Risa6月号は「ペットボトル」「エコキャップ」の行方を追って…

いつもご愛読ありがとうございます。

環境情報紙「Risa」2015年6月号が発行されました。特集は「ペットボトル最新事情」。

ますます身近に手にすることが多くなったペットボトル。名古屋市では1年間に8,000㌧以上の使用済みペットボトルが家庭から回収されます。

その「再生の旅」は、リサっちもびっくりの波瀾万丈の旅! まだまだ課題のあることが分かりました。

一方、ボトルから取り外されるキャップも、大きな試練に直面しています。「エコキャップ」運動の行方も、名古屋のリサイクルを見守り続けて16年のRisaならではの視点で追いました。

読者プレゼントも意外なリサイクル品!? 応募は6月12日まで、コチラからどうぞ。

名古屋わかもの会議・水野翔太さんの「未来にカケル」、東海ラジオアナウンサー・深谷里奈さんの「エコヂカラ」も絶好調です。リサっちファミリーともども、元気いっぱい!のコラムをお楽しみください。

名古屋市内の中日新聞折り込みを中心に約50万部発行。市内の図書館や市環境学習センター・エコパルなごやでもご覧いただけます。どうぞよろしくお願いいたします!

Risa編集長・関口威人

Risa1506

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です