幸せの味!? 河野さんの第8回コラム&レシピはハーブ入りクッキー

【第8回】おやつの時間と息子の成長

子どもが小さいときから毎日のように続いてきた「おやつの時間」。

家にある材料で思い立ったとき作るメニューは限られてくる。

クッキー、ホットケーキ、ドーナッツ、さつまいも…だいたいそんな感じ。

それでも息子は帰ってきたとき、甘い香りが漂うと、タタッとやってきては「今日のおやつは?」なんてうれしそう。

こちらも作ってよかったと、気持ちがほっこりする。

こちらが望むことはあまり話さないけれど、それでも食べている姿から、楽しいのか辛いのかぐらいは分かりたいと思う。

息子は、特にクッキーが好き。

そこに、ハーブを入れてしまうと、風味がじゃまだとばかりに「普通のクッキーがいい!」と怒られたりもする。

でも、それももうすぐ終わり。

中学生になったら、きっとこんな時間を取れなくなるのだろうな。

ちょこちょこっと作るおやつは、大きなエコってことはないけれど、買うのに比べたらごみが少なく、体にもやさしい気がします。

08.キャラウエイクッキー

 【ごまとキャラウェイのクッキー】

やっぱりハーブを投入してしまいました。甘い香りとすーっとした風味が特徴のキャラウェイは、人を引き止める力があると信じられています。

★ごま・キャラウェイシード・・・小さじ1/2杯

★薄力粉  ・・・200グラム

★卵               ・・・1個

★メープルシロップ・・50グラム

★無塩バター       ・・・60グラム

①バターを室温に戻し、薄力粉の上で切るように混ぜます。

②卵とメープルシロップを入れ、混ぜます。

③  まとまらないときは、水か牛乳を少し入れます。

④  冷蔵庫で少しねかせます

⑤  オーブンを170度の余熱にセットします。

⑥  台に打ち粉をして麺棒(めんぼう)で生地を延ばし、型で抜きます。

⑦  15分~20分焼きます。

kaorin

河野香織(かわの・かおり)

国際自然保護連合日本委員会・想いでつなごう!おりがみアクション事務局

日本の伝統文化「おりがみ」を通じ、「愛知ターゲット」と「生物多様性」の大切さを伝え、子どもたちに環境について考えるきっかけづくりをしています。

 

【第1回】母の鳥そぼろご飯

【第2回】おにぎり弁当とECO容器

【第3回】おばあちゃんの焼き芋

【第4回】煮物の味は人生の味

【第5回】苺パフェと大人の時間

【第6回】息子の寝言にそばを焼く

【第7回】父のぞうすいは誰のため?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です