復活! かおりんコラム第11回、今宵はジャズの音色とともに…

【第11回】音楽は記憶のタイムカプセル

「ナタリー・コールのお父さんはナット・キング・コールといってね…」

20年前、そう教えてくれた男性に恋をした。

名古屋にまだ、ジガーバーなんてお店があって、そこではJAZZやピアノが聞けて…。

自分と違う世界を持っている人に、惹かれていたころだったなあ…。

夜、思い出したように流してみると、気だるい音色に心が撹拌(かくはん)される。

おおっと! 久しぶりに聞いたら思い出してしまったじゃないか。

…不覚。

音楽は一瞬で当時の気持ちに戻すけれど、切なさは年齢を重ねるにつれ、少し感じ方が違ってきた。

bitterだったものがsweet memoryへ。

たくさん音楽を聞いておこう。

将来、こうして“いま”を思い出すかもしれないから。

それにしてもナット・キングの低音は、身体に響く

写真

【ラムチョップ】(1人前)

初夏の夜、ジャズとワインのおともに、ぜひご賞味ください。

★ラム肉・・・3本

★ローズマリー・・・2本

★ニンニク・・・半分

★オリーブオイル・・・大さじ3杯

★塩・こしょう・・・少々

①    ローズマリーとラム肉を2~3時間一緒に合わせておきます。

②    オリーブオイルをフライパンで熱し、ニンニクを皮ごと入れます。

③    フライパンが熱くなったら、ラム肉をのせ焼きます。

④    表、裏、表で10分ほど焼き、焦げ目がつけば完成。

kaorin

河野香織(かわの・かおり)

国際自然保護連合日本委員会・想いでつなごう!おりがみアクション事務局

日本の伝統文化「おりがみ」を通じ、「愛知ターゲット」と「生物多様性」の大切さを伝え、子どもたちに環境について考えるきっかけづくりをしています。

 

【第1回】母の鳥そぼろご飯

【第2回】おにぎり弁当とECO容器

【第3回】おばあちゃんの焼き芋

【第4回】煮物の味は人生の味

【第5回】苺パフェと大人の時間

【第6回】息子の寝言にそばを焼く

【第7回】父のぞうすいは誰のため?

【第8回】おやつの時間と息子の成長

【第9回】ミツバのおじいちゃん

【第10回】新芽とかやくご飯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です