Risaでも取り上げられて興味深かったです。(昭和区・会社員・34歳)

・ちょうど水族館に行きたいなと思っていたので、楽しく読ませてもらいました。(中川区・会社員・60歳)

・名古屋港水族館には何度も行っていますが、魚を観る目が変わりました。人間との共存について1人1人が考えて行かなくてはいけないと思いました。(守山区・会社員・40歳)

・水族館の水のリサイクルおもしろく読みました。(天白区・アルバイト・65歳)

・ 水族館、特にイルカが大好きな私。先日もアドベンチャーランドに家族でイルカショーを見て感激、感動したのですが、その裏側でイルカの漁が残虐と世界から見られてるのかと思うと考えてしまいました。(南区・主婦・43歳)

・とても混雑している時にしか今まで行ったことがなく、落ち着いて見たことがなかったので、次に行く時はもっと大きな視点から水族館を楽しんでみたいと思いました。(天白区・主婦・45歳)

・今回特集された水族館は興味があり気にしていた施設でエコに対する水族館の取組みを知りすごく楽しめました。(南区・会社員・53歳)

・和歌山のイルカ追い込み漁に対する世界の目が厳しい中、名古屋水族館の役割りに期待しています。(西区・主婦・77歳)

・水のリサイクルのために砂や海藻を利用しているのを知り、自然の力をあらためて感じました。(名東区・主婦・56歳)

・これまで何度も足を運んだ名古屋港水族館。世界からも注目の役割を背負っていたり、水がリサイクルされていたり、知らない事がまだまだあるんだな、としみじみ思いました。(緑区・主婦・43歳)

・ 名古屋港の近くに住んでいるにも係わらず、名古屋港水族館に行ったことも無く、特集記事を見て知らない事ばかり。水族館に興味がわきました。(港区・主婦・56歳)

・イルカの一生や能力を知り、ますます好きになりました。(中村区・女性・93歳)

・水族館で働く人々の苦労がしのばれました。いろいろと大変な問題があるのですね。でも本当に名古屋港水族館は素晴らしい施設だと思います。エコの面から見てもです。(中区・主婦・65歳)

・イルカショーは楽しいショーですが、和歌山県太地町の追い込み漁を見ているとかわいそうな気がします。繁殖も大変ですが、がんばってほしいと思います。(名東区・主婦・72歳)

・イルカの問題が大きく話題になったとき、「名古屋港水族館はこれからどうなるのか?」と疑問に思っていたので、今回の記事は大変勉強になりました。ありがとうございました。(守山区・会社員・24歳)

・日登館長のインタビューで今まで知らなかった水族館の裏側が見えて、新たな楽しみが増えました。次回行くときはそのところも見てみたいと思いました。(中区・パート・46歳)

・イルカショーは素晴らしく思いますが、頭のいいイルカはどういう気持ちでやっているのかと見るたびに思います。イルカの能力を知らせていただけるのはありがたいのですが、ショーとなると…。(西区・主婦・56歳)

・館長の話、とっても感動しました。(北区・主婦・40歳)

・水族館とエコは結びつきませんでしたが、水のリサイクルやLEDは当たり前ですよね。私の家でもLEDに変えているぐらいですから。(緑区・講師・56歳)

・夏休みなので、子どもが興味を持つ水族館の企画がありよかったです。特に館長の話がなかなか聞けないような話でよかったです。(緑区・会社員・34歳)

 

エコヂカラ

・私は靴下が好きで、ワンシーズンごとに福に合わせて靴下も購入してます。気に入った靴下は、伸びたり穴があいてもそれも味があると思って、直して履いてます。マルシェにもよく行くので、一度覗いてみます。(名東区・主婦・45歳)

・エコヂカラの靴下の記事がとってもよかったです!靴下だいすきなので、大切に履きます。(西区・公務員・22歳)

・私も深谷さんと同じ靴下好き。ただ冷え性ではありません。年齢の割に靴下だけはハデめです。きょうのラッキーカラーに合わせます。(港区・主婦・65歳)

・靴下好きです。お店行ってみたーい。(西区・主婦・52歳)

・靴下…いつも3足1,000円とかでパッと見ていいなと思ったのを購入。結構、手間がかかってるんだなと驚きました。(名東区・主婦・61歳)

・子育てが終わってから、自分で考案した靴下が功を奏して当たった!っていう話が大好きです。工夫と努力で成功してよかったですね。(瑞穂区・会社員・29歳)

・足元のおしゃれに最適の靴下は、私もとっても大切に考えています。ぜひ靴下のhacuに出かけてみますね。(中川区・主婦・50歳)

・文章の通り、何気なくはいている靴下だからこそ、「奥が深い!」と感じてしまいました。近年、100均の品が多いので、少し考えさせられました。(中川区・パート・48歳)

・「靴下のhacu」さん、私も愛用しているので見入ってしまいました。来月も楽しみです。(港区・会社員・24歳)

 

未来にカケル

・ぼくも、小学校の頃、水野さんと同じように、ラムサール条約に登録されている、藤前干潟について調べたことがありました。何回か行ったことはあったけれど、改めて、そこに生息する多くの生き物のことを知ることができました。(中川区・学生・16歳)

 

エコ家族会議

・今年の鰻を食べそびれてしまいました。あまりの混雑で、1時間以上待つのは逆に身体がもたないと思ったので止めました。国産のものがやっぱり食べたいですね。(北区・主婦・70歳)

・ウナギ、勉強になりました!家族で、貴誌を話題に会話ができるので助かります。(天白区・会社員・50歳)

・幼少のころ、シラスウナギをよく見てたけど、今はもうないに等しい。鹿児島の海で素潜りで見れたんですよ!(港区・パート・55歳)

・ウナギの生態をぜひ早く解明してほしい。価格が高く、なかなか食すことができません。関係者の成功を待っています。(中川区・男性・61歳)

・今年、土用の丑の日が2回あるのは知りませんでした。さすがに2回もウナギは食べれません(家計の関係上)。(港区・女性・56歳)

・ウナギはおいしいし、栄養もありいいのですが、サイフが軽くなります。もう少し安くなるといいですね!(千種区・主婦・62歳)

 

その他

・子供とエコロジーに取り組み始めたいと思っているので、いろいろな記事を興味をもって読んでます。親子で参加できそうなエコイベントを探してます。(天白区・主婦・36歳)

 

<2015年7月号>

特集 守っていこう みんなの池

・ 私が幼いころには少なかった外来種の生き物。生態系を脅かしてあるのと、子どもたちがザリガニとりなどをして遊ばなくなったのが、増えた理由の一つでもあると思います。(名東区・主婦・45歳)

・名古屋市内にため池が100ヶ所あるなんて知らなかったです。私の子どものころは友達と数人で自転車に乗ってよくため池など行きカエル、ザリガニ、メダカなどをとりに行きました。子どもたちが安全に遊べるため池をつくってあげてください。(西区・会社員・64歳)

・ざりがに釣りの写真を見て、子どものころを懐かしく思い出します。台所からニボシを一つ持って走って池まで行った、赤色のザリガニが釣れると皆に自慢して回りました、その後は飼っていた鶏にやっていたので、今とあまり変わりません。昔から環境対策を行っていたのだ。(港区・男性・65歳)

・ 今回の特集、本当に最近外来種問題多く、これも犬猫ペットと同じ飼えなくなると捨てる、人間のせいです。今後も環境問題取り上げてください。(瑞穂区・女性・54歳)

・ いつも身近なエコに関する話題を楽しみにしています。もうすぐ夏休み、池を探しに出かけてみたいと思います。(港区・会社員・30歳)

・今月は池の事が書かれていましたが私の家の近くにデッチョ池があります。蓮がきれいに咲くのでよく見に行きました。池にいる生き物のことや守るためにどうしたらよいかを知ることができました。(名東区・パート・59歳)

・身近な隼人池の記事に興味惹かれました。(昭和区・主婦・59歳)

・地元の中村公園が載ってて嬉しい(中村区・学生・20歳)

・子どものころよく見たザリガニ、今は見なくなりました。住みにくい環境になってしまったのですかね。(北区・会社員・56歳)

・遊びながら池をきれいにすることは、とてもいいこと。今のこどもたちは、なかなか経験できないのでいい機会だと思う。(天白区・会社員・41歳)

・私は三重の田舎で育ったので、ザリガニとりなど、よくやりましたが、名古屋に定住してからは、どこにザリガニがいるのかわかりません。子どものためには、今ある池を大切にしなければと考えさせられました。(緑区・会社員・41歳)

・ 今までに池の事は深く考えた時がなかった! 考えさせられましたね。最近、孫たちが ザリガニをとるのを覚えました。いつまでも綺麗な池でありますように。(中区・主婦・60歳)

・ 北区にはため池がなく、昔は名古屋城のお濠で遊んだものです。懐かしく隼人池の記事を見させていただきました。(北区・男性・68歳)

・ 近くにタメ池があるので釣り竿をもってでかけたいとおもいます。(天白区・男性・79歳)

・池は市民の憩いの場として必要です。これ以上減らさず、守る活動に参加したいと考えます。(中川区・自営業・67歳)

・ 隼人池の近くにすんでいます。こんなにも減ってしまったとは、非常に残念です。今からでもなにかしなくては!と思いますね。(昭和区・主婦・51歳)

・身近に捕れるザリガニで水の健康度が測れるとは新鮮でした。(緑区・会社員・38歳)

・まだまだ残るため池の多さに驚くとともに池干しを体験したく思いました。(守山区・主婦・60歳)

・中村図書館に行くとき太閤池を通ります。池干しの記事が興味深かったです。(中村区・女性・64歳)

・今回の記事で池のことなんか深く考えたことがなかったので、とてもためになり、池を見る目が変わりました。ありがとうございます。(中川区・会社員・36歳)

・特集を楽しく発見、勉強しながら拝見しました。私も、子どものころザリガニとりしてあそびました。外来種で、在来種を守るために、処分していることを知りました。在来種を守るための活動今後も応援します。(千種区・主婦・36歳)

・植物にしても動物にしても、入ってきてはならないものが多くて、日本在来の生命が心配です。本当に追い払うべきもの、もっと皆が考えねばと思います。(緑区・アルバイト・65歳)

・ため池とそれを取り巻く環境変化、そして外来種問題について、子どもと一緒に考えるよいきっかけになりました。(緑区・会社員・44歳)

・大高緑地は地元の公園です。子どものころからよく行ってました。こんな活動がされているとは知らず、楽しく、懐かしく読ませていただきました。(北区・パート・53歳)

・市内には知らない池もまだある。子どもが小さいころ、あちこち連れて行ったが行ってない池もある。自然の中でいっぱい大人もまだまだ遊びたい。小さいころより体験しないと、どこまでがよいか危険がわからないままで成長してしまう。多少のけがはあっても、のびのび遊ぶ場所が必要かな。(名東区・主婦・61歳)

・私たちの子どものころは名古屋のため池は350カ所あったのですね。今では100カ所ぐらいに減って、さみしくなりました。孫と一緒にザリガニ釣りとか魚釣りも、近くにため池がないので行けませんので、昔の遊びを孫に教えています。(昭和区・男性・75歳)

・子どものころには池へ行ってよく遊んだものですが、昨今はとんと出かけることがなくなりました。池を愛し、守ってくれる人々が多々みえることを知り、あらためてありがたく思いました。減っていく自然の恩恵をこうして今でも受けられているんですね。近いうちに孫を連れて遊びに行こうと思います。(中区・主婦・65歳)

・市内に多くの池があることを知りました。自然はよいですね。ザリガニ、メダカ、いつまでも絶えることのないように願います。(南区・女性・65歳)

・アメリカザリガニがそんなに増えているとは。4歳の孫は保育園の庭で虫とりに夢中。といってもダンゴムシが主で、ときにはナメクジも。そのうちザリガニもつかまえられるようになるかな。(守山区・女性・70歳)

・小さいころ、ため池の水を流していたことを思い出します。なぜ水を抜いてしまうのか不思議でした。昔と今との水を抜いてしまう目的が違うことにちょっぴり驚きを感じ、昔を懐かしく思いました。(天白区・主婦・58歳)

・自宅の周辺にも池があり、汚れが気になっています。(守山区・男性・70歳)

・在来種の少なさにビックリです。一人ひとりがもっと生物に関心を持たないといけないと思いました。(名東区・パート)

・今回の生き物の話、とてもよかった! 子どもが外来生物についての卒業レポを数年前にしていて、今は小学校の教師をしていますが、琵琶湖のブルーギルやいろいろ調査をしに滋賀県へ行くのについていって、外来種の被害や駆除などいろいろ知り、環境問題に関心が深まりました。ザリガニ、カメ、本当に一番悪いのはもちろん人間ですが、子どもにも外来種、環境問題もっと関心をもってもらいたい!(昭和区・主婦・58歳)

・子どものころザリガニ釣りをしたことを思い出しながら、いま現在の池の生き物の危機を知り、私たちの無関心さを皆で追い払わなければいけないと思いました。以前からアカミミガメが多く生息していることが不安であったのですが、太閤池で昨年、池干しして駆除してもらったと知って本当によかったと思います。(中村区・主婦・57歳)

・自然の環境を守っていこうとの意気込みには感動を覚えます。(天白区・男性・86歳)

・子どものころ、父と一緒にザリガニをとりに行ったことを思い出しました。名古屋にも100カ所ため池があることにびっくりしました。(港区・会社員・26歳)

・名古屋市内で知らなかった数多くの池。環境保全などに感謝です。後世に引き継いでもらいたいです。(中川区・男性・61歳)

・隼人池が近くにあって、池干しは覚えています。結果は知らなかったので、日本初の交雑がいたなんてびっくり。井戸から水をひいているというのもびっくりでした。(昭和区・自営業・45歳)

 

未来にカケル

・想像以上に多くの人がいることに驚きました。(緑区・主婦・67歳)

・身近なニュース、時代を実感。(北区・女性・77歳)

・LGBT、人生は1度きり。非常に考え深い内容でした。例えば、もし自分の子がそうだとしたら、前向きに見守ることができるだろうか…。(守山区・主婦・34歳)

・「多様性」それぞれ違っていて、それを認めることができたらどんなにいいか。発達障害とか文化とか。難しく思うときもあります。(緑区・主婦・49歳)

・いろんな性があることがわかり、人間であることに違いはない。もし自分の子どもがそうならば、ちゃんと認めます。(昭和区・主婦・68歳)

 

エコヂカラ!

・ みつばちに種類があるなんてびっくりしました。皆さんにもっと知ってもらえて、大事にされるといいですね。(南区・主婦・59歳)

・普段は安い蜂蜜しか食べませんが、たまに少量で販売している蜂蜜はを買って、やっぱりうまみが全然違いますよね。毎朝ショウガ湯を手作りして飲みます。[日本ミツバチの蜜]で試したいです。家族にも食べさせたいです。(中川区・主婦・35歳)

・ミツバチの話面白かったです。セイヨウミツバチとの違いもしらなかったのでためになりました。(守山区・主婦・46歳)

最近、お料理に使う甘味料として上白糖を控え、蜂蜜やメープルシロップなどを使用するようになったので、今月号の「エコヂカラ」を興味深く拝読しました。益虫であるニホンミツバチの生育環境を守っていけるよう、広い視野で環境問題に関心を寄せ続けることが大切だと改めて感じました。(東区・主婦・53歳)

・ 深谷さんのラジオ聞いているので親近感! ハチミツ大好き、こんな濃い世界だなんて面白かったです。産後のパワー回復にナチュラルなハチミツ使いたいです。(刈谷市・主婦・31歳)

・ にほんみつばちがあまりいないということを初めて知りました。(東区・パート・45歳)

・ラジオを毎日聴いています。レモンの木に花がいっぱい咲いたのに、結実しませんでした。昆虫がいなくて受粉しなかったからではと思います。ニホンミツバチ、もっと大切にしなければ。切実に考えます。(緑区・主婦・70歳)

・朝食はパンですので、はちみつをトーストに利用するので…ミツバチを育てるのが大変なことを知りました。(名東区・主婦・64歳)

・国産のハチミツと外国産では以前から味が違うなと思っていましたが、今回の記事を読んで納得しました。ニホンミツバチを守っていきたいですね。(港区・会社員・52歳)

・私も毎朝ヨーグルトにはちみつを使用しています。おいしいはちみつを祖母が田舎(和歌山)から送ってくれていました。故人になった後、なかなかその味に出会うチャンスがありません。また祖母の味に出会うことができるかも!(天白区・アルバイト)

・名古屋のほぼ真ん中の名古屋城下、柳原商店街の養蜂活動も特集してください。(中川区・パート・38歳)

・ミツバチは農薬によって巣に戻る能力を失ってしまう。そのためミツバチは激減してしまった。人間も農薬によってアルツハイマーになり、家に戻れなくなってしまったと考えるのは短絡的だけれど、ミツバチも人間も地球も農薬がないと健康で幸せに暮らせると思う。(熱田区・女性・43歳)

・ピロリ菌保持者の父にマヌカハチミツを送っているので、エコヂカラの記事を興味深く読ませていただきました。(瑞穂区・パート・42歳)

