Risa6月号は「電磁波」の基礎知識と暮らしの中の実態を特集!

いつもご愛読ありがとうございます。

Risa6月号は「電磁波」について特集しました。いつもに比べると少し毛色が違いますが、いつかきちんと扱いたいと思っていたテーマです。送電線、電子レンジ、携帯電話…。私たちの暮らしは確実に多くの電磁波に取り囲まれています。その基礎知識と、正しい向き合い方とは?

低周波と高周波、世界と日本の違いなどをまとめた上で、名古屋の一般住宅での「電磁波測定」にも同行しました。難しい専門用語や単位もできるだけ分かりやすくときほぐしたつもりです。ぜひ「怖がらずに」ご覧ください。

先月からスタートし、大反響の新コーナー「東海まるごとRe里山(り・さとやま)体験」は岐阜県東白川村が舞台。一家そろって東京生まれという読者モニターの家族に、森の中でパンづくりや木工を楽しんでもらいました。7月の読者モニターも募集中です。

また、WEBでエコ&料理コラムを執筆していたおりがみアクション・河野香織さんに「にじゅうまるエコクッキング」として本紙にも登場していただくことになりました。

読者プレゼントは東白川村のレストラン食事券や、コラム「エコヂカラ!」が今月も絶好調の東海ラジオアナウンサー・深谷里奈さんおすすめの「マニュモビール」など。応募はコチラから、締め切りは6月10日です!

名古屋市内の中日新聞折り込みを中心に約54万部発行。市内の図書館や市環境学習センター・エコパルなごや、愛知大学名古屋キャンパス、愛知淑徳大学コミュニティ・コラボレーションセンター(CCC)、豊田市の環境学習施設「eco-T(エコット)」などでもご覧いただけます。どうぞよろしくお願いいたします。

Risa編集長・関口威人

Risa1606

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です