かおりんコラム第13回は夏のブルル…の思い出とプルンプルンの味

【第13回】おばけと冷たいお菓子

小さいころ、2階の奥にあるトイレが怖かった。
おばけがいるから。
昼間はおばけの力も弱いので、天井からこちらをじっと見ているだけ。
それに明るいところでおばけは見えない。

でも、夜は怖い。
しかも子ども部屋は2階。
お姉ちゃんに「一緒に行って」と頼んだ。
でも、お姉ちゃんも嫌がるからぎりぎりまでがまんする。

怖かったおばけは、小学校に上がるとトイレから消えていなくなった。

おばけも悪くはないけれど、できれば夏はスイーツでひんやりしたい。
ゼリーにプリン、寒天、シャーベット。
フルーツを入れたり、コーヒーでつくったり、あずきを入れたら純和風、レパートリーは無限大。
つくり方は、とても簡単で10分もあれば完成する。
それなのにおいしい。
夏は、たくさんつくって冷蔵庫に冷やしておくと、口当たりがいいからどんどん減っていく。

おやつに1つ。食後に1つ。もちろん風呂上りにも。
買うよりエコだし節約にもなるかな?
でも食べすぎたら、いくら手づくりでも同じかも。

ああ、夏~。
いっしょに飲むなら、ごくごくできる麦茶がいい。

ゼリー4

【ゼリー 7個】
ゼリー1★ゼリー粉・・・15g
★水   ・・・250cc
★ジュース・・・250g
①粉末のゼリー粉を、同量の水で10分ほどふやかします。
②水を沸騰させます。
③ゼリー粉にジュースを入れ、そこに沸騰させた湯を注ぎ、よく混ぜます。
④小さいカップに分け冷まします。その後、冷蔵庫で3時間ほど冷やし、固めます。

ゼリー2

ゼリー3

kaorin

河野香織(かわの・かおり)

国際自然保護連合日本委員会・想いでつなごう!おりがみアクション事務局

日本の伝統文化「おりがみ」を通じ、「愛知ターゲット」と「生物多様性」の大切さを伝え、子どもたちに環境について考えるきっかけづくりをしています。

 

【第1回】母の鳥そぼろご飯

【第2回】おにぎり弁当とECO容器

【第3回】おばあちゃんの焼き芋

【第4回】煮物の味は人生の味

【第5回】苺パフェと大人の時間

【第6回】息子の寝言にそばを焼く

【第7回】父のぞうすいは誰のため?

【第8回】おやつの時間と息子の成長

【第9回】ミツバのおじいちゃん

【第10回】新芽とかやくご飯

【第11回】音楽は記憶のタイムカプセル

【第12回】筍は祖母の便り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です