・私は深谷さんのようにハチミツ大好き。ついつい国産のものをあちこちで買っています。今回はニホンミツバチがとっても希少価値があることを知りました。もっとニホンミツバチが増える活動があちこちで増えたらいいと思います。ガンバレ、ニホンミツバチ!(西区・会社員・54歳)

・日本で製造、販売されているはちみつは国産=ニホンミツバチがつくっているものとばかり思ってました。砂糖をとらないけど、唯一はちみつは食べているのに、認識のなさに恥じ入ってます。(瑞穂区・会社員・29歳)

・病気をしてからはちみつの良さを知りました。朝、ハチミツショウガ湯を飲むようにして、興味が出てきました。(南区・主婦・47歳)

・国産はちみつはなかなか高価で買えないのですが、この前初めて「そばはちみつ」を試してみました。ソバの花からのはちみつは少しくせはありましたがおいしかったです。(緑区・主婦・51歳)

・私も野菜づくりしています。ミツバチが少なく、人の手で受粉しています。(東区・会社員・36歳)

・なんとかニホンミツバチを増やす方向でいってほしいです。(熱田区・パート・59歳)

・和気あいあいのミツバチ談義が写真や文面から伝わってきました。(南区・主婦)

エコ家族会議

・ESDの日本語訳「持続可能な開発のための教育」はわかりにくい。Education for Sustainable Developmentの語彙を小学生には詳しく説明する必要があると思う。(千種区・女性・68歳)

 

その他

・新聞を取るようになって手にして以来、毎月楽しみにしています。みなさんのエコ精神に、自分も何かせねば!と掻き立てられます。(昭和区・パート・35歳)

・保育園でも月に1回、エコについて話し合いをしています。(緑区・保育士・71歳)

 

<2015年6月号>

特集 ペットボトル最新事情

・ペットボトルの回収は協力してきましたが、キャップの回収はサービスエリアで分別したくらいで行っていません、キャップの回収がもっと広がりを見せると良いですね。(港区・男性・65歳)

・ エコキャップの特集が非常にためになりました。特に『大丈夫? エコキャップは再出発』は、自分もペットボトル飲料を飲んだ後は、容器とキャップを別にしてキャップを集めているので、大変気になる記事でした。(中川区・男性・41歳)

・ペットボトルの特集、興味深く読ませていただきました。リサイクルも大事ですが、ペットボトルそのものの使用規制も考えなければと思いました。年間8000トンの回収・分別作業…税金ですよね。環境を考えるのなら、皆さんマイボトルをもっと利用しましょう。そしてRisaでもマイボトル利用可能店舗の特集をお願いします。(名東区・主婦・45歳)

・ペットボトルの回収で、私は店に持ち込んでいますが、「事業系」に分類されるのですね~そこまで気にしてなかった。(天白区・パート・45歳)

・ペットボトルは本体もふたも必ずリサイクルしようと思いました。(中区・主婦・45歳)

・ エコキャップ大丈夫?の問題疑惑はよく分かって興味大でした 直接寄付は正解だと思います。(緑区・男性・72歳)

・ペットボトルのリサイクルは環境にやさしいのですね。リサイクルでランドセルが作れるとは、子供にもやさしいですね。いろいろと課題はあるようですが、これからはエコは重要なことだと思いますので、がんばってください。(緑区・会社員・41歳)

・今回のペットボトルのキャップの記事は、とても前から気になっていたので良かったです。(千種区・公務員・46歳)

・ 疑惑のエコキャップについて切り込んだ今回の記事は丁寧に読ませていただきました。(港区・パート・52歳)

・ペットボトルのリサイクルの流れがよく分かった。今後も継続して掲載してほしい。(千種区・会社員・49歳)

・意味も分からずにエコキャップ運動に参加していたけれど、今回の特集でその本質を知ることができて良かった。さらなる意欲につながる気がした。(緑区・主婦・32歳)

・これから暑くなってくると、ペットボトルのリサイクルも忙しくなりますね。なるべく水筒を持参するよう心掛けます。(緑区・パート・55歳)

・今回の特集は知らないことも数多くあり大変参考になりました。各種団体がいろいろな取り組みをしていることも知って、あらためてペットボトルに関心を持った次第です。(南区・男性・69歳)

・会社でエコキャップの回収をやめてしまいましたが、今回の記事を読んで再開したいと思いました。(天白区・会社員・47歳)

・特集記事のリサイクルが興味深かった。ペットボトルなのに金属ゴミが混じっている、新商品の軽量ボトルの選別がしにくい点など、想像もつかなかった。(千種区・主婦・44歳)

・ペットボトルキャップの行方が気になっていたので、すっきりしました。(守山区・会社員・51歳)

・エコキャップのリサイクル記事、子どもが学校で集めているので目に留まりました。一生懸命子どもたちが集めているものがちゃんと使われていなかったなんてショックでした。この記事を読まなければ知らなかったことです。今後は安心してエコキャップ活動ができます。(西区・会社員・44歳)

・私はキャップ=ワクチンの意味がわかりませんでしたが、今回の記事で仕組みが分かりました。ですが、私の家ではあまり買わないので、ピンときません。リサイクルは大切でしょうが、リサイクルできるからどんどん買っても大丈夫とか、キャップで絵を描くから飲もうという考えには賛成できません。企業の思うつぼのように思えます。(長久手市・兼業主婦・46歳)

・今回のテーマは環境情報紙リサとしてまさに本道であるような感じでした。身近なペットボトルのリサイクルを、自分自身はもちろん、地球上すべての人ができていたらと思います。(中川区・パート・38歳)

・エコキャップ運動は子どもが通っていた中学校でも数年前から一生懸命に集めて活動しているので、今回の問題はとても不審に思い、悲しい気持ちになりました。今後は誠意ある姿勢を見せていただきたいと思います。(名東区・主婦・51歳)

・わが家でもペットボトルキャップを集めているので、エコキャップ再出発の詳しい記事でいろいろなことがわかってよかったです。(昭和区・女性・39歳)

・私もスーパーへ持参してキャップとボトル(ラベルをはずして)協力していますが、再利用されているものにランドセルや作業着があることに驚きました。(守山区・主婦・62歳)

・エコキャップの流れが大変によく理解できました。いろいろなときに集めて一助になれば…。(中川区・主婦・56歳)

・子どもの学校でもキャップを集めているのですが、エコキャップの問題があり心配していました。詳しく書かれていてよくわかり安心しました。(昭和区・主婦・50歳)

・エコキャップについては協力を心がけておりますが、途中経過が不透明では協力する意欲がそがれます。今後を見守りたいと思います。(昭和区・自営業・80歳)

・今年のわがホームの文化祭はキャップアートパネルに挑戦の意見が出ています!(昭和区・介護ヘルパー・58歳)

・リサイクルでペットボトルを出していますが、何に使われているかわかりました。(中川区・主婦・56歳)

・編集長コラムは内容が集約されていて、とってもわかりやすかったです。(港区・自営業・35歳)

・私もペットボトルのキャップを集めていて、だいたいワクチンに使われるということはわかっていましたが、どういう経緯で使われているというのは知らなかったので。とても勉強になりました。(東区・会社員・40歳)

・私たちの暮らしになくてはならない存在のペットボトル。大切にリサイクルに、キャップともども扱いたいものです。(守山区・主婦・78歳)

 

エコヂカラ!

・毎日、山浦・深谷のヨヂカラを楽しく車内で聞いています。今回は、おばさんご夫婦の運営されてる宿ということで、ますます興味深くて。昔は田舎にいけば何処にでもあった茅葺きの家。今では維持されるのも大変ですね、一度イベントの時などにお邪魔したいです。我が家も節電節水に日頃から心がけ、子供達に素晴らしい未来を残してあげたいと思ってます。(北区・主婦・47歳)

・恵那に昨年遊びに行きました。農村風景、匂いが伝わってきました。(中川区・公務員・49歳)

・ 茅葺きの宿に泊まってみたいです。子供に経験させたら、なにか感じとってくれないかな。(守山区・主婦・37歳)

・毎日の生活に追われている日々に、こんな宿にゆっくりとした時間を過ごしたいなと思います。(瑞穂区・主婦・63歳)

・一人暮らしになってから自由に旅がしてみたいので、近いところで恵那ですから、中央線に乗ればすぐです。絶対に体験してみたいです。(東区・女性・68歳)

・茅の宿を借りて1週間暮らしてみたい。(瑞穂区・学生・19歳)

・子どものころ、おじいさんの家がこんな家だった。中はどんなふうなのだろう。茅の宿とみだへ行ってみたい。(名東区・男性・84歳)

・茅の宿に宿泊してみたい気持ちです。また、五平餅もおいしそうですね!食べたい。(西区・男性・74歳)

・恵那に祖母の家があるのでよく行くのですが、富田地区は知りませんでした…。行ってみたいです。(北区・アルバイト・20歳)

・岩村の茅の宿とみだにぜひ行ってみたいです。自然に触れたい。(西区・公務員・52歳)

・昔の農家の風情がそのまま残っている場所で、子どものころの懐かしさを感じたい。(中区・主婦・74歳)

・縁側で風に吹かれてみたいですね!(中村区・パート・67歳)

・「日本一の農村」の記事を読んで、よく出かけていた岩村と知って驚きました。とてもいいところなので自慢の宿にも行ってみたいと思いました。(天白区・主婦・57歳)

・主人の実家が岩村町飯羽間で今でもあります。昔、子どもが小さかったとき、冬はたこ揚げ、夏は打ち上げ花火を買って持参して皆で楽しみました。そこで主人のお母さんが作ってくれた五平餅は一番のごちそうでした。今もときどき行くと、岩村で「松浦のカステラ」と「かんから餅」を必ず買って帰ってきます。カステラは今は星が丘三越で月に一度買って食べています。(名東区・女性・73歳)

・茅の宿特集を読んで、新緑香る空気が届いてくるように幸せな気分がわいてきました。宿を運営しておられるご夫婦の雰囲気とお顔がとてもやわらかく、すてきです。(南区・主婦・64歳)

・日本一の農村風景、ぜひ行ってみたいです。私も農家の出なのですが、あまり美しい風景のところでなくて残念です。(緑区・主婦・70歳)

 

未来にカケル

・時の流れで同じ場所で10年前の姿がおもしろかったです。(中川区・主婦・66歳)

・自分と同世代の水野さんがコラムを担当して自らの意見を発信していたのを見て自分も自然環境のためにできることはもっとあるのではと感じた。(名東区・学生・21歳)

 

エコ家族会議

・緑のカーテンに昨年挑戦しましたが、西日が当たりすぎるのか、ベランダの照り返しなのか、なかなかうまくいきませんでした。今年はどうかな…。(東区・主婦・43歳)

・ エコカーテンに凄く憧れます。今はベランダがとても狭いので洗濯物でマックスですが、ニガウリでやってみたいです。ゴーヤちゃんぷる大好きです。(千種区・主婦・43歳)

・緑のカーテンで夏を乗り切ろうと、うちの父さんはゴーヤ、時計草、いまやズッキーニまで育てて食卓のエコまでがんばってます。じいちゃんのつくった野菜の収穫は孫たちです。(熱田区・会社員・28歳)

 

その他

・エコ、フェアートレードにとっても興味がある。名古屋市も早くフェアートレード都市になってほしいです。(昭和区・主婦・50歳)

・ いつも驚かされる事ばかりで、勉強になります。子どもにはまだ内容が難しいのですが一緒に読めるといいなあと思います。(名東区・会社員・42歳)

・毎回楽しく拝読しています。今回は子供とも考えながら一緒に読みました。また楽しい記事を待っています!(天白区・主婦・43歳)

・ 毎回、環境の、問題点がこんなにあるのかと奥深さを痛感します、便利の代償も大きい。(守山区・主婦・45歳)

・震災の記事もめっきり少なくなり、あのときみんなで取り組んでいた電気の節電も力が抜けてきているような気がします。エコとは何なのか、誰のためにやるのかもう一度多くの人が考えてほしいです。(北区・会社員・56歳)

・分別などしていないころから資源のむだは気になっていました。だいぶよくなったと思いますが、まだ住民の意識が足りないように思います。(緑区・アルバイト・65歳)

 

<2015年5月号>

特集 フェアトレード珈琲物語

・最近よく聞くフェアトレードコーヒー。それには、児童労働など世界で苦しんでいる方を失くし、真にフェアな取引を行うといった意味があったのですね。いつの日か世界から貧困がなくなるといいですね。(緑区・会社員・41歳)

・ フェアトレードは聞いたことはありましたが、どんな意味かはよく知らなかったので勉強になりました。コーヒーは大好きなので、毎日の生活でも取り組めることがあると思いました。(南区・主婦・58歳)

・フェアトレードのお店は、名古屋市内に他にもあるように思います。ドンドン知りたいです。(瑞穂区・主婦・50歳)

・ 毎回エコ情報を楽しみに見ていますが、今回のフェアトレードの特集は、さらに興味深いものでした。最近フェアトレードの商品を目にすることが多いですが、そもそもフェアトレードとはなんぞやという思いで商品を眺めていました。イベントもたくさん行われていると知りましたので、足を運ぶのが一番ですが、また第二弾の特集をして、お店や商品の情報を掲載してほしいです。名古屋学院近くに住んでいるので、水野教授の活動についても興味深いです。(熱田区・自営業・44歳)

・製品が輸入されるまでの工程の中で、多くの環境配慮と公正な手続きがなされ、弱者に配慮されていることが良く分かりました。(名東区・男性・72歳)

・ 癒されるコーヒーの表紙でした。(中村区・会社員・61歳)

・好きなコーヒーを飲むだけで国際貢献できるのはステキなことだと思います。(中川区・主婦・56歳)

・フェアトレードはまだまだ広く認知されていないと思いますし取扱店舗も少ないのが現状で残念です。居住地の近くや職場の近くやもっと身近な場所にお店が増えるよう今後も何度となく取り上げてほしいです。コーヒーは大好きで毎日欠かせません。日ごろからサスティナブルコーヒーなどこだわっています。(天白区・パート・50歳)

・橦木館カフェ、前から一度行きたいと思っていた、気になるカフェです。(瑞穂区・主婦・63歳)

・ フェアトレードの仕組みと言うか、意味合いをしっかりと説明してほしいなと思った。なんとなく「フェアトレードは流行りですよ」という感じの記事だなぁって。本当はもっと考えるべき事項があって、そこから考えようよっていうこと。(緑区・会社員・39歳)

・フェアトレード商品のチョコレートやコーヒーを見つけると買うようにしています。名古屋でもっとフェアトレードの動きが大きくなって、販売されるショップが身近に増えるとうれしいですね。(北区・公務員・41歳)

・珈琲大好きなので、カフェめぐりしてきたくなりました☆(守山区・会社員・35歳)

・フェアトレードのコーヒーを応援しています。自分の飲む一杯のコーヒーが多くの人たちを貧困から救う役目を果たすならこんなうれしいことはありません。もっとフェアトレードが広まればよいですね。(北区・会社員・56歳)

・今回の記事を読んで、ファアトレードカフェに行ってみようと思いました。(千種区・公務員・46歳)

・フェアトレードの服、チョコをとても気に入っております。皆さんにもっと知って頂けるように知人に紹介したりしております。(天白区・パート・53歳)

・以前フェアトレードコーヒーをいただいたことがきっかけで購入しています。おいしいですしパッケージがオシャレなものが多いです。コーヒー以外に「胡麻」もフェアトレードを愛用。少々お高いですが味がまったく違います!スーパーにないのでお取り寄せしてますがもっとフェアトレードについての知識や商品が今号の特集を通して広まることを願います。(中村区・パート・41歳)

・家でコーヒー豆を挽いて飲むほどコーヒー好きなので、今回の特集はとても興味が持て、楽しかったです。(緑区・会社員・30歳)

・フェアトレードのコーヒーのお店が、地図入りで紹介されてるのが、良かったです。(西区・主婦・67歳)

・先日映画館でフェアトレード製品を見つけ、チョコを購入。今月号を見て、名古屋にも沢山のフェアトレードのお店があるのを知りました。行ってみます!(千種区・主婦・44歳)

・フェアトレードについて、もう少し「手軽に長く続けられるもの」を教えてほしい。高くて良い品は、お金持ちの人しか長く買って、フェアトレードに参加できない。コーヒーなどはよいが、あまり取り扱う店が少ない気がする。(西区・介護士・37歳)

・フェアトレードの言葉は知っていたが、内容は知らなかった。先進国である日本が積極的にこのトレードに参加し、リードしていくべきと感じました。未来の子どもたちのために。(天白区・主婦・70歳)

・耳慣れなかったフェアトレードをRisaで少しずつ理解でき、他の方にもおすすめしています。(天白区・主婦・65歳)

・それぞれのお店のこだわりや店ごとのイベントもあり、一度足を運んでみようと思いました。(北区・パート・39歳)

・家の近所に「ズーニーカフェ」があることを知りました。月2回のランチを楽しむことができたらいいなと思います。(昭和区・主婦・35歳)

・ズーニーカフェの常連です。記事に載っててとてもびっくりしました!(北区・アルバイト・20歳)

・名古屋にフェアトレードの輪が広がっていることを記事から知りました。(西区・主婦・58歳)

・名古屋学院大学の「マイルポスト」、わが家から近いこともあり、ときどきうかがっていて、フェアトレードのことも興味がありました。(熱田区・主婦・69歳)

・4月末に橦木館カフェに行ってきました。昔の古い建物に調和したカフェで、スイーツも美味でした。他の古い街並みとともに、これからも維持して雰囲気のよさを保っていってもらいたいものです。(中川区・パート・45歳)

・フェアトレードコーヒーをより周知するためにも、提供するお店の取り組みと消費者である私がフェアトレードを考え、選ぶことが必要と感じました。とても今月号は読みやすく感じました。(緑区・主婦・33歳)

・フェアトレードコーヒーが大好きなので、それを提供している店がわかり、飛んでいきます。(天白区・主婦・63歳)

・コーヒー好きだけで何も知りませんでしたし、フェアトレードという言葉も知りませんでしたが、中米まで出かけ、コーヒーの生産現場を見て回った情熱など、胸にきました。コーヒーを口にするたびに思い出し、大切に大切に飲みたいと思いました。(北区・女性・83歳)

・最近、近くによく行くこともあり気になっていた橦木館のカフェ。フェアトレードのコーヒーとは知っていたのですが、なんだか敷居が高い気がして…でも今回の記事でぜひ行ってみたくなりました。フェアトレード先進国、名古屋の市民として少しずつ知っていきたいです。(緑区・主婦・41歳)

 

エコヂカラ!

