好評コラム&レシピ、第5回は春の甘ずっぱさいっぱい…

【第5回】苺パフェと大人の時間

Tatunは、背が小さい。顔だって良いとは言えない。(ぎりぎり悪いとも言えないが)

カメラが好きで「みんなに喜んでもらいたいから」と、いつもボランティアで写真を撮ってくれる。

私が活動費に苦労しているのを知っているので、交通費を「いらない」と返してくれる。

本当にすごく優しい人なのよ。

そんな人だから、イベントが終わると一緒に甘いものを食べに行っていた。

でも最近、仕事のほうが大変でボランティアに来られない。

忙しそうだな…。

だから、平日の打ち合わせに呼んでみた。

パフェのある小さなおしゃれカフェへ。

一人でお寿司は食べられても、女性ばかりのお店に男性一人で入るのは腰が引けちゃうだろうし、何より寂しいじゃない?

Tatunは「代休を消化しなきゃいけないから」と言って、いそいそ休みを取りやってきた。

看板メニュー季節素材のこだわり苺(いちご)パフェ。

さわやかな香りに、宝石のような赤い実、アイスクリームの甘さと苺のほどよい酸味で飽きさせない。ああ至福。

何より、Tatunが幸せそうだったから、うれしくなった。

週末は、地産地消を意識し、愛知県産の新品種「ゆめのか苺」でパフェをつくってみました。

地域でとれた作物は、輸送に多くのエネルギーが使われず、CO2排出の観点からも好ましい。

その分コストもかからないため、他に比べ値段が手ごろなのも魅力の一つ。

今回使った「ゆめのか苺」は「みんなの夢がかなうように」と願いを込め命名されたそうです。みんなの地球が守られますように。

04.苺パフェ

【カフェ風 苺パフェ 3個分】

★小粒苺・・・1パック

★白砂糖・・・苺と同量

★レモン・・・大さじ1杯

★苺アイス、バニラアイス200cc・・・各一個

★ゆめのか苺・・・6個

★生クリーム・・・1/2パック

★砂糖・・・大さじ1杯

 

★苺のコンフィ

①  小粒苺を洗い、砂糖をまぶして、30分ほど置きます。

②  小鍋に移し、少量の水とレモン汁を加え、中火で5分煮ます。そのまま冷まします。

★苺パフェ

③  生クリームを泡立て、絞り袋に入れます。

④  大粒苺3個を1/4カットにします。(3つはそのまま)

⑤  広口のコップにコンフィを大さじ1杯入れ、苺アイス、バニラアイス1/3個、コンフィを重ねます。生クムリームを平らに絞ります。

⑥  大粒苺を盛りつけます。
 
kaorin

河野香織(かわの・かおり)

国際自然保護連合日本委員会・想いでつなごう!おりがみアクション事務局

日本の伝統文化「おりがみ」を通じ、「愛知ターゲット」と「生物多様性」の大切さを伝え、子どもたちに環境について考えるきっかけづくりをしています。
 
【第1回】母の鳥そぼろご飯

【第2回】おにぎり弁当とECO容器

【第3回】おばあちゃんの焼き芋

【第4回】煮物の味は人生の味

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です