Skip to main content

Risa6月号は名古屋のまちなか流れる「堀川」特集

いつもご愛読ありがとうございます。

Risa6月号の特集は「変わる守る なごや堀川」と題して、名古屋中心部を流れる堀川の変化と浄化の動きをまとめました。

表紙は、名駅と栄を結ぶ納屋橋から見た堀川です。護岸にはガラス張りの商業施設、そして川面をゆっくりと進むのは水の都・ベネチアのゴンドラ!? かつて「死せる川」と呼ばれるほど汚染された堀川沿いの光景とは思えないかもしれません。市民ぐるみのここ10年の浄化活動によって、これほどまで環境が改善しました。しかし、そこには地球温暖化の影も見え隠れして…。詳細はぜひ、紙面をお読みください。

「東海まるごとRe里山体験」は2年目に入り、初めて2家族合同で、愛知県東栄町を訪れてもらいました。ハーブや山菜に囲まれて、子どもも大人ものびのびと自然を楽しんでいましたよ! 次回の募集は岐阜県郡上市の森で冒険! ご興味のある方はコチラをご覧ください。

プレゼントは東栄町産のハーブティーから「ゴジラ展」まで、いつになくバラエティー豊か。応募はコチラから、6月9日(金)まで!

東海ラジオ「ヨヂカラ!」パーソナリティー深谷里奈さんの「エコヂカラ!」も、これまで以上に緑いっぱい。千種区のこだわりの植物店をレポートしてくれています。リサっちファミリーのミニ家族会議は「どんぐりポスト」に何入れる?

名古屋市内の中日新聞折り込みを中心に約54万部発行。市内の図書館や市環境学習センター・エコパルなごや、愛知大学名古屋キャンパス、愛知淑徳大学コミュニティ・コラボレーションセンター(CCC)、豊田市の環境学習施設「eco-T(エコット)」などでもお手に取っていただけます。どうぞよろしくお願いいたします。

Risa編集長・関口威人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です