Risa9月号は名古屋の「環境イベントの20年」特集!

いつもご愛読ありがとうございます。

暑さが少しやわらぎ、お出かけの時期です。各地でさまざまな催しがありますが、環境をテーマにしたイベントはいかがでしょう。今年は名古屋が環境問題に目覚めて「20年」の節目。関係者は例年以上に力が入っているようですよ。誰でも参加できる各イベントの歴史や見どころをまとめました。深谷里奈さんのエコヂカラ!も「環境デーで輝く若者パワー」をご紹介。

3カ月ぶりの「セカエコ・ナゴエコ」は中国から来日して10年の馬さんに、母国で始まった厳しい?ごみ分別について語ってもらいました。リサっちファミリーのミニ家族会議は無人古紙回収所の活用について。プレゼントはメナード美術館のチケットや原宿焼きショコラなど、応募はコチラから、9月13日(金)まで。

名古屋市内の中日新聞折り込みを中心に約51万部発行。名古屋市環境学習センター・エコパルなごやあいち環境学習プラザ、市内の図書館や愛知大学名古屋キャンパス、愛知淑徳大学コミュニティ・コラボレーションセンター(CCC)、豊田市の環境学習施設「eco-T(エコット)」などでもお手に取っていただけます。

どうぞよろしくお願いいたします。

Risa編集長・関口威人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です