・私も孫と遊ぶときは折り紙やあやとりなど、昔遊びをしています。リサイクル工作は楽しそう!(瑞穂区・主婦・61歳)

・うちのお父さんも工作が大得意。わたしも小さい頃いろいろ楽しませてもらったけれど、今や自分の子供達がじいちゃんの工作で楽しく遊んでいます!おもちゃを買ってこればそれまでだけど、意外と子供ってゴミになるものから作ったおもちゃのが喜んで遊んでたりしますよね!(西区・主婦・28歳)

・楽しんでリサイクルするのっていいですね。(中村区・主婦・68歳)

・工作大好きな小学1年生の孫と一緒に作れる今回のエコヂカラはとても参考になった。(中川区・女性・64歳)

・エコ工作の具体例も載せてほしい。(設計図等)(中川区・会社員・59歳)

・家にあるものを工夫してものを作ることはよいことと思います。特に今はゲームで夢中な子どもたちが、自分で作りものの大切さを知ることがいいですね。(清須市・会社員・40歳)

・リサイクル工作をシリーズで紹介してほしい。(熱田区・主婦・54歳)

・牛乳パックがいつの間にかたまります。大いに利用したいと思います。(緑区・主婦・63歳)

・リサイクルの工作って楽しそうですね。(守山区・主婦・45歳)

・小さなころからいろいろな遊びをじぃじから教えてもらったので、思わず「うんうん」と思えました。ゲーム遊びもよいですが、身近にあるものを使って工夫して遊ぶのもとても大切なことだとあらためて思いました。(南区・主婦・30歳)

・リサイクル工作は面白いと思いました。(東区・主婦・43歳)

・深谷里奈さんのエコヂカラの「牛乳ぱっくん」はこのGWい孫が来るので試してみようと思いました。 毎回環境に優しい情報を提供していただき、興味深く読んでます。(千種区・男性・70歳)

・じーじは子どもにとって頼りになる存在でいたいな。(緑区・自営業・80歳)

・孫と一緒に作って楽しみました。(緑区・主婦・58歳)

・びっくり!! できちゃった~。子どもと一緒に大盛り上がりでした。(中川区・主婦・29歳)

 

エコ家族会議

・ 自転車もエコで健康的ですが、火野正平さんの心旅での自転車走行をみていると、安全に走行するには、まだまだ危険な箇所が多く潜んでいると思います、気軽に安全な自転車道が整備されると良いですね。(港区・主婦・65歳)

・道を歩いていて、自転車にヒヤリとすることがあります。自転車道路があれば、歩行者にも自転車に乗る人にも安全ですね。(名東区・主婦・51歳)

・自転車は、エコ乗り物の一つですが、気になるのはほとんどの方が、保険に入っていないことです。最近でも賠償額が1億円近くの判決が…。(守山区・アルバイト・69歳)

・自転車の事故が増えているようですが、しっかり注意して行動すれば、とても楽しい乗り物ですね。(天白区・主婦・48歳)

・かけ合いがおもしろいです。天気もよくなってきたので自転車で出かけようと思います。(港区・会社員・32歳)

・自分も休日は自転車で好きなところに行きます。自分流の乗り方で、好きな場所を探しています。ルールは守ります。(南区・会社員・63歳)

・中学生の子どもと一緒に家族でサイクリングもいいかな。5月の風に吹かれて。(中村区・会社員・46歳)

 

その他

・様々なテーマをとりあげる際、身近な場所が載っているので親近感を感じ、記事に説得力があります。(北区・男性・56歳)

・Risaを読んで少しのエコが大きなエコにつながると信じて取り組んでいます。(緑区・パート・55歳)

・紙面を通して、日々の生活の中で楽しみながら環境問題に関わることのできる入口が見つけられるので、ありがたいです。(北区・公務員・45歳)

・エコつぶとても面白い。知っていることもあるけど、知らないことはなるほどと感心する。(北区・主婦・41歳)

・最近、プレゼント目的で目を通しています。が、それだけでなく忘れていたことを思い出させてくれるような記事があったりで楽しめます。(中村区・会社員・52歳)

 

<2015年4月号>

特集 未来のクルマに乗ってみよう

・表紙のMIRAIのナンバーが「ま758」というところがよいですね。細かいところまで気が付いて。この先EV、FCVなどの車がどんどん登場してくるのでしょうね。でも、車の運転免許は必要ですよね…?(千種区・パート・36歳)

・クルマのエコもいろいろありますね。でも我が家にはクルマがないから究極のエコです。(中川区・主婦・56歳)

・私の住むマンションでも駐車不足です。カーシェアという考え方が広く知られるようになれば、駐車場をめぐるトラブルもなくなるのでは。(千種区・主婦・62歳)

・カーシェアを読んで、仕事を止めてから車に乗る機会が減って、更に健康のため歩くようになり益々乗らなくなりました。車を手放そうかと考えて居るときにこの記事を読んで、考え方次第で上手く利用できそうなので大変参考になりました。(港区・男性・65歳)

・カーシェアについて知りたかったので参考になりました。(名東区・男性・53歳)

・地下鉄駅近くに引っ越し、めっきり自動車を使わなくなったのでカーシェアを考えていたのでタイムリーな企画でした。(名東区・主婦・53歳)

・トヨタのミライ。将来、本当に水素で走る車が主役になるのか楽しみです。個人で買うには、まだまだ値段が高いです。FCVとEVの違いを詳しく解説してくださっていてよく分かりました。(緑区・会社員・41歳)

・週末しか車に乗らないので、カーシェアリングは気になっています。しかし車内がタバコ臭いと嫌だな…と思うと自家用がいいのかな。禁煙車とか、あるといいな。すでにありそうですよね。(西区・会社員・38歳)

・エコカーやカーシェアについてとても気になるので、情報を集めてみたいと思いました。(千種区・会社員・40歳)

・ FCVとEVの違いが分かりやすく説明されていました。子どもたちにも説明しやすく良かったです。今後も旬な話題をお願いします。楽しみにしています。(北区・会社員・36歳)

・ カーシェア利用は今後車を持たなくなったときに、利用できそうで参考になりました。(中川区・主婦・58歳)

・ 現在ガソリン車の軽四に乗っていますが、次はエコな電気自動車と思っています。早く軽四の電気車が出て欲しいです。(中川区・公務員・49歳)

・我が家の車はもうすぐ12年たちます。表紙のミライは究極のECOカーと思います。が、長くのるのもECOと思います。経済活性化のため、買換えを国で促進してますが、欧米では長く乗れば乗るほど税金が安くなるそうです。日本文化の物を大切にの精神が逆行している気がします。少し残念です。(守山区・公務員・51歳)

・ミライがすごくいいなって思いました。かっこいいです。(愛西市・公務員・33歳)

・ 未来のクルマFCV、一般販売されてようやく現代のクルマになりますね。水素ステーションの早期整備を強く願います。(中川区・公務員・39歳)

・ 我が家も特集の松本さんと同様、車を所有していません。車はほとんど使わずに、移動は公共交通中心です。以前は自転車も使っていましたが、子供が産まれてからはバスの活用頻度が上がりました。(千種区・主婦・42歳)

・あまり自家用車を使わない我が家もカーシェアリングを真剣に考えてみようと思いました。(西区・会社員・53歳)

・エコカー選べる時代でいろいろな車があるのだなと思いました。でも早くそれに伴う充電拠点が伴ってくるといいのになと思います。今は無料でできるところもありますが、そのうち有料になったときの価格が心配です。いろいろな面で自由に選べる時代になればいいと思います。(中川区・主婦・51歳)

・カーシェアしたい。けど近所になーい。それに私はまだガラケーだし…。(守山区・主婦・49歳)

・車を買うんじゃなくて、必要なときにレンタル!! すごく便利だと思いました♡(守山区・アルバイト・30歳)

・トヨタのミライがもう少しお安くなったら乗ってみたい。(北区・主婦・39歳)

・以前からコインパーキングにあるカーシェアに関心がありました。ガソリン代こみとわかりよかったです。ただ、シェアなので予約とたばこくさくないなど快適に乗れるか不安です。一度おためしがやってみたいです。(瑞穂区・主婦・56歳)

・退職し、車使用率も少なくなり、カーシェア利用を考えています。車の維持費も少なく、経済的な生活になると思います。(南区・会社員・66歳)

・今回のカーシェアの話題はちょうど検討したいと思っていたのでタイムリーでよかったです。(名東区・主婦・42歳)

・次に車をかえるなら電気か迷っていたので参考になりました!(天白区・会社員・30歳)

・とても細かく取材をされていて分かりやすい特集でした。(名東区・会社員・43歳)

 

エコヂカラ!

・料理は役立つし、エコに力を入れているフリーペーパーだと思います。(守山区・主婦・55歳)

・手軽にやれるエコについて書かれていてイイです♡(緑区・パート・30歳)

・身近なエコに関心をもち、エコヂカラ!の大切さを知り、毎日毎日の実践が大切ということに気づきました。(北区・学生・21歳)

・私も多治見出身です。主婦が共感のもてる話で、思わずほっこりしました。(名東区・パート・42歳)

・40歳になる息子が幼児のとき、クッキーやホットケーキを作ってました。深谷さんの「ひと工夫」が大切ですね、感心しました。ケチャップを入れて、私ももう一度、孫(8歳、6歳、4歳)のためにチャレンジしてみます。(中川区・主婦・75歳)

・私も今年4歳と1歳の子どもをもつママなので、歯をくいしばってしまうほどの余裕のなさ、わかります。でも潤いって確かに必要!! ちょっとしたカワイサを取り入れて気分上げ、毎日がんばろ!!って思えましたよ。(南区・主婦・30歳)

 

未来にカケル

・ 次期の選挙から18歳以上が選挙権を得られることについて果たして、どう変わるのか? 私の周りで「議員なんて誰でも一緒じゃん」という言葉を聞くと、何らかの形…例えば家庭での会話の中で政治に関心を持つよう話すとか‥。そういう環境じゃない世の中で改正されたのには疑問です。今は少年法を重要視すべきだと思う。(港区・パート・55歳)

 

エコ家族会議

・パパママ問題ためになる、りさっち家族かわいいじゃあ~ん!!応援します。(瑞穂区・女性・53歳)

・名古屋が2度以上も暑くなっている。本当に私が住みだして40年、そのころはコートを着てしっかり防寒していた。今では更年期も関係しているがほとんど必要ない期間が増えてる。真冬でもデパートなど店内に入るとじゃまになる。クルマで行けば防寒着が必要ないし、また暑~い夏がやってくると思うと気が重い~。(名東区・主婦・61歳)

 

その他

・エコトピのパネルシアター面白そうです。作り方とかまたわかるといいです。(守山区・主婦・50歳)

・エコつぶを読んでいて、自分には思いもつかないことばかり。とてもいいのでときどき試しています。これからも楽しみにしています。(北区・主婦・70歳)

・いつも、皆さんのエコつぶを見てます。なるほどーっと感心させられてますっ。私も何かエコをできるようにします。(守山区・会社員・46歳)

・ いつも興味深い記事でじっくり読んでいます。エコつぶも面白くてためになります!(中川区・主婦・40歳)

・地元のエコについて、子供が産まれてから 感心を持っていたので、興味深いです。(緑区・会社員・36歳)

・みんなエコがんばってますネ。エコつぶとても参考になります。(港区・主婦・49歳)

・エコは知恵が働けばいろいろな分野ですごく節約できる。人間として達成させることは気分もよいし、エネルギーを貯金し、それを再生させられるし、皆が実行すると大きな力が出る。もっともっと考えられることをやると地球にやさしくなりそう♡(中川区・主婦・60歳)

 

<2015年3月号>

特集 東日本大震災4年・オーガニックコットンの挑戦

・4年前に埼玉にいたので、多少地震の影響を受けたため、東北のオーガニックコットンを応援したくなりました。(中区・主婦・45歳)

・オーガニックコットンは、自然にも(生産する労働者を含む)人間にもやさしい製品なのですね。また、東日本大震災の復興にも貢献しているのですね。これからもブランド化をぜひ進めていってほしいです。(緑区・会社員・41歳)

・オーガニックコットンって有機栽培のことだけでなく、フェアトレード的な要素も含まれていたんですね。勉強になりました。(昭和区・会社員・46歳)

・ 3/11は東日本大震災があった日。幸いなことに東海地方は被害がなかったため、正直ふと忘れてしまう瞬間があります。ただこういった特集を定期的に組んでいただけると、今の生活を見直すきっかけにもなるので、いろんな角度から震災の怖さや、復興の進捗などを取り上げてもらえると嬉しいです。(名東区・会社員・33歳)

・子どもが小学生のとき、綿の種を学校からもらってきて植えたことがある。懐かしかった。(瑞穂区・主婦・63歳)

・私の子ども時代、畑に綿花つくっていました。綿つみでやわらかくあたたかいその感触が今でも忘れられません。(西区・主婦・64歳)

・オーガニックコットンのちゃんとした意味を理解して使っていきたいと思います。福島での取り組みが広まっていくように、いち消費者として応援したいです。(千種区・主婦・34歳)

・塩害の土地でのコットン生産は大変だと思いますが、出来上がった商品がいろいろなところで販売されるよう期待しています。(南区・学生・20歳)

・ 東北地方でコットンプロジェクトがあり、オーガニックコットンを作っていることを初めて知りました。生産量が増えて、コットンの認証を受けるようになればいいなぁと、製品を見かけたら買って応援したいです!(緑区・会社員・30歳)

・オーガニックコットンの栽培が本格化して、手に入れやすくなるといいと思いました。(緑区・会社員・47歳)

・ オーガニックコットンのストールを震災後の復興支援で購入したのを思い出しました。母へのプレゼントにしましたが、淡い色あいの肌触りのいいストールでした。(千種区・会社員・39歳)

・今月の特集は非常によかった。頑張ろうという気持ちになった。(中川区・公務員・51歳)

・コットンを以前観賞用に育てたことがあり、花もきれいです。オーガニックでブランドの付加価値をつけ製品化されたらいいですね。(守山区・会社員・51歳)

・将来、地球規模で食糧不足が予測される折、収量が減るオーガニックとどう折り合いをつけるのでしょうか。(瑞穂区・男性・71歳)

・震災から4年、復興はまだまだですが東北プロジェクトで紹介されているように企業と協力して多くのプロジェクトができ成功させていくと復興も近くなりますね。できれば行政もバックアップしてほしいです。(北区・会社員・56歳)

・オーガニックコットンを読んで、昔プランターで栽培したことを思い出し、たしか花が綺麗だったような記憶があります。(瑞穂区・主婦・67歳)

・オーガニックコットンは塩害に強く災害時にも被害を受けにくいにもかかわらず、全生産量の0.5%しかない希少なものだと知りました。綿花の栽培には手間ひまかかり、生産者の人たちのことを思うと大切に使用すべきなのだと思います。(天白区・主婦・36歳)

・ 震災のことを思うと少し暗い気持ちになりますが、みなさんの頑張りにこちらも毎日頑張らなくてはという気持ちになりました。(天白区・主婦・44歳)

・震災後の宮城県の立ち上がりの早さにびっくり! わが家も毎年、植木鉢に綿の種をまいて育てています。(天白区・主婦・70歳)

・綿花の自給率が0%なんて情けない。「安いから…」で失われたものはどれくらいあるでしょう。(天白区・女性・71歳)

・オーガニックコットン、すべてが外国産と今まで思っていましたが、東北産があることを今回、初めて知りました。(昭和区・主婦・60歳)

・綿花栽培は着々と続けられていたのですね。震災後、畑を耕して種をまいているニュースはいまだに忘れることはできません。自分の方が励まされる記事でした。(天白区・パート・55歳)

・震災にあわれた方々がこうしてがんばっている顔の表情が明るく見えます。元気をもらってしまいます。(熱田区・女性・63歳)

・オーガニックコットンについて解説があってよくわかりました(今まであまりわかってなかったので)。福島のプロジェクト、応援したいと思います。がんばれ~!(北区・パート・43歳)

・やわらかくあたたかい手触りのコットン大好きです。風評被害に負けず、無農薬でがんばってほしいと思います。(名東区・主婦・68歳)

・月日の流れの早さと忘れてはいけない教訓をあらたにしました。名古屋とのつながりも深く考えさせられました。(西区・主婦・63歳)

・中部リサイクル運動市民の会と交流があり、名古屋でもモデルにされていたとのことを知りました。(北区・会社員・55歳)

・塩害に強いというのはすごいですね。少しでも復興につながるよう、力添えしていきたいと思います。(天白区・会社員・55歳)

・あの恐ろしい原発事故さえなかったら、わが家へ帰ることができました。今でも避難をし、苦しんでいます。原発はいりません。(港区・パート・38歳)

 

ジネンで行くのじゃ!

