Risa7月号「豊川稲荷~ヨルモウデ」/参加プレゼント応募

▼SDGsなまち・風景「長い歴史に新たな試み 豊川稲荷~ヨルモウデ

開山から580年余りの歴史をもつ豊川稲荷は、初詣スポットとしても人気の高い寺院の一つ。正式名は豊川閣妙厳寺。通称の「稲荷」は鎮守「豊川吒枳尼真天」が稲穂を担ぎ、狐にまたがっていることに由来しています。
しかしここ数年は新型コロナウイルスの影響で、参拝者が激減。門前の参道からもにぎわいが消えていました。これを見た豊川青年会議所のメンバーが「新たな楽しみ方を提案し、にぎわいを戻したい」と企画、昨年7月から開催しているのが夜間参拝を楽しめる有料イベント「ヨルモウデ」です。これは夜の境内を音と光で演出するというもので、プロジェクションマッピングなどのさまざまな仕掛けも考えられました。

■————————————-■

▼INDEX

❷ お家で健康! チェアヨガ ■ SDGs 川柳
❸ ローズ倶楽部「50代からの楽しみ追求!」 ■ サステなNews
❹ Nagoya Eco Club「なごエコ」活動紹介
❺ 名古屋市からのお知らせ
❻ S脳Gs「脳トレ」で元気な頭脳を持続! ■ 読者プレゼント
❼ 名古屋市全区「リサイクルカレンダー」
❽「なごエコ」イベント・エコ容器で“ちゃんと収穫”できるキッチンガーデンづくり

■————————————-■

▼「参加」プレゼントの応募はこちらから

応募締切:7月25日(月)

「川柳」「脳トレ」「エコだより」に参加してプレゼントをGETしよう!

 

RisaとNagoya Eco Clubは、紙面でますます連動。イベントやお知らせ盛りだくさんです!

名古屋市内の中日新聞折り込みを中心に約50万部発行。名古屋市環境学習センター・エコパルなごや、なごや生物多様性センター、市内の図書館や愛知大学名古屋キャンパス、愛知淑徳大学コミュニティ・コラボレーションセンター(CCC)、豊田市の環境学習施設「eco-T(エコット)」などでもお手に取っていただけます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です