夢と人生…河野さんコラム第9回は不思議な植物おじいちゃんの話

【第9回】ミツバのおじいちゃん

「ミツバは、和のハーブ」そう言っていた、あるおじいちゃん。

いつも夢を語り、ミツバの水耕栽培に人生をかけていた。

おじいちゃんは、自分のリミットを感じたある日「今の若者に、夢を伝えたい」そう思ったらしい。

そして「生涯を本にしよう」と、これまでの出来事を語り始めた。

ひょんなことから私が駆り出され、出版にまつわる雑用をさせていただくことになった。

毎日毎日、1カ月も関わっていたものだから、私はやたらとミツバの水耕栽培に詳しくなってしまった。

そして、会ったことはないのだけれど、その独特な考えに随分と深く影響を受けていた。

だから私も、おじいちゃんの思いが本になるといいなと思っていた。

春が近づくころ、おじいちゃんのリミットもどんどん近づいて、急ピッチで作業は進んだ。

ところが、出版までもう少しというところで、おじいちゃんはお亡くなりになられた。

最後まで「本は、どうなった」と気がかりだったらしい。

それ以来、私はミツバを見ると、おじいちゃんを思い出す。

09.みつば

【ミツバともやしのサラダ】

★ミツバ・・・1把

★もやし・・・一袋

★ごま油・・・小さじ1杯

★塩  ・・・小さじ1/2杯

★しょうゆ・・小さじ1杯

★砂糖 ・・・小さじ1杯

★鷹の爪・・・1個

①フライパンを熱します。熱くなったところでもやしを入れささっと炒めます。そしてふたをし1分ほど余熱で蒸します。

②ミツバをざく切りにします。

③ごま油、塩、しょうゆ、砂糖を合わせ、調味液をつくります。

④ミツバ、もやし、調味液を混ぜ合わせます。

kaorin

河野香織(かわの・かおり)

国際自然保護連合日本委員会・想いでつなごう!おりがみアクション事務局

日本の伝統文化「おりがみ」を通じ、「愛知ターゲット」と「生物多様性」の大切さを伝え、子どもたちに環境について考えるきっかけづくりをしています。

 

【第1回】母の鳥そぼろご飯

【第2回】おにぎり弁当とECO容器

【第3回】おばあちゃんの焼き芋

【第4回】煮物の味は人生の味

【第5回】苺パフェと大人の時間

【第6回】息子の寝言にそばを焼く

【第7回】父のぞうすいは誰のため?

【第8回】おやつの時間と息子の成長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です