河野さんの料理コラムは秋のかおり、秋の味で16回目!

【第16回】金木犀の香りと甘々カボチャ

息子が幼稚園の時「いいにおいがする」と、ポケットからいっぱいオレンジ色の花を取り出した。きっと公園から、香りを持ち帰りたくなって道路一面に落ちた金木犀(きんもくせい)の花を拾って来たのだろう。内心、掃除に困るなあ…と思いながらも、大きくふくらませた鼻で、幸せそうな顔で香りをいっぱいに吸いこむから怒らずにいた。それから息子は「においが逃げちゃう」と焦ったように言うから、香りはすぐ消えてしまうと知っていたけれど、それで気が済むならとチラシで小さな箱を作り、トイレの隅に置いておいた。

17.金木犀

私も少女時代、実家にある金木犀が香り始めると、もう秋なんだなあと、季節の変化を感じたものだ。金木犀は無数の小さいオレンジ色の花を咲かせ、その鮮やかな色も目を引くけれど、やはり香りから先に存在を感じとる。今でも香りをかぐと、誘われるようにふらふらと、どこにあるのか探してしまう。

小学校に入ってからも息子は同じことをしてきた。「あんた、まだやってるの?」と、口ではあきれたふりをしながらも、かわいいと思ったものだ。

でも、いつのころからか息子は、秋になっても金木犀の花を持ち帰らなくなった。

だんだんと、付ける花の数が減ってしまった実家の金木犀の木は、それでもまだ今年もオレンジ色の花を咲かせてくれた。

年年歳歳花相似たり 歳歳年年人同じからず

17.かぼちゃB

【甘甘カボチャ】

★カボチャ    ・・・1/4個

★水          ・・・100cc

★醤油        ・・・大さじ1杯

★砂糖        ・・・大さじ2杯

①鍋に水と醤油、砂糖、切ったカボチャを入れ中火にかけます。

②沸騰したら火を弱くし、ふたをして5分ほど煮ます。

③串で刺してすっと通ったら火を切り、余熱でふっくらとさせます。

☆かぼちゃのワタの活用法

スプーンでくり抜いた後のワタ、みなさんどうされていますか?

種をこそげ落とした後のワタは、レンジでチンしてホームベーカーリーの材料とともに入れれば、きれいなカボチャ色のパンが出来上がります。さらに種は、ハムスターなどのえさになります。もちろん人が食べてもおいしいです。

種もワタも、カボチャの実より栄養があるそうですよ。ぜひ、お試しください。

kaorin

河野香織(かわの・かおり)

国際自然保護連合日本委員会・想いでつなごう!おりがみアクション事務局

日本の伝統文化「おりがみ」を通じ、「愛知ターゲット」と「生物多様性」の大切さを伝え、子どもたちに環境について考えるきっかけづくりをしています。

 

【第1回】母の鳥そぼろご飯

【第2回】おにぎり弁当とECO容器

【第3回】おばあちゃんの焼き芋

【第4回】煮物の味は人生の味

【第5回】苺パフェと大人の時間

【第6回】息子の寝言にそばを焼く

【第7回】父のぞうすいは誰のため?

【第8回】おやつの時間と息子の成長

【第9回】ミツバのおじいちゃん

【第10回】新芽とかやくご飯

【第11回】音楽は記憶のタイムカプセル

【第12回】筍は祖母の便り

【第13回】おばけと冷たいお菓子

【第14〜15回】夏のチキンライスとラタトゥイユ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です