・ 家康のジネンで行くのじゃが終わるとのこと 残念!ためになってたのに。(名東区・64歳)

・ おもてなし武将隊が好きなので、ECOの記事とコラボしてくれるとより感心を持って見れます(西区・主婦・28歳)

・今月号で終了とは残念です。次回また違った角度からのジネンで行くのじゃを企画してください。(東区・自営業・64歳)

・ 「ジネンで行くのじゃ」が最終回ということでさみしいです。新連載に期待しています。(中川区・主婦・38歳)

・このコラムを読むと、今大切なのは人と人との力なんじゃないかなと感じます。自然と調和しながら生きていく意識を高く持てる世の中になってほしいな。(昭和区・主婦・37歳)

・ 「家康のジネンで行くのじゃ」が今号で終了とは。夫婦で好きな記事だっただけに残念。これを上回る楽しい記事に期待します!(中村区・会社員・42歳)

・最終回はいささか残念。またの「続き」を期待します。(守山区・主婦・65歳)

・名古屋城へ遠足で行くので、武将の方にお会いできたらうれしいです。いつも楽しく読ませてもらったので、連載終了は少しさみしいです。(千種区・保育士・45歳)

・武将隊情報でメンバーの卒業知りました。家康様のコラムは毎回楽しみにしてました。お疲れさまでした。(清須市・パート・50歳)

・今月号で終わってしまうのが残念すぎます。また昔の自然を知れるような記事が読みたいです。(名東区・会社員・36歳)

・ジネンで行くのじゃが大好きでしたが今回で最後なんですね。さみしいですがこれからも楽しみにしています。(天白区・女性・30歳)

 

未来ちゃんねるneo

・近年、虫も触れない若者が多い中、里山に入り自然にふれあうこのようなイベントに感心しました。(西区・男性・63歳)

・未来ちゃんねるで紹介されているKSCのように早いうちに里山体験できるのはいいことだなと思います。体験したことない、大人も体験できるともっといいと思いますが・・。今後の活動も期待しています。(中川区・主婦・51歳)

・ 都市の身近にある里山を守る事は大変だと思いますが、若い人が興味を持って手を掛けてくれる事は、今後に期待出来ると思います。(南区・会社員・55歳)

・ 林業の後継者難が叫ばれており、国土の森林保全(環境)に影響が出ているが、いろんな形で自然保護に努めている若者に脱帽!(緑区・会社員・52歳)

・私の母校です。休講のときなど、近くの森林池のほとりで昼食、おしゃべり、ゆったりとしてとても環境がいい。思い出の場所です。(港区・主婦・63歳)

・女子大生が自然と触れ合うってすてきですね。今の学生さんはパソコン、スマホ、ゲーム…機器と向き合ってばかりだと思ってました。よい経験ですね。(中川区・主婦・47歳)

・名古屋ではお嬢様学校の学生さんたちの行動に拍手。一般参加のイベントなどの情報がもう少しPRされれば、参加できる人が増すのではないでしょうか。これからも若い方々の活躍を期待します。(南区・主婦・58歳)

・いつもトンガリ屋根の見える金城学院に里山があるとは!行ってみたい!! 昔の子どもたちは生活の中にいつも自然があった。子どもには自然が大事。いつか孫ができたらあちこちの自然の中でいろんな体験をさせてあげたい。わが家もよく連れていったように、森の中は心が休まる。(名東区・主婦・60歳)

・お嬢様の通う金城学院、時代も変わって森に入って枝木を切る。けがのないよう頑張ってね!(西区・男性・72歳)

・金城の学生さんたちがそんなことをしているとは驚きでした。私も大学内や八竜湿地を歩いたことがありますが、開発されてしまわないことを願います。(東区・パート・58歳)

・私の大学にもKSCのような活動があったら参加していたと思います。バイトで終わってしまった学生生活が変わっていたと思います。(千種区・主婦・36歳)

・知り合いに金城の卒業生が多くいますが、こんな社会活動をしていたのは驚きでした。(西区・男性・66歳)

 

その他

・ジネンで行くのじゃ、未来ちゃんねる共に最終巻であるのがさみしいけれど、新巻を楽しみにしてます。(北区・主婦・70歳)

・家族で環境を考えてます。子供たちのために何かしてあげたい。(名東区・主婦・43歳)

・ エコっていろんな形があるのですね。ちょっと考えてみよかな。(名東区・学生・18歳)

・子どもが生まれてから、環境について真剣に考えるようになりました。Risaを読んで、皆さんの様々な取り組みを参考にしたいと思います。(西区・主婦・34歳)

・毎週、地域のリサイクルステーションを利用しているので、家の中に新聞・広告・段ボール類が溜まらずスッキリ。これからも、あまり周知されていない「雑がみの分別」に関する記事を多く載せてください。(昭和区・主婦・65歳)

・わが家は、雑紙もリサイクル可能と思い、以前から古紙回収日に出しておりますが、近所で見かけることはまれです。今月のリサを読んで、輪が広がりますように。(守山区・アルバイト・69歳)

・Risaを読む前まではあまり関心のなかった出来事にも興味を持つようになり、今ではオーガニック食材の販売やリサイクルステーションの開催日などを心待ちにしております。近所のリサイクルステーションの情報など大変役に立つ情報をいつもありがとうございます。これからも愛読したいと思います。(瑞穂区・会社員・33歳)

・オアシス21のオーガニックファーマーズは、数年前の閑散とした雰囲気とは様変わりしましたが、毎週通っています。(名東区・主婦・53歳)

・高齢になり外出もおっくうになりがちですが、オアシス21へは毎週欠かさず通い、朝市を回っています。ずっと続けてほしいです。(名東区・82歳)

・阿久比には遠くてあまり行く機会はありませんが、オアシスなどに来てくれればかえるので、嬉しいです。良い情報をありがとうございます。(名東区・主婦・36歳)

・ オーガニックという言葉は、耳にしたことがありますが、オーガニックファーマーズは初めてでした。ホームページを見ましたが、県内でこんなに多くの農家の人がいて、販売活動していることがわかり私も購入したくなりました。(北区・60歳)

・自分はエコに関心がある方だと思っていましたが、エコつぶを読むと私はまだまだだと皆さん素晴らしい。頭が下がります。私も頑張ります。(北区・主婦・36歳)

・次の災害はきてほしくありませんが、救援物資の備蓄はなくてはならないものだと思います。ムダのない管理は心強く感じます。(尾張旭市・男性・67歳)

 

<2015年2月号>

特集 イネの未来と遺伝子組み換え技術

・ 遺伝子組み換え技術については以前から興味がありましたが、今回の特集で理解が深まりました。(名東区・自営業・53歳)

・難しいテーマを分かりやすく記事にされていて良かったと思いますが、もう少し「異種間の遺伝子組み換え」と「同種内の遺伝子組み換え」の違い(主に危険性)に踏み込んでいただければもっと良かったと思います。(名東区・64歳)

・イネの遺伝子が4万個もあることを初めて知るとともに、遺伝子組み換えの意義を理解できたことはよかった。(北区・67歳)

・毎号楽しみにしています。名古屋大学でお米を作っているとは知りませんでした。年々、新しい品種のお米が出てきますがこのような研究の結果だとわかりました。(名東区・パート・59歳)

・名古屋でそんな取り組みをしていたのは意外な気がしました。米どころでするというイメージがありました。でも米は日本人にとっては大切な主食。これからの研究を楽しみにしています。(中川区・主婦・51歳)

・遺伝子組み換え食品には抵抗がありますが、安心して食べられるよう研究していることを初めて知りました。名大産の新米をいち早く食べてみたいです。(千種区・会社員・50歳)

・遺伝子組み換えは聞いたことはありましたが、詳しくはわからなかったので勉強になった。(南区・主婦・58歳)

・特集の「遺伝子組み換え」にはとても関心があります。記事中の、遺伝子組み換え作物外来種の自生との交雑には大きく不安を感じました。(緑区・56歳)

・ 名大でイネの研究をしてることすら知りませんでした。15%もサイズが大きいなんていいと思いました。(中川区・パート・39歳)

・ 遺伝子組み換え作物を口にするのは、やはり抵抗があります。基礎研究の結果を交配に適用できるなら、安心ですね。子どもが大きくなる頃の食糧事情が心配です。(天白区・38歳)

・遺伝子組み換えと聞くとギョッとしますが、遺伝子特定交配と聞いて安心しました。実用化が楽しみです。(港区・会社員・38歳)

・私は、遺伝子組み換えでないかどうか、大豆などを買うときは商品の裏をチェックして買うようにしていますが、加工食品や惣菜などは企業にお任せになるので、この名大の取り組みは是非とも成功させてほしいと思いました。(北区・パート・46歳)

・ DNAマーカー育種という言葉を初めて知りました。食の安全や食糧問題のために、そのような取り組みが名古屋でなされていることに凄いなぁ!と思いました。(千種区・主婦・34歳)

・名古屋大学で世界(アフリカ)の飢餓を救う研究をされているなんて、私たちの誇りだと思います。食料不足、戦争のない平和な世界を願っています。(南区・パート・64歳)

・遺伝子組み換え食品の安全性は本当に不安に思う。しっかりとした調査をし続けてほしいと切に願うばかりです。口に入れるものは不安です。(昭和区・公務員・56歳)

・恵那の実家で作っているコシヒカリは粒が小さいがおいしい。しかしもっと大きな粒がとれれば収穫も量が多くなり、よいと思った。(天白区・65歳)

・コメ離れ、コメあまりなど、あまりお米について心配していなかったのですが、世界的には食料不足であり、解決策としてこの研究は必要なことがよくわかりました。(守山区・主婦・71歳)

・私たちにはとても難しいテーマだと思いましたが、内容はとてもわかりやすくて、食品に対する見方が変わりました。可能性と安全面は研究者の方々に期待したいです。(天白区・主婦)

・日本の稲作が心配。TPPにより外国米が安く入ってくると、日本米をつくる人が少なくなり、結果、将来的に外国米が多くなるような気がします。日本人の口に合ったお米を作る研究がなされていて、感謝です。(緑区・66歳)

・主食として毎日おいしくいただいています。近ごろは値段も下がり、助かっていますが、名古屋大学、農家の皆さんの力がなければ私たちの食文化の継続も難しくなり、安定した価格も続きません。本当にありがたいことと感謝して、いただきます。(西区・主婦・69歳)

・コメ屋をやっていますので、コメの将来がどうなっていくか楽しみです。(昭和区・自営業・61歳)

・日本では考えられませんが、世界ではまだまだ飢えで亡くなっている人が多いと思うと、新しいお米が早くできるように願っています。(千種区・主婦・64歳)

・ヒトにとっての利便性ばかりを追求すると、後々モノにヒトが支配されるのではないかと思えます。(ロボット、遺伝子組み換え作物など)。(千種区・主婦・53歳)

・見出しに思わず興味をもち、一気に読ませていただきました。人類への貢献と安全性、名古屋の新米にエールを送ります。(昭和区・主婦・71歳)

・何気なく毎日食べているコメ。そのコメの安全を守りつつ、よりよい方向に研究が進んでいる。芦苅教授の研究にとても大きな期待をしています。(南区・主婦・36歳)

・近大マグロの養殖産業ではないですが、近い未来の食文化の一端を担うであろう遺伝子組み換えについて興味深く読ませていただきました。よい方向に進むといいですね。(中川区・パート・38歳)

・遺伝子組み換えは米国の会社が自分の利益のため自然の営みを壊すものという心配は今も続いています。(名東区・公務員・51歳)

・食の安全については以前よりクローズアップされていますので、いつも関心をもって生活しています。今月の特集は真剣に読むことができました。(守山区・69歳)

・遺伝子組み換えと聞くと大豆を思い浮かべるけど、まさかのコメ!? しかも名古屋とコメがあまり結びつかず、不思議な気持ちで読み始めました。読んで納得。あの名大!! アフリカへの提供もうまくいきますように。(緑区・教員・39歳)

 

ジネンで行くのじゃ

・Risaを読む日はエコを考える日。「税を知り、環境を守る」はまさにその通りですよね。(緑区・パート・55歳)

・明るくて読みやすい紙面で、必ず手に取ります。家康さんのコーナーはいつも気になって読みます。(守山区・主婦・46歳)

・あいち森と緑づくり税なんて初めて知りました。しかも6年も前から税金で負担していたなんてまったくもって初耳です。せっかく納めている税金なので何に使われているのかもっとアピールしてほしいと思いました。(西区・パート・35歳)

・江戸時代の公役銀の安さがうらやましいです。現代は、いろんな税金ばっかり! 森林税は理解できますけどね。(昭和区・主婦・42歳)

・武将隊、家康さんのエッセイが秀逸だと思う。特に今月は読みごたえがあって本当に感心した。彼の言うとおり、自立した社会とは税に頼らずとも自分たちの手で環境を守る意識が成熟して実現できる社会のことだと思う。とても考えさせられるいい内容でした。(中区・公務員・38歳)

 

リサ総研

・名古屋の小学生が使った楽器がリュースされているとの事。修理などもきちんとされているんですね。来月にはスタディーツアーもあるとの事。楽しみです。(東区・主婦・43歳)

・使わなくなった楽器をミャンマーの子どもたちが喜んで使ってくれるなんて、とても素敵なことだと思いました。きっと、家で眠っている鍵盤ハーモニカがたくさんあると思うので、さらにこの活動が広がっていくといいなぁと思います。(西区・主婦・29歳)

・ミャンマーに楽器を送っているんですね。うちにも子供が使った鍵盤ハーモニカがあるので、どこかで回収しているといいのですが。(名東区・主婦・45歳)

・ミャンマーに鍵盤ハーモニカを贈る活動、知りませんでしたが、素晴らしいですね。無理なく、知恵と技術を生かしてリユースと国際貢献が自然にできているのがいいですね。小学校などにも広まっていくといいと思います。(千種区・46歳)

・名古屋とミャンマーに意外なつながりがあることを知りました。エコが他国の役に立つのはいいことですね。(西区・主婦・50歳)

・同じ昭和区の専門学校の活動によるものだということを知ることができ、ちょっとうれしい気持ちになりました。(昭和区・パート・50歳)

・このような活動は素晴らしい。「モノや資源を大切にする心」が日本の子どもたちにも広がるといいと思います。こわれたらすぐ捨ててしまう現状に、もったいない気持ちを毎日、感じています。(緑区・主婦・61歳)

・子どもが保育園のころ使った鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)を修理してミャンマーに贈られているとのこと。胸が熱くなる記事でした。(港区・主婦・60歳)

 

その他

・エコつぶを読むと、皆さんそれぞれ生活の工夫をされているので見習おうと思います。(中川区・会社員・46歳)

・いつもリサイクル情報を見て気にはしているのですが、なかなか実行出来ません。今年こそ頑張るぞ。(瑞穂区・主婦・61歳)

・表紙の写真がいつもステキで、おしゃれな雑誌のようで、とても環境新聞とは思えません。毎月楽しみにしていますよ。(熱田区・パート・47歳)

・いろいろな仕事がありますが農業は本当に大変で最も大切な仕事と思っています。農業に関するたくさんの研究がされていると思いますがrisaで内容がわかり勉強になります。日本が農業や漁業に携わっている人にもっと優しい国になってほしいです。(緑区・主婦・46歳)

・貴誌を読むようになって、エコとは身近にあるということがよくわかりました。みんながそれに気づくことが大切なんだと真面目に考えております!(天白区・パート・52歳)

・オーガニックファーマーズを初めて知り興味を持ちました。子どもの離乳食がはじまり、新鮮安全な野菜を食べさせてあげたいのでぜひ足を運んでみたいと思います。(長久手市・主婦・31歳)

・高校でボランティア部に所属していて、文化祭でフェアトレード商品を販売させていただきました。ボランティア部に入り よりエコが近くなり、Risaさんを 毎号読むようになりました。フェアトレードの記事もあり嬉しいです!フェアトレードが まだ広まってないと思うので、これからも フェアトレードについて 掲載していただけたら 嬉しいです!(瑞穂区・学生・17歳)

