Skip to main content

新連載!おりがみアクション・河野さんの食と環境と美のコラム

【第1回】母の鳥そぼろご飯

幼稚園に上がったころ。夕食の食材を買った帰り道、商店街の近くにある大きな橋には、信号がかかっていなかった。

母と姉、そして私は車に気をつけながら急いで渡る、と母が尋ねた。

「ごはん何が食べたい?」

数日後に控えた私の誕生日に、好物を作ってあげようと思ったのだろう。

私は、「お肉ご飯」と答えた。

近くで聞いていた姉は、

「お誕生日だよ? ハンバーグとか、もっとすごいものを頼んでいいのよ?」と慌てて教えてくれた。

母も、「遠慮しないでいいのよ」と言った。

でも、私は母の作るご飯の中で、肉ご飯が一番好きだった。

数日後の誕生日、母はごちそうとともに肉ご飯を並べてくれた。

torisoboro

【鳥そぼろご飯 レシピ2人前】

★鶏ひき肉・・・160g

★みりん、しょうゆ、砂糖・・・大さじ2杯

★卵・・・1個

★菜花など・・・2房

★ご飯・・・どんぶり2杯

① 鍋に鶏ひき肉を入れ、さいばしでほぐしながら中火で5分ほどいります。

② 調味料を入れ、さらに5分ほどいります。しばらく味がなじむよう、やすませます。

③ テフロンのフライパンに油をひき、卵をいります。

④ ご飯を平らに入れ、肉と卵を均一に敷き、茹でた菜花を盛ります。

 ◇             ◇             ◇

生き物から命をいただく感謝の気持ち「いただきます」。

大切な人をもてなすために奔走してくれたお礼の心「ごちそうさま」。

日本人が大切に伝えてきた美しい言葉です。

大切な命と心づくしをいただくのだから、きちんと食に向きあいたい。

ゆるやかに、身近なところから環境と食文化を伝えるコラムです。

kaorin

河野香織(かわの・かおり)

国際自然保護連合日本委員会・想いでつなごう!おりがみアクション事務局

日本の伝統文化「おりがみ」を通じ、「愛知ターゲット」と「生物多様性」の大切さを伝え、子どもたちに環境について考えるきっかけづくりをしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です