Risa9月号は「竹」を見直す特集!

いつもご愛読ありがとうございます。

Risa9月号の特集は「竹と親しむ」。昔からさまざまな道具に利用されてきた竹。でも、今は残された貴重な里山を“荒らす”悪者と見られています。

その見方を覆そうと、学校校舎の屋上に断熱材として竹を敷き詰めたり、竹炭を農地に活用したり、竹の骨組みでドームをつくったり…という試みが名古屋でも。市内の里山では、シニアが中心となったいくつもの団体が竹の伐採や竹細工教室などを開いています。ぜひ竹のイメージを見直してみてください。

「東海まるごとRe里山(り・さとやま)体験」は読者に長野県の御嶽山麓まで足を伸ばしてもらいました。木曽町では出来たてのそばを味わい、王滝村ではダム湖でカヌーもできるなど充実! 読者プレゼントはその木曽町産生そばとカヌーツーリングの割引券など、こちらも充実。応募はコチラから、9月9日締め切りです。10月実施の三重県大台町のツアーも募集始めました!

東海ラジオアナウンサー・深谷里奈さんの「エコヂカラ!」は岐阜県郡上市高鷲町の自然に囲まれた工房がつくるプレミアムなせっけんを紹介。その意外な成分とは?!

名古屋市内の中日新聞折り込みを中心に約54万部発行。市内の図書館や市環境学習センター・エコパルなごや、愛知大学名古屋キャンパス、愛知淑徳大学コミュニティ・コラボレーションセンター(CCC)、豊田市の環境学習施設「eco-T(エコット)」などでもご覧いただけます。どうぞよろしくお願いいたします。

Risa編集長・関口威人

Risa1610

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です