・掲載されているエコ情報は共感できるものがほとんどです。自分では「エコ」のつもりが時々「ケチ」と言われ心折れる時がありますが、Risaを読むと救われます。(千種区・公務員・55歳)

・正直、今までは朝市へ行ってまで有機野菜を買わなくても、スーパーで無農薬野菜を買えばいいという考え方でしたが、黒田農園の黒田さんのきちんと作って持っていこうという心がけ、またよりいっそうきちんとした野菜を作らないと自信をもってすすめられないとの言葉に心動かされ、足を運んでみたいと初めて思いました。行列ができるのも、そんな誠実な黒田さんの気持ちが野菜にも伝わっているからだと思いました。(熱田区・45歳)

・記事、写真を見てオアシス21に行って買い物したくなりました。農家の人に直接、話を聞けそうだし。安心、安全なものを家族につくってあげたいので。(守山区・パート・58歳)

・ナナちゃんストリートで夕ぐれ市を見ました。平日の夕方で、気軽にのぞけてよかったです。(西区・主婦・53歳)

・家事をやることになった今、「エコつぶ」での主婦のつぶやきは何かと役立ってありがたい。今後とも、どんどん体験で気づいたことを教えてほしい。(千種区・男性・67歳)

・みどりオーガニックマーケットin南生協病院でときどき利用しています。有機野菜など「食の安全」がわかり、ありがたいです。(南区・主婦・65歳)

・朝市に出されている皆さん、どなたもすごく自信を持って来ていらっしゃるので感動です。(昭和区・主婦・60歳)

 

<2015年1月号>

特集 愛知万博10年

・モリコロ基金の助成などを知り、モリコロパークに行ってみたくなりました。今度の休日にでも行ってみよう!(緑区・パート・55歳)

・万博からもう10年。万博で学んだエコを、自然にできるようにみんなががんばっています。いいことですね。(北区・主婦・41歳)

・モリゾー・キッコロは最近見てなかったので懐かしい気がした。家族で愛知万博に行ったことを思い出した。(中村区・公務員・47歳)

・万博がとても懐かしかったです。また、あるといいな。(昭和区・学生・12歳)

・ 「愛知万博」の喧騒からもう十年経ちましたか? ホント早いものですね! 省みるたびに感じる事は万博開催時、名古屋に「路面電車」を復活させればもっとエコな名古屋を表現できたのではと想います。(西区・主婦・51歳)

・10年ひと昔、ちょうどその年に主人が大けがをし万博どころでなかった。おかげで今はゆっくりだが散歩ができる。春になったら、この特集記事をもって遊びに行ってきます。(西区・主婦・74歳)

・万博からもう10年も経ったんだ~!と、とても懐かしく感じ10年前のことを思い出して今のだんなさまと付き合い始めたころを思い出し浸れました。ありがとうございます。(中川区・会社員・35歳)

・万博後、モリコロパークへ行く機会がなかなかなかったが、更に進化しているようなので、嬉しかった。ぜひ出かけたいと思った。モリコロ基金の事も初めて知りよかったです。(中区・会社員・32歳)

・ 愛知万博からもう10年か~。期間中は3回足を運びました。もっと行きたかったなぁ~。モリゾーとキッコロは可愛くて大好き。森の象徴としてこれからも活躍してほしいですね。(昭和区・会社員・33歳)

・早いものでもう愛知万博から10年ですね。家内と8回くらい見に行ったことを思い出しました。懐かしいです。(名東区・69歳)

・モリゾーとキッコロの表紙は、愛知万博をとても懐かしく思い出し、もう10年になるんだーと、月日の流れの早さに改めて歳を感じてしまいました。(緑区・パート・58歳)

・愛知万博に行ったので懐かしく記事を読みました。跡地をもっともっと遊び応えのある施設に進化して欲しいと思います。駐車場が無料でなかったと思うので無料になるともっと行きやすくなるのですが・・・。(中川区・主婦・51歳)

・愛知万博からこの地方の『エコ』が根付いたようですね。(守山区・会社員・51歳)

・確かに、愛知万博から10年ですね。パスポートで何度も通いました。我が家には、3月27日生まれの息子がいます。よくつれて、上の子2人とともに、かよったなー・懐かしく若かった思い出です。(千種区・パート・36歳)

・結婚した2005年3月に愛知万博が開かれ10周年・・・自分たちもお祝いしてもらっているような感じで読んでいてうれしくなりました。せっかくの記念事業もあまり知られていないのが現状。もっと人目に付くようなところでアピールしたほうがよいのでは?(中村区・主婦・40歳)

・愛知万博が終わってもキッコロとモリゾーはかわいいですね。人気が復活しますように。(緑区・家事手伝い・44歳)

・もう万博から10年なんですねー。万博会場に行ったのがついこの間のことのよう。そして進化しているとは…これからも見守っていきたいです。(天白区・パート・60歳)

・モリコロパークの記事を読んで、中学のとき、みんなで行って楽しかったのがすぐに思い出してうれしかったです♡(守山区・受付・24歳)

・昨年、なごや環境大学の講座に出席したので、あらためてもう一度行こうと思いました。(中村区・会社員)

・モリコロパークのように自分自身も未来に向けて進化していきたいものです。日常の何でもないことからいろいろやっていきたいと思います。(中川区・パート・38歳)

・愛知万博の特集記事を読んでいて、当時をなつかしく思い出しました。そのころからエコを意識するようになったんだなあ…と。(名東区・主婦・46歳)

・モリコロラブ♡なのでフリーパスで当時は10回ほど行きました! 今でも一緒に写真撮ってもらえるのですね。モリコロパーク行きたいと思いました。(北区・派遣・39歳)

・モリコロ基金がよく助成されているのがわかった。万博からはや10年なんですね。どんどん進化してほしいです。(瑞穂区・主婦・63歳)

・イベント開催時だけでなく、継続して環境について考えていかなくてはなりませんね。(千種区・主婦・53歳)

・環境大学の講座を受講しました。食べ物の廃棄の多さに驚きました。処理費用も含め、1人1人のエコな心がけが大切だと思いました。(緑区・介護福祉士・62歳)

・環境について普段はあまり考えないけれど、万博会場が整備されたことを知り、新しくなるのを機会にもう一度考えることができました。(南区・主婦・51歳)

 

ジネンで行くのじゃ

・つもり貯金の考え方が懐かしい。若いときから、この考えかたで辛抱しながら暮らしてきました、今では故障しても自分で修理して使うことが定着してきました。この年齢になって老後の心配がないのは、この考え方のおかげ。よい未来を迎えることができ、次は孫のためさらに続けたい。(港区・65歳)

・ テーマと江戸時代の出来事の結びつきが意外でおもしろかった。(名東区・学生・21歳)

・「つもり貯金」面白いです!やってみます。(守山区・主婦・46歳)

・毎日の小さなエコ、節約が積もり重なって大きな結果を生み出すことがよくわかりました。今年も一年、コツコツがんばります。(中村区・主婦)

・正月早々すてきな記事を目にした。エコは「未来をよくする」「つもり未来」の考え方Good! エコはがまんじゃない!(中村区・主婦・63歳)

・寺社、歴史が好きなのでつもり貯金の話、興味深く読みました。これからも楽しみにしています。(緑区・会社員・42歳)

・今年も夫と子どもたちと一緒に幸せの積み重ねをしたいと思いました。(中村区・主婦・57歳)

・私たちの年代はこの意見、考えにとても賛同します。物を大切にとか、がまんをして物を得ることにいつも心がけていますが…。若い人たちにもがまんのできることを孫たちにも経験させたいですね。(長野県松本市・主婦・75歳)

・富士塚、とても面白いですね! 昔の人の知恵、今に通じる発想で、今の人と同じようなことを考えていたのだなーと感動しました。(千種区・保育士・45歳)

・毎号、家康様の博識には感心します。江戸にはごみはありませんでした。ちり紙を拾う仕事があり、習字紙のくずは、墨が防虫効果があるとかで、ふすまのしんに使われていました。家康様、もっといろいろ教えてください。(中川区・教員・55歳)

 

リサ総研

・青色LEDが多く利用されていることは知っていましたが、「名古屋はLED発祥の地」と文章で見るとうれしいですね。消費電力やCO2が半分に…寿命が4倍に!! 初めて知ったので、今年はわが家もLEDにしようかなと思いました。(南区・主婦・30歳)

・今まであまり夜のテレビ塔を見たことがなかったので、このアカリナイトをやってる時期に一度行って、LEDのよさを感じてみたいと思います。(東区・会社員・40歳)

 

未来ちゃんねるneo

名古屋学院大のフェアトレード事業に感心しました。ネックレス素敵ですね。つけてみたいです。(南区・学生・20歳)

 

その他

・人の体もエネルギーが必要ですが、過剰になると生活習慣病になるなど環境エネルギーへの取組みと同様です。自分自身へのエコからまず実践してこそ真のエコ活動が出来ると思います。体、心、社会、地球、宇宙へと広げようECO。(名東区・会社員・65歳)

・ なかなかECOなことって、出来てない日々なんですがこまめに電気を消すことやテレビをつけっぱなしにしないなど小さな事からコツコツとって感じでやってます。(守山区・会社員・46歳)

・新しい年が始まりました。昨年は温暖化のせいか異常気象が多くありました。今年はいかにして温暖化を食い止めるかを考えて自分にできることをコツコツと実施していこうと思ってます。(北区・会社員・55歳)

・竹内農園、心意気が感じられて行きたくなりました! ご家族の笑顔がいいですね!(中川区・パート・39歳)

・毎週土曜日が仕事のため、オアシス21のオーガニックファーマーズ朝市村には行くことができません。とても残念に思っていたところ、ナナちゃんストリートオーガニック夕ぐれ市の存在を知り、家内と度々訪れております。先日購入した「雪かぶ」サラダで頂いたのですが、その甘さにびっくりです!(西区・会社員・53歳)

・いろいろなものをリサイクルしたり、リユースびんを使用したりと環境を考えた取り組みが、行われているんですね。ものを大切にすることを今一度考えてみたいと思います。(北区・主婦・61歳)

・産直の野菜は「道の駅」に行かないと買えないと思っていましたが、近くで販売しているところの紹介があり、見に行ってみたいです。(中川区・パート・56歳)

 

<2014年12月号>

エコつぶ特集!

・お忙しいはずの会社員の方でも色々なアイデアで生活を工夫していらっしゃるのを読むと、忙しいを言い訳にしている自分を反省します。(中川区・会社員・46歳)

・主婦主体の情報誌ですが、おじさんにも、「目からうろこ」の情報誌です。とくに今月の「エコつぶ大賞」は良いです。無駄を無くしてそれでもおいしく楽しく工夫する日々は、心をほっとさせてくれます。今夜、妻に「ナガイモの皮だけちょうだい。ちょっとつまみを作ってみるから」と宣言します。(守山区・会社員・60歳)

・毎回、自分でもできそうなことが載せられているので、参考にさせて頂いてます。りそうこへも行って見たいと思っているのですが、まだ行けていないので、クリスマスチャリティーセールにいきたいです。(西区・主婦・35歳)

・ エコつぶのコーナー、楽しそうでやってみたいと思ました。(中川区・会社員・59歳)

・生活のヒントがいっぱい詰まっていて感動しました。(大津市・会社員・33歳)

・エコつぶ特集、待ってました。もっともっと紹介してください。本にしてください。(中川区・主婦・49歳)

・どれもなるほどと思うものがあり、深谷さんも知的でよかったです。私もこういうアイデアで賞を取りたいです!(西区・会社員・54歳)

・いろいろエコをしていますが、ナガイモの皮のことは知らなかったので、すぐにその日にやってみました(おいしかった)。(中村区・65歳)

・空瓶を花瓶にリユースするにも限界があります。3Rの中で一番大切なのは「リデュースreduce」だと思い、そもそも物を買う量が減りました。家計にもエコです(-_-)(天白区・38歳)

 

ジネンで行くのじゃ

・「助け合いこそエコの基本」を拝読しました。江戸時代のような昔は隣人・近所どうしが助け合い、寄り添い合いながら生活していたのですね。まさに土地に根付く地域社会が機能していたのですね。最近は、近所づきあいが希薄になってきたけれど、これも時代の流れかなと感じます。(緑区・会社員・40歳)

・家康様のお言葉かなり説得力がありました。日本でも最近は異常気象で災害がとても増えているので、昔の町全体が家族のような雰囲気を取戻し助け合っていけたらいいなあと思いました。(中村区・パート・41歳)

・「助け合いこそエコの基本」の見出しが気に入りました。(守山区・自営業・70歳)

・いつも家康公の記事を楽しみにしています。江戸は世界一の環境都市だったと思います。現代人も見習うところはありますよね。(中村区・公務員・50歳)

・家康さまのジネンで行くのじゃ、毎回楽しみにしています。他の記事はサラっと読んでも(ゴメンなさい)ジネンはじっくり、時間をかけて読みます。お忙しいでしょうに、家康さまの博識にはいつも驚かされます。サスガです!!(北区・学生・14歳)

 

未来ちゃんねるneo

・食料問題を自分ごとに! そのとおりだと思った。(南区・青果業・65歳)

 

リサ総研

・毎号へぇ~なるほど!と思いながら読ませてもらっています。今月号では「学区回収」の15年の成果と課題を興味深く読ませてもらいました。私自身昨年度は子ども会の資源回収、今年度はPTAの資源回収を担当していて、いかに回収が大変な作業かが本当に身に染みてわかり、また資源を回収したお金が色々な役に立っていると思うと、最近では進んでお手伝いに励んでいます。何より環境にやさしい事に私でも貢献できるのが嬉しいです♪また様々な特集楽しみにしています。(中川区・主婦・42歳)

・新聞がたまればもっていけば片付けてもらえると思っていた考えが変わりました。(名東区・パート・39歳)

・町内の保健委員を2期3年目。資源回収、資源分別回収で毎週、毎月、ごみとカクトウしています。記事を読み、伊来さんみたいに考えてくれる人が増えることを願っています。(昭和区・主婦・64歳)

 

その他

・記事を読んで、今の生活を見直したり、考え直すきっかけを与えてもらっています。もっと身近に活動があり、子供も参加して欲しいと思います。学校なんかでボランティアやエコ活動に参加する機会をつくってもらえたらなぁ。(緑区・主婦・45歳)

・ 今年初孫が誕生しました。双子の男の子です。この子たちに良い環境が残せるようにやれることをコツコツ実践していきたいです。(北区・会社員・55歳)

・ 息子が非常に関心を持って見ていたので息子はまだ4歳で文字は読めませんが一緒に楽しくみさせて頂きました。(中区・会社員・44歳)

・ 小学生3年生の娘にも解りやすい内容と文字の大きさでいつも楽しみにして読んでます。(千種区・パート・49歳)

・ Risaを読むようになってからエコの大切さを日々実感して微力ながらもできることを心掛けています。食べ物は以前は作りすぎていましたが食べられる分だけ作りゴミをできるだけ少なくするとともに粗末にしないようにしています。これからもいろいろと勉強させていただきます。(中村区・主婦・55歳)

・ 毎号何かしら生活に役立つ記事があり楽しみにしています。(緑区・主婦・65歳)

・フェアトレードの記事を楽しみにしています。(千種区・30歳)

 

<2014年11月号>

特集 いよいよ開催! ESD

・私の地元出身中学西区菊井中学の記事が凄く感動しました。よく考えて頑張ったね! 誇りに思います。私も何か参加、協力したいと思います。(西区・会社員・63歳)

・ESDという言葉は、最近よく聞きますが今回の特集でよくわかりました。今後も話題になっている事柄の特集をお願いします。(北区・会社員・55歳)

・ESDはイマイチ周知されておらず残念ですが、積極的に参加したいと思います。(名東区・自営業・53歳)

・今回ESD特集であるが、持続可能なための教育とはなんであるのかが、特集を読んでもよく理解できない。和訳が適切ではないのではないか。(北区・67歳)

・ ESDは、難しいと思っていたが、身近なことからの説明で、誰でも取り組めるものだと思った。(天白区・主婦・66歳)

・今回の特集のESD。何が持続可能な世界を維持していくのか、自分で身近なところから幅広く考えていきたいと思います。小学校の授業などにも積極的に取り入れていってもらえるといいと感じました。(緑区・会社員・40歳)

・普段あまり環境問題とかに興味はないのですが、こういった記事を見ると自分達の世代だけでなく、子供たちの世代の生活がどうなってしまうのかを考えさせられます。子供と一緒に読みたいですね。(中川区・パート・32歳)

・ 今私にできることは…今の平和な日本を将来へ引き継ぐこと。未来に残したいことは・・・昔より環境破壊は進んでいますが緑多き四季のあるこの国を子供たちに引き継ぐこと。多くの人ができることを考えてくれると良いですね。(北区・会社員・55歳)

・ ESDって新聞などで見ているけれどよくわからないです。私でも参加できるとわかりました。時間が合えば、出かけたいと思います。(中村区・主婦・43歳)

・ ユネスコスクール?…知りませんでした。小中学校の子どもの時代に、多種な体験ができる環境は羨ましくもあります。(中川区・会社員・46歳)

・編集長コラムの中の「答えがあって…行動していくか」が私も印象に残りました。(熱田区・会社員・32歳)

・ ESD、漠然としてて何をすることが次世代につながるのかいつも考えさせられます…(中川区・公務員・39歳)

・ ESDについては正直よくわからないですね。今回テーマが難しいと思いました。(守山区・会社員・56歳)

・エコは子供の時からしっかり学校で教育していく必要性を感じている。現在70校以上に増えたというが、全校で当たり前のように行われていくことが望ましい。(千種区・主婦・61歳)

・ユネスコスクールのことを知りませんでした。子どもたちもみんないろんなことに取り組んで考えていて、感心しました。(港区・パート・56歳)

・今回の特集でESDのことを「今日よりいいアースへの学び」という愛称だと知りました。持続可能よりもとてもいい言葉と共感しました。とてもわかりやすいです。(北区・主婦・66歳)

・最近の子どもたちはすごいと思います。どの記事を見ても、英語や他国の出来事に興味を持って、笑顔もスタイルもまるで外国人です。(千種区・介護士・52歳)

・なかなか具体的なイメージができなかったESDですが、これからも地球で生きていく上で何ができるかを考える糸口にしたいと思います。(天白区・学校職員・39歳)

 

家康のジネンで行くのじゃ!

