Risa4月号特集は「プラスチックの行き先」

いつもご愛読ありがとうございます。

プラスチックをめぐる動きが再び慌ただしくなってきました。国会に新しい法案が出され、レジ袋に続いて「スプーンも有料化へ」というニュースを目にした人は多いかもしれません。「また!?」とうんざりする前に、そのルールづくりの背景や意味をしっかり考えてみましょう。

今月から紙面がリニューアル。表紙もSDGs色に!? 新しいデザイン、発見してくださいね!

深谷里奈さんのエコヂカラは「川のほとりのコーヒースタンド」。プレゼントは家庭用生ごみ減量乾燥機、自然素材の菓子3種セットなど。応募は4月9日(金)まで、コチラから!

昨年10月に立ち上がったNagoya Eco Club主催のイベント参加者も募集。詳しくは紙面をご覧ください!

名古屋市内の中日新聞折り込みを中心に約50万部発行。名古屋市環境学習センター・エコパルなごやあいち環境学習プラザ、市内の図書館や愛知大学名古屋キャンパス、愛知淑徳大学コミュニティ・コラボレーションセンター(CCC)、豊田市の環境学習施設「eco-T(エコット)」などでもお手に取っていただけます。

どうぞよろしくお願いいたします。

Risa編集長・関口威人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です