Risa3月号の特集は「森の守り方」

いつもご愛読ありがとうございます。

春の訪れとともに、多様な生き物たちが目を覚ます森。でも今、森の抱える問題はますます複雑になっています。美しく健康な森を守るため、さまざまな形で取り組む人たちの姿を追いました。

セカエコ・ナゴエコは南太平洋に浮かぶミクロネシア連邦から名古屋に来ているアーロンさん。海面上昇の他、人々を悩ます深刻な問題とは!? 深谷里奈さんの連載「エコヂカラ!」は、宿場町の未来の鍵を握る、斬新なアートをご紹介!

プレゼントはカフェインレスコーヒー&巾着セット、猫の抗菌マスク掛けなど、充実しています! 応募は3月12日(金)まで、コチラから!

昨年10月に立ち上がったNagoya Eco Club主催のイベント参加者も募集。詳しくは紙面をご覧ください!

名古屋市内の中日新聞折り込みを中心に約50万部発行。名古屋市環境学習センター・エコパルなごやあいち環境学習プラザ、市内の図書館や愛知大学名古屋キャンパス、愛知淑徳大学コミュニティ・コラボレーションセンター(CCC)、豊田市の環境学習施設「eco-T(エコット)」などでもお手に取っていただけます。

どうぞよろしくお願いいたします。

Risa編集長・関口威人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です