・ 「マスダールシティ」の記事、とても驚きました。日本でも実現できるといいのにと思いました。(天白区・主婦・44歳)

・産油国のアブダビ首長国が石油を一切使わない都市を建設していることに驚きました。資源を奪い合っている場合ではない、その先を行くことが重要なのだと痛感しました。Risaは勉強になることが楽しく書いてあり、重宝しています。(中村区・会社員・38歳)

・アラブ首長国連邦のように、『超循環型都市』を被災した東北で実現しようとしなかった日本が残念です。(守山区・会社員・50歳)

・日本と違い、石油産油国のアブダビ首長国にエコ都市「マスダールシティ」が出来るのは驚きです。(中川区・主婦・52歳)

・広大な夢!の広がる元気の出る記事ですね。気持ちが若返ります。(守山区・主婦・77歳)

・旅の途中でドバイに行きました。税のない国、質素な服装。豊かなのか? わからないです。(北区・73歳)

 

環境トピックス

・環境トピックスに掲載された「リユース&チャリティー」は知りませんでした。とても参考になり、早速参加します。(名東区・主婦・53歳)

・ 先日オープンしたReショップよしの、初日におじゃましました。以前から熱田店などの事は知っていましたが遠くて足を運べませんでしたが、自転車で行ける距離にオープンしてもらえて、うれいです。いらなくなったものを必要としている人へ、とても良い試みですよね。物があふれている現代で、大事に最後まで使い切るってことを大人から子供へ伝えていかなければいけないことだと思います。(北区・主婦・46歳)

・マスコットキャラクター「リサイくん」、とてもかわいらしいです! これからも応援します。(中川区・主婦・52歳)

 

リサ総研

・日本のミツバチが外来種に襲われる様子をテレビでみてびっくりしました。また環境指標生物として私たちの生活を保つのにも需要な役割を持っていることを知りました。

・ミツバチの激減に、地球の未来が心配されますね。。。(守山区・主婦・45歳)

・ミツバチがリサイクルの根だと思いました。(緑区・会社員・41歳)

・私は毎日、ハチミツをヨーグルトに入れて食べています。本当にミツバチが安心して働ける地球を目指したいですね。また、働きバチは全員メスとは、知りませんでした。(名東区・主婦・38歳)

・娘が昨年、卒業した愛知商業高校でもミツバチを飼育していて興味深く読みました。ミツバチ=ハチミツだけではなく、生命・環境のサイクルは本当にESDと重なりますね。(守山区・パート・43歳)

・今はとても便利です。しかし,その便利さを追求しすぎたため、地球破壊につながっていくのではないでしょうか。ミツバチもそれを感じて逃げ出したのでは?(中川区・65歳)

・ハチに刺されると思い、嫌う人が多いですが、ミツバチは小さくて刺すこともなく、環境にもよいこと、人間社会に大切な生き物ですね…。(守山区・主婦・46歳)

 

その他

・ みどりオーガニックマーケット 行ってみました野菜 お茶 かき揚げ 購入友人と楽しんで買い物できましたもう少し 店舗あるといいですね いつも4件なんでしょうか?生産者の方~情報に元気もらいました私も物作りで生きがいを見つけたいこの頃です。(緑区・主婦・52歳)

・ 毎月リサが新聞にはさんでると一番に読みます。為になることがいつも載っているからです。(中村区・主婦・69歳)

・毎回楽しみにしています。エコつぶ参考になります。我が家でもリサイクル品を活用したり、1年に1回フリーマーケットに出店し、他の人に不用品を活用してもらっています。(西区・会社員・47歳)

・リサイクルの記事はいつもとっておき冷蔵庫に貼っています。判りやすいので有難いです。これからもお願いします。(中川区・主婦・50歳)

・平飼い養鶏の記事を見て、子供の頃鷄を飼っていて玉子が美味しかったこと、黄味の弾力があったのを思い出しました。チャンスがあれば買いに出掛けたい。(港区・主婦・64歳)

・「エコつぶ」は本当に参考になってます。私も「エコ」には興味ありますので何か考えてみたいと思います。(名東区・主婦・65歳)

・Risaが入っている日は、環境を考える日!楽しみにしています。(緑区・パート・55歳)

・エコな行動をするのは基本一人なので、Risaさんを読むと、一人ではない、皆でやってるのだ!と励まされます(春日井市・主婦・55歳)

・よく行くスーパーは以前レジ袋を有料にしてマイバッグをすすめていました。ところが無料でもらえるようになったら、一度使ったレジ袋はゴミ箱にポイポイ。まだきれいなら捨てずに使おうよ。私は今でも「NO!」と言ってマイバッグを持参しています。もちろん、手ぶらのときにはもらいますが、ムダにはしません。(中村区・主婦・50歳)

 

<2014年10月>

特集 エコな住まいの選択肢 リノベーション

・古い物を全部壊して1から新しい物を作る事がいいと思っていましたがこの記事を読んで少しだけ考えが変わったような気がしました。(南区・自営業・50歳)

・「匠」たちの提案には夢を感じました。(天白区・会社員・53歳)

・「リノベーション」今有るものを壊す事無く活かして使う、壊して作り直した方が経済的という、家電でも壊れたら買い換えた方が経済的という、資源のない国・日本にこうした概念が定着してしまいました。こうした豊さの享受で良いのでしょうかね?(西区・主婦・51歳)

・エコ・リノベーションの事を記事で教えてもらいました。リフォームとの違いがよくわかりました。(昭和区・主婦・40歳)

・ エコ・リノベーションのリフォームの記事が興味を持ちました。もっと具体的に詳細を知りたかった。図面、経費等、参考になるところまで紹介してほしいと思います。(緑区・会社員・71歳)

・ リノベーションで、劇的に変化できることに驚きです。(中村区・会社員・60歳)

・『リノベーション』は資材のムダもなくなり、エコ住宅の見本です。地方から空き家が増えている問題が起きているので、制度を整備して若い人も安心して一定期間住める住宅が確保されるといいですね。(守山区・会社員・50歳)

・ビフォーアフターで見たお宅が一面に出ていたので、最初のページからテンション上がっていつもより楽しく読めました。(名東区・会社員・41歳)

・リノベーションの凄さにびっくりしました。(天白区・主婦・44歳)

・ エコ・リノベーション、工場が快適な住宅になってるとこが感心しました。(守山区・主婦・45歳)

・リノベーションの記事は身近でとても分かりやすかった!(昭和区・会社員・33歳)

・住宅のリノベーションという言葉を初めて知りました。これに近い工事を時々見るようになりました。(瑞穂区・71歳)

・子どもが生まれて家に興味を持ち始めたので、リノベーションは気になる記事でした。(千種区・主婦・31歳)

・最近、流行のリフォームよりリノベーションが注目され、目を見張る見事な設計で斬新かつオシャレなデザインがすてきです。将来性があり、わが家でもいずれ考えたいところです。(中川区・主婦・60歳)

・リフォームとリノベーションの違いがよくわかりました。以前リフォームしたとき、既存の天井、壁、床をぐるりと囲んで新しい天井、壁、床を作ったので部屋が小さくなってしまい、がっかりしました。リノベーションすれば違ったのではと記事を見て思いました。(中村区・60歳)

・リノベーションもエコの一つですよね。まだ新しいのに、この材木はリユースされるのだろうかと、他人事ながら心配する例にぶつかったことがあります。(瑞穂区・会社員・29歳)

・今住んでいる家は私が生まれたときからの家で、リノベーションができたらいいだろうな…と思いました。(中村区・56歳)

・リサイクルというとゴミのことばかり考えていましたが、目からうろこです。このごろは空き家がたくさんあるとのこと、各個人の暮らし方にあったリノベーション、いいですね。参考になりました。マンション住まいですので今のところ家のほうに暮らしを合わせている感じですが、自分の暮らし方に家を合わせるように造りかえればいいわけだ!(天白区・パート・61歳)

・子どもが生まれ、賃貸から新居を考えていました。リノベーションも選択の1つに加えようと思います。(守山区・主婦・29歳)

 

家康のジネンで行くのじゃ

・「家康のジネン…」毎号楽しみです。エビの養殖がマングローブを破壊してた!エビを買うときに思い出します。名古屋まつりの日に名古屋城が無料開放されます。家康さんの演舞を見て、エビ天セットを食べます。今から楽しみです。(中川区・主婦・55歳)

・名古屋おもてなし武将隊の家康さんは知識が豊富のようで読んでいていつもおもしろいです。(尾張旭市・主婦・64歳)

・「エビ天セット」安くて美味しそう。今度、行ってみます。(熱田区・主婦・50歳)

・エビ大好きです。自然を大切にしてほしいけど。(緑区・自営業・79歳)

・日本人の食い道楽、それを外国で生産、そして外国は暮らしが豊かになる。日本人は病気になり自然が破壊される。なんだかすべて日本が原因のような。反省しなくては。(名東区・59歳)

 

未来ちゃんねるneo

・若い子が、地産地消、地域活性化、交流を考えて色々な取組にチャレンジしている事に元気を貰いました。近くでもあるので応援します。(港区・主婦・64歳)

・高校生の伝統野菜の販売、楽しそうでなおかつ、頑張ってるなあとおもいました。私も農業高校出身だったので、同じ事をやってて懐かしく思い出しました。(守山区・公務員・50歳)

・若い世代の野菜に対する考えが読み取れた。(守山区・67歳)

・学生さんが食に心していること、とても大切なことですばらしいと感心しました。(北区・83歳)

 

リサ総研

・ インターネット上には莫大な情報があります。それをうまく活用して、川を安心、安全に管理できればいいですね。これからはエコの時代。「アクマップ」というのは初めて知りました。(緑区・会社員・40歳)

・家の近くに庄内川があり、昔台風のときに恐い思いをしています。川の水位など常に頭にあります。この辺で雨が降っていなくても、山の方で降ると気にかかり、何気なく川に目がいきます。この取り組みは大変うれしい! 行政も目配りしてほしい。(西区・主婦)

・小学生のころは天白川で泳いでいました。水辺環境を取り戻し、安心して遊べる場所にしたいですね!(中村区・パート・66歳)

 

その他

・「元気!新鮮!オーガニックファーマーズ」の「不耕起栽培」について興味く読みました、早速調べて見て良く判りました。ひだまりやさいとのネーミングセンスも大変よいな~と思いました、これからも頑張って下さい。(港区・65歳)

・オーガニックファーマーズにとても興味がありますが、場所や時間がどうしても合いません。移動販売などもあるといいですね。(守山区・会社員・40歳)

・ オーガニックな野菜大好きだよ。ナナちゃんストリート来週行ってみますこれからもいろいろ紹介してくださいね。(北区・パート・54歳)

・エコつぶの「ペットボトルのふたで金魚すくい」が、ナイスアイディアでかわいいなと思いました。(中区・会社員・32歳)

・BOOK欄で紹介された「人・水 美しい日本の心」は他では知ることのできない本で、このような本の紹介をお願いします。(緑区・74歳)

・我々は自然を友人だと思ってきましたが自然破壊を続ける我々に対し警告を加えるようになってきました。もう一度我々一人一人が自然とか環境問題に対し関心を持って考えるべきではないかと思います。これ以上悲しい災害が増えないためにも。(北区・会社員・55歳)

・ 豊田の「ジビエ・グルメ・グランプリ」、とても興味があります。(千種区・公務員・45歳)

・ なかなかエコ活動はできませんが、フリーマーケットは大好きで、開催地を探しては出掛けて居ます。名古屋は大きな町の割りにはフリマの開催が少ないと思います。(港区・パート・40歳)

・消費社会で生きていると、日々もったいないことをしているなあ~と気にしつつ、何から気をつけたらいいのかピンと来ない…。でも「エコつぶ」のような小さなことからやっていこうと思いました!(千種区・保育士・44歳)

・「りばーぴあ庄内川」、こんな催しステキです。昔のように自然の中で安心して遊べるようになるといいな。山、川、海、すべてが子の遊び相手だったころが懐かしい。(名東区・主婦・60歳)

 

<2014年9月>

特集 気軽にリサイクル 小型家電

・今月号の小型家電リサイクル制度の紹介は、内容がわかりやすく書かれており、良かったです。パソコンのデータ消去を無料でして引き取ってもらえると利用がもっとすすむのかな。(緑区・会社員・40歳)

・ちょうどパソコンの処分に困っていました。データ消去のソフトを無料で利用できるとは目から鱗?? ぜひ利用したいと思います。(緑区・主婦・36歳)

・回収ボックスを見かけた事はありましたが、利用したことはありませんでした。気軽に利用できそうなので今後利用していこうと思います!(緑区・主婦・46歳)

・小型家電リサイクルはよく理解出来ました。丁度捨てようとして処理に困っていた電化品がありまさにグッドタイミングでした。レアメタル回収にもなり消費者も助かる良い制度だと思います。(中川区・アルバイト・60歳)

・小型家電のリサイクルをしていることは知っていたのですが、対象品がよくわからなかったので、特集されていてよかったです。(中村区・主婦・35歳)

・表紙を見て、電卓もリサイクルできるのだと知りました。意識していないと不燃ゴミに捨てそうですが、かなり物持ちはいいほうなので、電化製品はほとんど15年以上の年季の入ったものばかりです。捨てる時には注意したいと思います。「エコつぶ」いつも楽しみでHPの方もチェックしています。シンプルなバッグや小物には余っているボタンを縫い付けてアレンジしています。(千種区・会社員・39歳)

・小型家電のリサイクルには、いつも頭を痛めていました。小さなことから教えてくれてありがたく思います。(港区・学生・20歳)

・小型家電リサイクルは、レアメタルの回収に有効だと思いますが、記事にあったようにパソコンリサイクルとの関係やコストの問題が気になります。(中川区・公務員・39歳)

・ 小型家電リサイクルが導入されたことを思い出し、早速お部屋の片付けを実行しました。手に持ち運べるサイズの家電って多いですね!(熱田区・主婦・28歳)

・ デジカメを買い換えたいので、回収ボックスのことが分かったよかったです。(中村区・会社員・37歳)

・ 名古屋に引っ越してきてホームセンターなどで回収ボックスは見かけたことはありましたが詳しくは知りませんでした。個別回収などもあることも知り、機会があれば利用したいとおもいました。(中川区・主婦・50歳)

・パソコンのリサイクルが現在は無料であることを記事で知りました。さっそくPCリサイクルマークを確認してひと安心です。(守山区・会社員・50歳)

・PCリサイクルについて全然知らなかった。メーカーが引き取ってくれるとは…。勉強になりました。(昭和区・会社員・33歳)

・パソコンの回収があることまで知りませんでした。箱で送れば良いのも便利だと思いました。自分にできるリサイクルはどんどんしていこうと思いました。(中川区・会社員・59歳)

・私が小型家電のリサイクルをしようと、今年2月中旬頃に近所のスーパーに行った時、店員さんにボックスの設置場所を聞いても分かっていない店員さんが多くて困りました。制度が浸透していないと思っていたのですが、記事を読んで想定以上の量が集まっていることが分かりました。(熱田区・会社員・42歳)

・捨てればただのゴミ、小型家電リサイクルは素晴らしいと思います。(東区・主婦・68歳)

・昔の家電など捨てられず、タンスのこやしになっていて困っていました。今回、とてもよい方法ゲットできて満足です。(千種区・主婦・52歳)

・時計やラジオなど、不燃ごみで捨ててしまいます。家の中に眠っているものもまだあります。気軽にリサイクルできればよいです。(中村区・主婦・59歳)

・51カ所ある回収ボックス、一度も目にしたことがありません。もっと関心を持たなくては…(反省)。(昭和区・パート・60歳)

家康のジネンで行くのじゃ

・歴史に興味を持ち始めた息子と読むと楽しいです。(守山区・パート・42歳)

・徳川家康が大好きです。10月は名古屋まつりの時期、家族で楽しみにしてます。さすが家康様、火の大切さを今一度考えました。(港区・会社員・44歳)

・古い名古屋の街の歴史はいろいろなことがあって、知ることが楽しいです。これからも面白い記事を載せてください。(緑区・無職)

・火の力はあらためてすごいものがありますね。火事にも気をつけねば。(昭和区・主婦・37歳)

未来ちゃんねるneo

・今年は各地で雨による災害が多く、野菜類も高値になっている中、規格外野菜の有効活用に取り組んでいることは素晴らしいことです。今後も続けてください。(緑区・会社員・51歳)

・未来ちゃんねるneoを読むたびに感心したり、私も学生時代こういう体験や活動をしてみたかったな~ととても刺激になります。主婦の自分だからこそできることってなんだろうと自問自答してしまいます。(昭和区・主婦・32歳)

・愛知淑徳大学の学生が規格外野菜を使った活動をしてることに関心しました。(中川区・会社員・30歳)

・規格外の野菜はスーパーにおろすことができない・でも味もよい。もったいないですね。私は産直市場で規格外のものを購入し、手間をかけて節約しています。(港区・会社員・44歳)

・規格外野菜をスイーツにして販売するという活動、はじめて知りました。若い方のアイデアはとってもいいですね~!!(千種区・保育士・44歳)

・お野菜がとても高いですね。ワケあり、形がいびつ、なんてぜんぜん気にしないので。こういった商品も市場に出回ればいいと思うのですが…。(中川区・主婦・49歳)

・野菜の大切さと利用方法が大変よいです。大学生頑張って!(西区・会社員・50歳)

・一坪菜園で夏野菜のトマト、キュウリ、ナス、オクラ、ゴーヤなどを数本ずつ作ってますが、形はほとんどが規格外の形ばかりですが、新鮮でおいしく食べてます。規格外の野菜をスーパーでも安く売ってほしいですね。(守山区・パート・60歳)

リサ総研

・リサ総研勉強になりました。エコには興味があるので毎号楽しみにしています。(緑区・主婦・31歳)

・「冒険旅行」付きの机、以前中日新聞に記事があり、面白い企画だと思い。すぐお店に行き、申し込みました。楽しみにしています。子ども(2歳8カ月)にとって、素晴らしい山体験になることを期待しています。(西区・主婦・40歳)

・子どもの学習机は年の離れたいとこのお古をもらいました。中学卒業のとき、2回転居の際、処分しました。記事の机なら一生使えそうですね。(名東区・主婦・53歳)

・子どもたちが小さいころ、こんな机があったらよかったのにと思います。粗大ごみに出してしまいましたが…。(千種区・主婦・52歳)

その他

・毎号オーガニックファーマーズを見て出かけることが楽しみです。(名東区・主婦・52歳)

・リサはとても親しみやすい誌面でエコが身近に感じられるので欠かさず読んでます(^^)(港区・公務員・40歳)

・ 資源ごみの出し場所が遠いので、休みの日に行けるリサイクルステーション情報が助かります。(中村区・会社員・51歳)

・環境をよくするためには我慢すべきことも多く出てきます。楽してことをなすことはできません。未来の子供たちに良い環境を与えるという気持ちを持ってやれば楽になると思います。(北区・会社員・55歳)

・オーガニックマーケット気になります☆ふらっと行ってみようと思います。(守山区・会社員・34歳)

・書籍が電子化する傾向にあるが、本はやはり紙がいい。洗濯板から洗濯機になった便利さとは違う。限りある資源である電力、「何でも電子化」は慎まねばならない。(緑区・パート・55歳)

・南生協病院のみどりオーガニックマーケットで買うお野菜って本当においしくて、スーパーで並んでいるお野菜とは比べ物にになりません。素材そのものの味が濃くて、特にニンジンを食べるとわかります。安心、安全なものばかりで、妊娠中の私はとても農薬など気になるので、私にはとってもうれしいマーケットです。(港区・歯科受付・39歳)

 

<2014年8月号>

特集 「市場」最鮮端

・毎日おいしくいただいている食材の裏では、こんなに大仕事をされているんだなと、今以上に孫たちに食前の「いただきます」「ごちそうさまでした」をしっかり教えていかなければと痛感しました。(西区・主婦・67歳)

・鮮度を保つ容器のリサイクル、野菜くずの肥料化など、知恵と工夫でムダにしない取り組みに拍手。(東区・69歳)

・ 北部市場の生ごみや野菜くずを堆肥にしていることをはじめて知りました。(守山区・パート・68歳)

・市場でもエコ活動が意識されているとは驚きでした。(天白区・主婦・44歳)

・消費者の手元に届くまでにはいろいろな方の流通によりお店に並ぶことがわかり、特に野菜くずは刻んで堆肥化するとのこと、世界では飢餓で苦しんでいる人も多いので、大切にモノを使い切ることが大事だと思いました。(千種区・会社員・63歳)

家康のジネンで行くのじゃ

・夏の夜空に打ち上げられる花火には感動しますね。煩わしさを忘れさせ、ひとときの安らぎを与えてくれます。昔の人は花火を見て何を思ったのでしょうか?(北区・主婦・60歳)

・花火の歴史がそんなに古いなんて・・・今年もたくさんの花火を見ます!(熱田区・パート・50歳)

・つい2、3日前に江戸時代の二大花火師「たまや」と「かぎや」の興味あるエピソードを読んだばかりでしたので、より深く感銘を受けました。(名東区・主婦・70歳)

・花火のことが詳しく載っていて物知りになりました。まだ知っていて知らないことがたくさんあります。(瑞穂区・主婦・65歳)

・歴史を読むのは楽しいです。庭で花火をやりたくなりました。家族みんなで。(守山区・パート・58歳)

未来ちゃんねるneo

・「そういえば今、環境ってどんな状態なんだろうなあ」という軽い考えでも、今はすてきな教材になっている。学生さんの取り組みすばらしいですね。(南区・主婦・51歳)

・自分の出身大学の記事が少し出て誇らしかった。(名東区・59歳)

リサ総研

・いよいよ実用化が近づています燃料自動車ですが環境にやさしいので大賛成です。ただ自動車の構造が今までとは大きく違ってくると思います。自動車自体の安全性はどうなんでしょうか。(北区・会社員・55歳)

・あと10年も経てば「ハイブリッド(車)」という名前もなくなるかも? きっとそれが当たり前の世の中になってくると思うナ(緑区・主婦・36歳)

その他

・ エコつぶを見て、これならできそう!と思いつつなかなかできません。意志の弱さに反省・・・(東区・主婦・42歳)

 

<2014年7月号>

特集「リサイクルの原点 水道100年」

・これからの暑い夏はプールなどお水遊びが多くなるけど、なるべく節水も意識しなきゃなと思いました。(熱田区・主婦・28歳)

・蛇口をひねれば当たり前のように出てくる水道水も木曽三川が身近にあり整った設備が設けられているこの恵まれた環境だからこそだと思います。コップ一杯のエコからでいいので心掛けていきたいと思いました。(天白区・主婦・61歳)

・名古屋のお水は美味しいといわれていますがずっと綺麗であってほしいなあと思います。(港区・パート・43歳)

・名古屋の水は木曽川から供給されているのを知り、あらためて川(水)の重要性を感じました。昔から川の近くで文明が発達するといいますが、これからますます名古屋が発展して行くといいと感じました。(緑区・会社員・40歳)

・ 表紙の千種区に浄水場があるのは知っていましたが、イベントが開かれているなんて知らなかったです。外からしか見てないので、ドームが2つも入る広さなんてビックリしました。(守山区・会社員・46歳)

・浄水場の開放等があれば、一度訪ねてみたくなりました(西区・会社員・58歳)

・名古屋の水のおいしさを、(どこそこの水はうまい)と言う夫にこれを見せたいです。(北区・主婦・67歳)

・水は大切な資源であり、エコ実践でマイウォーターをいつも1リットル持参し、出かけます。(中川区・公務員・48歳)

・水道100年の記事に魅かれて、読みました。昔から名古屋市は水がキレイな街として有名ですが、色んな施設と歴史があることを改めて実感しました。(北区・会社員・31歳)

・谷口交差点を多々通る時、噴水のふつふつと水が出ているさまに癒しを感じます。水の有難さをもっと感謝しないとと思います。(守山区・65歳)

・母親が生まれた年に、名古屋の水道の給水が始まったことを知り、母親と水道の歴史の重みを改めて感じました。(西区・65歳)

・鍋谷上野浄水場で毎年行われる”なごや水フェスタ”に10年以上前に子供がステージで踊ったのを思い出し懐かしくなりました。(瑞穂区・主婦・60歳)

・蛇口を捻ると、当たり前のように出てくる水が、いろいろな段階を経て大変おいしい名古屋の水ができている事に感謝し、また使用後の下水の事も考え節水を心がけ大切にしたいものです。(東区・自営業・60歳)

・ 水道水にも長い歴史があるんですね。100年という節目に水のありがたさを再認識しています。名古屋城などが描かれたボトルに入った名水はきっとおいしいでしょうね!(北区・主婦・60歳)

・ 水道の歴史を感じられ、とても有意義でした。先人に感謝!(守山区・主婦・45歳)

・ エコには関心があるので毎号必ず読んでいます。今号では、父の故郷である木祖村のアンテナショップが名古屋にあることを始めて知り驚きました。これからも色々な情報を楽しいにしています。(東区・パート・51歳)

・ 他県でお水を飲んだら、あまりにおいしくなくてびっくりしたことがあります。水道水を販売できる名古屋の水はすごいと再認識しました。(天白区・主婦・44歳)

・名古屋の名水、3年前に備蓄用に購入してあります。名水への取りくみがよくわかってよかったです。(昭和区・会社員・33歳)

・千種区の浄水場イベント行ったのですごーい!って思いました。あの煉瓦の建物は見れてよかったし、息子もお水をお茶より美味しいと言い出しました。排水も最後までリサイクルされているなんてすごいと思いました。(守山区・主婦・39歳)

・名古屋の上水道が、まだ100年の歴史しかないのは意外でした。毎日あたりまえのように贅沢に使ってますが、水源の環境に感謝しながら使いたいと思います。(守山区・会社員・50歳)

・台所のごみなどは出来る限り流さないよう生ごみに出していますが、水処理センターの役割の大切さを知りあらためて感謝です。(中村区・主婦・62歳)

・せっかく苦労して作られるうみゃー水を無駄にしないように大切に使い、節水に心がけたいと思います。(緑区・64歳)

 

家康のジネンで行くのじゃ

・江戸時代の行楽の充実ぶりにびっくりしました。(南区・主婦・58歳)

・毎回、家康公の「ジネンで行くのじゃ」を楽しみに読んでいます。(天白区・アルバイト・55歳)

・名古屋城の天守からの360度眺望図には驚きました!ページを開いた瞬間、目が止まりました。(守山区・主婦・45歳)

・私は時代劇が好きで、必然的に(?)江戸時代の風俗に興味を持つことによって「家康のジネンで行くじゃ」を楽しみにしています。(東区・71歳)

・名古屋の歴史がわかってよかった。私も行楽の旅に出てみたいと思った。(西区・学生・21歳)

 

未来ちゃんねるneo

・なんでもチャレンジできる若い方のパワーに期待しています!我が家の子供達もすぐ皆さんと同じ年頃になるのでこのようなサークルに参加し日本にいても世界とつながりのある日々を送ってほしいです!(千種区・主婦・44歳)

・環境活動に取り組む学生たちに感心しました。自分でも考えなくてはと思いました。(中村区・主婦・43歳)

 

リサ総研

・ 帆布のバッグなどにリサイクル丈夫なのでもってます消防服は、耐火耐久桁外れだと思いますがどういう経路で手に入れることができるのでしょうか?(緑区・主婦・51歳)

・リサイクル⇒アップサイクルの考えに教えられました。(瑞穂区・69歳)

・ 「アップサイクル」とは初めて聞く言葉でした。松坂屋、東京や京都の百貨店、海外へも出店とはびっくりです。私も一度見に行きたいです。(名東区・主婦・64歳)

・消防服のアップサイクル、いいですね。お店にいって実物を見てみたいです。(中川区・主婦・37歳)

・ 消防服のバッグ!とても丈夫そうで、是非手にとって見てみたいです。男性に好まれそうですね。(南区・学生・20歳)

・いつもよく行く大須ですが、「モデコ」は知りませんでした。今度ゼヒ!!(東区・パート・61歳)

・若い人の発想、センスに驚きました。世界に羽ばたく企業に成長してほしいです。(日進市・65歳)

 

その他

・ オアシス21でも無農薬の朝市がやっているのを初めて知りました。無農薬の野菜に興味があり、宅配野菜を始めて届くのも楽しみになり野菜を食べるのが大好きになりました(・∀・)行ってみたいと思います。(港区・主婦・30歳)

・「地球環境に良い生き方って、どんなことだろうな?」と考えつつ、とりあえずできることとして、古紙、古着、リサイクル品の回収などには、協力するようにしています☆エネルギー問題や、経済問題などと合わせて、良い循環ができて、安心・安全で生きていけるといいな~と思ってます☆(名東区・パート・43歳)

・私、今月、7月20日、60歳のお誕生日 デス。還暦です。テレビ塔ゴジラと同級生。随分永いこと生きてきたもんだと、改め驚いています。夫と二人美味しいものを、少し頂く喜びを感じています。ちなみに夫婦とも同級生です。いつまでも新鮮な夫婦を目指して頑張ります。新鮮で安心して食べられる野菜は健康には、一番です。自分でも、野菜を、作っていますが、農家の大変さは、みにしみます。売る野菜を、作るほんと本当にたいへん(瑞穂区・主婦・59歳)

 

<2014年6月号>

特集「どうなる? どうする? 地球温暖化」

・名古屋市の住人としては、ヒートアイランドと温暖化は最重要な課題です。一人一人がCO2削減エコ活動に真剣に取り組んでいかなければと思います。(港区・64歳)

・地球温暖化は大きな問題です。でも、祖母たちが家にいて熱中症でなくなる可能性があるなら、エアコンを使うのも仕方がないと思います。(北区・会社員・25歳)

・ 地球温暖化により、様々な災害の危険が増していることが分かった。それらに対応すべく、身近でも堤防の補強工事がなされている。なんとか防ぐ方法を考えるべきだ。個人も、そして、企業も。(港区・50歳)

・暑い夏は嫌なので、自分なりに温暖化対策をしようと思います。(中区・主婦・45歳)

・ 人間が自分で自分の首をしめているんですね。地球にやさしいせいかつをして、温暖化をくい止めなければいけない。(天白区・主婦・40歳)

・今月の特集で気温上昇、豪雨などの異常気象は人災というのが、改めて認識しました。これからもエコに努めたいと思います。(緑区・主婦・32歳)

・ 亜熱帯化している日本を元に戻すように、個人でできることを意識したい。(西区・65歳)

・ 私が中学校へ入学する前までは真夏の暑さも31~32度でした。打ち水をしたり、行水したり日陰で昼寝をして過ごしたものです。今はどこの家もクーラーをつけ、道路はコンクリート、田んぼも少なくなり暑くなるのは当然です。自然をもっと大事にしなくては。(守山区・アルバイト・68歳)

・人が気温上昇の原因とは・・私たちができることを本気で考えないといけませんね。(昭和区・会社員・33歳)

・地球温暖化、難しくてちょっと敬遠しがちな話題ですが、私たち主婦にもわかりやすくやさしい記事になっていました。自分たち一人一人の日頃の小さな気使いが大切なんだと再確認しました。日頃は「こんなちまちました小さなことで何がかわるのか」とエコを面倒に思いがちですが、Risaでエコの大切さを再確認できました。(港区・パート・56歳)

・私たち一人一人が環境問題に取り組む意識を保ち、出来ることから実行する。今から行わなくては取り返しがつかなくなってしまう。そんな危機感を持ちました。(港区・会社員・56歳)

・ 名古屋の熱帯化を少しでも食い止める為、何ができるのかなあ、この機会に家族で考えたいです!(昭和区・主婦・60歳)

・特集の地球温暖化の記事で、特に東山動物園の記事、子どもにも身近に感じられたようで『何て書いてあるのー』って家族で読みました! ただでさえ、動物園に連れられてきて我慢している動物たちに気持ちよく過ごしてもらえるようになるといいなと思います。(守山区・主婦・45歳)

・地球温暖化は震災後話題に上らなくなっていたと感じていました。今回の記事で改めて問題提起していく必要があると感じました。(北区・学生・17歳)

・特集を読んで、不安な思いが募ります。6歳、1歳の2人の子どもたちの将来の地球環境を思うと、もっとたくさんの人々が真剣に考えねばならない課題と思いました。(千種区・会社員・36歳)

・名古屋の夏は本当に暑い! 100年前から年平均気温が約2.1度上昇しているとの記事に驚きでした。まずは熱中症などに気をつけたいと思います。(中区・会社員・38歳)

・名古屋の熱帯夜の日数、我慢も必要と思いながら、やっぱり昔よりも暑さ対策が必要になってきていると実感しました。(千種区・会社員・32歳)

・気温上昇、ヒートアイランド、2100年4.8度上昇、孫の世代が心配です。(中川区・73歳)

・最近、特に季節がおかしくなっていると思います。梅雨が来る前に4日間、30度以上の真夏日が続いたこと、ゲリラ豪雨、まるで南国みたいにスコールが来るし、すごく不安です。これから地球はどうなるのでしょうか?(名東区・会社員・39歳)

・今でも猛暑に音を上げているのに、4.8度も上昇したら…。CO2の削減はよく言われますが、懐疑論もあるとか。ともあれ、できることをやっていくしかないのかなと思います。(緑区・パート・54歳)

家康のジネンで行くのじゃ

・木曽川のことがよくわかってよかった。自分でももっとよく調べてみたいと思った。(西区・学生・21歳)

・毎号、家康さまのコーナーは欠かさず読んでいますフェアトレードにも興味がわきました(西区・主婦・56歳)

・博学でおだやかでカッコイイ家康さま、いつも応援しています。木曽川の治水、薩摩藩の人が尽力したんですね。ハザードマップらしきものもあったとか。これからもいろいろ教えてください。(緑区・パート・54歳)

・昔から学ぶことは多くあります。あらためてわが家にハザードマップがないことを知り、役所に入手しに行きたいと思います。(東区・主婦・38歳)

・先人の苦労を昔語りの文章で表現され、興味深く読みました。(名東区・会社員・61歳)

・今も昔も水害に悩まされているのは同じなのですね。しかし現在は昔の人たちのおかげで立派なハザードマップがあるので、昔の人たちの苦労に感謝して、ハザードマップを多くの人たちが有効に使えるといいと思いました。(天白区・主婦・59歳)

・家康さまの博識さにあこがれを抱きます。堀川のことも教えてください!(緑区・会社員・30歳)

未来ちゃんねるneo

・エコレコあいち、読みます。(知立市・主婦・79歳)

リサ総研

・御近所に「Re☆創庫さくら」ができたなんて知らなかったです。不用品の寄付もできるようなので、持っていきたいと思います。(南区・会社員・38歳)

・ リサを見てRe創庫あつたに行くようになりました。これからもエコ情報楽しみにしています。(中区・会社員・36歳)

・障害のある方々が社会で活躍できる場所があるのはとても大切だと思います。長い間、留学生のボランティアにかかわってきましたが、今は恵まれている方が多いように思われます。手を差し伸べてほしい人のお力になれたらと思っています。(昭和区・主婦・71歳)

その他

・ヨーロッパに行った時にファーマーズマーケットが好きになり、日本にもあったらなーって思っていました。すぐ近くでやってるなんて!!教えていただいてありがとうございました!(北区・会社員・25歳)

・子どもが生まれてから、オーガニックに興味をもちはじめました。食品や化粧品、タオルなど、環境にも人にもやさしいものを選んでいきたいと思います。(西区・主婦・28歳)

・先週、オアシスに行ってエンドウマメを買って、久しぶりに豆ごはんを炊きました。豆が大粒でおいしかったです。(中区・主婦・68歳)

・ヘルシーメイトが30周年、オアシスの朝市も10周年なんですね。オーガニックという言葉が注目され、流行でなく、これからも続いていくんだなと感じました。(名東区・主婦・37歳)

・毎回エコつぶが楽しみです。モノの大切さをあらためて教えられます。(中川区・主婦・42歳)

 

<2014年5月号>

特集「マルシェへようこそ!」

・興正寺マルシェは何度か行ってます。対面販売はふれあいが楽しいですね。料理方法を教えてもらえるのもうれしいです。(天白区・43歳)

・懐かしさを感じわくわくします。天気がよかったら4カ所回ってみようかな~!(中川区・主婦・40歳)

・前々からマルシェの事が気になっていたので 今回Risaを読んでぜひ行ってみようと思いました。(西区・パート・36歳)

・「マルシェ」がフランス語で「市場」ということを知りました。市場は新鮮という感じがして好きです。減農薬の野菜をもっと多く生産してほしいです。(名東区・主婦・64歳)

・ノリタケの森で行われていた時に行ったことのあるマルシェジャポン。また行きたくなりました。(西区・パート・26歳)

・マルシェは、「早くから行かないと品物がないのかな、こだわりのある人たちばかりなのかな」などと行ってみたいと思いながら、気になることも多く未だに行ったことがありません。雰囲気だけでなく具体的な内容も知りたいです。(天白区・主婦・43歳)

 ・近所の寺社で青空市が開催されていて 日にちが合うときは新鮮な野菜や魚などを買いに行きますが、今回ご紹介の定期市はまた違う意味合いがあり、その存在を知らなかったので、是非出かけてみたいと思います。(千種区・パート・52歳)

・マルシェへようこそ!に共感です。昔は町々に○○市というのがあって、野菜類・乾物類などの食品から陶器・衣類など何でもそろう市が近所でありました。一つずつ手渡しで値段を交渉しながら買うコミュニケーションの場でもあります。海外に行くと今でもマルシェがありいいなあと思っていました。エコシティ名古屋でどんどん増えるといいですね。(名東区・パート・61歳)

・市内の各所で『マルシェ』が開かれていたんですね。守山区では地元農家の方が朝市で野菜を提供してくれてますよ。(守山区・会社員・50歳)

・マルシェいいですよね。会話しながらのお買い物は昔の商店や市場を思い出します。適量買えてムダ買い防止にも。近くの九の市も好きですけどマルシェは生産者さんや作り手さんのお顔が見えるのも安心です。マルシェのスケジュール情報参考にします。近くでもあるといいな。今後もこのようなエコが楽しめる特集を期待します。(中村区・主婦・40歳)

・フェアトレードがいいですね。いつかこういうショップやりたいです。(中村区・講師・58歳)

・若者にも「マルシェ」という言葉でより魅力的なのでは。昔からの市ですよね。ずらっと並んだ店にはわくわくしますね!(緑区・主婦・56歳)

・15年前、NYに駐在していたとき、マンハッタンの公園で「マルシェ」が開かれていることを知り、週末よく楽しんだことが思い出されました。(千種区・主婦・50歳)

・マルシェやフェアトレードはなんとなく知っていても自分が実際に出かけたり買ったりしたことはありませんでした。今回の記事でたくさんの会場でやっていること、今月は世界的なフェアトレード月間であることを知り、これを機会に必ず出かけて、フェアトレード商品も気に入るものがあれば買ってみたいです。友達も誘って行ってきます。(中村区・主婦・45歳)

 

ジネンで行くのじゃ

・名古屋おもてなし武将隊を読んで江戸時代には絶滅した動物はいないのではないか?と思った。なるほど悪名高い生類憐みの令は動物を保護することになったと言える。見方を変えるとあの悪法は当時世界中で最も進んだ法律であったともいえる。面白い。(熱田区・73歳)

・家康のジネンで行くのじゃでは、動物などがもう二度とその姿を見せなくなることを、絶滅と申すとかでは、いろいろな動物を取り上げて、説明があり良く分かりました。アザラシが迷い込んだ絵も博物館に展示されてるんですね。まだ色々知りたいです。次回を楽しみにしています。(東区・主婦・43歳)

・武将隊に女性メンバー誕生!に驚きました。(尾張旭市・会社員・44歳)

 ・住んでいる人が今より少なく、人間と動物の住み分けがうまくいってたとはいえ、根こそぎという考え方がなく、お互いによい社会だったと思う。最後の言葉が重かった。(中村区・主婦・62歳)

・とても心に響いた記事でよかったです。(瀬戸市・会社員・44歳)

・どんなことでも節度が大切です、という教訓が現代では忘れられているように思います。(南区・主婦・61歳)

・いつも面白いです。ティラノサウルスの教訓で、肉の食べ過ぎなど気をつけよう~(笑)など、いろいろ考えさせられました。(千種区・保育士・44歳)

 

未来ちゃんねるneo

・「新しいモノばかりでなく『今あるモノ』を見つめ直しませんか?」の1文に感動しました!(熱田区・60歳)

 

リサ総研

・「ヒメボタルの里」の記事、自然を守ることの難しさを感じます。しかし これ以上自然がこの名古屋から消えるのは、住んでいる者として悲しいです。(名東区・主婦・70歳)

・ホタル見なくなりました。護岸工事で、魚、昆虫が棲みにくくなり夏の風物詩がなくなるのが寂しい限りです。公共事業もアベノミクスでかなり始まりましたが、環境問題も少しは考えていってほしいです。(守山区・公務員・50歳)

 ・「ヒメボタルの里」以前、テレビ番組で特集されているのを観て興味を持ちました。なかなか決着がつかない難しい問題ですね…。(守山区・主婦・50歳)

・「ヒメボタルの里」をめぐって、議論をされていますが、私は道路建設に賛成です。最近ではなばなの里の様に人工的に蛍を繁殖しているとこともありますし、道路を建設すると同時に環境に配慮した施策をとったほうが費用も安く済むと思います。(中川区・自営業・58歳)

・相生山緑地は私にとって癒し空間です。ヒメボタルを見に何度か訪れましたがクリスマスツリーみたいな現れ方を見てみたいです。道路建設の行方もどうなるのか。(東区・主婦・62歳)

・個人的には「弥冨相生山線」を早く開通させてほしいです。通勤時に格段に便利になるからです。近隣住民だけに意向を聞けば、反対する意見も多いでしょう。しかし、その道を利用することになるのは、近隣住民だけではありません。8割もできているなら、「工事を凍結せず完成させるべき」という意見も多いと考えます。(天白区・会社員・52歳)

・地元ですので今回のリポートよくわかり、なるほどと思いました。ヒメボタルは確かに見たいですが、地元の生活道路を抜け道として使われるので危なく、難しいところです。(天白区・会社員・54歳)

・昭和32年に決定された都市計画。いまだに結論が出てないなんて。自然と共生する難しさを痛感します。ベストな答えが出るといいですね。(南区・主婦・50歳)

 

その他

・エコつぶで、普段あまり意識していないエコについて自分でも考えるきっかけになります。(東区・主婦・37歳)

・いつも楽しく読んでいますが「エコつぶ」を読んでいなかった、私と同じ「エコ」をしているとうれしくなった。(西区・主婦・72歳)

・なかなかエコに興味がわきません。やっている人はすごいなとは思います。そんな興味がわかない私のような人間は何から始めればいいのでしょうか。ごみの分別は一応ちゃんとやっています。(瑞穂区・公務員・43歳)

・今号の「エコつぶ」の中の雨の日のゴミ袋はさかさまにというのを見てほんとうにそうだとおもいました。只でさえ生ごみなどで重くなったゴミ袋に雨が溜まったらすごく重くなるでしょうね。私もこれからぜひそうします。(昭和区・主婦・56歳)

・リサイクルのカレンダーを切り取り、冷蔵庫に貼って使用しています。とても役に立っています。(名東区・主婦・41歳)

・エコつぶのコーナーで、同じことを実践している方を見つけました。私も、食パンの袋を生ごみ入れに使っています。(港区・会社員・56歳)

・友達が病気でリハビリのため折り紙をよく折ってました。データをダウンロードするよう教えたいと思いました。(港区・会社員・23歳)

 

<2014年4月号>

・特集「春の街を エコ散歩」

住みたい街ナンバーワンにも選ばれた「覚王山」。名古屋にもこんな落ち着ける街並みがあることを知ってすぐにでも行きたくなりました。日泰寺目指して今月の春祭り(12、13日)に行ってみます。(天白区・会社員・50歳)

今回の特集は、専業主婦をしていたころよく通った日泰寺への通過道路の話でとても興味深く読みました。そのころはまだ道路建設の途中で狭い道でした。先日久しぶりに通ると高架下に花壇や休憩できる階段などもでき、あまりのきれいさにびっくりしました。最近は暇がないので日泰寺の縁日にも足が遠のいていましたが、また暇を見つけて出かけたいと思います。(千種区・主婦・58歳)

グリーンバード、NGOアースなど皆さんが、ごみひろいしてくださって頼もしく思います。いつか私も機会あれば参加しようと思います。(千種区・アルバイト・63歳)

4月号の表紙特集見てたら、覚王山あたりをエコ散歩してみたくなりました。(瑞穂区・会社員・62歳)

覚王山は今まで一度も訪れたことがないのですが、記事を読みとても興味を持ちました。暖かくなってきたので、散歩に行ってみたくなりました。(天白区・主婦・43歳)

覚王山祭り懐かしいです。数年前家族で出かけました。最近は忙しくてなかなか一緒にでかけられませんが、久しぶりに行ってみたいです(東区・公務員・42歳)

ごみ拾い団体なんてあるんですね。ごみ拾いは地域の人たちでやることだと思ってました。ディズニーランドへ行くとごみが一つもなく、だれも道に捨てません。あのキレイさにはビックリします。キレイなところを汚そうとはだれもしません。ごみがない地域をめざしていきたいです。(中川区・主婦・28歳)

ごみ拾い団体がいろんなところできれいなまちづくりをしているのに感動しました。(西区・パート・41歳)

NGOアースの「ツマラナイことをオモシロく」に激しく同感。大変なこと、面倒なこともオモシロく変換、実行、環境を変えましょう!(千種区・派遣社員・60歳)

ヒーローやおもてなし武将隊などと一緒に名古屋の街をキレイにしていくイベント…参加してみたいと思いました。(熱田区・会社員・25歳)

メリープロジェクトの笑顔の傘がよかったです。地球博のときも見た覚えがあったのですが、今の今まで忘れてました。やっぱり笑顔最高ですね。説明がいらない。(緑区・自営業・43歳)

・家康のジネンで行くのじゃ

江戸時代に堀川で花見ができたことは初めて知り新鮮でした。時代小説では江戸の上野や御殿山の花見ばかり登場しますが、名古屋にも名所があったんですなぁ。(北区・会社員・60歳)

名古屋は桜を見られる場所がたくさんありますので、名古屋城へは最近行っておりませんでしたが、今回の記事を読み、また行きたくなりました。週末に家族で出かけようと思います。(瑞穂区・パート・40歳)

長年のギモン、天守閣には殿がいるのか? が解決しました。「今さら聞けないお城のこと」も、たくさん教えてください。(瑞穂区・主婦・55歳)

毎号楽しみにしています。歴女になれるのでうれしい。(南区・会社員・25歳)

天下一の桜の下、天下一の演武を! 名古屋おもてなし武将隊のがんばりを期待しています。(港区・会社員・23歳)

・未来ちゃんねるneo

農業大学、とてもいいなと思いました。私も少し(ネギ、オオバなど)玄関菜園?をしています。今年も収穫が楽しみです(瑞穂区・パート・46歳)

お野菜大学の取り組みが素晴らしいと思いました。自分も今もし学生だったら参加してみたかったです。ぜひ名古屋で販売もしてほしいです。(北区・主婦・38歳)

同世代の方々の活動、とても気になります(西区・会社員・27歳)

バイトは農業という大学生に感動!(港区・パート・43歳)

大学生のバイトは農業!大賛成です。郊外にある大学も多いので、自治体が仲介することで大学生に農業にかかわってもらうのはいいことだと思います。(守山区・会社員・50歳)

自分でつくった野菜でバイト! さらに自分の健康も手に! 農業が若い人に広まるといいですね。(中村区・パート・65歳)

・リサ総研

「クレジット」の意味を初めて知り、自分が当然の様に使っていてこんな意味を持っているとは、もっと知りたい。(瑞穂区・52歳)

カーボンオフセットとクレジットという言葉の意味がやっとわかりました。印刷方法のことだと思ってました。(千種区・72歳)

・エコつぶ

エコつぶに取り上げられていた、新聞の袋は何に使ったら良いのでしょうねぇ?(千種区・パート・53歳)

エコつぶを読んで感心します。おぬしなかなかやるなって感じです(天白区・主婦・67歳)

・その他

エコ活動に若い人たちが積極的に参加しているのを見るととても微笑ましく感心する次第です。我々シニア世代も負けじとエコしましょうね。(天白区・主婦・60歳)

名古屋に住んでいても、新発見する事が多くて、毎回楽しみにしています。毎日の生活にも役立てています。(緑区・パート・54歳)

いつも読んだ後にエコって爪の先に火をともす生活ではなく、明るく楽しくできることをすればよいのだというふうに思いなおします。(中川区・65歳)

名古屋市のリサイクル製品(プラスチック・紙・段ボール)などの回収はとても細かくて良いと思うのですが、「めんどう」「大変」「よく分からない」という理由で結局可燃ごみで出してしまっている方々を多く見受けられます。もっと分かりやすく、便利な方法が広まればいいと思います。また、具体的にどのようにリサイクルされているのか市民に知ってもらうことも重要に思います。(中村区・パート・40歳)

Risaを読むのは初めてです。中日新聞を宅配してもらって40年。あまりチラシなどは見ませんが、今回読んでみて「エコ」の大事さを実感しました。(北区・会社員・66歳)

リサっちの登場でより紙面が好きになりました。クイズの答えが気になって記事を必死に読むようになりました。キャラクターによって帽子や表情が異なるのがまたカワイイ。今後の活躍に期待です。(北区・主婦・34歳)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です